2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

アメリカンジョーク20発目

1 :名無し職人:2006/04/10(月) 18:15:40
「良いニュースと悪いニュースがある」
「何だ? 一体、何があったんだ?」
「まず、アメリカンジョークの新スレが立ったんだ」
「なるほど。それで、良いニュースと言うのは?」

=====
【前スレ】 アメリカンジョーク19発目
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/owarai/1142257801/

解説等もこのスレで。ただし、安易にたずねると煙たがられるかも。
感想を言ったり、文句を言ったりしながら、仲良く喧嘩しましょう。

【関連情報】>>2-10あたり
>>2 【過去スレ+ミラー】過去ログ倉庫を参照できるように
>>3 【ガイドライン】禁止ネタやガイシュツについて
>>4 【関連リンク集】アメリカンジョークに関するリンク集

952 :名無し職人:2006/05/28(日) 17:13:24
>>934
>>940
意味がわからん

>>951
意味がわかる

953 :名無し職人:2006/05/28(日) 17:31:28
スピード違反を取り締まっていた巡査は、
やたら速度の遅いクルマを発見し、かえって危険なため停止させた。

中には80歳くらいの女性が5人乗っていたが、
運転していた老婆以外は、みな目を見開き、
真っ青な顔色をしていた。
運転席の老婆は、不思議そうに尋ねた。

「お巡りさん、あたしはいつも標識どおりの速度で走ってますよ。
今だって標識どおりの21Kmで走ってたんですから」

巡査は事情を理解し、微笑みながら言った。

「お婆さん、あの標識の"21"というのは国道21号線という意味ですよ」

その言葉を聞き、老婆は恥ずかしそうに答えた。

「あれま、そうでしたか。それは失礼しました」

巡査は老婆に運転に気を付けるように言ってから、一つ気になっていることを口にした。

「なぜほかの4人の方々はさっきから一言も喋らないのですか? 何だか全員放心状態の
ように見えますが」

すると運転席の老婆が答えた。

「さっきまで、みんなで楽しくお喋りしてたんですけどね。国道258号線に入るまでは」

954 :名無し職人:2006/05/28(日) 18:36:58
うちの前は国道1号線なんだが・・・・

955 :名無し職人:2006/05/28(日) 18:42:51
>>952
>>450

956 :名無し職人:2006/05/28(日) 18:50:04
>>954
名古屋人乙

http://storage.irofla.com/?name=nagoya&type=swf

957 :名無し職人:2006/05/28(日) 18:55:15
医者「お子さんにはガンの事は伏せておきましょう」
両親「はい・・・・」
医者「こら、あっちへ行ってなさい!ガンのくせに」

958 :名無し職人:2006/05/28(日) 18:57:31
ブロンドでも医者になれるんだな

959 :名無し職人:2006/05/28(日) 19:06:30
俺は大阪人だが
うちの前も国道1号線だ

960 :名無し職人:2006/05/28(日) 19:26:50
1号線は大阪から東京まで続いてる

961 :名無し職人:2006/05/28(日) 20:02:57
福岡にもあるお

962 :名無し職人:2006/05/28(日) 20:20:50
「ママ、今日あたし晩ご飯いらない」
「あら、どうして?」
「オムライス食べたの」
母親は驚いた。
「まあ、一体どこで食べたの!」
「しらないおじさんのとこ」
母親はさらに驚いてヒステリックに言った。
「知らない人についていっちゃあいけないって言ってるでしょう!
 どうしてそんなことになったの!?」
女の子は怒鳴られたことにおびえて、しどろもどろに答えた。
「ううん、ママ、オムライスを作ってくれたのはメアリーよ」
「メアリー?」
「メアリーはスティーブのママなの」
母親はほっとして言った。
「じゃあお友達のスティーブのお家でご馳走になったのね?」
「うん」
「どうしてそんな回りくどい言い方をしたの」
「だって、パパが『ここではパパは知らない人だからね』って言ったんだもん…」

