2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

〜戦場・戦争にまつわるオカルト〜

1 :カッティングヘヴン:2006/06/28(水) 03:06:05 ID:oDjSIsM70

何よりもオレが知りたい。
おまいら、何か知ってるか?

クソスレって言うな・・・・
付き合え。




2 :本当にあった怖い名無し:2006/06/28(水) 03:07:57 ID:W+GL7iTq0
エレカシでも聴いてろ

3 :カッティングヘヴン:2006/06/28(水) 03:09:21 ID:oDjSIsM70

>>02
ども。

4 :本当にあった怖い名無し:2006/06/28(水) 03:13:47 ID:E2plkLaqO
死者を冒涜した罪は重い。それなりの報いを受けてもらう。
異論は一切の後、聞かない。では、始める

5 :カッティングヘヴン:2006/06/28(水) 03:15:30 ID:oDjSIsM70

了解。
>>4



6 :本当にあった怖い名無し:2006/06/28(水) 03:19:33 ID:BDAyEedSO
戦場、オカルトで思い出したが「デスフロント」って映画あったな。
第1次大戦が舞台で、米軍部隊が塹壕に逃げ込むんだけど、その塹壕はそこで死んだドイツ兵達の怨念で呪われていたってヤツ。
塹壕から逃げ出そうとすると、有刺鉄線が襲ってきたりして次々死んでいく。
戦場が舞台のホラー映画ってあんまり聞かないからすげー印象に残ってる。

7 :カッティングヘヴン:2006/06/28(水) 03:22:50 ID:oDjSIsM70
今、ググってみた。
賛否両論だな・・・デスフロント
レンタルしてみよっと。

8 :本当にあった怖い名無し:2006/06/28(水) 03:52:06 ID:1PSLFEhRO
水木しげるの体験談とかは有名だよね。
あと、欧州では一個小隊が下りてきた雲に包まれてそのまま消えちゃったとか。

9 :カッティングヘヴン:2006/06/28(水) 04:02:42 ID:oDjSIsM70
日本兵が仲間同士で行方不明にならないよに番号を呼び合ってたら、その番号が人数より多かったっていう怪談があったんだが・・・どんなのだったか思い出せない。

10 :本当にあった怖い名無し:2006/06/28(水) 04:08:16 ID:BDAyEedSO
>>7
感想聞かせてくれ。

11 :カッティングヘヴン:2006/06/28(水) 04:09:23 ID:oDjSIsM70
もちろん。>>10

12 :本当にあった怖い名無し:2006/06/28(水) 05:17:43 ID:+W7SLFmKO
>>8
一個連隊だよ

13 :本当にあった怖い名無し:2006/06/28(水) 09:13:33 ID:Tv0zS7UXO
第四艦隊事件とか

14 :カッティングヘヴン:2006/06/28(水) 14:09:40 ID:oDjSIsM70
>>13
詳細希望。

15 :本当にあった怖い名無し:2006/06/28(水) 14:24:28 ID:/+LpATLc0
http://www.asahi-net.or.jp/~un3k-mn/nan-daiyon.htm

16 :里中美子 ◆UIiQ5N7wO6 :2006/06/28(水) 15:10:32 ID:wjbw5V25O
「オイデ、オイデ」という戦場の怪談話を、遥か昔に何かで見た。

17 :カッティングヘヴン:2006/06/29(木) 03:45:20 ID:lRv47Aqv0
オイデオイデ?


18 :本当にあった怖い名無し:2006/06/29(木) 08:32:08 ID:VTEYWUVg0
なんか日本兵の幽霊は他に比べて多かったようだな。
しかも呪いに来るとかじゃなくて死んでも戦ってんの。

しかし精神力だけでは勝てなかった近代戦争

戦争終わっても夜中に戦ってる声が聞こえるとはカワイソス
(もちろん戦ってる相手など既にいない)

19 :カッティングヘヴン:2006/06/29(木) 09:22:15 ID:lRv47Aqv0
戦場でオカルトな出来事なんかもありそうだよな・・・


20 :本当にあった怖い名無し:2006/06/29(木) 09:32:51 ID:rQ2i0tI7O
携帯から失礼

第二次大戦中の独ソ戦の舞台東部戦線。
ソ連の都市レニングラードでは奇妙な事件が起きていた、死体の肉の肩や腕が忽然と姿を消していくのだ……

まぁ後はご想像の通り、凍った死体がなくなったら次は生きた人間を温かい死体にすればいいのだ…ていい実話らしい。
くぐると詳しいのが出てくるよ

21 :里中美子 ◆UIiQ5N7wO6 :2006/06/29(木) 10:11:23 ID:t0cakjW4O
>>17
兵舎での噂話。
死んだ兵隊さんの手首が、夜な夜な現われて「おいで、おいで」と手招きするらしい。
日本軍の大陸の戦場(日露かな?うろ覚え)での怪談話。

22 :本当にあった怖い名無し:2006/06/29(木) 11:05:53 ID:0/4Ln1iCO
>>8
連隊が消えるってことは記録にも残ってそうだな。
良スレ期待age

23 :カッティングヘヴン:2006/06/29(木) 15:06:38 ID:lRv47Aqv0
>>20
>>21
実はオレ、怖がりです。。。。

24 :本当にあった怖い名無し:2006/06/29(木) 15:54:11 ID:Czjcumuf0
最強日本軍の伝説はオカルトだなw

25 :本当にあった怖い名無し:2006/06/29(木) 21:24:34 ID:j0pw5Hp20
どうでもいいけどそんな名前で良いのか>>1

26 :カッティングヘヴン:2006/06/30(金) 02:31:11 ID:a7LVdGaJ0
名前、変えた方がいいだろうか・・・・
この名前のせいでスレが堕ちていくのだろうか・・・
いや、クソスレだからだな。


・・・



27 :本当にあった怖い名無し:2006/06/30(金) 03:30:25 ID:8GfDD3s2O
>>24
あんなに最強なのにどうして負けたんだろうね!マジでオカルトだよな

28 :本当にあった怖い名無し:2006/06/30(金) 03:51:06 ID:c2d0m76E0
    _,,,--''''''''''''''- 、,,_
        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::)
     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{E}::/
    /::::::::::::, ---------、______/
    'ー'ミ彡ニッッ,,,,  ,,,,ッッェ、 lミ}
     トy' <ェァ-ア `イ,ェェァ- |`I
     | |   - ;  ::.ヽ、_  i`l
    . !_l    /'、_ __)、    lノ
      _l  /:::  ~  l   /
,  ..-'''/": l  (ー<ニ>、!  /、_______
' ヽ、  /   iヽ   ー   ,イ ヽ  r`--、
        ヽ `ー---- '"ノ    l  |

ブラクラ中尉[First Lieutenant blackler]
   (1932〜 アメリカ)


29 :本当にあった怖い名無し:2006/06/30(金) 06:29:55 ID:EdZDPQPJ0
>>6 アメリカ軍では無いよ、イギリス軍だよ。
漏れは映画館へ見に行ったが、怖いと言うより意味がさっぱり解らん映画だったな。
ドイツ兵の怨念?がなぜ同じドイツ兵を襲うのか…
ラストの生き残りの意味は?
レンタで見た人、報告ヨロ。

30 :カッティングヘヴン:2006/06/30(金) 14:25:04 ID:a7LVdGaJ0
ショボイ・・・ショボすぎるぞ・・・

レンタルになかった・・・

31 :本当にあった怖い名無し:2006/06/30(金) 14:47:55 ID:P/6elB6i0
アレは?映画 フィラデルフィア・エクスペリメンスの元になったって実験。
第二次大戦中、アメリカが戦艦を光の屈折を利用して肉眼で見えなくする、って
実験やったら戦艦が数百メートル瞬間移動してしまって、中にいたクルー達は
体半分、甲板に埋まってしまっていたらしい。

32 :本当にあった怖い名無し:2006/06/30(金) 14:49:10 ID:MZDd3udkO
戦局が暗転し、南方からの「転進」中にジャングルに迷い込んでしまった部隊が、
「巨大な遺跡を発見した。見たことのない生物がいる。人間に似ている」
という通信を最後に消息を絶った。
宇宙人説、旧人説がある。

33 :本当にあった怖い名無し:2006/06/30(金) 15:18:53 ID:6guhCueB0
軍事板の「信じられないが、本当だ」スレのまとめサイト
http://karen.saiin.net/~clytie/index.html


オカルト関係の話もいくつかあるよ

34 :本当にあった怖い名無し:2006/06/30(金) 17:28:30 ID:OQuQphNyO
涼スレ期待アゲ

35 :チラシの裏:2006/06/30(金) 17:44:04 ID:AUbSqRiL0
>最強日本軍の伝説

旧帝国陸軍のこと?
同じ条件で戦わせたら恐らくかなりねばり強く、戦術級でもそこそこの指揮官や参謀はいるよ。
米軍並みの装備とまでは言わない、手持ちの兵器にあった弾薬と、食料と、医薬品があればあんなに惨敗はしなかったとおもうよ・・・

ただ南の方に島々に散り散りにされた上に補給も録にされずに放置されたらなあ・・・・どんな軍隊だって弱体化して自滅に近い形で崩壊していくよ・・・・

陸軍は海軍に対し「補給は出来るのかいな」ってそうとう心配して何度も問い合わせてる。手を広げすぎたら危ないのはちゃんと分ってた。
陸軍の認識では「台湾・朝鮮・ベトナム」あたりがまともな補給可能=まともに戦争できる範囲と考えていたようだ。
よく陸軍空母とか陸軍潜水艦とかが嘲笑の的になってるけどそれだけ逆に言うと
海軍が陸軍の心配している補給線の確保に力を十分割いていなかったことの現れではないか、と最近思い始めた。
そういえば陸軍には輸送船を守るための船舶砲兵というのが居るんだが(なんのことはない輸送船に取り付けた高射砲や機関砲を扱う部隊)
官僚組織の縦割り主義、だけじゃなくってこれもまた海軍の力がまわらない部分を陸軍独自でなんとかしよう、ということなんだろうなあ・・・

ちなみに飛行機についても陸軍の方がはずれが少ない体系がスッキリとした開発・配備をしている。技術者集団の使い方も上手いように見える。
太平洋戦争緒戦のシンガポールやマレー半島後略は歩兵の進撃、砲撃による支援、航空兵力によるカバー、って一応模範的な戦いかたしてるよ。

貧すれば鈍する、ってなやなことばだ




36 :チラシの裏:2006/06/30(金) 17:44:36 ID:AUbSqRiL0
>最強日本軍の伝説

旧帝国海軍のこと?
テキト同じ条件で戦わせたらやはりかなり強い方に入る。 
正規空母部隊を持ってたり、まともな戦艦を核とした部隊を2つ編成できるだけの国なんて当時そうはなかった。

けどもともとが敵が日本に近づいてくるのを待ち受けて、補給線の伸びきった敵艦隊と決戦をして殲滅をする、
という日露戦争の日本海海戦みたいな方針で軍艦のスペックから補給体系に至るまで作られてたから、
太平洋戦争みたいにコッチからでてって占領して、占領したとこと本土の間の補給線を維持して・・・
なんていう長期・広域維持の状態に置かれるとボロが出始める・・・・

それから全体的に装備や製品の水準や生産力が貧弱だとかいうけど、それは当時の国力の水準や産業育成の方向性の問題だからダカラしかたない・・・
自動車産業やラジオ等電化製品の産業がもう少し水準高かったらなあ・・・

あとは情報(戦)、とそれに基づく戦略の構築に関するのセンスの問題かあ・・・此処が実は一番弱そう・・・今も・・・・


37 :本当にあった怖い名無し:2006/06/30(金) 19:00:51 ID:Zn9i3UIa0
29chさんから拾ってきますた
お兄さんスレということで
戦争のオカルト話
http://makimo.to/2ch/piza_occult/988/988130633.html
戦争のオカルト話 Mk.II
http://makimo.to/2ch/piza2_occult/993/993202628.html



38 :本当にあった怖い名無し:2006/06/30(金) 20:43:02 ID:iUDs8PPC0
>>35-36
>最強日本軍の伝説
・ω・)っ南京大虐殺
日本軍はイエローモンキーと言われるだけあって
殺戮のスピードからするとサイヤ人ではと噂されるほど。
大量の死体や痕跡を瞬時に隠せるほどの統率力と行動力も備える。
あとは朝鮮での人工増加超クローン技術かw

実際日本人は強靭な精神と行動力は持っていたが
物資の面で大幅に遅れを取っていたのは確かだが
いかんせん装備と戦争に対する思想が時代遅れだった。
にらめっこ(精神勝負)で勝てるほど近代戦闘は甘くないですよと。

日本は負けるべくして負けたんだと思う。
朝鮮を併合しなければ逆法則でひょっとしたらひょtt(ry


ところで日本軍が大陸を徒歩で移動していたというのは十分オカルトだな。

39 :カッティングヘヴン:2006/07/01(土) 03:13:18 ID:e4+Rl0Eg0
しかし、アレだ。
なかなかみつからないわけだが。
『まつわる』話しが。
ここは、一発ドカンッと投下しようと思ったんだが。

40 :本当にあった怖い名無し:2006/07/01(土) 03:20:17 ID:XIeT+FTi0
http://www.geocities.co.jp/Technopolis/7651/cho/02.html

フィラデルフィア実験

41 :本当にあった怖い名無し:2006/07/01(土) 04:20:18 ID:pWFMG+WjO
もじばけ

42 :本当にあった怖い名無し:2006/07/01(土) 07:44:55 ID:7BO2/gHt0
ヨーロッパ戦線でワルキューレの騎行を見た。

43 :カッティングヘヴン:2006/07/02(日) 03:19:47 ID:2mVsgjdN0
http://www.ne.jp/asahi/hayashi/love/ufo.htm

なんだべ。これ
ここでも大槻氏出動。

44 :本当にあった怖い名無し:2006/07/02(日) 04:35:56 ID:0PCAFoJB0
戦争中のUFO多発についてだけど
超能力者の秋山さんが言ってたけど
地球人のテレパシー送信能力って強力なんだって
その念に導かれて地球に来るシップもあるそう。

だから戦争中の「たああすけてくれえええ」っていう
必死の念があちこちのUFOを地球に呼び寄せたのかも。

45 :本当にあった怖い名無し:2006/07/02(日) 05:40:38 ID:gcpsX9bG0
ジャングルなんかで撃ち合いをしていると、フイにシーンと静まり返る
瞬間があるらしい。
弾薬の補給や負傷者の救護なんかをするタイミングがちょうどお互い
カチあって、まるで休憩時間のようにその間は銃声がしないんだが
その時間が長いと、必ず発狂するものがあらわれたそうな。

46 :本当にあった怖い名無し:2006/07/02(日) 06:25:07 ID:sTzkJwSUO
戦場のオカルトって聞かないよな、あっても士気に関わるから表に出ないだけなのかな?

47 :本当にあった怖い名無し:2006/07/02(日) 06:36:02 ID:m+i+/fbN0
「夜と霧」っていう本の最初のころに出版されたそのカバーには
くっきり霊が映っていましたよ。

 オーファイター?ブーファイター?なんか忘れたけど、第二次大戦中の米軍
パイロットはよく未確認飛行物体とは別に「明らかにおかしな飛行物体」を
そう呼んでいたらしいよ。
 「頭上の敵機」の舞台になったシュワインフルト(おーこれは覚えていたw)上空で
「機体に衝突してなにもなかった物体」の報告やこれUFOじゃね?みたいのはたくさん撮られてる。

 あとは有名なパットン将軍が北アフリカに上陸してときに始めて来たにも関わらず
「ここには昔、こんなのがあった、あそこにいけばホニャララがある」と詳細にガイドしたとのこと。
前世の記憶がよみがえったらすぃ。
 その後パットンはイタリヤへ派遣されるが、根性なしの部下に苛立ちをツネに覚えていて
「戦争神経症」と診断され外見はピンピンしている部下をぶん殴ったが、違う軍医がこっそりと
パットンの副官に「あんたの上官、明らかに戦争神経症でつ」と語ったとのことw

48 :本当にあった怖い名無し:2006/07/02(日) 06:43:19 ID:m+i+/fbN0
>>46
カウル・パレルさんの著作読むと「霊だナンダ」と言ってるヒマがないのは
すごいよく分かる、特に独ソ戦ww
 「2日ぶりの食事はカエルの足を2本」とか「3日の間、一睡もしていないが
よくこれだけの汗が流れるのかと自分を感心した」とか、まぁパレルさんの本は
超リアルでおもしろいww全部、実話だけどね。


49 :本当にあった怖い名無し:2006/07/02(日) 07:04:06 ID:sTzkJwSUO
>>48
そもそも戦場じゃあ幽霊より敵兵が怖いもんな

50 :本当にあった怖い名無し:2006/07/02(日) 12:44:37 ID:zn2Kqmpi0
旧日本軍は敵兵より自軍の古参兵のほうが怖かったらしい

51 :チラシの裏:2006/07/02(日) 12:48:22 ID:kNQFw5GW0
>>48
パウル・カレル?

52 :48:2006/07/02(日) 13:09:28 ID:/GolOV4J0
>>51
正解wwwwwwwwwww寝起きでボケていた、、スマンww

53 ::2006/07/02(日) 13:26:40 ID:niQ/i4PI0
日本本士の主な米軍基地教えてください↓
@・・・基地(青森県)A・・・基地(東京都)B・・・基地と・・・基地(神奈川県)
C・・・基地(山口県)D・・・基地(長崎県)
しかし、全国にある米軍基地の約D・・・%が沖縄に集中している。

54 :本当にあった怖い名無し:2006/07/02(日) 13:35:34 ID:qiIXuU8uO
>>47
フ―ファイタ―ね

55 :22さんへ:2006/07/02(日) 14:11:39 ID:L2xqe42j0
確か第一次世界大戦(だったと思うが)イギリス軍がトルコ軍の砦を攻略する際に
その不思議な雲に包まれて消滅したという記録があります。
中国でも約3000人の中国兵が不思議な霧に包まれて消滅したと。そのおかげで
日本軍の南京攻略がスムーズに達成できたと読んだことあります。

56 :本当にあった怖い名無し:2006/07/02(日) 15:03:43 ID:db/Z9m7pO
第一次大戦の敗戦間近のドイツ空軍基地での事
戦闘機は全機出撃し基地には残存戦闘機もなく、帰ってくる機体も無かった
基地は静まりかえっていた
すると夜明け前に聞いた事も無いエンジン音を確認
たまたま基地に居た整備兵が滑走路を見ると飛び立とうとしている戦闘機を発見
残存機かと思いきや明らかに形がドイツ軍、いや第一次大戦にあろうはずがない機体が今まさに離陸しようとしていた
何と機体には"日の丸"が付いており、零式艦上戦闘機だったのだ
その機体は戦線の方へ飛び発っていったという
その整備兵が見た戦闘機は紛れもなく後の第二次世界大戦に現れた零戦だったという
敗戦間近のドイツに現れた不思議な出来事である…


57 :本当にあった怖い名無し:2006/07/02(日) 15:14:22 ID:sTzkJwSUO
>>56
タイムスリップ?それとも零戦は既にその頃あったのか…?
(´〜`)ん〜オカルト

58 :本当にあった怖い名無し:2006/07/02(日) 16:40:23 ID:DTLC8Dhj0
>>56
>>57

数ヶ月前起きた事件だが、ベルリン市街地で上空から戦闘機の風防が降ってきた。
警察が調べたらそれは、なんと第二次大戦時の米国製P−51ムスタング戦闘機のものと判明。

ベルリン空港の片隅で風防が吹っ飛んだP−51戦闘機が駐機しているのが発見された。
ニュースになってたのはここまで。

だが、操縦者や所有者に関する話が出ていないのがオカルトw。
・・・・どこの誰がP−51をベルリンに持ち込み、飛ばした上に風防を飛ばしたんだ?

ニュー速+にもスレがたち、冗談交じりで「時空を超えて米兵の亡霊がP51を操り、
これまた亡霊のドイツ兵が操るFw190戦闘機とベルリン上空で交戦してたんじゃねー
かw」とか会話が交わされていたのを思い出した。



59 :本当にあった怖い名無し:2006/07/02(日) 16:45:40 ID:wmH8WCeb0
軍板で見たけど名前は忘れた
たしかあらすじはこんな感じ

第二次大戦の北アフリカ戦線で、孤立したドイツ兵達が
1人の老人と出会って古い地図を譲ってもらう。
そこには水や食料の貯蔵庫が記されていた。
それでどうにか助かったドイツ兵達は
どこでこの地図を手に入れたのかを老人に聞いた
すると老人は
「ナポレオン公から援軍が到着するまで死守するようにと命令を受けました」
と言って姿を消した。

60 :本当にあった怖い名無し:2006/07/02(日) 17:03:58 ID:DTLC8Dhj0
2−3年前の今頃の読売新聞・朝刊の国際面の片隅に掲載された怪事件。


南シナ海で海賊船団に襲撃されていた大型貨物船の船員がみた怪奇談。

全速推進蛇行運転で逃げ切ろうとする貨物船。
自動小銃や機銃を発砲しながら追いすがる海賊船団。

そこにいきなりフッと現れた、太平洋戦争時から抜け出してきたような
日本帝国海軍旗をつけた、駆逐艦(?)。


   予期せぬ重武装軍艦の出現に海賊船団は恐慌を来たして逃げ去った。
  
  貨物船が危機を脱したのを見届けた日本帝国海軍(?)
  幽霊駆逐艦(?)は現れたときと同じように忽然と姿を消したそうだ。

61 :本当にあった怖い名無し:2006/07/02(日) 17:07:51 ID:8LUROZ/h0
>>60
グッとくる

62 :本当にあった怖い名無し:2006/07/02(日) 17:13:01 ID:wmH8WCeb0
現代に大東亜戦争時の日本海軍の軍艦の名前を聞くと
真っ先に「大和」が上がると思うが、「大和」は当時
極秘に建造されていたために国民には存在は知らされておらず
有名になるのはむしろ戦後だろう。逆に戦前戦中にかけて
帝国海軍の軍艦と国民に聞けば間違いなく「長門」と答えたのである。
長門は昭和13年から17年まで連合艦隊の旗艦まで勤めた帝国海軍の
シンボルであった。しかも大和が戦中末期に撃沈されたのに比べ
長門は数々の戦いを潜り抜け終戦時まで残った唯一の巨大戦艦であった。
しかし戦後米軍に接収された長門は原爆実験の標的艦として最後を迎える。
一回目の実験でも無傷で残り、2回目の実験でも僅かに傾いただけで
他の米軍戦艦が沈む中で唯一水上の上で悠々と残っていた。
これには米国実験者は驚嘆し、長門の構造を調べ上げようとした矢先、
長門は忽然と海上から姿を消した。
日本が2発の原爆で降伏したのに対して、長門は2発の原爆にも耐え
アメリカによる解体からをも許さず、まるで自決するかのように
自ら沈んでいった・・・まさに大日本帝国海軍の最後の意地を見せた最期であった。

63 :本当にあった怖い名無し:2006/07/02(日) 17:24:32 ID:fyGbli8E0
>>60,62
泣いた。

こんな話に弱いな俺

64 :本当にあった怖い名無し:2006/07/02(日) 17:25:44 ID:mhqspEO+0
>>62
カッコイイ

65 :本当にあった怖い名無し:2006/07/02(日) 17:39:32 ID:0G0DachS0
英霊に敬礼を

66 :本当にあった怖い名無し:2006/07/02(日) 17:51:49 ID:7xmmub5u0
>>32
((((;゚Д゚)))ガクガクガクブルブルブル
もっともっと kwsk

67 :本当にあった怖い名無し:2006/07/02(日) 17:55:07 ID:sTzkJwSUO
敬礼!(゜Д°)ゝ

68 :本当にあった怖い名無し:2006/07/02(日) 17:56:59 ID:wmH8WCeb0
武蔵は未だに海中を漂っているんだっけか
ネタっぽいけど

69 :本当にあった怖い名無し:2006/07/02(日) 18:07:27 ID:H4LASZIH0
最近どっかで見たルーデルとかいう軍人の存在はオカルト

70 :本当にあった怖い名無し:2006/07/02(日) 18:09:39 ID:yEgwrr0x0
>>69
『急降下爆撃』のハンス・ウルリッヒ・ルーデルかね?
片足切断しても出撃してたんだからそりゃオカルトだよな。

71 :本当にあった怖い名無し:2006/07/02(日) 18:10:40 ID:wmH8WCeb0
スターリンは全てがオカルト

72 :本当にあった怖い名無し:2006/07/02(日) 19:11:32 ID:qiIXuU8uO
>>60>>62泣きますた
空の武士道
ゼロファイタ-の話は無いでしょうか?投下キボンヌ


73 :本当にあった怖い名無し:2006/07/02(日) 22:22:47 ID:zn2Kqmpi0
ある戦記に載っていた話

ガダルカナルで戦死した兄を供養しようとOさんは戦争から50年後にガダルカナル
で行われた慰霊祭に参加した、その際島から小石を遺品として持ち帰った。
帰国後、数日経ったある日Oさんは奇妙な夢を見た。
兄が裸同然の姿のまま座敷で寝ているのだ、体には深い傷が有り
「キズがうずいてどうしようもない」と訴え
「タタミで寝たくて帰って来た、タタミが恋しくて」
「ばってん、久しぶりのタタミはぶかぶかして寝にくか」そんなことを言う。
そこでOさんが「ベットはどうか」と聞くと「やっぱりタタミのほうがよか」
というのであった。
兄が家でゆっくり寝たがっているのを知ったOさんは再度島へ行き兄を故郷へ
つれて帰ろうと考えた、そんなある日再び兄が夢に現れ
「自分ひとりが島を離れて故郷に帰るのは、みなに申し訳ない」
「そこで、オレ一人が写っている写真を持って来てくれ」
それを、みな(戦死した戦友)のため、自分の身代わりとして島に残してほしい
と頼まれた。
現在Oさんは兄が夢の中で寝ていた座敷に応接台を置き「兄がそこにいるつもり」
で暮らしている。
無事生還した兄の戦友がOさん宅を訪れた際は、その応接台を囲み、唄を歌い
酒を飲み、ガ島戦の懐古談に花を咲かせている。
彼等をいうには
「一日でもいいから故郷のたたずまいを見たい。いちどでいいから家に帰りたい
みな、そう思いながら死んでいったんです・・・」

74 :本当にあった怖い名無し:2006/07/02(日) 22:33:07 ID:SOyq36VgO
>>62
やべぇ!!長門かっこよすぎだって

75 :本当にあった怖い名無し:2006/07/02(日) 23:02:26 ID:/1Qid9Y3O
故国の為に戦った誇りある英霊達に対し敬礼!!

76 :本当にあった怖い名無し:2006/07/02(日) 23:02:32 ID:wmH8WCeb0
エースパイロットは昼でも星が見えたっていう恐ろしい視力の持ち主が多かったらしい
目を酷使し過ぎて失明した人が何人もいたとか

77 :本当にあった怖い名無し:2006/07/02(日) 23:19:12 ID:YOqTFR/00
昔なんかの心霊番組で見たんだけど兵隊さんが10人くらい座って慰霊している人
を見つめているんだけど向こうが透けて見える体で風にふかれたカーテンみたいに
ふわっと消えたり現われたりしてたの知ってる人いますか?

78 :本当にあった怖い名無し:2006/07/03(月) 00:48:54 ID:5G5IpcAA0
先の大戦中の戦車兵の話。
真夜中いつものように数十台で隊列を組んで行進していると、付近の森から、蒼白い鬼火が続々と現れた。
狼狽していると、クラッペ(覗き穴)から外を見ていた兵士の頭が吹き飛んだ。


夜が明けて、別の部隊がそこを通った。
そこには、切り裂かれたような戦車の残骸と、車内にいたにも関わらず、射殺された兵士の死体がいくつも転がっていた。
その中に混じり、奇妙なランタンを持った、敵の兵隊の死骸がおびただしい量転がっていた。

79 :カッティングヘヴン:2006/07/03(月) 01:57:20 ID:n5UsGqMh0

!( ̄^ ̄ゞ ケイレイ!!



