2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【パイプ】オールドブリティッシュ4【クラシック】

203 :774mgさん:2006/11/01(水) 22:16:02 ID:0AqJsYaW
帰宅して、70年代後期Fritz時代のBeckerでAnd So To Bedを一服〜。
やっとクレイシェイプのComoyをアップでけました…ハァハァ。

>>180
自分もつい先週、Bar-logo Grand Slam Patentをシャンクで真っ二つにしてしまいました。

あまり状態の良くないブツだったので、おそらく木にダメージが来ていて、目には見えないクラックでもあったのでしょう。
大した衝撃を与えたわけでもないのにポキリ、でしたから。
このパイプは大変旨かったのでかなり残念に思いました。
折れ方を見るとグレインにそってキレイに割れた感じだったので、木工用アロンアルファでビチっと接着したところ、
どうやら通常の使用には問題ない程度にくっついたようです。そのあとはみだした接着剤をサンドペーパーで
落としてポリッシュして終了。

この場合、もともとボウルがサンディングされていたり、トップオフした形跡があったパイプだったのでコレクティビリティは
少ないため、わざわざリペアラーを使うまでもないと判断して上記の処置を行ないました。
これからもガンガン使い倒す予定。

で、shellさんのLB(自分もあこがれのシェイプだけに残念!)ですが、自分はシルバーバンドリペアがあまり好きでは
ないので、もし自分がお気に入りのdunhill shellのシャンクを折った場合ならどうするか考えてみました。
・顧客の要望に応じた細かいサービスを提供している
・バンドを使わない、スペシャルリペア・スキルを持つ
・ヴィンテージ・パイプに深い造詣をもち、経験もある
・単なる修理だけではなく、パイプのエアフローというものに対して高い意識がある
などの点を吟味すると、アメリカのRonnie.B氏が経営する、Night Owl Pipe worksが頭に浮かびました。
ビンテージ物のパイプをebayやショップなどで見ていると、Ronnie B氏(ショップのサイトはYOBからリンクしてあります)の
仕事によくつきあたります。想像するに校長先生のSasieni 8 Dotのリペアも彼の仕事ではないかと思います。
その他にも2-3、ハイグレードのビンテージパイプの修理された実例を見たことがあります。
Ronnie氏はエアフローのスムーズさに非常に高い意識を持っていて、また非常に多彩で独創的なリペアを行なうことで
有名です。Pipes&Tobaccoマガジンでも特集されていました。ステンレスチューブとエポキシを使って、外見は全く変えずに
強固なリペアをすることなども彼なら可能だと思います。

というわけでコンタクトを取ってみては?リペアの値段表はサイトにあります。
難点として、ターンアラウンドタイム(届いてから修理が終わって戻ってくるまで)に8週間以上かかるということです。
ただ、これはRonnie氏自身が「プロフェッショナルな仕事には、時間がかかります」と言っているように、クオリティの
現れとでもいえましょうから、大事なパイプを託すには却って頼もしいかもしれませんが。







501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)