963 :名無し職人:2006/05/28(日) 20:47:52
ある男が通りすがりのバーに入った。店の作りは普通だったが、
バーテンはアヒルだった。男はとりあえずバーボンを注文した。

「20ドル」

アヒルのバーテンはバーボンを差し出して言った。男は金を払って
バーボンを飲み干し、もう一度バーボンを注文した。

「20ドル」

アヒルがそう言ってバーボンを出すと、男は再び金を払い、バーボンを
飲み干してから、また注文した。

「20ドル」

またアヒルがそう言ってバーボンを出すと、男はついに我慢できなくなって
アヒルに質問した。

「どうしてこんなにバーボンが高いんだ!?」

964 :名無し職人:2006/05/28(日) 20:51:08
一番長い国道は?

965 :名無し職人:2006/05/28(日) 20:55:03
>>963,964
つIIIII

966 :名無し職人:2006/05/28(日) 21:20:37
女「どうしたの深刻そうな顔して」

男「ちょっと悩んでんだ、ほっといてくれよ」

女「ふーん、話変わるけどさぁ、髪薄くなった?」

男「話変わってねーよ」

967 :名無し職人:2006/05/28(日) 21:25:03
>>965
963はつまり、「ツッコミどころが違うだろ!」ということだ


968 :名無し職人:2006/05/28(日) 21:28:20
>>962つD

969 :名無し職人:2006/05/28(日) 21:29:38
>>966
好きだ

970 :名無し職人:2006/05/28(日) 21:31:00
>>967
ありがと

971 :名無し職人:2006/05/28(日) 21:33:01
>>965
値段よりアヒルが喋ってバーボン出してるとこに驚け! みたいなかw

972 :名無し職人:2006/05/28(日) 21:34:40
>>962
ヒント:なんで親父はここにいるんだろ?

973 :名無し職人:2006/05/28(日) 21:38:49
>>964
4号線








じゃなくて58号線

974 :名無し職人:2006/05/28(日) 21:50:07
衛星の数が一番多い惑星は?

975 :名無し職人:2006/05/28(日) 21:54:06
>>974
つIIIII


976 :名無し職人:2006/05/28(日) 22:20:57
>>963
そしたら似たようなネタを・・・

あるバーにアヒルがやってきてバーボンを注文した。バーテンは驚いたが
とりあえずバーボンを出して言った。

「20ドル」

アヒルは20ドルを払ってバーボンを飲み干すと、お代わりを注文した。
バーテンはまたバーボンを出すと言った。

「20ドル」

アヒルは再び代金を払い、バーボンを飲み干すと、またバーボンを注文した。
バーテンはバーボンを出しながら、ついに我慢できなくなってアヒルに言った。

「俺はこの店で20年もバーテンをやってるが、あんたみたいにバーボンを
何杯も呑むアヒルの客なんてのは初めて見たぜ」

するとアヒルは代金を払ってバーボンを飲み干してから言った。

「そりゃあ、こんなバーボンが20ドルもしちゃあな」

977 :名無し職人:2006/05/28(日) 22:30:32
>>972サンクス

978 :名無し職人:2006/05/28(日) 22:30:44
アメジョの典型パターン

トムとハックがバーに入ってみると、そこの
カウンターにはアヒルがいた。

二人はちょっと驚きながらもバーボンを注文すると、
アヒルは「20ダラア」といった。
二人が飲み干してもう一杯注文すると、またアヒルが
「20ダラア」といった。
何度かお代わりしたとき、トムがハックに
「この店ちょっと変じゃないか?」
と耳打ちすると、ハックは「俺もそう思っていたんだ」
といい、
アヒルに向かって
「なんでバーボンが一杯20ドルもするんだ?」
と言った。

