2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【パイプ】オールドブリティッシュ2【クラシック】

471 :oldbriars ◆M36yMkeSJ6 :2006/08/02(水) 23:33:42 ID:FREXfPWo
>>465
バルカンブレンドはG.L.Peaseの定義によれば、ラタキアの分量もさることながら、実は中心となるのはターキッシュ
等のオリエント葉で、オリエントの複雑なからみあいがブレンドに深みを与えているものをバルカンと呼ぶらしいです。
ペンザンスもラタキアがブレンドを支配しているというよりは、オリエントやバージニアのブレンドとチョイスで、ちょっと
他のブレンドには見られない独特のフレーバー感を出しているのがペンザンスのワンアンドオンリーさの所以なのだと
思います。

ですので自分が好きなのもそういった感じのブレンドです。まあラタキアまみれなのが好きなのも確かですが(笑)
用意して下さった煙草のほう、期待してます〜。

S・Gではコモンウェルスもいいですが、ひさしぶりにPerfectionを引っ張り出して来て吸ってみたらこれがウマー。
オールドコモイにベストマッチでびっくらしました。あの絶妙な少量のバニラがたまらんです。

-----------------------------------------------------------------------
ebayのパワーセラーであるMr.缶とメールでお話をしていたのですが、以前自分がサイトにアップした、
ブルドッグとローデシアンの違いに関する面白い話を聞きましたよ。

ロンドンパイプクラブの重鎮で、Morettiの発掘者としても有名なClive Humm氏にある一本の
「ブルドッグ」をmr.缶が納品したところ、「これはブルドッグではない、ローデシアンだ」との断りと共に
そのパイプは送り返されてきてしまったそうです。
不思議に思ったMr.缶は(彼にはそれはブルドッグにしか見えなかった)パイプショーに赴いた最に、
参加者達の間をそのパイプを持って歩き回り、「これはブルかローディか」と聞いて回ったそうです(笑)
アメリカのそのショーでは、聞いた60人が60人、それはブルドッグであると答えたそうで、Mr.缶はどうやら
Clive Humm氏のようなイギリス人と、彼らアメリカ人の間では、この二つのシェイプの差に決定的な
定義の違いがあるのではないか、とうすうす感じる様になったそうです。Clive Humm氏は、ダンヒルの
カタログのシェイプチャートを参照するように、とMr.缶に薦めたそうです。

どうやら<ブル=ダイヤモンドシャンク ローディ=ラウンドシャンク>といった日本でも標準的な
この二つの定義は、実は『アメリカ流』の定義であることを裏付ける面白い話だと思いました。

501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)