80 :本当にあった怖い名無し:2006/07/03(月) 02:02:51 ID:DiBnBa/H0
北アフリカ戦線にて。

イギリス軍の輸送トラックが砂嵐で進路を見失った。
視界が利かないため、ドライバーは停車して砂嵐をやり過ごすことにしたが、
なかなか止まず、それが去ったのは日が暮れたあとだった。
ドライバーは車中で一泊することにした。

乗せてくれ、と兵士がひとり、不意に闇の中から現れた。
話し相手がいないこともあり、ドライバーは快く乗せた。
妙な訛りの英語を話すやつだと思ったが、連邦国のどれかの兵士だろうと気にしなかった。
しばらく会話を楽しんだあと、もう行かなくては、と兵士はトラックから降りた。
こんなに遅く何処へ行くのだろうと思い、ウィンドウ越しに姿を探したが、もう見当たらなかった。

夜が明けて、目が覚めると、砂嵐で気付かなかったが、近くにドイツ軍の戦車が擱座していた。
それを味方の兵士たちが調査していた。
近づいてみると、壊れた戦車から、戦車兵の死体を引っ張り出しているところだった。
その顔は、昨夜トラックに乗せた兵士と同じものだった。


なかなか良く出来ていると思った怪談。
出典はワカラン。

81 :本当にあった怖い名無し:2006/07/03(月) 02:41:51 ID:w9FEtIqJ0
レイテの収容所には日本軍の亡霊がでたらしいぞ。
日本軍の亡霊が銃剣突撃してくるので発砲事件までおきたらしい。

82 :47:2006/07/03(月) 02:50:34 ID:3hPRB6X30
長門かっこいいなぁ、惚れた・・・

オカルトじゃないけど「サイドカー」ってカクテルあんだろ?
あれ考案したのは米英軍じゃなくてドイツ軍なんだと。
北アフリカのオートバイ兵が考案したそうじゃ。

83 :本当にあった怖い名無し:2006/07/03(月) 20:07:10 ID:TqZ3vzSB0
信じられないが、本当だスレの転載


陸上自衛隊の航空機を使った、乗り逃げ事件が発生したことがある。

1973年6月23日夜、陸上自衛隊航空学校宇都宮分校。
夜間飛行の予定はないのに、1機の富士LM1連絡機が飛び上がった。
爆音に気がついた当直幹部が、格納庫を点検すると確かに1機見当たらず、
非常呼集をかけると、K3曹がいない。
格納庫でK3曹の識別帽も発見され、「乗り逃げ」は確実視されたが、
K3曹は操縦訓練も受けておらず、その上での夜間飛行とくれば、
いかに操縦しやすい連絡機であっても、無事着陸は絶望視された。

3自衛隊の総力を上げて救難・捜索活動が行われたが、
手がかりは何ら発見されないまま、数日で救難・捜索は打ち切られ、
現在に至るも、全くの行方不明となっている。


ところでさ、顔文字で敬礼ってゝ←とか使ったら実は左右逆じゃね?


く(゚∀゚)こんなんでどお?

84 :本当にあった怖い名無し:2006/07/03(月) 20:11:27 ID:s6AbrlL40
何か遠くの風景見てるみたい

85 :本当にあった怖い名無し:2006/07/03(月) 20:15:41 ID:soFRD8emO
>>83
北の工作員の仕業では?

86 :カッティングヘヴン:2006/07/03(月) 20:19:31 ID:n5UsGqMh0
!( ̄^ ̄ゞ ケイレイ!!
確かに・・・逆・・・もう使えない・・・

87 :本当にあった怖い名無し:2006/07/03(月) 20:25:27 ID:TqZ3vzSB0
>>85
宇都宮から北までは飛べないと思う
でも確か共産かぶれした自衛官の亡命未遂ってことで処理されたような
気がするから目的地は一緒だと思うけど

88 :本当にあった怖い名無し:2006/07/04(火) 14:12:08 ID:c56ReHeEO
南太平洋での事
孤立した日本軍の居るとみられる島に米軍が夜間上陸しようとした時の事
島の高台に金色に輝く人の様なものが現れた途端
米軍の上陸用舟艇に錆による穴が空き、次々と沈んで結局、その島には上陸しなかったとの事
上陸前の島で確認されたその島の写真にはどれも錆びた高射砲や輸送機などが写っており、全ての鉄が錆びてしまっている島だった
米軍の非公式記録より

89 :本当にあった怖い名無し:2006/07/04(火) 14:16:52 ID:rBNaKrTp0
松本零士乙!

90 :本当にあった怖い名無し:2006/07/06(木) 08:03:30 ID:PXlUN3PW0
1

91 :本当にあった怖い名無し:2006/07/06(木) 09:31:27 ID:7xfm0/PLO
そこでジパングですよ

92 :本当にあった怖い名無し:2006/07/06(木) 15:57:12 ID:1hkthVj+O
上げ

93 :本当にあった怖い名無し:2006/07/06(木) 16:17:52 ID:yCwhCnI10
子供の頃見たテレビ、(20年以上前)の話なんだが、元日本兵のおっさんが、
(たぶん当時5〜60歳)自分の戦った戦地を訪ねるドキュメントやってた。
そこで、戦死して置き去りにしてきた戦友が夜中になると、「お〜い、頼むから
置いていかないでくれ〜。一緒につれてってくれ〜。」って幽霊になって追いかけて
くるって話してた。怖かった。

94 :本当にあった怖い名無し:2006/07/06(木) 16:25:52 ID:TxtYauz60
>>32
詳細キボーーーーー

95 :本当にあった怖い名無し:2006/07/06(木) 16:26:59 ID:YYSGFeY70

          て  ぽ  ど  ん  !  !
           測   量   船   !  !  

r'⌒X⌒X⌒X⌒X⌒X⌒X⌒X⌒X⌒X⌒X⌒X⌒X⌒X⌒X⌒ヽ ⊂゙⌒゙、∩
ヽ__乂__乂__乂__乂__乂__乂__乂__乂__乂__乂__乂__乂__乂__乂__ノ  ⊂(。A。)キタ━━━━━━━━

    ということで流石にもうみんな我慢の限界じゃない?

     こっちからも攻撃  し  な  い  か  ?

   【堪忍袋の】北朝鮮 南朝鮮に対して報復を!【緒がブチ切れた】
    http://ex16.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1152156078/l50
           まずはここに集合汁!!!!!

  第一避難所
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/comic/1967/1152156013/
  第二避難所
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/computer/17776/1152156474/

96 :本当にあった怖い名無し:2006/07/06(木) 19:48:16 ID:yXo4QNsYO
戦時中基地→戦後駐屯地の隊舎はよく出る。

97 :本当にあった怖い名無し:2006/07/06(木) 20:41:23 ID:wvoMvtiF0
>96
軍板で一時話題になった、
昭和天皇が崩御された日の防衛大は凄まじかったらしい。
(当直の日誌に残された(保管するのに上の承認が通った)唯一の防衛大の心霊ネタってのも有るが)

あの板は色々侮れないからな〜


98 :本当にあった怖い名無し:2006/07/06(木) 21:27:39 ID:RI4BOIrE0
万歳してた話?

99 :本当にあった怖い名無し:2006/07/07(金) 00:16:05 ID:zZf0V3360
kwsk

100 :本当にあった怖い名無し:2006/07/07(金) 01:32:47 ID:LOYl5wrk0
ベトナム戦争での爆撃機乗りの間で、ドーナツ型の火の玉に追われたら生きて帰れない、という話があった。
最後の無線では「助けてくれ!火の玉が追いかけてくる!!」というものだったそうです。
火の玉の正体は、ソ連軍が北ベトナム軍に供与した、SA2対空ミサイルでした。

101 :96:2006/07/07(金) 06:20:36 ID:xEARQLrDO
>>97
俺が教育受けたところはよく出たぞ。

102 :本当にあった怖い名無し:2006/07/07(金) 08:03:22 ID:SKn7ro670
>>101
kwsk

103 :本当にあった怖い名無し:2006/07/08(土) 00:34:54 ID:d26adlQ/0
ソ連は存在自体が20世紀最強のオカルト

104 :本当にあった怖い名無し:2006/07/08(土) 01:30:20 ID:aTafrnVbO
>>102
8人部屋で二段ベッドの二階のやつが全員頭またがれたりな。
声聞いたりな。。
班長も当直巡察嫌がったりな。。
捨てたはずの名札が机の上に降ってきたりな。。

105 :本当にあった怖い名無し:2006/07/09(日) 14:47:29 ID:bcAqnNI30
マジすか?

106 :本当にあった怖い名無し:2006/07/09(日) 16:06:45 ID:oeKCdQXC0
ウソに決まってるだろバカ

107 :本当にあった怖い名無し:2006/07/09(日) 17:14:08 ID:bcAqnNI30
ウソすか?

108 :本当にあった怖い名無し:2006/07/09(日) 17:15:16 ID:LGRuF5CG0
もうそろそろそういう時期になるのか・・・

109 :本当にあった怖い名無し:2006/07/10(月) 01:23:42 ID:F1pvmzzwO
>>78
パンプキン・シザーズかwww

110 :本当にあった怖い名無し:2006/07/10(月) 01:55:10 ID:L6cjVWAvO
>>97
どんな話し?

111 :本当にあった怖い名無し:2006/07/10(月) 18:08:26 ID:E6pxY/8BO
愛知のキチガイ脳糞古川は神だと思っている。

半年ほど前の正月休みに両親と愛知のキチガイ脳糞古川の実家(もんじゃ焼き屋)に 食べに行った時の話。
両親と3人で鉄板を囲んで食事をしているといきなり脳糞古川が玄関から入ってきた。
もんじゃ焼き屋に似合わない勝負服ないでたちで。

脳糞古川が「私いつもの〜」と言って二階へ上がろうとすると、
店内にいた高校生集団が「脳糞古川さん!」「脳糞古川さんかわいいー!」などと騒ぎ出し、
脳糞古川が戻ってきてくれて即席サイン会になった。
店内に13、4人ほど居合わせた客全員に店内にあった色紙を使い サインをしてくれた。
高校生達が脳糞古川の母校愛知のキチガイ高校トラウマ部だとわかった脳糞古川は いい笑顔で会話を交わしていた。
そして脳糞古川は「またね〜」と二階に上がっていき、店内は静かになった。

私と両親は脳糞古川の気さくさとかわいさに興奮しつつ食事を終え、会計を済ませようとレジに向かうと、
店員さんが階段の上を指差しながら 「今日のお客さんの分は出してくれましたから。また来てくださいね」と。

あれには本当にびっくりした。

112 :本当にあった怖い名無し:2006/07/11(火) 01:02:58 ID:EDVD9qsLO
入間基地の隊舎だか仮眠室だかは昔(朝鮮戦争の頃。当時は米軍基地)は戦死した兵士の遺体を安置するところだったらしい
よく全身包帯まいた幽霊とかどうみても助からない怪我を負った幽霊とかでたそうだ
今はしらんがな
俺は霊感とか皆無だけど
あの基地の周辺の森とかってなんか恐い

113 :本当にあった怖い名無し:2006/07/11(火) 01:39:05 ID:eRKMIp3B0
>110
98氏とかぶるが、
戦前から有る建物で白い手袋だけ万歳

>112
空の人っぽいから聞くけど、硫黄島の体験は?


114 :112:2006/07/11(火) 09:56:39 ID:EDVD9qsLO
>>113
んにゃ、ただの飛行機マニアさ
入間基地の幽霊の話はなんかの本にあったよ
もう15年以上前だけど
今の入間基地の施設とか綺麗になりすぎて
怪談とか無縁の雰囲気だけどさ
硫黄島は…人魂がでるって話なかったか?
よくしらんがな

115 :本当にあった怖い名無し:2006/07/12(水) 03:20:42 ID:ST6LDEapO
硫黄島は備品持ち出し禁止なんだっけ。
石ころ一つでも持ち帰ると、帰りの艦内でいろいろあるとか。
でも、それってある意味封印されちゃってるようなもんだよね。

116 :本当にあった怖い名無し:2006/07/12(水) 18:10:58 ID:FJhP1GgL0
>77は沖縄で供養してたら、上官と下士官が出てきた顔が鮮明で再放送中止。
硫黄島は海自では、禁忌な事象。演習で上陸し石を記念に持ち帰った所
亡霊が艦内を彷徨い、叫び声や電気系統に異常きしたらしい。
海自の航海日誌に載るくらいの事実ですからね。



117 :本当にあった怖い名無し:2006/07/12(水) 22:46:01 ID:k1dUPWIQ0
旭川の陸自第2師団の正門に深夜、日本兵が隊列を組んで帰ってくるという噂は?
ガダルカナルで全滅した一木支隊が旭川の第7師団所属で、
そこに戻ってくるらしい

118 :スーパーリアル金太 ◆8mzYKF9Qkk :2006/07/12(水) 23:15:59 ID:oQa3lC0A0
第二次世界大戦当時のアフリカ戦線イギリス軍陣地。
砂漠の小さな駐屯地に念願の野戦電話が置かれた。
ただしまだ接続はされていないw

…の、はずなのに唐突にベルが鳴った。
イングランド少尉なる人物が恐る恐る受話器を取り
「こちらイングランド」
電話の向こうで一言
「nein!」
と叫ぶとガチャンと切られたとか。

119 :本当にあった怖い名無し:2006/07/13(木) 00:36:28 ID:rhfbJ3z+0
>>116
あれは本当に鮮明な映像でしたね
再放送禁止なんですか・・・
詳細dです


120 :本当にあった怖い名無し:2006/07/13(木) 13:03:14 ID:m+60Q/510
116の内容は慰霊中の坊さんが画面右側の定位置にて、経を上げてる最中
左下に、将官クラス(軍帽被らず坊主頭)が寂しい顔で坊さんを見つめてると
2〜3人の部下らしいのが将官の下に、映り出し祭事が終わるまで、見てる。
他にもいくつもの、人魂(蛍?)が飛び回る。

121 :本当にあった怖い名無し:2006/07/13(木) 13:30:16 ID:nI1vUbWw0
>>120
確か日テレの心霊特集でしたね。仙台かどこかの霊能者のお婆さんを女子アナ
と坂上忍が尋ねるやつ。
最初、くっきり映りすぎて、慰霊祭のスタッフ?思ったけどくっきり日本兵。
軍ヲタの俺が見たところ、あのねずみ色の軍服は間違いなく陸軍末期の防暑服。
一応、軍刀を肩に掛けてたようにも見えた。

122 :本当にあった怖い名無し:2006/07/13(木) 16:12:17 ID:tAyYvBIq0
うちの爺さんが戦時中の硫黄島で亡霊をみたとぃってた。
洞窟のなかの真っ暗なところで、青白い人魂と白装束の侍の霊を見たそうだ。

123 :本当にあった怖い名無し:2006/07/14(金) 18:58:45 ID:L8onkjbB0
日露戦争でのお話。
開戦前、明治天皇は戦争に消極的であり、大国ロシアを
打ち負かす事など絶望的だった。が、あるとき公務を終
えられた後明治天皇が、「この戦には神が兵を貸してく
ださる。必ず勝てる。」といわれ、開戦となった。
 結果日本軍は勝利を収め、世界史を塗り替えることと
なった。戦後、捕虜となったロシア兵は口々にある証言
を残す。「黒い服を着た日本兵は弾が当れば死んだが、白
い服を着た日本兵にはあらゆる武器が通じなかった。」と
明治の皇軍兵の軍服は上下黒の詰襟に白いゲートル。
「白い軍服」の兵士などは存在しないはずである・・・・。


124 :本当にあった怖い名無し:2006/07/15(土) 00:25:52 ID:+vH0eePH0
第一次大戦中のヨーロッパでも似たような話があったな。(厨坊の頃見た本より)
なんでも撤退した敵軍の陣地から十字の剣を持った謎の騎兵隊が現れ、銃撃しても
倒れる気配を見せなかったので、恐れおののいたドイツ軍が敗走したという話。
2、3キロ離れたところにいたイギリス軍は誰もいない無人の陣地にドイツ軍が
必死に銃撃をしている異様な光景を目の当たりにしたらしい。
この本には他にもアフリカ軍を襲った宇宙人や、ドイツ軍を八つ裂きにした巨大さそり
などの話のほかにも、日本軍の大撤退を支え、連合軍を混乱させた幽霊艦隊と謎の対空砲
の話があった。

125 :本当にあった怖い名無し:2006/07/15(土) 00:43:24 ID:griw8Xka0
硫黄島の朝、時折、海を眺める日本兵と米兵の幽霊が
寂しげに並んで現れるそうな。なんだか寂しいな。

戦争だ!と言いたくなる昨今だが、やっぱ最大勝利を
得た場合においても戦争は最悪の選択なんだろうな。

英霊の冥福を祈ります

126 :本当にあった怖い名無し:2006/07/15(土) 17:16:59 ID:+nlAT3Hp0
うちの父に聞いた話では、なんでも先祖が新撰組の隊士だったそうで、
鳥羽伏見の戦いのときに、平家の落人の亡霊をみたそうです。
亡霊はまさに落ち武者そのもだった、そうで怖かったという話が代々伝わっている
とのことです。

127 :本当にあった怖い名無し:2006/07/15(土) 23:43:50 ID:zdQXVPKy0
>>125
うちの爺ちゃんもその中にいるんだろうな.......。


でも、実家の仏壇に置いてあるばあちぁんが貰ってきた硫黄島の石、なんか怖い。

128 :本当にあった怖い名無し:2006/07/16(日) 00:13:54 ID:jsfIZddN0
>>126
うちは平家の子孫
どうやら因縁がありそうだな

129 :本当にあった怖い名無し:2006/07/16(日) 01:45:14 ID:5r96HgjIO
>>121


坂上 忍って「とびます!とびます!」のオッサンだっけ?

130 :本当にあった怖い名無し:2006/07/16(日) 03:29:57 ID:SbPFbLkv0
>>129 いつまでたっても歳とらない子役上がりの俳優だよ。
2時間ドラマで怪しい役でよく出てるよ。
「でこ」ばあさんにインタビューしてるの見たことある。

131 :本当にあった怖い名無し:2006/07/16(日) 04:18:56 ID:rRKEriu00
>>130
ちょと調べてみたけど凄いな。
毎年新年を迎える前に運試しと称して
全財産ギャンブルで使いきってるんだって

学習能力ゼロだな


132 :本当にあった怖い名無し:2006/07/16(日) 09:32:12 ID:HD5loEyO0
わたしのおじいさんが終戦後、ラバウルからの引き上げ船で本土に帰る
航海の途中で、遠くの洋上に戦艦大和を見たそうだ。幽霊船だな

133 :本当にあった怖い名無し:2006/07/16(日) 10:09:59 ID:kStVmKQX0
前テレビでやってたのがすごかった
5人くらいの日本兵が座ってなんかを話してるっぽいんだけど、
焼けに鮮明だった。誰か覚えてないかな?

134 :本当にあった怖い名無し:2006/07/16(日) 10:53:41 ID:LeF/6DthO
公人社NF文庫の尾川正二
のニューギニア戦記に
バカでかいコウモリとか声を聞くと
頭が狂う鳥とかのってて面白いです。
内容も強烈に感動するはず

135 :本当にあった怖い名無し:2006/07/16(日) 14:14:41 ID:EJQV7ywl0
>>132
なぬぬぬぬぬぬ!本当か!!!!!!!!!!!!!
もっと詳しく!!!!

136 : . .:2006/07/16(日) 14:28:04 ID:DfH7EHjE0
シベリア抑留日本兵がシベリアの古代遺跡発掘作業に
従事させられたらしいぜ。


137 :本当にあった怖い名無し:2006/07/16(日) 14:39:34 ID:W9kjQXA2O
>>73
泣いた

138 :本当にあった怖い名無し:2006/07/16(日) 14:40:14 ID:Vy77nxjLO
>117 亀
近所だが実際今まで見た事無し
ウワサは聞いたことあるが誰も信じない

139 :本当にあった怖い名無し:2006/07/16(日) 23:53:47 ID:yj7yEwZG0
空母「瑞鶴」に乗艦していた見習い尉官の話
戦闘の際、日ごろからお世話のなっていた中尉が敵機の爆弾により倒れた
左足を付根からもぎ取られていたが意識があり「もし呉に帰ったら家族に
苦しまずに死んだ、と、そう伝えてくれ」そう言い息を引き取った。
見習い尉官は遺言どうり中尉の家族に手紙を書き送った
それから二十五年後に行われた瑞鶴戦没者慰霊供養の際に中尉の未亡人と
会い、実際の中尉の最期を伝えた、すると未亡人は「これまで何回となく
夢で帰って来てくれましたが、不思議な事に、そのたびに左足がないんです
今、やっと、その訳が解り、ほっとしました」




140 :本当にあった怖い名無し:2006/07/17(月) 01:16:23 ID:8kQ1QXhN0
>>132
>>135

それは幽霊船でなく、別次元で対米戦争を続行している日本軍がry

141 :本当にあった怖い名無し:2006/07/17(月) 01:27:17 ID:ODZO5Y1W0
俺の叔父さん、空自で硫黄島に勤務していたけど
拾ったと言って、二発の青錆びた小銃弾を持って帰ってきて、俺にくれたよ。
一つは米軍の、もう一つは日本軍の小銃弾だった…。

だからか、もらったのが小学5年の時。その小学5年生以来、しょっちゅう金縛りに遭うのは。
当時、叔父さんが俺に銃弾をくれて帰った後も、まだ誰かが家に残っているような感じがしてたもんな。

142 :本当にあった怖い名無し:2006/07/17(月) 02:03:44 ID:dAcIvIVYO
うちのじいちゃんは戦時中、零戦をつくってたらしいんだが、じいちゃんは造りながら、「こんなもんが空飛ぶんか?」と思いながら造ってたらしい

まぁ、ある意味オカルトですかな?

塚、空母に入らないとかゆう理由で翼を短くされた飛行機って零戦だっけ?

だとしたら、そんだけでも十分オカルトだな........

143 :本当にあった怖い名無し:2006/07/17(月) 02:47:11 ID:+jdqWCk+0
>142
それ主翼端の折りたたみ機構or32型か52型の性能向上目的で改良した奴
(同時期に米海軍が使ってた戦闘機は主翼の付け根から折り畳む)

因みにイギリス海軍のF-4が、
米海軍/海兵隊仕様のままだと空母のエレベーターに乗らないから、
1.機首に折り畳みヒンジの追加とそれに対応したレーダーの設計変更
2.緊急時に使う燃料放出用のパイプをカット
3.地上への着陸時に使うパラシュートのカバーに付いてる編隊維持用のランプを垂直尾翼上部に移動

おっと、
イギリス軍自体がオカルト
(WWIから太平洋戦争終戦まで戦い抜いたソードフィッシュ、パンジャンドラム、
装甲は最強クラスだか武装は機銃のみの重戦車、後ろ向きの旋回式砲塔しか機銃の無い戦闘機、激戦の真っ最中でもお茶の時間
武器:粉末黒こしょうの予備役部隊、縦双発のライトニング、対艦ミサイルの余った燃料と天ぷら油で燃えた駆逐艦、
配備当初はレーダーの代わりにコンクリの塊が載ってたトーネードADV、開発開始当初からグテグテのユーロファイタータイフーン)
と言う突っ込みは禁止

144 :本当にあった怖い名無し:2006/07/17(月) 08:40:27 ID:0VAlm1ZK0
>>143
非常に「ここら辺突っ込んで欲しいナ!」というイメージを文章から受けるのだが、
知識が無いので、突っ込めない。ていうかイギリス軍のオカルトの内容自体がつかめない。

激戦の真っ最中にアフタヌーンティーのおつまみ「てんぷら」を作ろうとして、黒こしょう予備役部隊が駆逐艦を燃やした。
レーダーの代わりにコンクリの塊が載ってたトーネードADVは最初からグテグテタイフーン?

で合っているか?
会話のキャッチボールが出来なくてゴメンよ143。

145 :本当にあった怖い名無し:2006/07/17(月) 09:03:23 ID:E8+9WQZk0
>143
全部「あ〜、アレね」とわかってしまった俺は重篤な軍ヲタ


146 :本当にあった怖い名無し:2006/07/17(月) 18:52:58 ID:ZhmwX0nZO
近代戦争の怖さは、あまりに発達しすぎた兵器にある。引金を引けば、瞬時に100人殺せる凶器などザラにある。いや、そもそも戦争そのものがカルトなのかもしれない。

147 :本当にあった怖い名無し:2006/07/17(月) 21:04:56 ID:CvSqOzPT0
>>143
氷空母が抜けているぞい、おぬしww
計画倒れだがww

148 :本当にあった怖い名無し:2006/07/17(月) 21:54:26 ID:51QRMu5sO
>>143
ソードフィッシュ・・・
あれか、WW2で大活躍した布張り二枚羽ねの万能機だな。
WW1時代から使われていた艦攻で、魚雷はもとより、レーダーや、果てはロケット弾まで装備!
しかも、ソードフィッシュの後継機として造られた新型艦攻が、実は、ソードフィッシュの性能向上
型もどき・・・むき出しだった搭乗員のために風防で囲い、防弾付けたら、性能低下!
搭乗員から、ソードフィッシュのほうが良かったと言われるオカルト機・・・
同時期の外国の機体が、天山、アベンジャー・・・
ダメじゃん(´・ω・`)

149 :本当にあった怖い名無し:2006/07/17(月) 22:02:16 ID:LlfDT8Fz0
この話は書かれていないようなので・・・
太平洋戦争中期〜後期、アリューシャン列島での話。
偵察を行っていた日本の潜水艦が、日本軍が玉砕したアッツ島沖を航行していた所、
突然アッツ島から光の玉が飛び上がり空中で止まると、こちらの(潜水艦の方向)へ
向かって飛んできた。
潜水艦長は「急速潜航!」を発令し、潜水艦はそのまま水中へ潜っていった。
その後、アレはなんだったのか考えた所、
「おそらくアッツ島の英霊でしょう」
と言う事になった。

150 :本当にあった怖い名無し:2006/07/17(月) 22:34:16 ID:8dPGIub60
まぁ、そのヘンタ・・・いやジョンブル魂ゆえ
実用垂直離陸戦闘機ハリアーが出来た
ペガサスエンジンすごす!
どうすごいかと言うと、タービン軸が2軸でイメージ的には、ストローに
タケひごが、入っているみたいなもの
それが、遠心慣性で機体が軋まないように2軸とも反対方向に回転する

氷空母:大西洋で展開、水とパルプを混ぜて凍らせてつくる
排水量200万トン・全長656m・全幅98m・装甲10m

戦争中には、この手の狂気の計画がうじゃうじゃとある
陸上戦艦とか・・・w
まさしく、オカルトとフォローを入れてみるw


151 :本当にあった怖い名無し:2006/07/17(月) 22:48:43 ID:8dPGIub60
図に乗ってもう一丁、嫌われるのを覚悟で・・・
アニソンのゾイドジェネシスのOP曲・夜鷹の夢 Do As Infinity
この歌はすごいです
湾岸戦争のF117ナイトホークを題材にてまして

聞いて下さい・・・涙が出ます・・・・ヽ(`Д´)ノウワァァン!!


152 :本当にあった怖い名無し:2006/07/17(月) 22:59:31 ID:vipy1C/QO
UFOかもな

大韓航空機撃墜事件の後にカニが大漁だったのがオカルト

中途半端に複雑な構造の兵器より、単純な構造の兵器の方が役に立つのがオカルト。

タマに撃つタマがない自衛隊なのに、巷で先制攻撃能力付与論が出てるのがオカルト

ガス欠寸前のMig25の目の前に、タイミング良く函館空港が現れたのがオカルト

平成初期まで魚雷艇使ってた海自がオカルト

今になって市街戦訓練しだした陸自がオカルト

空自にまともな輸送機がないのがオカルト

153 :本当にあった怖い名無し:2006/07/18(火) 00:19:52 ID:XT1uAm610
>>131 坂上 忍に超 興味
でこばあちゃんの入れ知恵か?

