2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【パイプ】オールドブリティッシュ3【クラシック】

188 :774mgさん:2006/09/07(木) 01:08:59 ID:70Cl2i9a
>>187
184氏ではないですが。
Alfred Dunhillのプライオリティ・ディーラーであり、Ashtonブランドの創設に深く携わり、現在では各種ハイグレード・
ハンドメイドパイプのアメリカにおける輸入元を勤めているR.D.Field incのDavid Field氏はサイトの記事
("What makes a good briar pipe part1")の中で、

1. ブライヤーは樹齢を重ねれば重ねるほど、目が詰まり、グレイン(根瘤内で水を運搬する導管がグレインとなる)が密になる
2. ブライヤーは樹齢を重ねるほど、導管が目詰まりを起こしにくくなる。

と書いています。自分はこの文章をパラフレーズすると、

1. 樹齢を重ねた古いブライヤーは体積当たりの導管の数が若いものよりも多い
2. 体積当たりの導管の数が同じだと仮定して、個々の導管部分の水分や熱の運搬キャパシティは、古いブライヤーのほうが能力が高い
3. したがって、キャパシティX導管の数で、古いブライヤーは若いブライヤーより、熱伝導、水分の放散、
 残存樹脂の使用しながらのさらなる放出(熟成)において各段に優れる

と言えるのではないかと考えています。ご参考までに。

>>186
自分はPatent期、40年代と50年代のDunhillを三本持っていますが、不思議なことにシェイプもサイズもフィニッシュもてんでバラバラなのに
ほとんど同じ味のように感じます。いまはDunhillがキュアリングに重きを置いたという60年代後半のパイプに興味があります。

*そうなんですよね、製作年度が年単位で確定できるのはDunhillのコレクター人気の大きな要因を占めていると思います。
比較的資料が揃っているComoysやSasieniでも特定は10年〜20年単位でないと不可能ですし、けっこうストレスが
溜まりますね(笑) まあ逆にそういうミステリアスさも面白いし、夢もあって楽しいと思いますけど。

501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)