979 :名無し職人:2006/05/28(日) 22:34:22
だから分かったって

980 :名無し職人:2006/05/28(日) 22:44:32
応用パターン

トムとハックがバーに入ってみると、そこの
カウンターにはアヒルがいて、棚には一つのボトルもなかった。

トムがビールを注文すると、アヒルの口からビールが出てきた。
そしてアヒルは「20ダラア」と言った。

ハックがウイスキーの水割りを注文すると、
今度は氷とちょうどいい具合に割られた水割りがアヒルの口から出てきた。
そしてアヒルは「20ダラア」と言った。

「なあトム、ここは不思議な店だなあ」
「ああ、どうしてビールとウイスキーが同じ値段なんだろうな」



981 :名無し職人:2006/05/28(日) 22:45:38
ひと言ネタ:

マダム・フセイン

982 :名無し職人:2006/05/28(日) 22:46:21
応用パターン (2)

トムとハックがバーに入ってみると、そこの
カウンターにはアヒルがいて、棚には一つのボトルもなかった。

トムがビールを注文すると、アヒルの口からビールが出てきた。
そしてアヒルは「20ダラア」と言った。

ハックがウイスキーの水割りを注文すると、
今度は氷とちょうどいい具合に割られた水割りがアヒルの口から出てきた。
そしてアヒルは「20ダラア」と言った。

「なあトム、ここは不思議な店だなあ」
「本当だらあ」

983 :名無し職人:2006/05/28(日) 22:48:48
>>982
不覚

984 :名無し職人:2006/05/28(日) 22:49:27
>>980,982
お前・・・

985 :名無し職人:2006/05/28(日) 23:11:32
ステキ・・・

986 :名無し職人:2006/05/28(日) 23:31:46
ああっ!寝坊してしまった!

このままだと電車に間に合わない!!

今日も会社に遅刻だ!!

こんなときどこでもドアがあったら、駅まですぐなのに・・・。

987 :名無し職人:2006/05/28(日) 23:38:09
で?

988 :名無し職人:2006/05/28(日) 23:47:06
行くなら駅じゃなくて会社だろって?
なに言ってんだよ、ジョージ、行くべきは銀行の地下大金庫さ。

989 :名無し職人:2006/05/28(日) 23:51:18
駅員に「ボストンまで」と英語で言うと、




























切符を2枚渡された。

990 :名無し職人:2006/05/28(日) 23:59:54
>>945 >>933の意味がやっとわかった深くてエロいね〜。ありがと





991 :名無し職人:2006/05/29(月) 00:02:53
To Boston
For Boston


992 :名無し職人:2006/05/29(月) 00:07:47


993 :人喰いパテシエ ◆C3NwzGu5z6 :2006/05/29(月) 00:10:58
ええと、、、ボストン

994 :名無し職人:2006/05/29(月) 00:14:04
ある日のこと、一人の男が地獄に到着し、悪魔に出迎えられた。
悪魔はいくつかの罰の中から一つを選ぶことができると説明し、
これからそれぞれの案内をするという。

第一の部屋では、若い男が、鎖で壁につながれてムチで叩かれいる。

第二の部屋では、中年の男が、火あぶりの刑を受けている。

第三の部屋では、年老いた男がゴージャスな金髪女性にお口で
ご奉仕してもらっている。

「これにします」と、男は声をあげた。

「よし」悪魔はそう答えると、金髪女性に向って歩いていき、
「オーケー」と言って彼女の肩をポンと叩いた。
「もう行っていいぞ。お前の代りが見つかった」

995 :名無し職人:2006/05/29(月) 00:15:41
ええと、to...for Boston!

996 :名無し職人:2006/05/29(月) 00:18:33
>>963kwsk

997 :名無し職人:2006/05/29(月) 00:29:56
>>あ

998 :名無し職人:2006/05/29(月) 00:33:31
みなみや

999 :名無し職人:2006/05/29(月) 00:34:50
みなみや

1000 :名無し職人:2006/05/29(月) 00:35:53
こうき

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

244 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)