154 :本当にあった怖い名無し:2006/07/18(火) 08:25:27 ID:Hm7ErMwc0
>>152
大韓航空機撃墜事件の犠牲者が、カニの餌場になったってことか?
よく聞くよね、タコさばいたら中から毛髪がどっさり出てきたとか・・。

陸自市街戦訓練はその昔、三島由紀夫が有志募って、自衛官幹部を先生にして
市街戦想定訓練してたっけ。(ダメダメだったらしいが、志はイイ)

155 :本当にあった怖い名無し:2006/07/18(火) 08:54:28 ID:qKOBmRtF0
ミリオタ都市伝説
今から30年ほど前の沖縄の軍装販売店での事、ある日店の倉庫から異臭がする
ようになり、日に日に酷くなる
店員が異臭の元をたどっていくと先日入荷したジャングルブーツに
たどり着いた、調べてみるとブーツの中に人の足首が入っていたらしい。


156 :本当にあった怖い名無し:2006/07/18(火) 09:42:09 ID:20Pwa0gI0
カンボジアでポルポト政権時代に不穏分子が大量に虐殺、遺棄された農場は
今は欧米の果実企業のプランテーションで、とても美味なマンゴーやドリアンが採れるとか

ベトナム戦争で多数の戦死者を出したメコン下流の田園地帯は
今は日本の商社によるエビ養殖池で埋め尽くされていて、美味なエビが育つらしい

157 :本当にあった怖い名無し:2006/07/18(火) 10:49:21 ID:P3ML/uKKO
昔見たオカルト本に第2次大戦中、連合国の戦闘機が不意に目の前に第1次大戦の複葉機が現れたと報告
した。
そして時が過ぎて第1次大戦中の記録を見てみると正にその場所で複葉機のパイロットが、見た事のない飛行機を見たと報告していた。

158 :本当にあった怖い名無し:2006/07/18(火) 11:35:32 ID:5R8vRsyn0
>>156
今では海老を無茶に養殖したことで環境が駄目になってあまりうまくいってないらしいが

159 :本当にあった怖い名無し:2006/07/18(火) 14:00:04 ID:wHHDFJSB0
私の祖父は太平洋戦争の天王山といわれるミッドウェー海戦に参加していました。
祖父は空母飛龍の機関員だったそうですが、沈没間際に退艦のさい艦橋を見ると
山口司令と加来艦長が抱き合ってキスしてたそうです。
ほんうだとしたら怖い話です

160 :本当にあった怖い名無し:2006/07/18(火) 19:48:36 ID:Hm7ErMwc0
イヤァッァァァァッ


161 :本当にあった怖い名無し:2006/07/18(火) 20:16:26 ID:glBUsQ+G0
>>151
ゾイドジェネシスはたまに起きてたときにぼけーっと見てたんだが
OPは良かったよね。


戦争のオカルトでいえば、
うちの爺さんが歩兵で交戦中に
突然婆さんの声が聞こえて眠ってしまったらしい。
目が冷めたら部隊は全滅してたんだと。

晩年に胃がんの手術をしたが回復すると
高齢でもテニスをするほど元気だったらしいが、
俺が生まれて少ししたあとに死んだので直接話が聞けなかったのが無念。

162 :本当にあった怖い名無し:2006/07/18(火) 20:42:48 ID:RMeO3Bju0
>>157
戦争の日常からかけ離れた異常さと、ある種の崇高さを感じるね。
戦争自体がもう人知を離れたオカルトかも。

163 :スーパーリアル金太 ◆8mzYKF9Qkk :2006/07/18(火) 21:44:51 ID:6xirLIIi0
>>159
海軍にはモーホーが以下略。

>>155
中東戦争の当時はあっこから戦車の残骸が
スクラップとして日本に輸入されていた。
熔かせば上質のタングステン鋼wなのだが
ばらした際に中からリアルで髑髏がゴロゴロと。

「しょんがねーからさー、中庭に薪ぃ積み上げて
みんなで念仏唱えながら野焼きすんだけどさー」

念仏で成仏できたのかねーww

164 :本当にあった怖い名無し:2006/07/18(火) 21:54:51 ID:3gQBBlH00
あるミリタリーショップでの出来事。
常連客の1人が店の奥で、SSの軍服を着た兵士を見た。
そこで店長に
「新しい、SS兵士のポスター入れたんですね?」
と聞いたとか。
すると店長、
「そんなの入れていない、どこで見たの?」
客、
「いや、その店の奥・・・」
そこで2人でそこに行ってみると、そこには何もなかった・・・
そして店長曰く
「なんでもっとよく観察しておかなかったんだ!」
と常連客氏に言ったんだとか。


165 :本当にあった怖い名無し:2006/07/18(火) 21:54:59 ID:DdwSrVGqO
>>62すごいな

ところで「長門」て何て読むんだ?そのまま!?

166 :本当にあった怖い名無し:2006/07/18(火) 21:56:48 ID:3gQBBlH00
>>165
「ながと」
と読んでください。

167 :本当にあった怖い名無し:2006/07/18(火) 21:58:56 ID:DdwSrVGqO
>>166サンクス


168 :本当にあった怖い名無し:2006/07/18(火) 22:40:45 ID:wIiLEsPv0
>>165
対有機生命体コンタクト用ヒューマノイド・インターフェース

169 :本当にあった怖い名無し:2006/07/18(火) 22:42:08 ID:VXGDBG0S0
>>133
私もそれ見たよ
上の方に書いてある再放送禁止の映像がそれじゃない?

170 :本当にあった怖い名無し:2006/07/18(火) 23:23:43 ID:v1m4znet0
>>62
んなこたーない 放射能汚染で構造調査も解体もするわけがない

171 :本当にあった怖い名無し:2006/07/19(水) 00:31:51 ID:UZGsvv1l0
イタリア軍は存在自体がオカルト

理由は……恐ろしくて書けない。


172 :本当にあった怖い名無し:2006/07/19(水) 03:12:28 ID:q2Dyjeul0
>>123
日清だったか日露戦争のとき、当時の皇后陛下の夢枕に坂本竜馬が立ったそうだ。

173 :本当にあった怖い名無し:2006/07/19(水) 06:53:10 ID:c+j17SJKO
スターリングラードでは、包囲されたドイツ兵の一部が人食い(グールー)化したらしいな。

それを退治するために貴重な弾薬を割かなければならなかったとか。

174 :本当にあった怖い名無し:2006/07/19(水) 08:32:05 ID:hvxbdQWk0
>>172
坂本竜馬も思い切った真似をするな。

175 :本当にあった怖い名無し:2006/07/19(水) 08:57:02 ID:TSL/RPCl0
西郷どんは征韓論に破れ自害した後も、生存して国外に逃げたって説が根強く残り
政変のたびに「西郷帰国か?」と騒がれたとか

あの北の御国の首領様は西郷にどことなく似ているように見えなくもない
現在のあの国の日本国への偏執も「薩摩の恨み」と思えば頷ける

176 :本当にあった怖い名無し:2006/07/19(水) 10:56:54 ID:8yZsPZiv0
西郷どんは、そんな子じゃありませんっ!
朴訥で豪胆で部下の仕事に口を出さず、しかし部下の失敗は全責任を負うという
立派な薩摩男です!
西郷どんに限って・・(以下略)

177 :本当にあった怖い名無し:2006/07/19(水) 11:44:16 ID:sW56dZ1C0
生前、爺ちゃんが上海出兵記念写真を額縁にいれて、床の間に、飾ってて、
死んだあとも、去年まで、ずっと飾ってた。その額縁を御盆に酔って壊したこと自体、オカルト。っていうか、バチ当たり!?
しかも、ガタルカナルで戦死した、爺ちゃんの弟の顔が、私に、似てます(T0T)。
ガクブル。

178 :本当にあった怖い名無し:2006/07/19(水) 11:52:18 ID:sW56dZ1C0
♪夏がくーれば 思い出す〜 広島、 長崎〜靖国を〜♪

179 :本当にあった怖い名無し:2006/07/19(水) 12:02:23 ID:TCw13kUbO
>>177で思い出したが。坊主にしたら「戦死した爺さんの兄貴にそっくりだ」と婆さんに言われた

180 :本当にあった怖い名無し:2006/07/19(水) 12:38:09 ID:dR09vNi30
レバノンでイスラエル軍が米軍が供与したとされる新型兵器を使用している
そうだ。それにより異様な火傷の負傷者が増えているそうだ。
と、アルジャジーラが報道してたと、きっこの日記に書いてあった。
ホントかね?

181 :本当にあった怖い名無し:2006/07/19(水) 12:59:17 ID:FOcTiz45O
ルーデルはオカルト通り越してネ申です。単独で戦艦を撃沈してますし。

182 :499:2006/07/19(水) 13:35:29 ID:eM3azqPE0
>>180
供与じゃない
販売です

183 :本当にあった怖い名無し:2006/07/19(水) 13:50:40 ID:sRab8GsoO
氏の商人は、戦争で儲けてるんだお♪d(⌒〇⌒)b♪

184 :本当にあった怖い名無し:2006/07/19(水) 18:10:24 ID:nwxsdPS/0
>>175
面白いなそれ 
真偽はともかく、政敵生存説は歴史ロマンがあって好き

185 :本当にあった怖い名無し:2006/07/19(水) 19:02:17 ID:PCcjdq460
義経=チンギスハーン
なんて話もあるね

186 :本当にあった怖い名無し:2006/07/19(水) 20:19:33 ID:Rp8OfM7/0
新撰組の原田左之助が満州に渡って大陸浪人になった
て話もあるよ

187 :本当にあった怖い名無し:2006/07/19(水) 23:42:52 ID:frUQHSEM0
後の高見盛である。

188 :本当にあった怖い名無し:2006/07/20(木) 00:11:17 ID:SfSFj9lJ0
昔、NHKのドキュメント番組で
ソンミ村の虐殺の件で一つ
ようは、ゲリラ潜伏の村と間違えて、住民すべてを殺害したのだけど
その後、軍法裁判で兵士は処罰を受けた
で、その後の兵士を追ったのだけど、ある黒人の元兵士は、刑を終えたものの
日々懺悔を送っていた。
で、印象深かったのは、ある時に、愛娘が事故で亡くなったのだが、
同時期に、娘の写真のガラスが割れたと言って
まだ、彼らからは、許されていないのです・・・・と涙した

あと、命令を下した指揮官は、無処分というのがオカルト・・・・

189 :本当にあった怖い名無し:2006/07/20(木) 00:14:49 ID:SfSFj9lJ0
複葉機の時代は、50年ぐらいあるように見えるが
実際は、20年弱である

190 :スーパーリアル金太 ◆8mzYKF9Qkk :2006/07/20(木) 02:32:57 ID:948uTJ290
>>189
今でも飛んではいるよ。
単葉機には無い軽快さがあるから、
趣味のものとして生き残っている。

191 :本当にあった怖い名無し:2006/07/20(木) 03:20:27 ID:U/c3rhmYO
>>171
イタリア軍は最弱だもんね。確かにオカルトだなー

192 :本当にあった怖い名無し:2006/07/20(木) 05:19:05 ID:+MvxTVhS0
>>62
長門が2発の原爆に耐えた。と言う所までは実話として良く聞くね。

1発目は空中での爆発。
他の艦艇の構造物が飛び、小型の船舶は転覆したりでそれなりに被害が
確認される中、長門は目だった被害無し。(1発目を耐えた船は多い)

2発目は水中での爆発。
どの程度の距離での爆発なのか判らないけど、これで他の残った船も
大半が転覆、喫水線下への圧力で浸水して沈没。

これで今回の実験は終了だったのだが、長門はこれにも耐え、放置しても
自沈する気配が無かったので、他の残った艦艇と一緒に雷撃か何かで
沈められたのだと思った。


関係ないけど、NHKで以前見た沖縄戦に付いての番組。
日本軍の犠牲者数に対しアメリカ側は、戦死者数こそ届かない物の
怪我、その他の要因で本国に返された兵士が、実に日本人死者の4倍。

その殆どが夜襲に怯えて、ノイローゼになった為なんだとか。
闇の中から奇声をあげて日本兵が来る!来る!
撃たれても構わずに突っ込んで来る!
遠い異国の地で米兵にとっては、オカルトだったろうなぁ。

193 :本当にあった怖い名無し:2006/07/20(木) 06:20:47 ID:IWEGqZDf0
ベトナム戦争の時も、似たような、話を聞いたなぁ。米兵は、弱虫w。

194 :本当にあった怖い名無し:2006/07/20(木) 08:31:21 ID:Y1lYlP3gO
>181 詳しく教えてよ

195 :本当にあった怖い名無し:2006/07/20(木) 08:33:08 ID:tla6gDIE0
>>78
はマガジンだかでやってるパンプキンシザーズの話だろう。
ゲシュペンシュト・イェーガーとかいう特殊部隊にいた兵士のお話。
青白いランタンと共に現れ、重装甲の戦車を密着した0距離から撃つ事によって破壊するって兵士。
怖い話まとめサイトにまでUPされてるんだが
幾らなんでもあからさまなネタっていうか悪意のあるネタを
採用するなんてアンテナ低すぎだろう。


196 :本当にあった怖い名無し:2006/07/20(木) 08:58:14 ID:bfMDCyhpO
ハンス・ウルリッヒ・ルーデル スツーカ ドイツ空軍、で検索してみ。
さすればあなたはネ申を見ることになる。

というかドイツ軍のエースの戦果は皆化け物じみてる。

197 :本当にあった怖い名無し:2006/07/20(木) 11:21:44 ID:qqOkT2zB0
同じチームの撃墜数をエースの撃墜数に合わせてたって話もあるけどな

198 :本当にあった怖い名無し:2006/07/20(木) 12:01:42 ID:s/zam6Et0
俺は長門は二発めの原爆に耐えた後、夜誰も見てない間に沈んだと戦記本の御大
伊藤正徳の本で読んだ記憶がある。沈む姿を敵に見せまいとする武士のような最期、
と書いてた記憶があるが。

199 :本当にあった怖い名無し:2006/07/20(木) 12:21:37 ID:Z6JR69Da0
>>189
それを言うならB-52は最新型の生産が1963年でいまだに現役w親子二代で同機の
パイロット、というのも珍しくない。なんでも2045年まで現役続投するらしい。
50年以上も現役の軍用機って他にあんのかな?輸送機ならありそうな悪寒w

>>171
WW2の実話。イタリア最新鋭の戦艦「ローマ」はムッソリーニ失脚直後、
漏れはどっちにつこうかなぁ♪と地中海をウロツいていると、昨日までの盟友、
ドイツのDo-17からHs-123(最新兵器で、空対艦ミサイル)の一撃で沈没wwwww

>>192
戦後の米軍の調査だと欧州へ派遣された兵士は「日ごとに戦争への恐怖が薄れた」のに
対して太平洋戦線へ派遣された兵士は「日ごとに戦争への恐怖が増大した」そうでつ。



200 :本当にあった怖い名無し:2006/07/20(木) 12:40:50 ID:gq+cLKRD0
パス zoids

http://www.uploda.net/cgi/uploader1/index.php?dlpas_id=0000137384.zip

201 :本当にあった怖い名無し:2006/07/20(木) 12:43:55 ID:Mp5efDQy0
沖縄の宜野湾にはいまでも菊水作戦で特攻したゼロ戦の幽霊機体が飛んでいる
と地元の城間さんが言っていました。

202 :本当にあった怖い名無し:2006/07/20(木) 12:53:39 ID:8q4ryPGE0
>173
それなんてヘルシング?

203 :本当にあった怖い名無し:2006/07/20(木) 15:46:45 ID:0fLkNrHi0
>>159
>山口司令と加来艦長が抱き合ってキスしてたそうです。
 本当かどうか以前に、大きな声でする話じゃないな(汗

>>163
>「しょんがねーからさー、中庭に薪ぃ積み上げて
>みんなで念仏唱えながら野焼きすんだけどさー」
 死体遺棄罪にならないのかな?

>>173
 味方を食ってたの?

>>186
 明智光秀は秀吉に敗れた後も生き延び、徳川家のブレイン・天海僧正になったってお話もあるよ。
家康の片腕になることによって、豊臣家に復讐したわけなんだってさ。

204 :本当にあった怖い名無し:2006/07/20(木) 15:47:23 ID:CMuRZ81M0
テスト


205 :本当にあった怖い名無し:2006/07/20(木) 15:55:50 ID:X6fktVq9O
味方を喰うってのは日本軍でも南方の各地で発生したらしいよ

206 :本当にあった怖い名無し:2006/07/20(木) 16:44:14 ID:6tlugo6XO
>>205
フィリピンの話だが
人喰ってる連中は、見れば分かったらしいな。
みんな敵に追われて食うや食わずで、幽霊みたいな顔してるのに
人食いの連中だけはツヤツヤテカテカだったそうな。
しかも何とも言えない目付きをしてるらしい

「ありゃ獲物を狙う目付きだった」

207 :本当にあった怖い名無し:2006/07/20(木) 17:52:13 ID:+MvxTVhS0
戦史から離れるけど、遭難者が人を食い合う事例に付いては
「復讐する海−捕鯨船エセックス号の悲劇」
と言うのが参考になるかも。読み易くて中々良い本だった。


208 :本当にあった怖い名無し:2006/07/20(木) 17:58:51 ID:Wc8s7Ekd0
>>206
戦艦武蔵の生き残りの人(海軍の人)がカモられて、相当数やられたらしいね
歩き慣れてないからトロくて狩やすかったとの事

209 :本当にあった怖い名無し:2006/07/20(木) 19:00:13 ID:CuS0tkAn0
>>199
イタリアの戦艦”ローマ”にドイツ軍が投下したのは、誘導爆弾”フリッツX”のほうだな。
Hs-123の方は、輸送船なんかに使われた。

210 :スーパーリアル金太 ◆8mzYKF9Qkk :2006/07/20(木) 22:36:10 ID:BmVPhLaa0
>>203
外国の、明らかに戦死した兵士のものだから
届け出ても迷惑がられたりしてw
このくだりはいぬあっちけーの番組で
モロに放映されてたよ。
屑鉄からレアメタルを抽出するドキュメンタリーでした。
>>199
全機退役したんじゃなかったっけ…
と思ったら現役かい!
もったいないを大切にw
上手くやったら百年飛ぶんじゃないかな。

南方で、後先考えずに突撃を繰り返す小隊があったそうだが
イカレ気味の小隊長の号令に皆嫌々従っていたに過ぎない。
とうとう小隊長と二等兵の青年の二人きりになったそうだけど
それでも突撃の命令を出すものだから
脳天に来て後ろから小隊長を撃ち殺した。
その後小隊長の死体を解体して
乾し肉をしこたま拵えていたところを発見され
銃殺刑になった実例があるとか。
「まぁー何ですな、いざ交戦状態になれば
食べ物に気を使ってはいられません。
いよいよとなれば人食ってでも
命令を遂行せねばなりませんから。
(ここでちょっと遠い目になって)
…幸い私は人は食わずにすみましたが。」
というのは近所の生き残りのじっさまから。

>>192
「日本兵は人を食う」
というまことしやかな噂が米兵の間に…

211 :本当にあった怖い名無し:2006/07/20(木) 23:14:06 ID:K4cgsfqA0
>>194
ルーデルの戦績
出撃回数2530回
戦車519台破壊
装甲車・トラック800台以上破壊
火砲(100mm口径以上)150門以上破壊
戦艦1隻撃沈
巡洋艦1隻撃沈
駆逐艦1隻撃沈
上陸用舟艇70隻以上撃沈
戦闘機2機撃墜
爆撃機5機撃墜
その他航空機2機撃墜
(被撃墜回数30回)
(戦闘による負傷5回)
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%A6%E3%83%AB%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%92%E3%83%BB%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%87%E3%83%AB

212 :本当にあった怖い名無し:2006/07/20(木) 23:26:14 ID:GNTTYWWe0
>>211
戦艦一隻撃沈(ソビエト戦艦マラート)てのが尋常じゃないよなぁ。

213 :本当にあった怖い名無し:2006/07/20(木) 23:32:13 ID:SfSFj9lJ0
>>199さん
ファントム 1958年に初飛行だから、あと2年で
生誕50周年記念かな
たぶん、三沢あたりで、イベントやるよ

214 :本当にあった怖い名無し:2006/07/21(金) 00:00:02 ID:DRPCxqsRO
>>212
運が良ければ1艦くらい撃沈出来る
被撃墜数30回がヤバイわ!


215 :本当にあった怖い名無し:2006/07/21(金) 00:31:17 ID:jqfpfTgs0
ミリタリーオタうざい
どうでもいいことはそれ系の板でやれ

216 :本当にあった怖い名無し:2006/07/21(金) 00:49:07 ID:giLaobgd0
>>215
所詮オカルトと史実は相容れないって事だね。

217 :本当にあった怖い名無し:2006/07/21(金) 02:21:06 ID:DlgOdSs90
ルーデルの戦果自体がオカルトじみてるわけで。
地上攻撃機で戦闘機撃墜してるんだからな。ソ連人民最大の敵の称号は伊達じゃない。
足無くすほどの怪我してるのに病院抜け出して出撃するんだから化け物だわ。
A-10地上攻撃機の開発にも加わっていたらしい。


218 :本当にあった怖い名無し:2006/07/21(金) 02:35:12 ID:C3yV6l0z0
第二次大戦でのソ連軍の戦死者数がオカルト

219 :本当にあった怖い名無し:2006/07/21(金) 02:58:39 ID:fkO1ullf0
これ既出?

> もっと凄惨な事件は第2次大戦中に起こっている。
>1945年2月、ベンガル湾のラムリー島のマングローブが生い茂る沼地に
>イギリス軍が1,000人を超える日本軍をおびき寄せていた。
>19日の夜から20日の未明にかけて恐ろしい叫び声が続いた。
>負傷者の血の匂いに刺激された無数のイリエワニがこの沼地に集まり、
>動きのとれなくなっていた日本兵に襲いかかったのだった。
>沼地の外側にいたイギリス軍は一晩中すさまじい悲鳴を聞かされた。
>そして夜が明けてから彼らが発見した生存者はわずか20名だった。

220 :本当にあった怖い名無し:2006/07/21(金) 03:06:55 ID:IXIKL5s70
動物系は嫌だな・・・
インディアナポリスと鮫とか。

221 :本当にあった怖い名無し:2006/07/21(金) 03:11:59 ID:3LrDEdXhO
詳しく聞かせると俺がよろこぶ

222 :本当にあった怖い名無し:2006/07/21(金) 04:17:53 ID:fkO1ullf0
うーむ、詳しくも何もここからのコピペ。
UMAスレ住人なもので、戦争中のオカルトで真っ先に思い出した。
ttp://big_game.at.infoseek.co.jp/crocodile/croco2.html

223 :本当にあった怖い名無し:2006/07/21(金) 06:54:57 ID:x/8rBZl00
1000人が20人?
ちょっと自然の動物被害(異常繁殖などの理由もなく)にしてはありえない数だよ
一晩で980体も人消費しなきゃならん数のワニがそんな一箇所におるはずない

224 :本当にあった怖い名無し:2006/07/21(金) 09:11:05 ID:vUHol7o60
>>220
読んだよインディアナポリスの沈没後の話

サメが何百匹も襲ってきて次々食われていく話

あれは海軍のイ号潜水艦が撃沈したんだよな
原子爆弾をテニアンに運んだ帰りだろう
原爆の被害にくらべりゃどうってこたない

225 :本当にあった怖い名無し:2006/07/21(金) 09:16:27 ID:IOztwplq0
>>223
イギリス軍に撃たれたのも、ワニに咬まれたのも、夜の沼にやられたのも、
逃げたのも居るだろう。
包囲戦+夜の沼+ワニ=勘弁してください


226 :本当にあった怖い名無し:2006/07/21(金) 09:43:37 ID:Cv+UKMvr0
>>225
>イギリス軍に撃たれたのも、ワニに咬まれたのも、夜の沼にやられたのも、
>逃げたのも居るだろう。
 同士討ちなんかも大いにあっただろうね。

227 :本当にあった怖い名無し:2006/07/21(金) 18:25:28 ID:fEF8VzWX0
>>226
少なくともオレは撃ちまくる。
闇に向かってな。

228 :本当にあった怖い名無し:2006/07/21(金) 19:27:40 ID:PPJRGrtc0
今、紛争やってるある国では兵士の質が低すぎて、
いざ戦闘になるとパニックに陥って、味方だろうが民間人だろうが
撃ちまくるそうだ。

229 :本当にあった怖い名無し:2006/07/21(金) 19:35:45 ID:FIdmJTss0
>>227
日本兵には、撃ちまくるほどの弾がありません。
1人あたり、小銃弾が120発だったかな?
消費しても、補給がくるとは限らないし・・・

230 :本当にあった怖い名無し:2006/07/21(金) 19:44:06 ID:TZfbRGlf0
昔は敵を狙って銃を撃つ「点」の戦いだったけど
今は所かまわず撃ちまくる「面」の戦いらしいな・・・

231 :本当にあった怖い名無し:2006/07/21(金) 19:53:44 ID:I06a9T330
>>228
どの国の紛争?
詳しく知りたいと、俺のゴーストが囁くんだ。

232 :本当にあった怖い名無し:2006/07/21(金) 20:05:17 ID:GU6gCEvn0
弾は撃つんじゃない 
流し込むんだ

233 :戦慄の怪人Drラオ:2006/07/21(金) 20:16:15 ID:cKPazm860
>>226
スターリングラードでの戦闘(特に夜間)がそうだったとか・・・。
なにせ闇夜だから気が付けばドイツ兵と旧ソ連兵が何も知らず肩を並べて
寝てた上に、一度銃声が響こうものならお互いの銃を取り違えた挙句に双
方とも全然トンチンカンな方向に向けて銃撃を食らわせたとか。

234 :本当にあった怖い名無し:2006/07/21(金) 20:17:16 ID:LeNjBFpS0
>>228
オイルダラーでかき集めたならず者連中か?
あいつらの虐殺略奪は想定の範囲内
世界世論ではあの国の民間人殺害はいい殺害

235 :本当にあった怖い名無し:2006/07/21(金) 20:28:06 ID:zRTgLYQf0
きのうヒストリーチャンネル見てたんだが
「菊水号作戦」による米軍の被害は真珠湾奇襲を上回る損害!ってやってたんだが
漏れ的にかなりオカルトっぽく見えますた・・もっとも大和による被害ではなく
大和沈没後の零戦などによる「報復的特攻」が多いらしいが・・
 軍ヲタ多そうなので情報キボン。


236 :スーパーリアル金太 ◆8mzYKF9Qkk :2006/07/21(金) 21:15:47 ID:rbmpWSrd0
>>228
アフリカの民兵組織では。
食えないのがなんとなく集まって戦争ゴッコをやっているイメージがあるが。
イデオロギーやマネーパワーを背景に戦争やってるのは
ほんの一部だろう。
薬物でラリパッパ状態で
ケタケタ笑いながらオートガン乱射してたりするから。

戦場では誤射はさして責任を問われない。
むしろ撃たないほうが責められる。
友軍兵を撃った事実が報告されても、
ま、不運だったなで済まされるが、
撃たずにいればこれは重大な命令違反である。

というわけで上記のじっさまであるが、
大陸で歩哨の任に当たっていたとき、
夕闇を透かして立ちはだかる人影が!
とっさにサンパチ式を構えて誰何する
「誰ぞ!」
一歩近づいてもう一度
「誰ぞ!」
三度警告して返答が無ければ撃つ決まりである
「誰ぞ!」
ここまで来てその人影が案山子であることに気が付くw
うーむオカルト。
「そのときは心臓はバクバク、腋の下を冷汗がたらたらと流れまして、
ああとうとう俺も人を撃たなきゃならんかと覚悟したわけで」

237 :本当にあった怖い名無し:2006/07/21(金) 21:45:19 ID:ERQVdIHf0
>>236
案山子って何ですか?
マジで解らないっす・・・

238 :本当にあった怖い名無し:2006/07/21(金) 21:47:55 ID:h/kpwpfu0
「かかし」だよ
畑に立ってるお前みたいな奴

239 :本当にあった怖い名無し:2006/07/21(金) 22:08:00 ID:AA9A9eJI0
闇雲に撃つって、それパニックだろ・・・。
自らの存在を晒して「一巻の終わり」のヨカソ。

240 :本当にあった怖い名無し:2006/07/21(金) 22:37:43 ID:m8wbhM4Y0
>>227
あなたカッコいいわね

241 :237:2006/07/21(金) 23:40:37 ID:ERQVdIHf0
>>238
サンクスコ
「かかし」は仕事してるけど俺、仕事してないし、っいうかしない

242 :本当にあった怖い名無し:2006/07/21(金) 23:48:40 ID:UcPE8aRX0
ttp://www.youtube.com/watch?v=kJSMskzNxQQ
上のほうでも出てた反戦歌。
歌詞は↓
ttp://www.prato.linux.it/~lmasetti/antiwarsongs/canzone.php?lang=it&id=4216

243 :本当にあった怖い名無し:2006/07/22(土) 00:22:41 ID:FqoVEhJF0
インディアナポリスの話は、映画のジョーズで少し語られてるね。
鮫狩りおじさんがインディアナポリス艦員の生き残り、って言う設定で。

244 :本当にあった怖い名無し:2006/07/22(土) 09:22:19 ID:syeEIrbC0
アフリカの国際社会から見捨てられたような国じゃあ毎日がオカルトみたいな状態だよ。

村襲ったゲリラが大人を殺して犯して食って燃やす。子供はさらって犯して食って薬漬けにして兵隊にする。
薬と言ったって実際は銃の火薬(シンナーに近い効果有)を食事や直接食わせてラリッた状態にしてから銃渡して村を襲わせる

以後これの繰り返し。


アフリカでは武装した女子供を見たらためらわず殺すのがデフォ。


245 :本当にあった怖い名無し:2006/07/22(土) 11:12:15 ID:jfskbRjt0
まさにオカルトだな・・。
教育・規律は国の要だな。
上記を満たして美徳が生まれるからね。

246 :本当にあった怖い名無し:2006/07/22(土) 15:20:07 ID:Ur1yFOeX0
よくアフリカの未開地だっていうけど未開よりヒデーなそれは
武器とか中途半端に文明が入って来たせい?タチ悪いわ

247 :本当にあった怖い名無し:2006/07/22(土) 17:21:32 ID:Xec/IDEj0
そもそもアフリカを植民地にしていた欧米諸国(主としてイギリス・フランス)が
統治を容易にするために部族対立を煽り、傀儡部族に大量の武器を与え
なおかつキリスト教伝道を行って伝統宗教を圧迫し、部族の心の拠り所を破壊した。
お陰で大戦後、宗主国が引き上げると同時にすさまじい部族対立があちこちで連発
「ホテル・ルワンダ」で見られるような虐殺事件がアフリカではごーろごろだ。

朝鮮半島にインフラを整備し、植林をし、辞書を作り、学校教育を普及させた
日本による「史上最悪の植民地支配ww」なんかよりもはるかにひどい搾取を
欧米はしていたわけですよ。

248 :本当にあった怖い名無し:2006/07/22(土) 21:44:57 ID:A+3T+ZbV0
アフリカの腰布しか着てないような羊飼いがカラシニコフぶら下げてる画像に驚かされたよ。
カラシニコフとキリスト教がアフリカを滅ぼす訳だ

249 :本当にあった怖い名無し:2006/07/22(土) 21:54:53 ID:+yLZNyJhO
あ〜死ぬ迄に一度でいいから飛行中のステルス見たいな〜
アホとか言うなよ

250 :本当にあった怖い名無し:2006/07/22(土) 21:59:25 ID:JVeBZgjX0
あんなブーメランの形みたいな奴のどこがいいんだ・・・・・


251 :スーパーリアル金太 ◆8mzYKF9Qkk :2006/07/22(土) 22:14:56 ID:SLJPyWvV0
>>244
ガンパウダーのトルエンだな。
メシに混ぜて食わせるのがデフォ。
さらわれた幼児は銃を持たせて闇雲に突撃させるのが基本。
今時の銃器は軽く作られているので幼児でも操作できる。
死んだらまた代わりをさらってくる。
NGOに保護されて矯正施設に送られてくる。
どのグループに所属していたか、何人殺したかでケンカになる。
ケンカといっても事実上殺し合いである。

>>239
上記のジーサンとは別なジーサンだが
迫撃砲大隊に所属していたとき
野営していて八路軍の強襲に遭った。
寝ていたところを叩き起こされ
射撃命令が出てとにかく闇雲に撃ちまくった。
すでに誰に向かって、どこへ向かって撃っているのか判然としない。
とにかく半狂乱で撃ちまくった。

一夜明けると一面に死体がゴロゴロゴロゴロ…

252 :本当にあった怖い名無し:2006/07/23(日) 00:34:36 ID:zbIrqAX50
最初から負けるために戦争してたりして



253 :本当にあった怖い名無し:2006/07/23(日) 01:31:37 ID:nSJ7kzYJO
俺の爺さんが中国戦線にいた時の話
深夜に敵の攻撃があって、一晩中撃ち合いが続いたらしい。
で、夜明けになって辺りが明るくなったら
パッと敵の攻撃が止んだ。
爺さんは隊長の命令で、敵の居た所まで偵察に行ったら

誰も居なかった、さっきまで撃ち合ってた筈なのに
人の気配すら無かったんだってさ…

254 :本当にあった怖い名無し:2006/07/23(日) 01:36:01 ID:QO8bllezO
火薬、そう言えば戦中火薬飲んだらやたら顔色悪くなるからってわざと飲んで、出撃表から外してもらうパイロットの話があったな

255 :本当にあった怖い名無し:2006/07/23(日) 10:26:11 ID:9ZsiaN5p0
>>251
トルエンか。火薬を練る時のつなぎに入れるんだっけ?

前にチャイルドソルジャーを使ってた傭兵が取材に答えてたな。
AKの弾から火薬を取り出して食事に混ぜ、訓練し、実戦投入時にまた火薬を舐めさせて
ラリった状態で戦場に送り出すそうだ。恐怖心も倫理観もぶっ飛んだ状態で銃もって暴れるから
めちゃくちゃに暴れる。

リベリアかシエラレオネの反政府ゲリラに7〜8歳くらいの子供が、AKじゃ大きすぎるんで
短機関銃持たされて整列してたのを見たことある。

こんな事をさせる人間がいるというだけでも十分オカルトだ。

256 :本当にあった怖い名無し:2006/07/23(日) 11:36:19 ID:9ZsiaN5p0
乳幼児は足手まといだから食っちまうんだけどな

257 :本当にあった怖い名無し:2006/07/23(日) 13:11:47 ID:ltDu6rqP0
うちのジッ様に聞きましたが、サイパン玉砕のときにマッピ岬の洞窟で
民間人の女性と赤ん坊を銃剣で刺し殺したそうです。
それ以来夜な夜な枕元に女の霊が現れ

子供をかえせ〜うらめしやーと化けて出るそうです。ああ怖わ・・・・

258 :本当にあった怖い名無し:2006/07/23(日) 13:52:40 ID:wquld5ns0
人殺しの子孫か
7代祟るって言うからな
あ〜こわ

259 :本当にあった怖い名無し:2006/07/23(日) 14:45:25 ID:Fu31lIRv0
>>257
サイパンの日本兵は玉砕したはずなのに、生き残っているお前の爺さん・・・

260 :本当にあった怖い名無し:2006/07/23(日) 16:13:47 ID:tcm2ziAC0
サイパンの生き残りは結構いるんじゃないか
組織的な作戦が出来なくなっただけで山に沢山こもってたんじゃないかな


261 :本当にあった怖い名無し:2006/07/23(日) 19:29:59 ID:vjLNYbQo0
レイテとかはひどかった

262 :本当にあった怖い名無し:2006/07/23(日) 20:05:06 ID:DzoPNN8D0
 玉砕つっても、サイパンのはアッツ島みたいに皆殺しにされたわけでは無かったのでは?

263 :本当にあった怖い名無し:2006/07/23(日) 20:31:18 ID:gRbgbFXM0
サイパンは戦闘員も民間人も生存者いるよ。

264 :本当にあった怖い名無し:2006/07/23(日) 21:19:27 ID:R0NagC910
戦争にまつわるオカルトと言えばナチスドイツ。ナチスドイツと言えば空飛ぶ円盤。…なのかよ。
新形式航空機の試案って意味では、まともな資料が残っていないからと言って一概に与太話とは片付けられない。
明らかに嘘、ってのは見分けが付くけど、(何でビーフェルド・ブラウン以前の時代ににアダムスキー型なんだよ!)
それ以外はどこまで真剣に受け止めていいのか分からない例が殆どで、もどかしくもあり楽しくもあり。

はっきりと実在する(現存してさえいるし、関係者の何人かは存命の筈だし、メーカーも存続している)
超重戦車マウスでさえ、伝説めいた話に一応の決着が付いたのは最近の事。
これでさえソ連による実車・資料の押収、ソ連崩壊による報告書の公開って条件が整わなければ謎のままだった。

で、V7って名前はどこから出たのよ。あれは有人航空機説より対空兵器説にリアリティーを感じる。

265 :本当にあった怖い名無し:2006/07/23(日) 21:21:30 ID:tkndFO260
>>60
亀レスだが、それ本物の海保の巡視船じゃねーか?

旭日旗掲げてるし、実際に海外まで海賊船対策で出張してるよ。

266 :本当にあった怖い名無し:2006/07/23(日) 23:01:14 ID:y6Xdm+3QO
海保のが重武装に見えるかな?無線も入るだろうしさ

267 :本当にあった怖い名無し:2006/07/24(月) 00:52:26 ID:7Y+GAk8F0
>>60の話ってこれの事じゃないか
ttp://myblast.blogtribe.org/entry-f2bfed81960e693914c62c46e2dd8368.html

>277 :本当にあった怖い名無し [sage] :2005/06/13(月) 00:54:58 ID:aW+qIJUR0
>そんなに遠いむかしではないこと。
>マラッカ海峡を夜航行していた日本の貨物船が
>海賊の快速船にねらわれてしまった。
>積み荷を積んだ貨物船、いくら頑張っても速度差はいかんともしがたく、
>ついにもう夜目にも見えるところまで近づいてきた。
>このままでは横付けされ、乗り移られてしまう、
>積み荷と船は奪われ、乗組員は人質に取られて
>身代金と引き替えになるまで虜の生活だ。
>放水銃(消火用)を放ちながら
>なんとか近寄られないように操船をつづけていると、
>後方からもう一つの船影が近づいてくる。
>急速に近づいてくるその船はどうやら軍艦か沿岸警備隊のものらしく、
>砲を装備しているのが見える。
>軍艦は海賊船と貨物船の間に割り込んで海賊船を牽制する。 
>海賊船はあきらめて方向転換すると消えていった。
>そのときにはもう夜明けが近く、その軍艦は遠ざかりはじめた。
>見ると白い制服を着た乗組員達が帽子持った手を大きく振っている。
>よくよくその軍艦を見ると、どうもかなり古い型の軍艦で、普段見かけないもの。
>水平線の向うから太陽の光が差しはじめ、
>遠ざかる船の艦尾にはためいていた旗を照らし出した。 
>旭日旗だった。 
>軍艦の影は朝日の中にとけ込むように薄れて消えていった。
>後で調べてみるとその軍艦は旧海軍の駆逐艦に似ていたという。


268 :本当にあった怖い名無し:2006/07/24(月) 01:21:34 ID:1sv+nLV30
東南アジアのコーストガードは米海軍のお下がり、
それもWWII当時の駆逐艦が多かったりする。

269 :本当にあった怖い名無し:2006/07/24(月) 01:52:21 ID:2oozcQUU0
沖縄戦に参加していた祖父が、唯一してくれた戦争中の話。

戦争末期、祖父を含めた数人は、他の部隊とはぐれて行動していた。
仲間と合流を目指していたが夜になってしまい、動きが取り辛くなったところに建物を発見。
もしかしたら仲間がいるかもしれないとそこへ向かっていると、ふと誰かに呼ばれたように感じた。
そして振り返ると、そこには前日に看取ったはずの上官が、おいでおいでと手招きをしている。
これは行かない方がいいのではという話になり、道を引き返すと上官は消えてしまった。
結局その日は違う所で夜を明かし、翌朝になって見に行ってみると米軍の旗があがっていたらしい。
もし祖父が引き返さずにそこへ行っていたら、今頃自分はいなかっただろうな……。

ちなみに戦後の米軍での捕虜生活は結構快適だったそうだ。

270 :本当にあった怖い名無し:2006/07/24(月) 02:26:03 ID:+d/eBX4k0
朝鮮戦争を体験した親父がいる韓国人から聞いた話。
実際の戦場では撃ち合いになったら相手に狙いを定めて撃つことなどほとんど無く
銃と手だけを隠れているところから出して、大体で撃つらしい。
戦争映画でかっこよく構えてみんな撃つもんだと思っていた俺はその話聞いて
クソ笑った、と同時に目からウロコ。やっぱりみんな死にたくないもんね!

271 :本当にあった怖い名無し:2006/07/24(月) 02:41:00 ID:pebW3s830
有名な話。日本軍が破竹の勢いでシンガポールを目指す、直前に海軍と上陸作戦中
に英・蘭軍の攻撃に遭遇。駆逐艦が大破し水没しはじめた時に、主砲が一発だけ
轟いた。砲の部分は完全に水没してるのだが、陸軍にいた祖父は万歳三唱がいつまでも
聞こえ大和魂をみたと証言。

272 :本当にあった怖い名無し:2006/07/24(月) 02:51:46 ID:377HwbTx0
>>270
それ、朝鮮人だけだろ。
ただ逃げ回っただけの糞だし

273 :本当にあった怖い名無し:2006/07/24(月) 03:13:55 ID:ArcTl0MR0
戦後、進駐軍の仕事をした爺さんの話だが、

日本軍のベンザイアタック(バンザイアタック)は
米軍将兵から見ると東洋の神秘的な恐怖攻撃だったとか。
特に最前線にいた米国軍人が占領後も日本人を尊重したのは
カミカゼやベンザイアタックで亡くなった若者の犠牲があったからとも・・。
改めて戦没者に敬意を・・。

274 :本当にあった怖い名無し:2006/07/24(月) 04:03:49 ID:+d/eBX4k0
>272
ほう。


275 :本当にあった怖い名無し:2006/07/24(月) 04:57:54 ID:5coiQtKlO
>>272
知能の発達が遅れてるようなレスするなよ

276 :本当にあった怖い名無し:2006/07/24(月) 07:14:56 ID:ijOAoxeT0
>>271
撃沈された駆逐艦の艦名と沈没地点をplz
あと陸軍のお爺さんにどこで、どっから聞いた/聞こえたを確認してくれ

正直話が見えない



277 :本当にあった怖い名無し:2006/07/24(月) 08:09:42 ID:0baoW9jT0
>>271
「有名な話」のわりに、マレー作戦で駆逐艦が沈んだって話は初耳だが・・・

278 :本当にあった怖い名無し:2006/07/24(月) 09:58:12 ID:9q7flxbA0
レイテ海戦で小沢長官が駆逐艦に乗り移ったとき、瑞鶴が沈む間際に
飛行甲板に戦死した山本五十六大将が帽子を振っていたそうだ。

279 :本当にあった怖い名無し:2006/07/24(月) 10:34:11 ID:lEEOYW680
戦前・戦中までの話は何故こうまで心を打つものが多いのか・・。
「まことの日本人の美しさ」
に渇望している時代だからかね?

五十六燃え〜。(あえて「萌え」でなくこの文字をあてたい)

280 :本当にあった怖い名無し:2006/07/24(月) 10:42:19 ID:Y3StsmEx0
>>270
大体そんなもんだよ。「火線を張れ」「火力の集中ダッ」ってのは
小銃の命中率の低さに起因する。ピストルなんてWW2の平均は50b先に
命中率は5lw80b以内の接近戦でないと照準の意味はあんまりない。
今は知らんけどね。ちなみにWW2のドイツ軍歩兵の戦闘開始距離はおよそ200b。
ソ連は100b。

281 :本当にあった怖い名無し:2006/07/24(月) 10:54:56 ID:EITOW4Je0
>>271
小林の「戦争論」に出てた話だね

271の代わりに説明すると
陸軍の兵士(陸か他の船から)が沈みかけてる船(補助艦艇だったかも)を
見ていると船首を高く上げ姿を消す瞬間に砲身のみ見えていた主砲から砲弾
が発射された。
それを見ていた陸軍兵士等が壮絶な海軍魂に驚愕し思わず万歳をしたという話

282 :本当にあった怖い名無し:2006/07/24(月) 11:04:33 ID:mjqMdrKYO
もはやオカルトでも何でもない

283 :本当にあった怖い名無し:2006/07/24(月) 11:23:49 ID:5T35Xm8SO
船が沈むのも恐れず、最後まで操縦室?に残って
砲弾を打ち続けた兵士がいたということか

泣けるな…

284 :本当にあった怖い名無し:2006/07/24(月) 20:54:21 ID:GCiXu8WA0
ぺリリュ−島→パラオまで、泳いで伝令に行った話しも、
感嘆するなぁ。


285 :本当にあった怖い名無し:2006/07/24(月) 21:25:36 ID:C0igHbhx0
インパール作戦に参加した、ある山砲の部隊は全17門中、16門を前線で戦ったのに、無事に持って帰ってきた記録がある。
インパール往復だぞ、それも人力で!
恐るべし日本陸軍。

286 :本当にあった怖い名無し:2006/07/24(月) 21:32:25 ID:CjAV3meI0
半年くらい前に
アフリカの部族間の紛争で敵側の村民をまるまる食っちゃった
みたいなニュースがなかったっけ

287 :本当にあった怖い名無し:2006/07/24(月) 22:10:15 ID:SQrZoJNt0
USAF(ユサッフ)が秘密裏に開発した
超轟音で離陸しマッハ6の巡航速度を持つパルサーとかオーロラは
どうなったのだろうか?
F117ナイトホークと一緒で、未だ公開しないのがオカルト

288 :本当にあった怖い名無し:2006/07/24(月) 23:29:23 ID:/e8uh0Nz0
↑X−ファイルかよ。

289 :本当にあった怖い名無し:2006/07/24(月) 23:29:43 ID:hn7ugkPO0
>>286
ピグミー族は美味いらしい

290 :本当にあった怖い名無し:2006/07/25(火) 00:30:01 ID:oR5DQNmp0
>287
B-2の開発予算を隠す為の迷彩ネットW

F-117はヨーロッパや中東のエアショーでは頻繁に展示されてるが、
最近は撮影方向の制限(排気ノズルを弄くったのを見せたく無い)が出来た。

公開当初も撮影方向の制限が有ったせいで、
公開直後にホームラン(実物に全然似てない)を放った模型メーカーが二つ有ったりする。
(一つは静岡のH社、もう一つは香港のD社)


291 :本当にあった怖い名無し:2006/07/25(火) 00:32:08 ID:E1wBbVlE0
話は関係ないけど、グロスマン『戦争における「人殺し」の心理学』、興味あれば是非一読を。
兵士は人を殺せないという衝撃の事実、とか
戦場に長く居ると98%の兵士がどこかしらおかしくなる。
残りの2%は前からちょっとヘン(しかも優秀な軍人)、とかいろいろ修羅場な話が。

著者にいわすとアメリカ人の好きなFPSゲー あれが実に効率的な殺人訓練なんだそうな。

292 :本当にあった怖い名無し:2006/07/25(火) 06:58:59 ID:x/NFyNBD0
終戦間際の昭和20年7月に軍隊に召集された父は千葉の九十九里浜海岸
に集められ、連日竹やり訓練をさせられた。
或る夜父が海岸を見ているとガスが立ちこめ、海岸から何百という日本兵が
砂浜に上陸してきたそうです。
父は驚いて逃げたそうです



293 :本当にあった怖い名無し:2006/07/25(火) 08:30:03 ID:WG5Z603MO
最初のほうに書いてある防衛大の話を詳しく教えてください。


294 :本当にあった怖い名無し:2006/07/25(火) 08:40:53 ID:A3zbkxQrO
沖縄へ出撃した桜花が、徳之島上空で母機の陸攻もろとも撃墜されたが、火だるまの陸攻の操縦士が、燃え盛る火炎の中でも高度を落としながら

295 :本当にあった怖い名無し:2006/07/25(火) 08:46:58 ID:W4FUb3zyO
日露戦争の勝利の功労者の話
沖縄県宮古島の漁民が漁業を営んでいる時、水平線に浮かぶロシアのバルチック艦隊を確認
これはマズイ!と思って大本営宛に緊急電信を送ろうとしたが宮古島には電信機が無かった…
そこで宮古の久松の村から5人の男がサバニ(細長い小舟)で電信機のある石垣島まで漕ぎ、見事、到着、すぐさま大本営に「敵艦見ゆ」の打電
このおかげて素早く戦闘態勢が執れた日本海軍は日本海海戦での勝利を勝ち得た
沖縄では「久松五勇士」と讚えられ、記念碑とお菓子が発売されてる



296 :本当にあった怖い名無し:2006/07/25(火) 09:45:00 ID:JOjIDvnoO
>>291
俺得意だし好きだわFPSw。

297 :本当にあった怖い名無し:2006/07/25(火) 09:46:56 ID:IxqXh8uq0
司馬遼によると、石垣島から電報が入ったのは
信濃丸の「敵艦見ユ」から28時間後らしいけどね。

298 :本当にあった怖い名無し:2006/07/25(火) 09:49:19 ID:sGUYsPMz0
俺も見た・・・・「オカン見ユ」

299 :本当にあった怖い名無し:2006/07/25(火) 09:53:40 ID:dUcT90li0
俺の友達・・「ハヤシ ミユ」

300 :黄金体験 ◆AnalSexRiQ :2006/07/25(火) 10:09:35 ID:fC/wlM7DO
>>299
sage方練習してから書き込もうな

301 :本当にあった怖い名無し:2006/07/25(火) 10:43:10 ID:AP0CgmaOO
愛知のキチガイ脳糞古川は神だと思っている。

半年ほど前の正月休みに両親と愛知のキチガイ脳糞古川の実家(もんじゃ焼き屋)に 食べに行った時の話。
両親と3人で鉄板を囲んで食事をしているといきなり脳糞古川が玄関から入ってきた。
もんじゃ焼き屋に似合わない勝負服ないでたちで。

脳糞古川が「私いつもの〜」と言って二階へ上がろうとすると、
店内にいた高校生集団が「脳糞古川さん!」「脳糞古川さんかわいいー!」などと騒ぎ出し、
脳糞古川が戻ってきてくれて即席サイン会になった。
店内に13、4人ほど居合わせた客全員に店内にあった色紙を使い サインをしてくれた。
高校生達が脳糞古川の母校愛知のキチガイ高校トラウマ部だとわかった脳糞古川は いい笑顔で会話を交わしていた。
そして脳糞古川は「またね〜」と二階に上がっていき、店内は静かになった。

私と両親は脳糞古川の気さくさとかわいさに興奮しつつ食事を終え、会計を済ませようとレジに向かうと、
店員さんが階段の上を指差しながら 「今日のお客さんの分は出してくれましたから。また来てくださいね」と。

あれには本当にびっくりした。

302 :本当にあった怖い名無し:2006/07/25(火) 14:41:13 ID:Liszqgmm0
>>301の中居バージョン見たことある

303 :本当にあった怖い名無し:2006/07/25(火) 20:11:48 ID:Lozi4f7J0
 

304 :本当にあった怖い名無し:2006/07/25(火) 20:43:48 ID:9geEmU9p0
 第2次大戦当時、小銃は相手を伏せさせて、釘づけにするのが目的だった。
 多くの場合、敵兵を殺傷したのは砲撃だった。

305 :本当にあった怖い名無し:2006/07/25(火) 21:16:27 ID:tKz3fdJO0
レイテ海戦における、羽黒の話。

306 :本当にあった怖い名無し:2006/07/25(火) 21:25:18 ID:fvwSyYwR0
>>291
俺、FPSゲームとサバイバルゲームをやってるんだけど
それすごいわかる。
FPSやるようになって、サバイバルゲームを考えてやるようになった。
フィールドを隅々まで使う移動方法、敵の索敵能力の限界、有利なポジションの取り方…
ゲームの技術云々じゃなくってイメージトレーニングとして効果があるんだと思う。

米軍でもFPSゲームが訓練に使われてるのがオカルト

307 :本当にあった怖い名無し:2006/07/26(水) 00:19:44 ID:3NqV1/zh0
幹部所持の拳銃の3つの使い方
1 護身用
2 自決用
3 ゆーこと聞かん部下を撃ち殺すためw

308 :本当にあった怖い名無し:2006/07/26(水) 01:59:55 ID:A1Znv7W00
4 重傷者を楽にするため

309 :本当にあった怖い名無し:2006/07/26(水) 04:17:35 ID:tWehMUav0
・・常人から見ると、まともな使い方は1だけなんだが・・。

310 :本当にあった怖い名無し:2006/07/26(水) 09:43:39 ID:oEp+fdaz0
近代戦では死傷者の半分以上は味方からの誤射によるものなんだって…

そりゃそうだよな、紅白戦みたいにきっちり色分けてやってるわけじゃないからね

311 :本当にあった怖い名無し:2006/07/26(水) 09:46:50 ID:hJ5eLfu+O
確かに赤軍大粛正はヤヴァイ

312 :本当にあった怖い名無し:2006/07/26(水) 09:48:05 ID:xYsvv6F90
白色テロもなかなかヤバいぞ

313 :本当にあった怖い名無し:2006/07/26(水) 11:14:17 ID:xE+m4r1B0
>>312
what is this?

314 :本当にあった怖い名無し:2006/07/26(水) 12:56:26 ID:oe93Keex0
>>313
台湾で蒋介石が行った住民大虐殺

315 :本当にあった怖い名無し:2006/07/26(水) 15:46:12 ID:WP2tjTVTO
>>314
初耳

316 :本当にあった怖い名無し:2006/07/26(水) 15:48:58 ID:EvXVVUTe0
うちのお祖父さんはニューギニアに派遣され、椰子の木のしたで休憩していたら
上から椰子の実が落ちてきて、名誉の戦死扱いになりました。

317 :本当にあった怖い名無し:2006/07/26(水) 16:14:19 ID:EvXVVUTe0
父が中国大陸で八路軍と戦っていたとき、毛沢東が野糞をしていたのを目撃
したそうです。

318 :本当にあった怖い名無し:2006/07/26(水) 16:22:41 ID:xYsvv6F90
そんとき狙撃していればのちのち中国人民に感謝されてたものを。

319 :本当にあった怖い名無し:2006/07/26(水) 17:09:54 ID:1l7NFz9I0
「捕虜になるべからず」が、モットーの日本陸軍は、動けない重傷兵には自決を強要し、重傷とはいえヨロヨロ歩ける兵は背後から射殺した。
(インパール作戦秘話)
一万余りの日本軍が死守する島で、捕虜がわずか二十数名だったそうだ。
最後まで勇敢に戦ったと思いきや、投降を呼びかけて出てきた兵を片っ端から射殺したのが真相。(アメリカ軍秘話)

320 :本当にあった怖い名無し:2006/07/26(水) 18:41:35 ID:cKJpoS/t0
モウアナタタチハ負ケデース デテキテクダサーイ

(日本軍、集団自決)

オーノー 日本人ハクレイジーダ

↑よくある映画のこういうシーンは嘘なのかね

321 :本当にあった怖い名無し:2006/07/26(水) 20:36:45 ID:IAXQBTEq0
 日本軍も部隊によって違うように、アメリカも違うらしい。
 捕虜を獲らずに片っ端から撃ち殺したという話と、軍で説明されたのとは大違いで
のんびりした物だった、って話がでてくるね。

322 :本当にあった怖い名無し:2006/07/26(水) 21:38:39 ID:dhZugFGF0
場所だよ。場所。

323 :本当にあった怖い名無し:2006/07/27(木) 01:05:13 ID:mpj9LcrhO
>>175が日本史で落第しそうなくらいアホな事を書いてるのに  
誰も突っ込まないのがオカルト

324 :本当にあった怖い名無し:2006/07/27(木) 01:28:32 ID:+h/ZPGiK0
>>320
いやいや・・・こうだよ

ミナサン。ミナサン。戦争ハ終ワリマシタ。ドウゾ出テェ来テェ〜クダサイ。


325 :本当にあった怖い名無し:2006/07/27(木) 14:45:33 ID:F2QP3/LD0
なんだかしらんが

太平洋戦争末期、ある島の事
そこの島民と日本兵は仲良くなった、
歌を歌ったり、日本語を覚えたり

時が進むにつれ、だんだん島にもにも戦が迫ってきた
そんな時、島民の青年達は私達も一緒に戦うと言いだした、
だが日本兵の上官は一喝し
「我々、帝国軍人は貴様等ry
と言って退けた

当等、戦が始まってしまうと島民は皆避難して出て行った、
島は赤く燃え、日本兵は皆、死んだそうな
その時、島民たちは
「あぁ、あの時 怒ったのはこういうことだったのか」
と思い 感涙の涙を流したそうな・・・

326 :本当にあった怖い名無し:2006/07/27(木) 14:50:06 ID:WUVxZtRqO
のちのエロマンガ島である

327 :本当にあった怖い名無し:2006/07/27(木) 14:54:58 ID:dQf50ZbO0
>325
 パラオの話だね。
 いい話だよ。
 
 2つの島の一方に日本軍が陣取り、そちらの島にいた島民を船で逃がした。
 最後の船が出る時、それまでいなかった日本兵がバラバラと砂浜に飛び出して
きて、別れの船にみんなで手を振っていたそうだ。
 (T T*

328 :本当にあった怖い名無し:2006/07/27(木) 16:44:12 ID:wpXID/bL0
昭和20年3月、日本軍は毎年恒例の春の人事異動を発表しました。
その中には、沖縄で厳しい訓練を指揮していた、部隊長クラスも
含まれており、米軍上陸直前に、この人事異動は実行された。
不慣れな、現場指揮官で、沖縄戦は戦われたのである。
ある意味、オカルト話だと思うが、いかがでしょう?????

329 :本当にあった怖い名無し:2006/07/27(木) 21:58:58 ID:V7WTkEyO0
>>320
戦時しばしば使われていた(実際は今も使われているけど…)JAPという言葉の
由来を調べてみるといいよ、決して単なるJAPANの短縮形では無い事がわかるはず

そのくせ、戦争が終わると「彼らは勇敢に戦った」なんてまるで評価していたかのように
急に掌を返すヤンキーとニガー供こそまさにオカルト
そりゃあ、原爆2発も落とせるわな

330 :本当にあった怖い名無し:2006/07/27(木) 22:13:56 ID:NL+uTSNb0
>>329日本軍の戦闘機をミートボールと呼ぶアメ公どもっ

331 :本当にあった怖い名無し:2006/07/28(金) 00:14:12 ID:n9aYgCHW0
明治35年1月、厳冬期の八甲田山中にて、青森五連隊の雪中行軍隊210名が遭難し、
199名が死亡すると言う事件がありました

それから1〜2ヶ月後の寒い夜、青森五連隊連隊長の所へ、
営門の兵士が血相を変えて報告に来ました

連隊長が営門に駆けつけると、遠くの闇の中から、大勢が行進する音、軍歌、ラッパの音が近づいて来たそうです。
...だんだん近づいて来て、もう少しで闇の中から姿を現すと言う時、
連隊長はおもむろに軍刀を抜いて闇に向かって叫んだそうです

「雪中行軍隊の諸君! よーく聞け! 貴様等は勇戦奮闘し見事な最後を遂げた!
 今や無情雪山の鬼と化すも、迷ってはならん!  お前達の死は無駄ではなかった!
 厳冬期の軍装及び戦術については、一大改革がなされる事となったぞ!
 来たるべき戦役に於いて、未然に軍の損失を防いだその功績は大きい!
 貴様等行軍隊員は、みな靖國神社に合祀される事になったのだ!
 迷うな! 心安く眠れ! ここはお前達の帰って来る所ではない!
 帝国軍人として見苦しい振る舞いは、この連隊長が許さん!
 青森五連隊雪中行軍隊、回れ〜右! 前へ〜進め!」

足音はピタリと止まり、八甲田山に向けて進んで行き、二度と戻らなかったそうです。

...今でも時々は戻って来るとも聞きましたが...

332 :本当にあった怖い名無し:2006/07/28(金) 00:20:34 ID:RFbz4QWj0
ガタルカナルで全滅した一木支隊がラッパを吹鳴しつつ帰ってきた話と同じく
「帰営してくる玉砕部隊」の一つの典型だね。

この手の話を聞くたびに、黒澤「夢」の幽霊部隊を思い出すよ。

333 :本当にあった怖い名無し:2006/07/28(金) 02:22:08 ID:3iVN5F460
>>332
手榴弾ぶら下げられた犬が可愛そうだったな。

334 :本当にあった怖い名無し:2006/07/28(金) 04:41:59 ID:YzDpQ1nP0
>>333同意。自爆を強要した日本軍に死を・・・・って全滅したなほとんどで

335 :本当にあった怖い名無し:2006/07/28(金) 12:44:13 ID:RRzACctZ0
やはりお祖父さんにきいたのですが、昭和17の9月にポートモレスビーを
攻略するためジャングルで豪州軍と戦っているとき、前進していた日本兵が
敵のした野糞を踏んずけて、すってんと転んだ弾みで所持していた小銃の
銃剣が自分の眉間に刺さって死亡した兵隊さんいたそうです。
名誉の糞死でした。

336 :本当にあった怖い名無し:2006/07/28(金) 12:46:04 ID:RFbz4QWj0
水木しげる二等兵が漫画に書きそうな話だな・・・

337 :本当にあった怖い名無し:2006/07/28(金) 13:09:33 ID:dVGWK6010
水木しげるはウンコいっぱいのぬかるみにところに足突っ込んで
「妖怪に足捉まれた!」ってビビったエピソードがあるよ。

あと、食器がなくて便所桶だかに飯入れて食ったらしい。
汚いから中央の部分を少ししか食べなかったら上官に
「食欲無いのか?珍しい」っていっぱい盛られて困ったとか。

338 :本当にあった怖い名無し:2006/07/28(金) 14:29:21 ID:ghClnkxh0
>>337
人生の転機や大事を絵巻風に描いた、御大の屏風に
肥え壺にはまった事が描いてあったが、それか!!

さすが、妖怪翁御大だ。

339 :本当にあった怖い名無し:2006/07/28(金) 14:31:38 ID:ghClnkxh0
>>325
ペリリュー島玉砕の話

ググれば出るし、wikiにもある。
後日談や、その後の日本政府のもある

340 :本当にあった怖い名無し:2006/07/28(金) 16:29:45 ID:3UD42/rp0
>>307のポイントは、敵と戦う為の使い方は無いって事か?

341 :本当にあった怖い名無し:2006/07/28(金) 17:28:01 ID:RRzACctZ0
明治時代に青森の八甲田山で訓練中に遭難した、第何連隊だかの
兵士の霊が夜中に営舎の前まで、行進する足跡が聞こえたというのは
有名な話ですね。

342 :本当にあった怖い名無し:2006/07/28(金) 18:37:27 ID:iFLls31Q0
>>77 >>116 >>120 >>121 >>169
沖縄日本兵 心霊動画が、アップされてますよ。以下↓

幻の心霊写真・動画を追え!Part3

69 :本当にあった怖い名無し :2006/07/24(月) 22:05:25 ID:YHNYn5080
元の貼り主ではありませんが、ここのうpろだに
うpさせていただきました。

http://zetubou.mine.nu/timer/upload.cgi
ここのbomber21583_d7.lzhやつです。

今から一週間置いておくので、お早めに。 だって…。

343 :本当にあった怖い名無し:2006/07/28(金) 18:51:28 ID:TGQpYw55O
田中小実昌の戦争体験の本もエグい。
衛生兵やってたから生理的にイヤな話が結構ある。
腹空かしたバカが赤痢患者の寝てた後に鳥の骨を見つけ、
考え無しにかじったら半日後滝のような血便を流してコロッと死んだとか。

344 :本当にあった怖い名無し:2006/07/28(金) 19:37:35 ID:kE/i2N9F0
>>331
>>341

八甲田はこわ〜い

345 :本当にあった怖い名無し:2006/07/28(金) 22:17:26 ID:vsF8I9CD0
>>340
拳銃でもって、数メートル以上離れた標的に
弾を命中させるのは、非常に技術がいる。

346 :本当にあった怖い名無し:2006/07/28(金) 23:57:07 ID:vqx19x820
>>345
最近は市街戦が増えて交戦距離が短くなり、近接戦闘に拳銃を使う機会が激増しており、
拳銃が腰の飾りという時代は過去の話になってます。米軍では拳銃の口径を45口径から9mmに変えて20年以上経ち、
数々の実戦を経た結果、再び45口径に回帰する動きになってます。既に特殊部隊では45口径拳銃を使用してだいぶ経ってます。


347 :本当にあった怖い名無し:2006/07/29(土) 00:51:07 ID:7QLiyttFO
>>344
青森って、こういうのを平気で受け入れちゃう県民性がある

俺がメシくった、幸畑(青森−八甲田の通り道)の食堂のおばちゃんとか
冬の夜中に、行軍の足音を聞いた事は何度もあると言ってました


348 :本当にあった怖い名無し:2006/07/29(土) 02:00:29 ID:EyHJ9zeK0
雪中行軍で亡くなった兵士は、かなり手厚く葬られてると思うのだが、それでも成仏出来無いのかな…
>>345→数十メートルの間違えだよね

349 :本当にあった怖い名無し:2006/07/29(土) 03:44:27 ID:fVEPAPfX0
>>172
それまでは坂本竜馬のことは世間的には非常に無名で、
この件がなければ歴史の影に埋もれていた可能性が大きかった。

不思議な再評価のされ方をした人である。

350 :本当にあった怖い名無し:2006/07/29(土) 09:16:24 ID:bJ2OuEF/0
>>348
米警察のデータだと一番銃撃戦が起きる距離は7ヤード以内だそうだが、
しかもその距離でも双方1発も当たらない事が多いw



351 :本当にあった怖い名無し:2006/07/29(土) 11:46:19 ID:wmTbk+r10
射撃場の的に命中させるのと、物陰に隠れての銃撃戦では、命中率は当然ちがうわな

352 :本当にあった怖い名無し:2006/07/29(土) 13:28:39 ID:z+EwkMhc0
雪の進軍、氷踏んで何処が山やら〜♪


馬は倒れる捨ててもおけず

353 :本当にあった怖い名無し:2006/07/29(土) 13:35:41 ID:Tq1XJtTd0
蒸し暑いから
八甲田山のDVDでも見よう

354 :本当にあった怖い名無し:2006/07/29(土) 13:50:39 ID:0w2slCadO
>>319

ほお、「インパール島」守備隊一万とは初耳だな。

台湾のどこかの漁村では日本の海防艦だか駆潜艇だかが祀られてるそうな。
何しろ地元漁民の漁船を米軍から守って沈んだらしい。いつぞやの丸で特集組んでた

355 :本当にあった怖い名無し:2006/07/29(土) 14:21:29 ID:WA4+opRUO
沖縄のガマで石持ち帰ってひどい目にあった罰当たりがきますた。

356 :本当にあった怖い名無し:2006/07/29(土) 14:35:01 ID:5cDgCbdt0
>>354 インパールと島の話は、普通に読むと別だと思うが…夏だね〜!


357 :本当にあった怖い名無し:2006/07/29(土) 15:20:21 ID:wGYMA3PY0
イタリアは降伏後に日本とドイツに宣戦布告し前大戦の勝戦国になった
賠償金までちゃっかり貰っている。
カツオ並の世渡り上手さは、もはやオカルトでは・・・

358 :本当にあった怖い名無し:2006/07/29(土) 15:28:00 ID:9ziGS3od0
>>342って誰かもう見た?
どうよ?

359 :本当にあった怖い名無し:2006/07/29(土) 15:30:58 ID:OLbUz75y0
教訓:半島人とは組むな。

360 :本当にあった怖い名無し:2006/07/29(土) 16:04:26 ID:e7WBdGnzO
ドイツとも組まない方がいいよ。ドイツは20世紀初めから1回も戦争に勝ってない

361 :本当にあった怖い名無し:2006/07/29(土) 16:05:08 ID:6diVlfR10
プロイセンとなら組んでもいいな。

362 :本当にあった怖い名無し:2006/07/29(土) 16:31:31 ID:OTg3LWV/0
>>358
見たよ。ウィルスとかは無いから安心して。

この映像見たことあるよ。当時はインチキでしょ、と思ってたけど
このスレとか硫黄島の話とか読んでたら涙出てきた

363 :本当にあった怖い名無し:2006/07/29(土) 16:49:19 ID:OTg3LWV/0
あ、映像は沖縄だけどね。>>342
これ見るまで硫黄島の話読んでたんで

364 :本当にあった怖い名無し:2006/07/30(日) 18:39:13 ID:4BtQXtTX0
age

365 :本当にあった怖い名無し:2006/07/30(日) 19:58:57 ID:XXibhl1T0
祖父は、満州事変の頃に召集された。
除隊のあと、炭鉱に勤務した為、
赤紙が二度とこなかった。
だから、勝ち戦しかしらない。
悲惨な話はひとつもなく、のんびりしていて、
食べ物がおいしかったと言っていた。
オカルトじゃないね。

366 :本当にあった怖い名無し:2006/07/30(日) 20:17:22 ID:KWypatQJ0
知り合いのジイさんが、昔海軍だった頃
小さな軍刀(短刀?)をトイレに落としてしまい
切腹ものの大変な叱責を受けるって困ってたら

それを聞いた上官が船の外壁をロープで下りて
排水溝に手を突っ込んで引っかかっていた軍刀を捜して拾ってくれたそうな

そのジイさんは僕がその上官に生き写しだと言ってラーメン奢ってくれた。
オカルトじゃないね。


367 :本当にあった怖い名無し:2006/07/30(日) 20:33:20 ID:BiGg5jGW0
>>366
ちょっといい話だな、上官殿に負けない様すばらしい人生を!

おれは映画の「旗本たいくつ男」に似ていると言われて、居酒屋の飲み代を
隣に座っていた知らないジイさんが払ってくれた事があるw


368 :スーパーリアル金太 ◆8mzYKF9Qkk :2006/07/30(日) 23:41:43 ID:hp5wY5NW0
>>366
汚水は船腹の排水口から捨てられるという
前振りが欲しかったな。
落としたのは銃剣かな。
部下思いの上官で良かった。

>>367
はなはだスマソが顔を想像してしまったw
ぶはっ、ぶはっぶはっw
若い人は映画本編は知らないか。

369 :本当にあった怖い名無し:2006/07/30(日) 23:55:18 ID:laFxuVru0
市川右太衛門に似ているということか・・・

370 :本当にあった怖い名無し:2006/07/31(月) 13:04:27 ID:RaFLAQd00
>366
海軍とくりゃあ恩賜の短剣でしょ、お爺様の苦悩も頷ける

371 :本当にあった怖い名無し:2006/07/31(月) 14:35:51 ID:fDrbr//70
か゛ダルカナルの奪還のため上陸した一木支隊は、イル川に入った時、
米軍に攻撃される以前に、ワニに食われて死んだ兵士が大勢いたのは、記録に
残っていないが事実である。

372 :本当にあった怖い名無し:2006/07/31(月) 14:37:03 ID:fDrbr//70
ガ、です。失礼

373 :367:2006/07/31(月) 15:52:07 ID:wOYc4G2n0
>>368>>369
他の年配の人にも似てると言われた事が有るんだけど
実は映画もご本人も見たこと無かった・・・
市川右太衛門でググッてみた・・・に、にてるorz
スレ違いスマソ

374 :本当にあった怖い名無し:2006/07/31(月) 16:09:43 ID:7YwTLetV0
>>373
すれ違いで申し訳ないが、
北大路欣也には似てないのかw?

375 :本当にあった怖い名無し:2006/07/31(月) 20:03:07 ID:r0m8eTye0
>>373
ずいぶんキリッとした顔立ちなんだなーカコイイ
ttp://www.waseda.jp/enpaku/special/2001/ichikawa-omote.jpg

376 :本当にあった怖い名無し:2006/07/31(月) 21:37:14 ID:4ZC4gLxy0
>>360
イタリアは無視ですか

377 :本当にあった怖い名無し:2006/07/31(月) 22:17:11 ID:O8OwRmza0
>>376
イタリアは、たしか両大戦でも負けてはいなかったはず。

378 :本当にあった怖い名無し:2006/07/31(月) 23:45:54 ID:u7VQIBgn0
WW2では日独伊三国同盟じゃイタリアが一番早く降伏した


379 :本当にあった怖い名無し:2006/08/01(火) 09:05:21 ID:76bDeAox0
>>377
ドイツの足引っ張るだけ引っ張って寝返ったけどな。

あと、個々の先頭では毒ガス使用以外ほぼ負けてる。
ドイツと同盟組んでたころはいつもドイツが尻ぬぐいだ。


ただし、個人の名誉がかかった戦いではアメリカ海兵隊にも負けない。
12人以上集まると屑になるww

380 :本当にあった怖い名無し:2006/08/01(火) 14:34:14 ID:EHHSnxXL0
イタリアも半島か。。。やっぱ今度はイタリア抜きでやろう。

381 :本当にあった怖い名無し:2006/08/01(火) 14:42:52 ID:MgGNV32U0
どこの国も半島ってやつぁ……

382 :本当にあった怖い名無し:2006/08/01(火) 17:23:39 ID:tEWlc55D0
イタリア最弱伝説みたいなコピペをどっかで見たな

383 :本当にあった怖い名無し:2006/08/01(火) 18:10:41 ID:y0svpCqI0
何かイタリアって聞いたら厨房の時の社会のテストで
『イタリアで独裁政治をしたのは誰だー』みたいな問題があって
間違えて『ムッツリー二』って書いたの思い出したorz


384 :本当にあった怖い名無し:2006/08/01(火) 18:36:54 ID:PLORuP/m0
>>380
私の友人は、ドイツ人にそのまんま「今度はイタリア抜きでやろう」と本気で言われたそうだ

385 :本当にあった怖い名無し:2006/08/01(火) 18:48:05 ID:U6WmBqUK0
 少々、遅レスで申し訳ないんだが、戦前、日本は唯一の有色人種による文明国
だった。
 当時、アメリカの黒人たちは徹底的に差別され、同じ人間として扱われていな
かった。
 そんな彼らにとって、有色人種の国、奴隷制度と無縁の国、日本はあこがれの
国で、大戦前、大戦中も黒人たちは日本を擁護してくれた。
 もちろん、それは非常に小さかった黒人たちのコミュニティーの話で、白人たちに
なんの影響力もなかったが。
 ちなみに大戦中、アメリカ軍は人種差別が徹底していたため、白人と黒人は別々
であった。

 もし日本人として誇りがあるなら、ニガーなんて言葉は使わないで欲しい。
 たとえアメリカの黒人たちがその歴史を忘れたとしても、君等には忘れないで
欲しい。

386 :本当にあった怖い名無し:2006/08/01(火) 18:52:05 ID:U6WmBqUK0
 ageちまった。
 申し訳ない…… orz

387 :本当にあった怖い名無し:2006/08/01(火) 22:10:00 ID:yaugm51r0
>>384
それ有名なネタ

388 :本当にあった怖い名無し:2006/08/01(火) 22:11:33 ID:RTzYaAOy0
有名なネタをリアルで言われたって話じゃないの?

389 :本当にあった怖い名無し:2006/08/01(火) 22:18:14 ID:Qyx669Ss0
蚊に刺された。
マラリアになる。

390 :本当にあった怖い名無し:2006/08/01(火) 22:38:06 ID:yaugm51r0
>>388
それにしてもリアルで言われたっていう人が多すぎる

自分は特攻隊の生き残りだって自称するじいちゃんも多すぎ

391 :本当にあった怖い名無し:2006/08/01(火) 23:16:38 ID:bG9N+JnT0
さすがに特攻の生き残りは言い過ぎw
予科練帰りなら近所にもたくさん居ますお

392 :スーパーリアル金太 ◆8mzYKF9Qkk :2006/08/01(火) 23:30:43 ID:+5UexhOK0
>>390
いや、候補だけだったらやたらとたくさんいたのだよ。
ある時期からはパイロット候補=特攻要員だったし。
使い捨てだからいくらいても足りないし。

ただ機体が足りなかっただけだいw

出撃してから機体の不調とかで不本意ながら生還したとかいう人が
真実に稀少なのだろう。

特攻隊といっても爆弾抱いて戦車の下に飛び込む蛸壺戦法とか
いろいろあるから。
みんながみんな「神風特攻隊」ではないのである。
生き残りというより死に損ないですね。

工房の時の歴史の担当教諭が
ドイツ旅行に行って、向こうの同世代人に
「今度は勝ちますぞ!」
と言われて返答に窮したとかww

>>385
明治の初期だったか、アメリカの奴隷船が日本に漂着したときには
積荷の黒人奴隷は私有財産であるからと速やかな返却を要請したアメリカに
当時の日本政府は彼らはれっきとした避難者であるので
保護する義務があると一歩も譲らなかったというエピソードがあったが。

393 :本当にあった怖い名無し:2006/08/01(火) 23:48:46 ID:aOXrMj3t0
うちの爺さんも特攻隊だったが、
機体の故障で出撃出来なかったと言ってたぜ

394 :本当にあった怖い名無し:2006/08/01(火) 23:52:22 ID:Qyx669Ss0
ドイツは、負けっぱなしだから、リベンジしたいのか?????
ワールドカップの3位で満足しとけよ。
それとも、イタリア(ごとき)に勝たれたのが悔しいのか?????

395 :390:2006/08/02(水) 00:26:13 ID:+kNw0F2K0
いや、もちろん実際に特攻隊(飛行機で体当たり・回天等)で生き残られた
方々はたくさんおられるだろうし、ただただ感謝するのみなんですが
なかには自慢げに周囲に吹聴して回る人もいるって話を昔軍板で聞いた
もんでね、言葉足りずスマソ

流れ戻して
昔日本海軍に「陸奥」っていう戦艦があった。
陸奥は上のほうに出てきた戦艦「長門」の姉妹艦なんだけど、長門に対して
対照的な最後を迎えている。
というのもこの艦は昭和18年6月8日に謎の爆発事故を起こして沈没してる。
その原因がモーホーの水兵が好きな人に邪険にされた憂さ晴らしなんて噂が
出るほど謎の事故だった。

かたや日本国民に親しまれ、最後まで大和魂を見せ付けた戦艦長門。
かたや戦争半ばにして謎の爆沈をした戦艦陸奥。

あんまオカルト関係ないか…



396 :本当にあった怖い名無し:2006/08/02(水) 01:36:22 ID:gMMDC/4N0
「実は特攻機の整備をしていた整備兵」
「実は特攻隊の基地に物資を届けていた輜重兵」
なんてのもありそうね
レース界で有名だった故ポップ吉村氏は特攻機を先導する役割を勤めたそうな

397 :本当にあった怖い名無し:2006/08/02(水) 09:10:32 ID:Rrh6FHHG0
ある多国籍チャットにて

>ニッポン、ついに中国と戦争するのかー?
>おーやれやれ!アメリカは日本の仲間だぞ
>ドイツも応援するぞ!
>フランスは日本を支援する
>もちろんイタリアも日本の味方だ
>失せろパスタ野郎!
>死ね!裏切り者!
>消えろ!恥知らず!


398 :本当にあった怖い名無し:2006/08/02(水) 09:24:43 ID:a3RbTXuW0
「水が足りません。助けて」と言われて、急いで駆けつけたドイツ軍兵士にしてみれば、
砂漠のド真ん中でスパ茹でてるイタリア軍がオカルトに見えただろうなぁ(笑)

399 :本当にあった怖い名無し:2006/08/02(水) 12:24:31 ID:us9JvFhmO
いまだに、イタリア軍のコンバットレーションは世界一美味いらしいね

兵士達の交換レートは
イタリアorフランス1食に対して、アメリカ3〜4食らしいw




...WW2で、イタリアの捕虜になったイギリス人将校が
夕食にフルコースの食事が出てきたので、いよいよ処刑されるかと覚悟してたら
翌日謝罪されたという笑い話があったね

「失礼した。昨夜は間違って兵卒用の食事を出してしまった」ってw


400 :本当にあった怖い名無し:2006/08/02(水) 15:33:30 ID:a3RbTXuW0
そりゃ戦場にレストラン持って来る連中だからなぁ(w

401 :本当にあった怖い名無し:2006/08/02(水) 16:12:18 ID:6K9ipp1r0
イタリア・バッシング!

402 :本当にあった怖い名無し:2006/08/02(水) 16:15:05 ID:ja8nCxuy0
戦場でスパゲティゆでてる連中のほうが、戦場にキムチ持ってくる連中よりもはるかに上等だお

403 :本当にあった怖い名無し:2006/08/02(水) 16:44:04 ID:Rrh6FHHG0
イタリア軍と英国軍が睨み合う陣地にて
いよいよ全面衝突近し、といわれたある夜、イタリア軍の士官が前線から脱け出した
隊の仲間に見つかり、咎められると
「俺はお国の為には死ねねぇ、俺が命を賭けられるのは、惚れた女を守る時だけさ」ニヤリ
「・・・隊長、俺も行きます!」


翌朝、前線のイタリア側からは一個師団が忽然と姿を消していたとか

404 :本当にあった怖い名無し:2006/08/02(水) 16:47:25 ID:NoP3T9/oO
>>402
いや、マジレスするとキムチの方がいい希ガス

熱帯+管理不充分だと、「発酵」が進むより「腐敗」しそうなのが難ではあるが。。。





ところで我らが帝国軍は戦場に納豆は持って行ったのだろうか…?
キムチ同様、管理が大変そうだが。

ちなみに「海軍カレー」ばかり有名だが、陸軍もカレー大好きだった…
て話はデフォ?

405 :本当にあった怖い名無し:2006/08/02(水) 17:23:56 ID:kAMGpoGn0
>>404
デフォの使い方が違うような気がするが・・・
カレーの話は結構有名だと思う

406 :本当にあった怖い名無し:2006/08/02(水) 17:48:34 ID:EWNa8ipj0
>>404 某朝ドラによると味噌は持って行ってた

407 :本当にあった怖い名無し:2006/08/02(水) 18:44:58 ID:zJb3OgYBO
>>406
その朝ドラで気になることが‥‥
当時、負傷以外の理由で一時帰国する兵士っていたの?
あ、スレ違いだな‥‥‥軍板逝ってくる‥

408 :本当にあった怖い名無し:2006/08/02(水) 18:48:42 ID:ZsIQpC8M0
で、どのへんがオカルトなの?

409 :本当にあった怖い名無し:2006/08/02(水) 19:06:48 ID:DwHNesyjO
とりあえず>>402は嫌韓厨。


410 :本当にあった怖い名無し:2006/08/02(水) 19:08:07 ID:htdWPlXi0
このミリオタのうんちくひけらかしの流れこそまさにオカルトだな

411 :本当にあった怖い名無し:2006/08/02(水) 19:20:59 ID:6RJ6oJCd0
>>407
病気で帰ってくる場合もある。
性病とか・・・

412 :本当にあった怖い名無し:2006/08/02(水) 21:07:47 ID:eKFpbjac0
普通にあるんじゃ?
漏れのおじさんの場合だと、所属部隊が損耗のため配置換え
ついでに機種転換訓練ってことで、18年夏に本土に帰ってき
てる。


413 :スーパーリアル金太 ◆8mzYKF9Qkk :2006/08/02(水) 21:31:49 ID:KlOhavYx0
では俺のオヤジの話から。

進駐軍にハーシーのチョコレートをもらった世代だ。

「大きゅうてなぁ、帳面ぐらいあったなぁ…
こんなもん普段から食うちょる連中には勝てんだろうなと思うたなー。」

>>404
腐るって。
基本は米、味噌、醤油、梅干だろ。
俺の大叔父のいた部隊は一日の割り当てが
三人に梅干ひとつ。
実は二人で、後に残る種は三人目が。
大叔父は種をしこたまポケットに貯えておいて、
腹が減るとそれをしゃぶっていたとか。

スマソ、またもやオカルトから遠ざかってしまった。

414 :本当にあった怖い名無し:2006/08/02(水) 22:17:01 ID:drw69vzq0
なんかイタリアが好きになったww

415 :本当にあった怖い名無し:2006/08/02(水) 23:34:35 ID:LfTDBas8O
ヘタリアはゲームでも弱い。
パラメーターは歩兵中、
黒シャツ隊に次ぐ雑魚さ
国民突撃隊の方が
強い

416 :本当にあった怖い名無し:2006/08/03(木) 05:48:17 ID:ikTu9+XE0
敵国とイタリアを同盟させれば勝てる!

417 :本当にあった怖い名無し:2006/08/03(木) 17:53:48 ID:Tad5E/i00
>>404
納豆はヒトラーが栄養性に目をつけて乾燥してレーションにしようとしてた
結局味が受け入れられなかったとか

418 :本当にあった怖い名無し:2006/08/03(木) 21:29:24 ID:O1eotU0C0
イギリス人は味覚がぶっこわれてるから納豆もいけるぉ

419 :本当にあった怖い名無し:2006/08/03(木) 21:30:19 ID:ltUrRBPX0
人間魚雷はどうですか

420 :本当にあった怖い名無し:2006/08/03(木) 22:08:34 ID:gX0NBHp1O
>>419
パワーボムの元祖な

スティーブ・ウィリアムズとは名コンビだったな


ジャンボとの三冠戦は興奮した

421 :本当にあった怖い名無し:2006/08/03(木) 22:18:16 ID:TCKQAX7H0
人間機関車はどうですか

422 :本当にあった怖い名無し:2006/08/03(木) 23:00:47 ID:9W5Ssy4X0
>>421
昔、歌舞伎町に「痴漢車トーマス」っていうヘルスあったお。
あっスレ荒れそうそうなんでマジでクイズを出す。

 ムッソリーニがパドリオ政権に逮捕されたときのその成功を
示す暗号を下記より選びなさい。
 
 1、ローマの休日は明日
 2、食後の一服はいいね、やっぱり
 3、マカロニは焦げている
 4、チハたんはセベモンテより弱い
 5、TBSはイタリア以下

 正解者にはチハたんをプレゼントするw答えは2時間後。
 
 

423 :本当にあった怖い名無し:2006/08/03(木) 23:06:19 ID:iraLCTAy0
パドリオ政権・・・ 
初めて聞く政権名だなぁ。

424 :本当にあった怖い名無し:2006/08/03(木) 23:12:04 ID:1JvQNKzm0
痴漢車トーマス の検索結果 約 15,300 件中 1 - 10 件目 (0.16 秒)

なんというか、こういう下ネタって多いよね・・・

425 :本当にあった怖い名無し:2006/08/03(木) 23:17:32 ID:3txocEJC0
ムッソリーニがパドリオ政権に逮捕されてグランサッソの山荘に監禁された時、
武装SSのスコルツェニー率いるSS部隊がグライダーで山荘を急襲、ムッソリーニを救出して
二人乗りの連絡機に3人乗りして脱出したとさ。

426 :本当にあった怖い名無し:2006/08/03(木) 23:25:52 ID:iraLCTAy0
あーもう。
バドリオ。Pietro Badoglio!

ゲッ「ベ」ルス閣下も怒っちゃうぞ。

427 :422:2006/08/04(金) 01:04:40 ID:DVSwbkjI0
はー誰も返事がないけど答えは3の「マカロニは焦げている」でつ。
一説では「チーズを食器棚にしまう」というのもあるんだが、これは
分かりやすすぎるとして却下されたらしい。でもなんで食い物なんだろうか??

428 :スーパーリアル金太 ◆8mzYKF9Qkk :2006/08/04(金) 02:41:32 ID:KSdKXvCo0
セベなどというブリキ細工と
栄光あるチハを一緒にしてはイカーン!

429 :本当にあった怖い名無し:2006/08/04(金) 07:12:11 ID:gEp73kuGO
>>428
似たようなもんだろ?

430 :本当にあった怖い名無し:2006/08/04(金) 10:38:19 ID:SaV6xYcXO
>422
それはセモベンテ(突撃砲の意)
チハとタメはるのはカルロアルマートだな

431 :本当にあった怖い名無し:2006/08/04(金) 18:59:44 ID:2BXx8LRW0
自衛隊>>>アメリカという話も聞いたことあるな

実際食べくらべてみたけど
自衛隊のは市販の缶詰とかレトルトに近い味なのにたいして
米軍のレーションは、やたらと濃くて大ざっぱな味だったな

432 :本当にあった怖い名無し:2006/08/04(金) 20:09:22 ID:4tob/b4rO
>>431
イラクだかアフガンだかで、アメリカ軍が地元民にレーション配ったら

皆一様に「うぇ〜」って顔したらしいなw


味のせいなのか、肉の種類のせいなのかは知らんが




...中国人民軍のレーションって、どんなんだろうな...?
そもそもレーションがあるのかな...

433 :本当にあった怖い名無し:2006/08/04(金) 20:35:30 ID:gDV1TFJe0
>>432
もちろん満漢全席でつよ。

434 :本当にあった怖い名無し:2006/08/04(金) 20:39:20 ID:AL4jUOxsO
ただ、缶飯はアメさんのレーションと違って食うまでがたいへん…
一空とか偵教・区レンなんかだと、個人的にアメさんのを購入する奴(部隊)もある。

435 :本当にあった怖い名無し:2006/08/04(金) 20:41:43 ID:kXec9ilO0
>>432
普段から「二脚羊」を連れてるので
飢える日も安心!

436 :本当にあった怖い名無し:2006/08/04(金) 21:37:47 ID:lMwDEMfPO
http://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/asia/1153472274/

437 :本当にあった怖い名無し:2006/08/04(金) 23:20:32 ID:2eI+xQbo0
オレ、某戦闘部隊に勤務しているのだが
盆の前になるとある霊感の強い上司の一言を思い出す
もともと、旧軍の航空基地があったところで
格納庫内のシフト(夜間)勤務者から、深夜、見慣れない軍服の男や
かなり、レトロな背広の男とかが、ほほえんで、じーっと戦闘機を見ていた
目撃が相次いだ・・・・オレは、舞うような白い影は見た。
その後、御祓いとかしてもらっても目撃は、続きました。
で、その上司が着任して来て・・・一緒に夜、残業していたときに
いきなり、格納庫内でパキーンと音がしまして
(ラップ音とも、昼膨張した金属が冷えて縮まる音とも・・・)
ぼそっと・・・
「彼らはこの基地の守護者だよ、でもまだ、彼らの中では戦争は終わってない」
と悲しそうに言った。
いま、誰ともなくえいれいさん・英霊さんと呼んでます。

438 :本当にあった怖い名無し:2006/08/04(金) 23:53:22 ID:q2wj+3dw0
帰還者トーマス・・・って書くとなんかカコイイゾ

439 :422:2006/08/05(土) 00:34:56 ID:6/QOqgs80
昔、ニュー速+で航空自衛隊の管制室に勤務している(自称)人の書き込みが
興味あった、、北海道から鹿児島まで10秒くらいで縦断する「未確認飛行物体」を
「ゴースト」として処理する、という書キコ、詳細ご存知の方はいませんか?

440 :スーパーリアル金太 ◆8mzYKF9Qkk :2006/08/05(土) 01:09:31 ID:IxwDckr10
>>430
あ、失礼、興奮してしまった。「セモベンテ」ね。
チハに実際に搭乗した人の話だと
旧型車に比べると圧倒的にフットワークが軽かったとか。
光学照準器は時折抜き打ちで検査があって
整備や調整が甘かったら
立ち上がるのも辛いほどへとへとになるまで
ランニングさせられたとか。
その高価な照準器も
いざ実戦になるといちいち覗いている暇も無いので
引きちぎって捨てたとかw

「んで車長が頭を突き出して指揮を取るんですがね、
敵にも狙撃兵に腕の良いのがおりましてね、
ものの見事にすぱーんと頭を撃ち抜かれるんですなぁ、これが…」


話は変わるが、北の工作船と断定された例の船だが
(四発四軸って魚雷艇並みだな)
積まれていた食料がレトルトのお赤飯とゆーのは
旧海軍以来の海自の伝統だと思ってたが
なんだって北は赤マンマまでまねっこしなきゃならんのだ?

>>432
人民軍兵士というと、今でもお粥食べてるイメージがあるけどなー。

441 :本当にあった怖い名無し:2006/08/05(土) 03:16:32 ID:bllJ6XWA0
ドイツの戦車長もよくハッチから頭を出した所を狙撃された。
一方ロシアの戦車長は外なんか見ずひたすら突進するので
すぐ隣にドイツ戦車がいるのにも気づかなかったりした由。

>>440
北朝鮮軍は旧軍を手本にしてるからなあ・・・

442 :本当にあった怖い名無し:2006/08/05(土) 03:22:21 ID:Ja+du4QsO
>>441

陸軍の
「食料は現地調達」まで真似しなくてもいいのに...w

443 :本当にあった怖い名無し:2006/08/05(土) 04:15:56 ID:bWknsB4W0
上の方にちらっと出てるがキスカ撤収作戦。俺はこれに出た人を2人知ってる。
で、「奇跡的に霧が撤収中だけ晴れた」話は聞いているが無人の島からの対空攻撃
とかは口をそろえて「知らない」と言われた。まあ自分たちが逃げ去った後のことを
当事者はかえって知る由もないか、と思った。ただ俺が「実はこんな因縁話が」と
語ると2人とも黙ってしまった。そっと涙をぬぐったようにみえたのは気のせいか。
こんなちらうらでは申し訳ないのでひとつ。
俺の大叔父は南方からソ満国境、そこで終戦でシベリア抑留、帰国して先年80すぎて
ベッドで死んだ。その叔父から聞いた話。
人を食った奴は口の中の色が変わって見えた。
そうだ。最近読んだ心霊本にも似た話が載っていた。あちこち同じ話が有るかもしれない。

444 :本当にあった怖い名無し:2006/08/05(土) 16:46:44 ID:AgNLG526O
餓死しそうなやつが栄養価の高いもん急に食うから身体に反応がでるんだよなたしか
それが蛋白質とか脂質とかそういう種類は忘れたが

445 :本当にあった怖い名無し:2006/08/05(土) 17:19:01 ID:PltNHDBg0
栄養価高いものに限らず拒否反応でてゲロ吐くよ。


446 :本当にあった怖い名無し:2006/08/05(土) 18:24:40 ID:dKDHqQtc0
ttp://phototec.hp.infoseek.co.jp/mretop.htm

447 :本当にあった怖い名無し:2006/08/05(土) 23:00:08 ID:1NZRlcMM0
ガダルカナル島から”転進”してきた飢餓状態の兵士達が、救出に来た船で
腹いっぱい食べた為に、ばたばた死んでいったとか言う話。

あるいは、疲労回復のためにと打ったブドウ糖溶液注射なんだが、
体が弱りすぎていた為に、それが原因で死んでしまった話とか・・・

448 :本当にあった怖い名無し:2006/08/06(日) 01:30:21 ID:AbB5biTr0
ふと気がついた。下氏なんか見えるのでしょう?だったら激戦地に行き
日本兵の遺骨回収してほすい。彼らも成仏できないのだから・・・

449 :本当にあった怖い名無し:2006/08/06(日) 01:32:49 ID:+acZPRPS0
>>448
金払ったら供養してくれるさ。適当にねw

450 :本当にあった怖い名無し:2006/08/06(日) 10:21:55 ID:0U7LauLo0
義父といっしょに浴室で
「ああ・お義父様・・だめ・だめ・だ・め・で・すう・・」
ああ、私って、本当はいけない女だったんですね。
だめ、だめって言いながらも、お義父様の微妙な手の動きにだんだんと感じ
始めちゃっていたんです。
「初めて麻美さんも見た時からあんたを抱きたいと思って狙っていたんだよ、
今夜やっとチャンスが来たんだからな、たっぷりと可愛がってあげますから・・」
お義父様は私の耳元で、甘い言葉を囁きながら、耳からうなじに掛けて、
ゆっくりと舌を這わせます。
その間も右手であそこを愛撫され、左手ではオッパイをモミモミされて、私はすっかり
感じてしまったんです。
「麻美さん・・そろそろ・いくよ・・」
そのまま湯船に手を付く格好を採らされた私は、自分から脚を開いてお尻を
突き出していました。
それから、お義父様は私のお尻を抱え込むと、私のあそこに硬くなったオ・ンチ・を
宛がいながら、焦らすように直ぐには挿入してきません。
若い時から遊び人だったらしく、義父様は女の扱いになれているようで、
SEXに淡白な主人とは違って、その抜群のテクニックに私は、
もうメロメロ。
「ああん・・お義父様の意地悪うぅ・・早くうぅ・・」
私は思わずお義父様を振り返りながら、突き出したお尻を左右に振りました。
「可愛い顔をして・・麻美さんも結構好き者だったんだな・・」
お義父様はいやらしい口調で呟きながら、ゆっくり挿入してきました。

「おとうさま・・いいわ・いい・・」
私は思わず甘い声を上げていってしまったのです。


451 :本当にあった怖い名無し:2006/08/06(日) 10:28:29 ID:JRDr+P/X0
信長の兵糧攻めで餓死寸前の敵兵に普通の食事を食わせたらバタバタ死んだって話聞いたな。
そこから餓死寸前の兵にはまず薄い重湯を少しずつ摂らせるようになったそうだ。
餓死寸前の胃腸は普通の食事を受け付けないらしい。

452 :本当にあった怖い名無し:2006/08/06(日) 16:39:09 ID:p7dutmrWO
終戦のローレライにも同様な描写があるな

453 :本当にあった怖い名無し:2006/08/06(日) 18:40:49 ID:QsuZvUDs0
難民にMRE食わすと腹下すっていうしな

454 :本当にあった怖い名無し:2006/08/06(日) 19:06:18 ID:NwMaS+ku0
>>450
近親相姦だぁ〜
読んじゃった。

455 :本当にあった怖い名無し:2006/08/06(日) 21:09:19 ID:gyUYaYQYO
血が繋がってない夫の父親でも近親相姦になるの?


とマジレスしてみるテスト

456 :本当にあった怖い名無し:2006/08/06(日) 21:57:29 ID:DTfydsuUO
なる。とマジレスしてみるてすつ

457 : ◆eCE8XjFIP2 :2006/08/06(日) 22:12:37 ID:T2GslkfXO
はたはたはた

458 :本当にあった怖い名無し:2006/08/06(日) 22:25:19 ID:gyUYaYQYO
>456


ありがd
と御礼を言うてすry…

459 :本当にあった怖い名無し:2006/08/06(日) 22:47:02 ID:WP7DQfx9O
>>325いい話だ・・・
感動した

460 :本当にあった怖い名無し:2006/08/06(日) 22:52:59 ID:2gY4Qwr50
パラオが好きになりましたか?

461 :本当にあった怖い名無し:2006/08/07(月) 01:06:01 ID:1QwU3N+2O
日本が更に好きになり、
チョン、支那人が更に憎くなった

462 :本当にあった怖い名無し:2006/08/07(月) 01:42:23 ID:FZT49rik0
>>461
憎んだところで向こうが変わるでも無し、損するだけ。
嘲笑うか無視しかない。

463 :本当にあった怖い名無し:2006/08/07(月) 10:18:22 ID:ZRUxxOZb0
>>325
実話?

464 :463:2006/08/07(月) 10:27:40 ID:ZRUxxOZb0
自分で調べたら実話だった
ttp://yamatogokoro.seesaa.net/article/18752494.html

465 :本当にあった怖い名無し:2006/08/07(月) 17:28:28 ID:BfRUfTXA0
今日NHKで10時から硫黄島の特集やるな

466 :本当にあった怖い名無し:2006/08/07(月) 21:53:07 ID:/6zhzxyB0
その友邦パラオも、昨今は半島系に酷い目にあわされてるとか。
眉毛総理は何十周年だかの独立祭?すっぽかすし。

もっとパラオとなかよくしる!

467 :本当にあった怖い名無し:2006/08/07(月) 22:40:43 ID:DZ1m50KD0
>>466
某眉毛総理はパラオ独立1周年(1995)記念式典に欠席
パラオ国民を非常にがっかりさせた
って話だね

468 :本当にあった怖い名無し:2006/08/07(月) 22:56:52 ID:bBU8K5KXO
>>465

見た

...これは成仏できないわ...

469 :本当にあった怖い名無し:2006/08/07(月) 23:18:53 ID:/6zhzxyB0
>>467
一周年だったか、補足ありがと。
しかし、追い出した米国が海兵隊だかのパレードやって、国の父みたいに言ってくれてる日本が欠席。
しかも音沙汰なし。

ほんと、眉毛ダメダメじゃん。
災害んときも足ひっぱっただけで、お陰で死人増えたって話しだし。
ま、反日政党に総理ださせちゃ駄目だって教訓だよね。

470 :本当にあった怖い名無し:2006/08/07(月) 23:34:30 ID:gAYvOL9/O
硫黄島最悪だね。
自分があそこに居たら早く殺してくれ!となったよ。
今も硫黄島に眠る一万の英霊に日本の今を感謝しないとね。
バロン西も沢村投手もあそこに眠ってるのかな(;_;)

471 :本当にあった怖い名無し:2006/08/07(月) 23:36:58 ID:9Cxx5H2m0
そして沢村投手の魂が9人の野球超人に輪廻転生し・・・

472 :本当にあった怖い名無し:2006/08/07(月) 23:54:15 ID:gAYvOL9/O
沢村投手の魂を司る9人とは誰?

473 :本当にあった怖い名無し:2006/08/08(火) 00:03:16 ID:HKrP4ZURO
沢村栄治は今も高校球児達を靖国から見守っているはず。

バロン西は確か戦車兵だっけ?
確か、戦死したときに乗馬鞭持ったまま死んでたんだっけ?

474 :本当にあった怖い名無し:2006/08/08(火) 00:04:08 ID:9Cxx5H2m0
>>472
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AD%E7%90%83%E5%9B%A3

475 :本当にあった怖い名無し:2006/08/08(火) 00:16:38 ID:iCxu88rJO
犬HKに硫黄島を扱って欲しくない。

476 :本当にあった怖い名無し:2006/08/08(火) 03:36:36 ID:ctBRjKZ10
バロン西さんは有名だけど実はもう一人メダリストが硫黄島で戦死している
1932年ロス・オリンピックの銀メダリストで(男子100m自由形)
河石達吾さん(陸軍大尉)

477 :本当にあった怖い名無し:2006/08/08(火) 11:13:53 ID:PlzGOifUO
>>475
アカヒなら良かったか?

478 :本当にあった怖い名無し:2006/08/08(火) 11:40:39 ID:vqZLZGMm0
硫黄島のNHKドキュ、すげかった…あんなにあからさまに死体を映して
いいものなのか?良いんだろうけど作り物じゃない死体にビビッタ


479 :本当にあった怖い名無し:2006/08/08(火) 13:48:39 ID:vqZLZGMm0
見逃した人は
8月24日(木)深夜【金曜午前】2時〜2時54分

「硫黄島 玉砕戦〜 生還者 61年目の証言〜」
2006年8月7日(月)に放送された番組の再放送です。

480 :本当にあった怖い名無し:2006/08/08(火) 14:19:12 ID:eyKZeJSs0
>>478
日清戦争、日露戦争の写真を見るともっとすごい。
動画と画像の違いはあるけど。

481 :本当にあった怖い名無し:2006/08/08(火) 14:53:49 ID:eyKZeJSs0
原爆ドームって、よく崩れずにあの姿を保ち続けてるなあ。
これこそ、オカルトか?

482 :本当にあった怖い名無し:2006/08/08(火) 15:03:01 ID:2dOHKw22O
補強してんだよ
世界遺産だし

483 :本当にあった怖い名無し:2006/08/08(火) 15:04:59 ID:sDwUxNidO
パラオの話だがアメリカからの独立の条件は核を認める事てのがあった
あそこは米領だったわけで村山抜きにしても
今現在の親米政権でも独立式典を盛大に祝うのは無理だろうな
親日であるインドネシアから独立した東ティモールの最大ODA供与国であっても独立式典に日本は参加スルー(記憶があやふや)とかさ
単純に二国間の問題じゃなくなるから

484 :本当にあった怖い名無し:2006/08/08(火) 15:14:00 ID:sDwUxNidO
村山は核で
親米政権は米の手前て意味な

パラオについてひとつ
米海軍のスプルーアンス提督がパラオの神社に石碑を建て日本兵の戦いぶりを称賛してるが
実際そんなコメントをしたのか正式記録にないというオカルト
時期は前後するかもだが、むしろ侮辱っぽいコメントしてなかったか?

485 :本当にあった怖い名無し:2006/08/08(火) 17:20:04 ID:gQH60cjK0
海ゆかば斉唱
総員静かに立ちあがる。
ユキカゼ會員が前に進み出、演壇側の日章旗と會員席側に一礼。

「海ゆかば・・・」


海行かば 水漬く屍

山行かば 草生す屍

大君の 辺にこそ 死なめ

かえりみはせじ



486 :本当にあった怖い名無し:2006/08/08(火) 19:07:50 ID:W1sH2Lxl0
>>484
核を認める事てどういう意味?

487 :本当にあった怖い名無し:2006/08/08(火) 21:27:25 ID:XhasxSh10
>>486
パラオは国防をアメリカに委ねているから領土内への
アメリカ軍の核関連兵器の持込・配備を認めるって事では?

488 :本当にあった怖い名無し:2006/08/08(火) 23:59:22 ID:5CTmbmEQ0
最近、起爆に原爆を使わずに、レーザー爆縮により核融合反応を起こす
純粋水爆を作ろうとしている。
それ以上に、反物質爆弾もあと2・30年後には、実用可能とか・・・
なんかしら、秘匿兵器って、いっぱいあるのかもしれない。

489 :本当にあった怖い名無し:2006/08/09(水) 00:45:51 ID:cJz9eExV0
今鳴る喇叭は八時半 それに遅れりゃ重営倉
今度の休みが無いじゃなし 放せ軍刀に錆が付く トコトットット

倒れし兵士を抱き起こし 耳に口あて名を呼べば
にいこり笑って目に涙 万歳唱うも口の内 トコトットット

海軍大将胸先で ぴかぴか光るはなんでしょね
金鵄勲章か違います 可愛い兵士のしゃれこうべ トコトットット

寝ている芸者を揺り起こし 裾をまくって眺むれば
三国一の富士の山 甲斐て見るより駿河よい トコトットット

490 :本当にあった怖い名無し:2006/08/09(水) 03:37:35 ID:dCQ0hcca0
>>481 >>482

原爆ドーム、世界遺産登録抹消へ
http://news20.2ch.net/test/read.cgi/news/1155017464/

原爆ドームの隣に高層マンション建設中!!
広島市都市計画局 都市デザイン課は、独断で業者にGOサイン!!
建設中ながら既に全室売却済!!
ドイツの「ケルン大聖堂」も高層ビルにより景観を損ない04年に
「危機遺産」(世界遺産登録抹消の前段階)に登録。
原爆ドームオワタ\(^o^)/

ソース
http://www.janjan.jp/area/0605/0605110225/1.php?action=table&msg_article=44226


491 :本当にあった怖い名無し:2006/08/09(水) 08:33:05 ID:c3MIejfj0
いまは亡き父が、東ニューギニアのジャングルで餓えに苦しんでいたとき、
あまりの空腹と激しい戦闘で精神が崩壊した、ある兵士が突然裸になって、
奇声を発し走りだした。傍にいた隊長が、敵前逃亡だ、山崎あいつを撃て!!
隊長の命令で周りの兵士が一斉に射撃
そして、絶命した兵士の人肉をみんなで食べたという

492 :本当にあった怖い名無し:2006/08/09(水) 11:19:20 ID:qBb5BwIQO
>>486->>487
そそ国防を米軍に委託依存してるのと
よく国際会議とかで核関連の投票みたいなのがあると思うんだけど
それに必ず核廃棄みたいな提案には必ず反対票をパラオは入れてる
いつもは親日国だから日本に有利なように投票してくれてるんだけどね
スレ汚しスマン

493 :本当にあった怖い名無し:2006/08/09(水) 11:20:19 ID:DlOiJ1G+0
>>490
件のマンションを契約したっていうババアが
「現在のニーズを阻害してまで過去の遺産を保護しようとするのはおかしい」
みたいなこと(と、建築反対派の気持ちも分かるとか言い訳がましいこと)をTVで言ってたな

いい年こいた大人が、全国ネットでこんな電波タレ流すようなご時世だし
自分らの都合だけ優先させてるとどうなるかっていう意味でも
一度ガチで危機遺産になったほうがいいのかもな

494 :本当にあった怖い名無し:2006/08/09(水) 18:38:58 ID:uxYZlTXPO
どうせ裏でちよんころが糸引いてるんだろ

495 :本当にあった怖い名無し:2006/08/09(水) 20:30:25 ID:ph+1WX7eO
>>494
充分に有り得るな
マンション建ててる会社の親会社を、とことん辿っていったらどこにブチ当たるのかな?w

個人的には、どこぞの国の退役軍人協会とかも一枚噛んでる希ガス

496 :本当にあった怖い名無し:2006/08/09(水) 20:33:00 ID:yq6T4Iy00
>>494
TBSと朝日がどう報道するかでわかるな。
チョンがノータッチなら、狂ったように反対報道。
チョンが絡んでるなら報道しないor隠れるようにこそっと報道。

497 :本当にあった怖い名無し:2006/08/09(水) 21:55:34 ID:HFAJLbmvO
>>491
つまり君のお父上は人肉を食べたと?
そして、あなたは山崎さん?w

498 :本当にあった怖い名無し:2006/08/09(水) 21:59:43 ID:THsR6/zm0
「ゆきゆきて神軍」の奥崎謙三の叫び「山崎、天皇を撃て!」だろう。
何のひねりもないな

499 :本当にあった怖い名無し:2006/08/09(水) 22:11:03 ID:Zr23qTin0
>>494
ていうか、まともな日本人なら
あんな場所に建てたいとも住みたいとも思わないでしょ
今回は許可した行政の失態だけど、一等地の不法占拠って
形を変えて今でも残ってるのかも

500 :本当にあった怖い名無し:2006/08/09(水) 22:23:49 ID:62Kl6MYN0
18年前、今は亡き祖父に戦時中に体験した不思議な話を聞かされたけど、
とても怖かったです。一晩中眠れなかったのを覚えてます。

私の祖父は実はほとんど戦争体験について話してくれる事はありませんでしたが、
一度だけ幼い私にお菓子を食べさせながら、不可思議な体験を語ってくれました。
祖父はビルマで戦っていたそうで、食べる物が無くて本当に辛い思いをしたそうです。
敵のイギリス軍は飛行機を用い、上空から陣地内へ落下傘で食料を落としていたのが見えたそうです。
ある時、その落下傘が敵と味方の陣地の中間点に落ち、
祖父は戦友3〜4名と共に決死の覚悟で奪いに行き、その食料を貪り食べたそうです。
そのとき、一人の戦友が急にうずくまりだしたそうです。祖父はどうしたんだと聞いたそうですが、
その戦友は一向に顔をあげようとしないそうです。祖父は、その様子がとても気になり、
その戦友の顔を覗き込もうとしましたが、一瞬ぞっと嫌な寒気を感じたらしく止めたと言っていました。
それはそうと、祖父は落下傘の中にあったキャンディをなめ、自分は特別な存在だと思ったと
しみじみ語っていたのを覚えています。
その時なめてたキャンディーはもちろんヴェルタースオリジナル。
なぜなら彼もまた、特別な存在だからです。


501 :本当にあった怖い名無し:2006/08/09(水) 22:38:59 ID:RK219W+6O
>>500
不覚にもワロタ

502 :本当にあった怖い名無し:2006/08/09(水) 22:54:59 ID:b7M6C19d0
ネタなのか、ちゃんとした話なのかわからんw

503 :本当にあった怖い名無し:2006/08/09(水) 23:06:04 ID:s1PPQgNfO
>>500
期待させやがって、月まで蹴飛ばしてやろうかwww

504 :ダヌル・ウェブスター:2006/08/09(水) 23:07:37 ID:jvUUFth90
ふざけやがって
耳から手ェ突っ込んで奥歯ガタガタいわしたろか

505 :本当にあった怖い名無し:2006/08/09(水) 23:09:57 ID:RDhPTuUC0
>>500 あ〜ん、意味解んね〜

506 :本当にあった怖い名無し:2006/08/09(水) 23:10:14 ID:5KZZZQLw0
漏れには>>500のツボはもちろんヴェルタースオリジナルの意味さえ
分からないわけだが・・

507 :本当にあった怖い名無し:2006/08/09(水) 23:12:45 ID:VrYzKj2dO
>>500
久しぶりに笑いました。
母が死んでから、笑うということを忘れてしまっていたのかもしれません。
本当にありがとうございました。



















精子

508 :本当にあった怖い名無し:2006/08/09(水) 23:13:06 ID:GRcETahrO
>506 飴のCMのパロディ

509 :本当にあった怖い名無し:2006/08/10(木) 00:23:33 ID:2OaFuiGV0
「はだしのゲン」を熟読して、全体を理解しましょう!

概要
1972年に「週刊マガジン」の漫画家自伝企画の第1弾として掲載された、中沢
の自叙伝『おれは見た』を元に、脚色を交えて1973年から「週刊少年ジャン
プ」での連載が始まった。
作品の内容、表現等について様々な論議があるが、作者の実体験に基づく原爆
の惨禍や当時の時代背景・世相風俗を良く表現していながら、教育的ではなく
優れたエンターテイメントとしても見せる名作として国内外での評価は高く、
映画・アニメ・ミュージカル・絵本化もされている。
単行本、文庫本などを含めた累計発行部数は1000万部を超える。
また、独特の描写や広島弁を含むセリフなどから、インターネット上で度々
ネタにされることがある。

510 :本当にあった怖い名無し:2006/08/10(木) 00:36:00 ID:t8YJYY/kO
>>500
超ウケた…
ヤバス(゚∀゜)!!

511 :本当にあった怖い名無し:2006/08/10(木) 01:20:11 ID:LEQY3lVk0
>>509
不朽の名作??????

512 :本当にあった怖い名無し:2006/08/10(木) 01:46:26 ID:fdyEjEYFO
不覚にもタバコ吸いながら咳き込んでしまった


513 :本当にあった怖い名無し:2006/08/10(木) 06:38:17 ID:NnpLelYo0
>>505
ttp://www.morinaga.co.jp/cm/werthers.html

514 :本当にあった怖い名無し:2006/08/10(木) 12:42:25 ID:Wx82seOz0
ギギギ


515 :本当にあった怖い名無し:2006/08/10(木) 14:23:39 ID:5veth0qw0
1944年11月23日、ブリュッセル近郊のイギリス高射砲部隊の陣地近くの野原へ、
脚を下ろしたB-17が着陸した。
ランディングの最後に方翼が地面と接触してしまった為に外側のプロペラは曲がって
停止したが、残り三機のエンジンは依然として回転しつづけていた。
 一部始終を見ていた英兵達は、乗組員が降りてこないのを不信に思い
機の周りを調べたが、着陸後に脱出した形跡は無く、また人の気配も無かった。
そこでハッチを開けて機内に入ってみると、乗組員のフライトジャケットやかじりかけの
チョコレート、暗号書といったものまでがそのままの状態で雑然と残され、
つい先ほどまで人がいたことを感じられたが、全くの無人であった。
 開いたままになっていた航空日誌には、ルールからハフォードへの帰投記録が
書きかけで、最後に「激しい対空砲火」と記されていた。
 そして、驚くべきことに機内には12個のいつでも身に付けることのできる状態の
パラシュートが残されたままであった。
 徹底的な捜索が行われたのだが、B-17には、着陸時に傷ついた左翼を除いて、
損傷部分はひとつも見つからなかった。

516 :本当にあった怖い名無し:2006/08/10(木) 22:15:22 ID:6V9Tjdmu0
スパイ天国だね〜
日本は。

517 :本当にあった怖い名無し:2006/08/10(木) 23:41:26 ID:ZTCLmnKd0
F−16戦闘機こいつの空気取入口は、前輪の上にあって
いかにも、人を吸込み易い・・・
あんのじょう、その手の事故で何人か死亡している。
F100・F110ターボ・ファン・エンジンに粉砕・圧縮・過熱・・・
文字通りのミンチ状態です
で、何人か、空気取入口の中にあるケタに掴まって、
助かったのも居るのだけど、そこは、氷結防止に100度以上の
加熱空気が出る場所で、さぞかし熱かったことで・・・

518 :本当にあった怖い名無し:2006/08/11(金) 00:49:22 ID:un/HgAQI0
ちょっと前に半角二次元の某板で話題になったから知っている人も多いと思うが、
この板で大人気の長門は、水爆実験に使用されなかった可能性がちょこっとだけある。

戦後、日本は食料不足を補うために捕鯨を再開しようととしたが、捕鯨船はその適当な
サイズと性能から、戦時中に徴用されまくって、ほとんど残っていなかった。
特に母艦は皆無といっていい状態だった。
そこで、軍艦艇の管理を行っていた復員省に流用可能な機材のリストの提出を求めると、
輸送艦、駆逐艦その他の有象無象に混ざって、戦艦長門の名前が載っていた。
もし、ここで母艦として採用されていれば、その後の捕鯨に対する食糧確保の依存度の
高さから、水爆実験への徴用は無かったかもしれない。

しかし、現実はそこまで逼迫しておらず、結局は他にもっと適した艦艇が幾らでもあった
ことと、3万トン超の排水量に8万馬力の機関を要する長門は余りに大き過ぎたことから、
あっさり候補から外されてしまった。

まあ、アメリカは最初から長門を水爆実験に使う気満々だったから、仮に捕鯨母艦に
採用されても運命が変わることなんてまず、ありえないけど。
40センチ砲を装備した史上最大の捕鯨船なんて代物が実現していたら、まさにオカルト
だったのに……残念。

519 :本当にあった怖い名無し:2006/08/11(金) 12:53:28 ID:ydd/bFsy0
たしかに長門は水爆実験の標的にされたのではないなあ。
あれは原爆だったもんなあ。


520 :本当にあった怖い名無し:2006/08/11(金) 16:54:17 ID:Ht+kpF7n0
>>500
やられたorz


クソワロスw

521 :本当にあった怖い名無し:2006/08/11(金) 18:05:37 ID:+HDOvQoJO
>>500                      腹かかえたWW      完璧でした!クソワロス

522 :本当にあった怖い名無し:2006/08/11(金) 19:08:51 ID:Q9EUgENLO
今からここは、伝説になるであろう>>500
讃えるスレになりますた

523 :本当にあった怖い名無し:2006/08/11(金) 19:30:13 ID:cJtSkPwoO
500
あ〜っ!www
まぢ腹痛でーよW

524 :本当にあった怖い名無し:2006/08/11(金) 19:40:58 ID:fl4rNtFt0

 沖縄にちなんだ心霊話ってどこかにある?

 太平洋戦争で、20万人の犠牲者が出ただけあって、沖縄も霊感強い人には
 つらい地域らしいね。


525 :本当にあった怖い名無し:2006/08/11(金) 19:50:12 ID:fl4rNtFt0

十年ほど前になるが、東京の墨田区の某所にあった古い倉庫に結構出るとの話を聞いたんだが

東京大空襲で多くの人々が亡くなっている場所だけに、かなりヤバかった。

ちなみに錦糸町駅から歩いて十数分の場所だった。


526 :本当にあった怖い名無し:2006/08/11(金) 19:54:29 ID:fl4rNtFt0

東京大空襲でも10万人と言われる犠牲者が出ているが、特に犠牲者の多かった隅田川周辺では、あまりその手の話を聞かないな。

大規模な供養が行われているのかもしれん。


527 :本当にあった怖い名無し:2006/08/11(金) 20:27:12 ID:fl4rNtFt0
しかし日本人と言うのは、お人よしと言うのか、あれだけアメリカに同胞を殺されたのに
人を恨むという事を良しとしないんだな。

まあ、だから戦後の奇跡的な日本の発展があったのだろうと思います。

いや別に、60年以上も前の話を、未だに持ち出して賠償だの言ってる、どこぞの国がどうのって
話じゃないんですがね。


528 :本当にあった怖い名無し:2006/08/11(金) 21:17:48 ID:XqhSMb3k0
逆にあれだけ徹底的に仕返したアメリカが
いまだにリメンバーパールハーバーなんて言ってるんだから
うらみつらみなんてのもある程度は政治的問題なんだろね

529 :本当にあった怖い名無し:2006/08/11(金) 23:08:24 ID:Y6iwMzkE0
悪いのはアメリカじゃなく戦前の軍国主義だってことになってるから。
日本人の意識は戦前戦後で完全に断絶してる。
天皇と国家の美名の名の下に横暴を続けてきた軍部を一層できるなら
意識の断絶なんてたいしたことない、と大多数の日本人が考えたということ。

530 :本当にあった怖い名無し:2006/08/12(土) 00:24:33 ID:heFHk3RP0
アメ公と話すとよくわかるよ。
日本で日本人のオレと話をしているのに平気で
「うちのじいいちゃんはWW2でジャップに殺されて」
とか言うモンな。
日本人は「うちのじいちゃんは戦争で死んだ」って
言うだろ。

531 :本当にあった怖い名無し:2006/08/12(土) 01:13:56 ID:1fr/50Rq0
>>530
アメリカ人が、「アメリカ兵が日本兵に殺された」って言うならまだいいが、
「多くの日本人が無謀な日本政府(の政策・作戦)に殺された」って言われたときはブチ切れた。
そういう側面はあるが、主語がひとつ足りないんじゃねーかと。

532 :本当にあった怖い名無し:2006/08/12(土) 01:14:10 ID:1OehBwQU0
戦争って勝たないと駄目だね。

533 :本当にあった怖い名無し:2006/08/12(土) 01:16:10 ID:LU7lBOtM0
WW2のヨーロッパあたりの戦場(何処かは失念)で1機のP−38ライトニング戦闘機が基地に帰還した。
しかしいくら通信で呼びかけてもパイロットは応答せず、そのP−38は管制塔に激突しそうになった。
そのとき通信兵が脱出しろとパイロットに指示を出すと何故か指示通りパイロットは脱出した。
しかしその後ある事が判明した。

そのパイロットは既に死んでいたのだ。しかも、何時間も前に。

何処かで聞いた話ですが、かなりうろ覚えでつ。

534 :本当にあった怖い名無し:2006/08/12(土) 01:17:15 ID:1fr/50Rq0
>>531
訂正
「無謀な日本政府(の政策・作戦)が多くの日本人を殺した」
この文章に「アメリカ人」という主語が入るべきだろ、と言いたかった。

535 :本当にあった怖い名無し:2006/08/12(土) 01:17:32 ID:J+yjxFCg0
でも牟田口司令官のジンギスカン作戦はヒドイね。あの作戦では
前線に出たくないねー

536 :本当にあった怖い名無し:2006/08/12(土) 01:42:10 ID:FsrO51huO
オカルトかどうかはわからないがネタを一つ。
最前線で戦う全ての兵士達は60日以内になんらかの精神異常が発生する。
でも3%の兵士はまったく影響が出ないらしい。
その兵士達はどんなに戦闘が長引いても精神異常は発生しない。
これはこの兵士達が生まれついての殺し屋だから。
この生まれついての殺し屋が倒す敵兵は軍全体の倒す敵兵の約50%をしめる。
ちなみに人を殺す事によって性的興奮を覚える快楽殺人者とはまったく違う。
生まれついての殺し屋かどうかは戦場に行くまで分からない。

537 :本当にあった怖い名無し:2006/08/12(土) 02:18:44 ID:BAaWgfbT0
>>533
幽霊操縦士や無人飛行機の話は多いね。オカルトじゃないけどこんなのも

(1/2)
1943年4月4日、北アフリカ・ベンガジ空港からイタリア・ナポリへ向け2波に分かれて発進した
合計25機のB24爆撃機の編隊は無事爆撃を終え帰投したが、ただ1機、後発隊の先導を勤めていた
ウィリアム・ハットン中尉の操縦する64号機"レディー・ビー・グッド"だけが帰投しなかった。
行方不明となった64号機は厚い雲のせいで飛行場を見失い海上で墜落したと思われていたが、
それから15年後、ベンガジ基地から南方616kmも離れた砂漠で残骸が発見された。
機は飛行場にたどり着けなかったのではなく、逆に飛行場を遥かに飛び越してしまっていた訳だ。
機体は砂漠の乾燥した気候に保護され不時着時そのままの姿で残されており、
驚くべきことに無線機なども完全に作動し、魔法瓶のコーヒーも温かく新鮮なままだった。
しかし、奇妙な事に搭乗員の遺体はどこにも見当たらなかった。

538 :本当にあった怖い名無し:2006/08/12(土) 02:20:51 ID:BAaWgfbT0
(2/2)
1960年、ニューヨークのTV局でこの事件をドラマ化する企画が立ち上がり、
陸空軍も参加して行方不明の乗員の行方を捜す大掛かりなプロジェクトが開始された。
「そして、驚くべきことに」B24の残骸の発見された地点からさらに120kmも離れた地点で
ついに7名の乗員の遺体が発見された。
彼らは燃料の残り少ない機体からパラシュートで脱出した後、
砂漠の中をベンガジ飛行場へ向けて絶望的な行軍を行った挙句、ついに力尽きたのだった。
副機長トーナー少尉の日誌にはこうある。
○1943年4月10日、土曜日、救援を願い集まって祈る。何の兆候も無い。数羽の鳥。良い北風。
 体中が痛くて死にたいと思う。夜非常に寒くて眠れない。
○1943年4月11日、日曜日、まだ救出を待ち祈る。目が悪くなった。wgtを全てなくす。
 いたるところが痛い。もしも水があれば、舌の上に落としたい。早く助けてほしい。同じ場所にいて休息は無い。
○1943年4月12日、月曜日、助けはまだ無い。すごく寒い夜だ。

                          光人社NF文庫「恐るべき欧州戦」より

539 :本当にあった怖い名無し:2006/08/12(土) 02:47:56 ID:BFMuRTL30
日本人はね。戦争で負ければ悲惨な目に合わされると歴史で習う。
しかしまあ偶然運良く、戦勝国に無条件降伏したにも拘らず、戦後統治で
第一次世界大戦までのような植民地化もアホな負債背負わされなかったもんだから、
国民の戦争に対する恨みは、年月が経つに連れ忘れられていった。

衣食足りて礼節を知る。アメリカ人という人を恨む理由も無し、
戦争で人が死んだ、という罪だけ取り沙汰されるのも当然であろうと。

衣食足りないと半島系の考えになり、100年前に死んだ名も知らぬ人の恨みを
現在生きる日本人にぶつけてきたりするんで、今の日本は平和なんだと思う今日この頃。
皆さんいかがお過ごしですか。

540 :本当にあった怖い名無し:2006/08/12(土) 03:35:59 ID:eJEPJA8eO
ゆきゆきて神軍

なんかすごかったね。
最初は奥崎の電波を楽しんでただけだったけど。これも戦争によるおカルトか。
黒豚…白豚………
胃を手術した感じの首しめられてたお爺さんの語りが…ほんとになんともいえんかった。
まわりの老人もやはり食ったんだろうか。


541 :本当にあった怖い名無し:2006/08/12(土) 07:46:49 ID:fWFVnod20
>>528
戦時中の米国プロパガンダによる洗脳から開放されない人々が
いまだにいるってことでしょう。

日本人のメンタリティには、“過去の恨みは水に流せ”ってのが
根幹に強くあるんだと思います。

>>529
“戦前の”で一括りにされちゃうとちょっと違うかなって思いますがね。
「富国強兵」政策が必要であり、的を得ていた時期もあったわけで。

しかし大東亜戦争に関して言えば、旧日本軍上層部の「暴走」以外の
何物でもなかったでしょう。
彼らは、まさに「万死に値する」人々です。


542 :本当にあった怖い名無し:2006/08/12(土) 08:29:37 ID:8edtXNw7O
540へ
俺が死んだら、俺を喰って生き延びろ。
そう言って戦友が生き絶える中で
何を喰おうと責められん。

543 :本当にあった怖い名無し:2006/08/12(土) 08:42:14 ID:5idvl3e/0
>>500
おまえさぁ・・・
ビルマでどれだけの日本兵が餓死して死んだとおもってんだ?
どれだけの人が敵と戦わず無謀な作戦で餓死してジャングルに捨てられたんだ?
どれだけの人が悔しい思いで死んだと思ってんだ?
そういう事考えてから書き込めよ。
それと、それを見て「久しぶりにワロタ!!」とか書いてる奴、おまいらも
考えろよ。


544 :本当にあった怖い名無し:2006/08/12(土) 10:51:43 ID:qRkeaU6T0
悲惨な話であるからこそジョークという形に昇華する、という考え方もあるのではないかな。
東欧の政治ジョークのように。
>500には怪談話をクールに切り返すスレと同じような精神を感じたよ。

545 :本当にあった怖い名無し:2006/08/12(土) 11:16:57 ID:+S6GNISK0
つーか絶賛?されてる>>500の改変コピペってなんか変だぞ

>それはそうと、祖父は落下傘の中にあったキャンディをなめ、自分は特別な存在だと思ったと
>しみじみ語っていたのを覚えています。
>その時なめてたキャンディーはもちろんヴェルタースオリジナル。
>なぜなら彼もまた、特別な存在だからです。

祖父が「自分は特別な存在だと思った」て上にあるのに
なんで最後にまた「彼もまた、特別な存在だからです」て文章になるんだよ

546 :本当にあった怖い名無し:2006/08/12(土) 11:20:08 ID:l94ZQLLy0
日本兵の心霊動画発見
http://www.youtube.com/watch?v=Lz2WDQKTVFA
怖いというか、俺は何だか悲しくて涙が出て来たよ。

547 :本当にあった怖い名無し:2006/08/12(土) 11:41:53 ID:/uVkWgaDO
硫黄島にも日米双方の兵士がたくさん彷徨ってるみたいね。自衛官くらいしか行けないけど。

548 :本当にあった怖い名無し:2006/08/12(土) 11:47:21 ID:n63TnKKr0
>>547
I島(硫黄島)であった話
とある洞窟の奥に祠があって、そこに訓練に行く時に御神酒を置くのだけど
ウチの部隊は恒例で焼酎の一升瓶を奉納していた。
で、無事に訓練も終わり帰る際に立ち寄ったとき・・・
アルミのキャップの封はそのままで、中身が半分以上減っていたことがあった。

549 :本当にあった怖い名無し:2006/08/12(土) 11:51:25 ID:bw86ortsO
硫黄島では水供えとくとなくなってるらしいね。

550 :本当にあった怖い名無し:2006/08/12(土) 11:52:33 ID:l94ZQLLy0
>>548
戦死した兵隊さん達が飲んだんだろうな(合掌)


551 :ボンクラ:2006/08/12(土) 11:52:54 ID:1NcwlBzWO
いまも一万の遺骨が…  http://hp26.0zero.jp/603/BONKURA/


552 :本当にあった怖い名無し:2006/08/12(土) 13:23:26 ID:OYsPiUgd0
自分の爺ちゃんは自分が生まれる10年くらい前に死んだんだけど、
お父さんに話しを聞いたら爺ちゃんはフィリピンかどっかそこら辺の島の
前線に送り込まれて戦争したらしいけど途中で足を大怪我して
ほとんど歩けなくなっちゃったらしい。でもずっと友達が肩かしてくれて
見捨てなかったお陰で爺ちゃんは生き延びたんだと。
爺ちゃん生きてたら話し聞きたかったなー(´・ω・`)


553 :本当にあった怖い名無し:2006/08/12(土) 13:30:59 ID:dzcNZ+75O
>>543
そんなこと言ってたらこの世の中で何もできないよ
人間ほんとに苦しかったり悲しかったりマイナスの
感情を乗り越えるとそれを笑い飛ばす強さを得る
一度悩みぬいた人なら分かってくれると思う

554 :本当にあった怖い名無し:2006/08/12(土) 13:36:52 ID:8QvMxKts0
>>552
えぇ話や…(ノД`)

555 :本当にあった怖い名無し:2006/08/12(土) 13:39:41 ID:wu4PN4210
長門の姉妹艦の陸奥が呉港で爆沈する前に、船魂がでたって話があったよな。

556 :本当にあった怖い名無し:2006/08/12(土) 13:43:54 ID:M0yL6sySO
>>545
うんうんそうだね

557 :本当にあった怖い名無し:2006/08/12(土) 14:09:51 ID:l94ZQLLy0
>>543
それとこれとは別だろ?自分の先祖をないがしろにしてる奴は未来を生きる資
格はない。一度悩み抜いた人間?お前の人間としての底の浅さしか見て取れんが?

558 :557:2006/08/12(土) 14:11:18 ID:l94ZQLLy0
失敬、557は>>543じゃなくて、>>553の間違いな。

559 :本当にあった怖い名無し:2006/08/12(土) 14:28:55 ID:MYtrc+I1O
今さっきのこと。
上の方でバロン西が出てたので興味が湧き調べてた。
へー、何かすげー人だなぁと思っていた矢先、実家から宅配便が来た。

荷物の隙間埋めに地元の新聞が使ってあったので、何気なしに読んでみると戦争関連の記事が目に入る。
内容は地元の隣町にあった軍場補充部に、1940年から一年ほどバロン西が在籍してたのこと。

何というか運命を感じた。
身近に有名人が足跡を残した場所があったとは思わなかったわ。


560 :本当にあった怖い名無し:2006/08/12(土) 14:46:29 ID:bJHs9dkcO
>>553
>人間ほんとに苦しかったり悲しかったりマイナスの
感情を乗り越えるとそれを笑い飛ばす強さを得る

逆に考えると、あの戦争を生き抜き苦しみを乗り越えていない俺らには、笑い飛ばす資格なんて全くない訳だが

561 :本当にあった怖い名無し:2006/08/12(土) 14:48:30 ID:dzcNZ+75O
>>577
自分の人間としての浅さは否定しないが。
フィクションとしてみるべきでは?といいたかった
先祖をどうこう、とか関係なく。
相容れなかったらすまん。
力不足なのでこれ以上説明できない。
ただ何かにつけて因縁をつけて少しの冗談も許さない
神経症の人を見て悲しくなった事があり、
それを思い出してしまったので書き込んだ。

562 :本当にあった怖い名無し:2006/08/12(土) 15:01:15 ID:lupHE26vO
砂の音は父さんの声という本を25年くらい前だけど読んだ。
南の海で散ってしまった父が遺骨ではなく砂となって妻と子供のもとに帰ってきた話。子供が箱のなかの砂を揺すって箱に耳を寄せると父さんの声がするって話。
怖い話ではないけど悲しい話だったな。

563 :本当にあった怖い名無し:2006/08/12(土) 15:03:44 ID:FT977N6SO
>>577には失望した

564 :543:2006/08/12(土) 15:13:01 ID:5idvl3e/0
>>560
>あの戦争を生き抜き苦しみを乗り越えていない俺らには、笑い飛ばす資格なんて全くない訳だが

つまり俺の言いたかったこと。


565 :本当にあった怖い名無し:2006/08/12(土) 15:13:04 ID:eD6R2vGb0
オオノコウヘイが華麗に2get!
でもボク気ちがいじゃないからね

566 :本当にあった怖い名無し:2006/08/12(土) 15:16:29 ID:98Qd2H2D0
>>577に期待。

567 :本当にあった怖い名無し:2006/08/12(土) 15:25:45 ID:dzcNZ+75O
書き方が悪くてすまん。
乗り越えるのは戦争体験ではなく自分の葛藤
逃げるとも言えるかもしれない
そこを超えると冗談を冗談として受け入れられたり、
その有り難さがわかるようになるということ
が言いたかった。

568 :オラヨー ◆Um10ayfPHo :2006/08/12(土) 15:34:55 ID:AtsN/EOpO
既出?

【国際】駐イラク米兵が少女の自宅に押し入り、代わる代わるレイプした上で射殺 家族4人も殺害し、隠蔽のため遺体を焼く★3
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1155313671/


人間って素敵♪

569 :本当にあった怖い名無し:2006/08/12(土) 15:36:56 ID:T1srBhh40
どんどんオカルトから遠ざかってるよ〜

570 :本当にあった怖い名無し:2006/08/12(土) 17:41:46 ID:x4yzFtmx0
>>559 本別出身?
足寄には米軍機の機銃掃射を受けたレンガの煙突があったらしいが
こんな内陸までほんとに来たのかといまでは疑問におもう。

571 :本当にあった怖い名無し:2006/08/12(土) 17:59:40 ID:dOCj1Aav0
双方熱くなるのも良いが、
空気を嫁と。

572 :本当にあった怖い名無し:2006/08/12(土) 18:24:59 ID:ieVuL6NF0
よくある話。

ある夜、家の中で物音がするので行ってみると、
海軍にいったはずの息子が、部屋の中でタンスを開けていた。
「あれ、いつのまに帰ってきたの?」
と聞いてみると、
「いや、軍袴(軍服のズボンを日本軍ではこう呼んだ)が濡れたんで
 履き替えに着たんです」
と言って、部屋から出て行きました。

数日後役所から、その息子の載っていた艦が沈んだ知らせが届いた。


573 :557:2006/08/12(土) 18:31:08 ID:jmqyfy9n0
>>561
まあ、俺もちょっと言い方が悪かったかも。気を悪くしたらゴメンな。
あと、良かったら下のHPを読んで見てくれ。
韓国はなぜ反日か?
http://3.csx.jp/peachy/data/korea/korea.html


574 :本当にあった怖い名無し:2006/08/12(土) 18:40:50 ID:3AXVIrRfO
「ゆきゆきて神軍」
俺もビデオを借りて見ました。
が、何と 借りたビデオ屋の何軒か隣が奥崎の家でした。
長田の料理屋の看板とか(ケンカしに行った相手のやってる店の)もろに出ててすごかったな〜

575 :本当にあった怖い名無し:2006/08/12(土) 18:41:33 ID:r6QI+/UKO
作ってる最中から、最後の最後まで味方を死なせまくったドイツ艦シャルンホルストはオカルト。
製作中は胴体の鉄板が倒れ職工を多数潰し、浸水式では転倒して多数の人を下敷きにし、
大砲打てば暴発で射手が死に、艦撃沈後に逃げた兵までが携帯ストーブの爆発で死ぬ呪われっぷり。
他にも色々あるけど、味方のみで何人死んでるのか。

576 :本当にあった怖い名無し:2006/08/12(土) 19:04:00 ID:+mXzORpD0
コワっ。

577 :本当にあった怖い名無し:2006/08/12(土) 19:04:43 ID:+mXzORpD0
幽霊とセクースしたら気持ちいいの?

578 :本当にあった怖い名無し:2006/08/12(土) 19:29:11 ID:449n8Joj0
>>577
この世では味わえない
気持ちよさ。

579 :本当にあった怖い名無し:2006/08/12(土) 19:58:34 ID:Gk+wgLRMO
>>572

履きかえた後に船に乗って沈没したんじゃないの?

580 :本当にあった怖い名無し:2006/08/12(土) 20:11:34 ID:BFMuRTL30
>>579
沈んで軍袴が濡れたから履き替えに来たんだろうと小一時間(ry

581 :スーパーリアル金太 ◆8mzYKF9Qkk :2006/08/12(土) 22:07:28 ID:mUZkZ0tl0
>>570
プラモデルメーカーのタ○ヤの現社長の回想録。

静岡の山の中に小学校があったのだけど、ある日飛行機が飛んできたと。
滅多に飛行機など目にもしない山の中だったもので皆はしゃいでいたら
クラスメートに一人、機種に詳しいのがいて一言
「グラマンだ…」

すんでのところで小学校だと気が付いたらしく
機銃掃射もせずに飛び去ったとあったが。

とにかく人が大勢いる建物は掃射するように言われていたので
間違えて小学校を掃射したパイロットもあり。
ちなみに12.7mm機銃弾の実物は万年筆ぐらいあるもので
子供に当たると靴脱ぎ場一面に内臓や脳漿が散乱したとか証言があった。

582 :本当にあった怖い名無し:2006/08/12(土) 23:00:00 ID:Gk+wgLRMO
俺の弟は特攻隊に志願して二ヶ月後、知覧から

583 :本当にあった怖い名無し:2006/08/12(土) 23:23:55 ID:cbiu7nzj0
俺の親父は小学生の頃駅のそばで遊んでたらグラマンが飛んできて機銃掃射されたんだそうだ。
幸い親父や友達は無事だったそうだけどその時駅では大勢死んだそうだ。
グラマン(実際は本当にグラマンのヘルキャットかコルセアかははっきりわからなかったらしい)の12,7mm機関銃でやられたら大人でもバラバラになったらしい。

B29の爆撃も定期的にあったがちょうど編隊の隙間だったらしく焼けずに済んだ。
親父の実家は神社の隣だったから神様に守られたんだとこの話をする時はよく言ってる。


584 :本当にあった怖い名無し:2006/08/12(土) 23:30:21 ID:/CekCT3b0
平均年齢の高いスレですね

585 :本当にあった怖い名無し:2006/08/12(土) 23:39:56 ID:cbiu7nzj0
厨房でリアルに戦場を体験した事がある奴の方が異常だよ

586 :本当にあった怖い名無し:2006/08/13(日) 02:22:03 ID:oOdXHLoc0
洒落こわのまとめサイトだからガイシュツとかいうレベルじゃないが、
昨日この話読んで涙が出た。・゚・(ノД`)・゚・。
ttp://syarecowa.moo.jp/121/49.html

587 :本当にあった怖い名無し:2006/08/13(日) 02:26:41 ID:JiQP/drl0
>>585
馬鹿だな
親父が戦争体験があるということは
けっこう年齢高いだろって意味だろ

588 :本当にあった怖い名無し:2006/08/13(日) 05:17:39 ID:qr9NWRDG0
>>575
>シャルンホルストはオカルト。
下記のコラムにある、艦の洗礼親になった少女が数日後、不思議な文字を書き残して手首を切り、自殺ってのもコワイ

ttp://www.geocities.co.jp/HeartLand-Keyaki/9384/Liblary/C02/C02.html


589 :本当にあった怖い名無し:2006/08/13(日) 08:36:29 ID:mAnACnjw0
>>588
↑のコラムの所に
>ミリタリーストーリー(ハーフノンフィクション) 鈍色の夢
と書いてあるのが気になるんですが・・・

590 :本当にあった怖い名無し:2006/08/13(日) 10:05:12 ID:GFWbXhnxO
>>589
シャルンホルストの呪われっぷりを全て列挙すると、味方の死人が多過ぎて話が進まないので割愛してる部分が有るのだとオモ
因みに美麗な艦だったのはホント

591 :本当にあった怖い名無し:2006/08/13(日) 11:58:02 ID:VGlvh8QjO
>>589
「ゲッ『ぺ』ルス」って書いてあるから
フィクションかもなw

592 :本当にあった怖い名無し:2006/08/13(日) 13:35:05 ID:z6e62ADo0
ルーデルの戦果が、戦闘機撃墜分だけでエースに到達してる件

593 :本当にあった怖い名無し:2006/08/13(日) 17:33:36 ID:QMC3Phz60
>>592
ドイツの戦果確認方法は連合軍よりも厳しいので信頼できると思われ。
ロシア侵攻時にルフトバッフェのロシア飛行場一斉強襲による与えた損害数は
延べ1000機以上という報告に疑念を持ったゲーリングが調査団を派遣したところ
実際はもっと敵に与えた損害は多かったそうな。
 ルーデルは元偵察機要員で牛乳と体操が大好きなちょっと変わりものとして
見られてらしいです、最初のころは。

594 :本当にあった怖い名無し:2006/08/13(日) 18:22:51 ID:PxJQ0lxl0
>第二次世界大戦が日本の決定的敗北によって終結した後
>昭和20年9月から東南アジアの戦場で戦っていた兵士が日本に戻って来た。
>当時の横須賀線(東京←→横須賀)にも、任務を解かれた帰還兵が大勢乗り合わせる姿がよく見られた。
>復員兵の帰還が一段落した昭和25年あたりから、逗子や横須賀でそうした復員兵にまつわる奇怪な話が噂されるようになった。
>逗子と鎌倉の中間に当たる名越トンネルで、軍服姿の復員兵がぎっしりと乗った真っ黒な古びた省線電車が
>明かりもつけずに通過するのを大勢の人々が目撃したというのだ。
>車両内には青白くぼやっとした復員兵がたくさん乗っており、みな視点の定まらない目つきで、やせこけた体、ボロボロの軍服
>疲れ切った表情の軍人たちがぎゅう詰めで揺られていたという。

某所より転載。既出なら御免。

595 :本当にあった怖い名無し:2006/08/13(日) 19:30:09 ID:uwA2xiQ10
キムチくさいスレ
キンモー

596 :本当にあった怖い名無し:2006/08/13(日) 21:17:49 ID:qr9NWRDG0
>>595
えーと、こんなんですか?

「第二次世界大戦中に日本人が捕虜収容所の看守に朝鮮人を使ったのはなぜだと思う?
朝鮮人は世界一残忍だからだ。日本人はそれをよく知っていたんだ。」
イアン・フレミング

人手不足が意図しない汚名を(泣
たぶん、”従軍慰安婦”の元ネタ、朝鮮戦争の”毛布部隊”なんかの話もおぞましそうだが、情報がなかなか無くって…

597 :本当にあった怖い名無し:2006/08/13(日) 23:32:30 ID:imGrT0Du0
その書き方では誤解を招くでしょ。
つまり、こういうこと。
被支配者は、支配者よりも、より、支配者になりきろうとする。
だから、支配者は、手先に被支配者を使う。
昔からよくあることさ。

598 :本当にあった怖い名無し:2006/08/13(日) 23:35:42 ID:Qe+xp6Xe0
自衛隊と愛ちゃん
http://youtube.com/watch?v=SHZS5BmrMGk

599 :559:2006/08/14(月) 08:02:40 ID:Kg4eSDGHO
>>570
遅レスですが自分は士幌出身ですよ。
確か本別はかなり空襲されたみたい。
一説には帯広と間違えて空襲されたとか。
北海道も意外と艦砲射撃やら空襲やらされてますね。

600 :本当にあった怖い名無し:2006/08/14(月) 10:09:08 ID:J7Y83tay0
600げとー

601 :本当にあった怖い名無し:2006/08/14(月) 16:12:53 ID:hK8YLZ19O
601げっとー

602 :本当にあった怖い名無し:2006/08/14(月) 17:24:47 ID:jwNCVKSX0
もうずいぶん前のお話でよく覚えていないんだけど
うちのスナックに飲みにきたお客さんがセスナっていうのかな?
その免許もってて、南方のどっかの島あたりを飛んでいたら
視界に日の丸のついた零戦が同じように飛んでいたんだって。

そのお客さんはもともと霊媒体質の人だったようで
同じセスナの同乗者のほかの人には見えてなかったみたい。

そこで「あそこに零戦が!」とかいったら大騒ぎになるだろうとおもって黙っていたんだって。

そんなこんなで明日15日ですね。

603 :本当にあった怖い名無し:2006/08/14(月) 21:46:38 ID:E5ezSYez0
>>342の日本兵動画だれか持っていませんか?家で見たら音声だけだったので
再アップお願いします。

604 :本当にあった怖い名無し:2006/08/14(月) 21:53:36 ID:dquQebyH0
戦時中に内地の家の玄関を叩く音がしたので玄関の扉を開けてみると戦場に行っているはずの息子・夫の
幽霊が立っていた。 (細かい内容は、服が濡れていた・帰ってきた時間と戦死の時間が同時刻だった・・etc)
という話はよく聞くんだが 戦後に防衛庁が発足すると太平洋戦争の戦死者の遺族からの問い合わせ・連絡
が多くて実際に調査したそうな。各国も同様に目撃談が多くイギリス政府もWWT・Uの遺族から数百件の報告
があったそうです。

605 :本当にあった怖い名無し:2006/08/14(月) 22:20:47 ID:GXQN4EXlO
>>603

携帯用でスマソ
http://bs.dip.jp/~ghost/index.html

606 :本当にあった怖い名無し:2006/08/14(月) 22:37:23 ID:CplBGLMY0
松谷みよ子の本に書いてあったなー
戦士した息子とその仲間たちが、部隊の全滅を知らせに御霊となって帰ってきた話

明日は、終戦記念日
英霊のご冥福をお祈りいたします

607 :本当にあった怖い名無し:2006/08/14(月) 22:47:17 ID:FKd9ZfP70
アウシュビッツやオラドゥールなんて霊がたくさんだろうな・・。


608 :本当にあった怖い名無し:2006/08/14(月) 23:08:41 ID:ImVAWpZn0
漫画家のささやさなえが書いていた事だが・・・

九州の炭鉱の社宅はみんな同じようなつくりなんで、みんな家を間違えて入ってくる。

で、戦争中の話だが、ある女学生が家で昼寝をしていたら、
そばに出征中の隣のだんなさんが軍服姿で立っていた。
驚いて起きるとパッとその姿は消えた。

その数日後、そのだんなさんの戦死の通知が届いた・・・

で、なぜ、その人は、隣の女学生の枕元に立ったのか、
まあ、その人は、そういう霊感のある人だったんだろうと言ってしまえば
それまでなんですが、やっぱり、うわさが立つ。

そして、そのうち、誰かが、
「いや、同じような家ばかりだから、幽霊も家を間違えたんだろう」
と言い出して、笑い話でその話は終わりました。

幽霊も家を間違う・・・おかしい様な物悲しいようなお話です。

609 :本当にあった怖い名無し:2006/08/14(月) 23:46:41 ID:LMAVbc+B0
酔っ払いに家を間違えられた事はあるが、幽霊は困るな。

610 :本当にあった怖い名無し:2006/08/14(月) 23:49:39 ID:3eapwdVS0
二人組みの酔っ払いにベランダから入られたことあるよ
父ちゃんが一喝して逃げてったけど

611 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 01:58:42 ID:ucgEWIpUO
千葉の九十九里の戦争についてのオカルト知らない?

612 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 09:29:27 ID:pUxe3VeU0
ネット右翼の発言の特徴
・中国と韓国が嫌い。
・日本の過去の戦争を肯定する。
・大日本帝国軍隊が大好き、だから、ちょっとでも悪く書かれると許さない。
・そのくせ、アメリカは支持する。
・したがって、アメリカを批判するものは「サヨクで、テロリスト」になる。
・小泉政権支持、理由は靖国に参拝してるからと社会的弱者について冷たいからw
・石原慎太郎は当然大好き。
・女系天皇には反対
・フェミニズム嫌悪が多い、特にフェミはサヨクと信じている人も多い。
・朝日新聞と日教組と市民運動家は敵だと思っている。
・社会的弱者(障害者・在日・部落民・貧困層・ホームレス、弱者といってよいかどうかビミョウだが女性など)
への保護・救済が嫌い。
・戦争反対を唱える人はみなサヨでチョンでテロだと思っている。
・南京大虐殺と従軍慰安婦を無かったことにする為だけに、必死で近代史を学んだことは、
勉強熱心ではある。
・軍事と(一部の)近代史には強いが、経済方面には疎いのか、中国問題を経済面で語ることはまず無い。

・加えて2ちゃんだけが情報のソース。2chでの煽りのみが生き甲斐




613 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 09:59:20 ID:Tr+tcfSP0
今日の朝、戦争特集やってたんだが
それを見た妹が
「こんなのみんな総理大臣が悪いんだべ!」
「戦艦大和たくさん作れば勝てたのに」

ウチの妹(中3)の頭の悪さに驚愕した。
勉強が出来ないのは前々から知ってたが、ここまで脳みそがツンツルテンだったとはw

614 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 10:30:24 ID:39Hk12vg0
>>605 ありがとうございます





615 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 10:56:40 ID:pxOeEmUm0
>>613
ワロタwww
全然オカルトじゃないけど…(´・ω・`)
うちのばあちゃんがボケ始めると(?)良く言う話し…

うちのじいちゃんが戦争で前線で戦ってた時、部隊とじいちゃんの組み(?)
がちょっとはぐれちゃって、山の中でどうしよう的な事になったらしいのよ。
んで、とりあえずじいちゃん含めて四人くらいいたらしいけど、その内の
1人は動けないくらい怪我か病気してたみたいで、その人は
『もう動けないから先に行っててくれ。あとで追うから』
って言ったらしい。なら仕方ないと、じいちゃんを含め、残りの三人で
山の斜面を下ってったらしい。で、じいちゃんが『後で助けをやるぞー』
って叫ぼうと、斜面の上を振り返ったら、
その人が丁度、手榴弾で自決したんだって…




んで、うちのばあちゃんはいっつも『名前くらい聞いておけばよかったのにねぇ』
とこぼす(´・ω・`)

616 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 10:59:03 ID:VuqYk+YNO
>>615
やりきれないね(;_\)

617 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 11:08:27 ID:DQlL0l1f0
>>613
そんな単純な問題でないことを、教えてやってくれ。
特集だけでは理解できなかったのかも知れん…

618 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 11:49:31 ID:ZPrueazL0
>>613
最初の発言はたしかにアホだが、2つめの発言は仕方ないでしょ。
中3の女の子が軍事オタだったら悲しくなる。

619 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 12:07:32 ID:EQCTXqg5O
今日は終戦の日か

これから世界が平和でありますように

620 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 12:12:06 ID:+RLiCXLoO
小泉純一郎は釣り師

621 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 12:39:17 ID:ij/riZU70
>>612
まあ当たっている処もあるが莫迦者め!

俺は、戦時中に日本に対して虐殺を慣行し、
戦後現在に至っても占領政策し続ける、
アメリカ(国単位)が大嫌いだ!



622 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 12:41:04 ID:MBKsk34w0
コピペにマジレス

ちょっとカコイイ

623 :名無し ◆GbPwf6YeUE :2006/08/15(火) 13:16:04 ID:76EAfjfmO
コピペにマンスジ

ちょとカッコイイ

624 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 18:16:29 ID:rqJgLbHr0
>>605見れない…
申し訳ないんですが、PC用はないでしょうか?

625 :スーパーリアル金太 ◆8mzYKF9Qkk :2006/08/15(火) 18:45:14 ID:Ani/UQ6q0
>>613
一般にはあまり知られていない事実だが…

大和級戦艦は五番艦まで建造計画があった。

一番艦は言うまでも無く大和であり、二番艦が武蔵であり、
三番艦は建造途中で急遽空母に改造されて信濃となり
進水して半月で撃沈されたolz

新造艦は大和の46センチ砲を上回る50センチ砲を
六門搭載するという素晴らしい計画であった。

妹さんが中三ならお兄ちゃんは高校生か大学生でしょうか。
もし良かったら、戦争とは勝ち負けではなく
それが何を引き起こし、もたらしたのかを残りの夏休みに一緒に調べてみてください。

626 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 18:48:12 ID:GM+8NMdlO
>>624


PC持ってないもんで…○| ̄|_

627 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 19:01:59 ID:ht4bSEF50
>>624
ようつべで、心霊で検索すれば日本兵の心霊動画出てくるよ。このスレに
も貼ってあったはずだが。

628 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 19:42:43 ID:ztqf0Gda0
実に1年ぶりにオカ板に来たら洒落怖とかで荒らししてた金太がいい事書いてるスレ発見

629 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 19:44:44 ID:uodkKyWu0
>>603
DivXのコーデック入れれば見れるんジャマイカ?

630 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 19:54:18 ID:7LxvIrmV0
>613 >「戦艦大和たくさん作れば勝てたのに」

海上護衛戦
ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4059010405/503-4191080-6445550

妹さんにぜひ読ませてあげて下さい。

631 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 20:10:59 ID:l3mkhKAC0
うーん大和建造しても負けるでしょ?空母の方建造期間が短いけど
飛行機乗り育成でも1年掛かるけどね

632 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 20:16:49 ID:1As1PBla0
結局どういう条件が揃ってればあの戦争に勝てたんですか

633 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 20:20:05 ID:cYHbgJSv0
あの戦争は総力戦で、国家規模も工業力も負けてた日本には、元々厳しかったんでつよ。
勝てる条件だったら、そもそも※国が日本に喧嘩吹っかけるかと言う問題も。

要は、※国からすれば、国益のための弱いもの苛めだったんでしょう。
あそこまで善戦されるとは思ってなかったんじゃないですかね。

634 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 20:32:25 ID:l3mkhKAC0
>>632あの大戦において勝利は不可能。太平洋戦争の緒戦で米英を圧倒し
講和が戦略。ソ連仲介論もある。要は短期決戦で和解するのが軍部の思考

635 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 20:39:56 ID:fKQx84tv0
日本が本当に植民地(笑)から搾取しまくってたら
もう少し資源は豊富だったかもねw

636 :スーパーリアル金太 ◆8mzYKF9Qkk :2006/08/15(火) 21:08:34 ID:Ani/UQ6q0
>>631
一年じゃ無理だ!
最低でも二年かかる。
途中でどんどん端折るようになって末期は半年ねw
昭和19年の予科連出身者の証言だが
「三ヶ月で離着陸を会得したがゲンコツで叩き込まれたようなものだ」
言葉よりも先に拳が飛んでくるという涙も止まるスパルタだったそうな。
空母への離着艦となると一年では難しいだろう。

>>635
搾取もずいぶんしたが
運ぶ途中であらかた沈められたし。

637 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 21:10:25 ID:Jsqiz3j20
運ぶ途中に沈められたんだ。
護送船団方式はとらなかったの?

638 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 21:17:25 ID:d8fNKdxB0
>>634
石原莞爾に戦争指揮させてたら多分勝てた。

639 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 21:20:55 ID:l3mkhKAC0
日本は輸送を甘く思考。後に輸送船団護衛のため海防艦量産計画立てるが
すでに遅し。末期では輸送船団も組めず、単独輸送で神頼みですた。

640 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 21:30:39 ID:l3mkhKAC0
>>638さん石原莞爾の研究によると1980年頃に米と開戦予定。
満州で富国&国力増大を目指したが、満州事変が起因で米との開戦が
早まったのも事実。

641 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 21:42:40 ID:Jsqiz3j20
戦争勝ってたら勝ってたでろくな時代になってないだろうな。

642 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 21:57:27 ID:g7WRGDJl0
戦場になるのかな?
人魂が二つ、戦うようにして巌流島の方へ
飛んでいくのが見られるなんて都市伝説が
あるそうだが。武蔵と小次郎じゃないかという話。

643 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 23:10:59 ID:BuWAqNoT0
 いや、ほら、巌流島で決闘した人はもう一組いただろう、ほらw。

644 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 23:13:20 ID:rqJgLbHr0
>>627
上にあったの踏んでみたらNotFoundになりますた

645 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 23:24:20 ID:XHamnH400
>>643
お二人共、御存命ですよ〜

646 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 23:56:11 ID:cYHbgJSv0
護衛艦艇の数不足もそうだが、じゃあ量産を早期に実施してたら勝てたか?つうと疑問。
主力艦も建造し、護衛艦も量産しでは、建造能力はもったかな?
補給線維持するために、輸送船なんかももっと増やすべきだったろうし、大型の戦車輸送する能力もなかった。

戦艦とかの建造やめちゃえばよかった、と言うのは没として・・・

647 :本当にあった怖い名無し:2006/08/16(水) 00:41:30 ID:hgUUmxQaO
ライト兄弟暗殺してれば...w

648 :本当にあった怖い名無し:2006/08/16(水) 00:54:58 ID:giZiApmY0
そしたら二宮さんが完成させてたんかな?

649 :本当にあった怖い名無し:2006/08/16(水) 01:42:26 ID:m9iPYg6AO
オカ話キボン

650 :本当にあった怖い名無し:2006/08/16(水) 05:18:16 ID:surgoUsZO
>>643
馳浩とタイガー・ジェット・シンですな

651 :本当にあった怖い名無し:2006/08/16(水) 07:56:01 ID:H/LCLy7e0
ネタが実話か分からないが、昔NHKで放送されていた「タイムトラベラー」
のオープニングで語られた話。

1951年8月4日の朝4時頃、フランスのドーバー海峡に面した町ディエップ
に住むドロシー・ノートン夫人は騒がしい物音で目を覚ました。
その音は機関銃や大砲を撃ったり、爆弾が爆発したり、飛行機が急降下する
音だった。
それを聞いた夫人は恐ろしくなってパリに住む伯父に電話を掛けた。
伯父も電話を通してその怪音を聞いたが、やがて三時間程するとその音は消え
夫人が外に出てみると、町は普段と全く変わりがなかった。

このディエップという町は第二次大戦中の1942年8月に、カナダ軍が戦車や
コマンド部隊で無謀な上陸作戦を行い、ドイツ軍相手に激戦となった町だった。

この話をオカ板で見た事が無いので一応投下してみる。

652 :本当にあった怖い名無し:2006/08/16(水) 08:50:05 ID:OqiAlC5RO
●日本領海内に世界2位の巨大油田発見!
http://money4.2ch.net/test/read.cgi/eco/1086043977/

653 :本当にあった怖い名無し:2006/08/16(水) 09:42:50 ID:BEckj7Qx0
>>651
 そのドラマって、筒井康隆原作のやつ?

654 :本当にあった怖い名無し:2006/08/16(水) 10:22:36 ID:KlAnHNmC0
ばあちゃんの話によると
頭部を撃たれると頭部が2倍ほどに膨れ上がり
その人が誰だか分からなくなってしまうらしい

655 :本当にあった怖い名無し:2006/08/16(水) 11:52:05 ID:ckMeV5Un0
何年か前の深夜に、爆笑問題の死ぬかと思った(?)っていう単発番組がやってて何気なく見てた
ゲストが死にかけた話を面白おかしく語っていくような感じの番組だったと記憶している

その中でも、一際異彩を放っていて印象深かったのが故・天本英世氏の話
何でも戦中グラマンの機銃掃射を受けたという、それもしつこく
ゲスト誰も笑っていなかった、いや笑えなかったというべきか…

656 :本当にあった怖い名無し:2006/08/16(水) 11:54:10 ID:w4WdCk5C0
天本英世なら近所のトンカツ茶憑け食べてた。

657 :本当にあった怖い名無し:2006/08/16(水) 12:26:49 ID:AXZ4sQGB0
一番強いフリーメーソンって何よ?Part2



658 :本当にあった怖い名無し:2006/08/16(水) 12:27:35 ID:AXZ4sQGB0
ごめん、貼る所間違えた。

659 :本当にあった怖い名無し:2006/08/16(水) 13:32:19 ID:H4oYFiIv0
狸だか狐だかが日本兵に化けて戦ってたって話前に読んだな
ほんとに国家総動員で戦ったんだなぁって感じで好き

660 :本当にあった怖い名無し:2006/08/16(水) 14:07:56 ID:hgUUmxQaO
佐渡の団三郎狸だっけ?


大物だぜw

661 :本当にあった怖い名無し:2006/08/16(水) 14:13:33 ID:YzlGnks90
鹿島の神社?かどこかの神様も戦いに出て
怪我をして帰ってきたんじゃなかったっけ。
「神様が怪我をされるほどこの戦争は厳しい」と地元の人が噂したとか。

662 :本当にあった怖い名無し:2006/08/16(水) 14:48:36 ID:g4gSb6ND0
>>655
kwsk

663 :本当にあった怖い名無し:2006/08/16(水) 16:36:13 ID:8EcP1F/20
>>395 亀レスだけど・・・

戦艦陸奥の爆沈は、弾薬庫の温度管理の人為的なミスが原因。

当時使われていた弾薬の中に、温度が高くなると不安定になる(自己発火する)ものがあった。
その為、弾薬庫内の温度が設定より上がると警報が鳴る仕組みになっており、
警報が鳴る度に備え付けられた専用クーラーを使用して、弾薬庫内の温度を一定に保っていた。

ある時、弾薬庫の管理責任者が部下に命じて設定温度を上げさせた。
頻繁に温度が上昇したという警報が鳴る為、

「うるさくてかなわん」

という管理責任者の判断が、その理由らしい。
それは、陸奥爆沈の直前の事だったという。


「海市のかなた」という本に、そんな事が書かれてた。

664 :本当にあった怖い名無し:2006/08/16(水) 17:01:26 ID:aPk3mc8n0
弾薬庫の発火にいたる高温といったら、海戦で周囲の区画が火の海になるくらいの
超高温だろう。

>当時使われていた弾薬の中に、温度が高くなると不安定になる(自己発火する)ものがあった
室温程度で発火する火薬なんて聞いたことがないんだが、あるならソースを出してくれ。
三式弾の疑惑なら、吉村昭「陸奥爆沈」のなかのエピソード(生存者に三式弾の発火する煙を見せて検証した)で
晴らされていると思うが。

665 :本当にあった怖い名無し:2006/08/16(水) 17:58:53 ID:7JWfkIfeO
黄燐含む薬剤だったんじゃないでしょうか?
35℃で発火しますよ。習いませんでした?
一応、黄燐は発煙剤として使われますが・・・

666 :本当にあった怖い名無し:2006/08/16(水) 18:16:46 ID:sBS+sO15O
>>659
>>661
↑こうゆう話をもっと詳しく

667 :本当にあった怖い名無し:2006/08/16(水) 19:07:12 ID:cMFkCwc80
戦艦陸奥の爆発は、乗組員の宴会が原因だったかと…
「砲塔内か弾薬庫で、酒や煙草で密かに宴会していた所、何かに引火し火災が発生して、消すに消せなくなり、あわてて逃げだした後に爆発が起きた。」
爆発後、救助された兵の一人が息を引き取る前にそう話したとの証言あり。
当時は戦中下であり、海軍の面目丸つぶれ(軍紀違反)で士気にもかかわるとの事で、証言は黙殺されたと戦後、海軍の軍人さんが手記に書いていたけど。

668 :本当にあった怖い名無し:2006/08/16(水) 20:03:29 ID:aPk3mc8n0
>>665
日本海軍の装薬については、こちらが詳しい。
http://sus3041.web.infoseek.co.jp/contents/gun_type/propellant.htm

簡単に発火するような黄燐を、戦艦の死命を握る弾火薬庫に使用するとは
到底思えないのだが・・・
何れにしても、ソースを宜しく。

>>667
やはり「陸奥爆沈」に載っていた話ですね。
但し、それは三笠が爆沈したときのエピソードだけれどね。

669 :本当にあった怖い名無し:2006/08/16(水) 20:27:14 ID:AXZ4sQGB0
しかし対空榴散弾(通称三式弾)には、焼夷剤としてリンが使われているわけでして・・・

670 :本当にあった怖い名無し:2006/08/16(水) 20:53:29 ID:7JWfkIfeO
>>668
だ・か・ら、『発煙剤』って言ってるじゃないですか!!
『装薬』なんて言ってませんよ!!
弾薬=装薬なら仕方ないですけど・・・。
それに「火薬庫」だからって総て「装薬」が積まれてる訳ではないと思いますよ?


まぁ帝国海軍自体が「ヲカルトそのもの」ですし?砲弾だけになったら戦えませんから、全室に『装薬』積まれてたんでしょうねぇ〜


(´Д`)ハッ


話逸れてスマソ。
真実が出た様ですし、他のレスの邪魔になるので、ここらでヲタの言い争いは終了〜。
>>666の意見に賛同。

671 :本当にあった怖い名無し:2006/08/16(水) 20:59:19 ID:aPk3mc8n0
>>670
>真実が出た様ですし

???
何度も言っているように
「ソースを宜しく」

672 :本当にあった怖い名無し:2006/08/16(水) 21:41:32 ID:7eTfE4v00
日清日露戦争は神様や妖怪(狸や狐含む)が戦争いった逸話沢山残ってるみたいね。

うちの地元の狸も日露戦争いった逸話が残ってる。昔別スレにも書いたんだけど、
喜左衛門って言う狸で、背中に○に『喜』って文字が入った赤いちゃんちゃんこ着てたそうで、その狸が日露戦争に出兵して、小豆に化けて大陸を渡り、
上陸するとすぐ豆をまくようにパラパラと全軍に散ったあと、赤い服を着て戦ったとか。
ロシアのクロパトキンって指揮官の手記に
「日本軍の中にはときどき赤い服を着た兵隊が現れて、この兵隊はいくら射撃しても
一向に平気で進んでくる。この兵隊を撃つと目がくらむという。
赤い服には、○に喜の字のしるしがついていた」
っていう逸話が残ってるそう

>>661
鹿島神社の神様(戦の神様)は、出兵する兵隊を乗せた機関車が急に停車。
原因不明で故障個所も見つからなくて変だなって思ってたら、
数分後何事もなかった様に汽車が走りだしたのが調度鹿島神社の前辺りだったんで
神様も一緒に乗り込んで出兵してくれるのでは?って事で士気があがったって言う話を前に読んだ事がある。

他にも、出兵して片羽根を失って帰ってきた天狗か何かがいるとか…
日露は特にこういう話が多いみたい。



673 :本当にあった怖い名無し:2006/08/16(水) 22:32:40 ID:Q/3evxYp0
日清戦争の黄海沖海戦の折、どっかの神社のハトが居なくなって
海戦後に傷だらけで戻ってきたとかって話もあるよね。

674 :本当にあった怖い名無し:2006/08/16(水) 23:29:28 ID:N+3rbeMs0
ttp://home4.highway.ne.jp/deadsoul/ka/guntaitanuki.html
狸すげぇ

675 :本当にあった怖い名無し:2006/08/16(水) 23:46:25 ID:afQJmION0
>>627 ゆうつべのは画質が少し荒くて、霊の顔とか鮮明じゃ無かったので


676 :本当にあった怖い名無し:2006/08/17(木) 00:04:43 ID:yXF4IJ0F0
日露?日清?戦争の時は
諏訪大社の御柱が2本倒れて
第2次世界大戦の時は4本とも倒れたって
ホントの話かな?
「八百光の神様を率いて戦地に行った」って
王仁三郎の話として本に書いてあった。

677 :本当にあった怖い名無し:2006/08/17(木) 05:59:39 ID:XQoNghD30
硫黄島で生き残った人の日記を読んだんだが、このおじいさんの運の強さは
もう神がかりだと思った。
4回戦争に行って4回とも命が助かってる。
硫黄島でも爆撃の前に「予感」がしてその場から逃げたお陰で何度も助かってる。



678 :本当にあった怖い名無し:2006/08/17(木) 11:31:53 ID:yEjs1KoP0
ttp://yamakowa.fc2web.com/body1494.html
ttp://yamakowa.fc2web.com/body1495.html
日本兵は今もジャングルで戦いつづけているのでしょうか?

679 :本当にあった怖い名無し:2006/08/17(木) 11:53:02 ID:wCJ7pNTf0
神様や狐狸も自分の住んでいる場所が、異国の者に荒らされるかもしれないのは嫌だったんだろうなあ・・・。
それだけに戦争に直接関与している人間こそが、戦争を避け平和を継続させていく努力をしないと申し訳がないよ。

680 :本当にあった怖い名無し:2006/08/17(木) 12:02:45 ID:CacWq04HO
ウチのじぃちゃんが戦争行ったときの話。
食糧が無くなったからって、現地でモヤシとトマトを作って、毎日々々食べさせられたらしいです。
その所為で、現在その2品は嫌いな食物になってます。でも、トマトを毎年美味しく作ってくれるじぃちゃん・・・乙ッ!!

681 :本当にあった怖い名無し:2006/08/17(木) 13:00:03 ID:qrIFMS8qO
>>661
鹿島神宮であってるよ。
車だか馬車だかに乗ってる人が夜、道で一人の軍人に
「鹿島神宮まで乗せてくれ」って頼まれて、乗せて行ったらしい。
神宮の楼門に着くと軍人は降りて締まっている楼門に近付いた、
すると楼門がひとりでに開いて軍人は中に入って行ったそうだ。
楼門の前には血が落ちていたと聞いたことがある
当方茨城在住

682 :自分用しおり:2006/08/17(木) 13:16:55 ID:vEdliJ2q0
>>162まで読んだ

683 :自分用しおり:2006/08/17(木) 14:00:45 ID:dllXbp6P0
>>268まで読んだ

684 :本当にあった怖い名無し:2006/08/17(木) 14:02:28 ID:XsBK8Ydg0
>>680
いいじいさんだな。大切にしろよ

685 :本当にあった怖い名無し:2006/08/17(木) 14:26:39 ID:bbqDED/sO
そういえば昔テレビでやってたんだが…
北海道は美幌町に、爆装された零戦が地下に埋まってるって話は結局どうなったの?。


686 :本当にあった怖い名無し :2006/08/17(木) 14:45:06 ID:TF6qQhMH0
東京の横田基地まで車で20分くらいのところに住んでいる者です。
R16を走ると、米軍放出品(衣類など)を売る店もある。
払い下げで正式な手段で(米兵の横流しじゃなく)古着屋に売っているとはおもうけど、
ああいうのって買うのはどうなんだろうね。亡くなった兵隊が着ていたものも売るのかな・・・。
ミリタリーマニアなら、欲しいものがあれば購入するんだろうけど。


687 :本当にあった怖い名無し:2006/08/17(木) 16:11:07 ID:zKYPMmFJO
>>686
その昔、東京上野の田商店に中古のボディーバッグが置いてあった。

688 :本当にあった怖い名無し:2006/08/17(木) 16:25:08 ID:YelP3OjvO
昔、友達とうちの母校の近くの山を冒険した時不自然に小さい穴がいくつかできていて
少しほってみると防空壕らしき穴になった。
ジャンケンで負けた奴が入るとすごい腐敗臭というか異臭がしたらしい。
骨っぽいのもあったかもって言ってた。
何となく思い出したんでかきこしました。

689 :本当にあった怖い名無し:2006/08/17(木) 17:14:20 ID:N6ElXi0AO
>>686
ふつーに米軍お下がり品買って着てるミリオタだけどけど何も支障ないよ。
つか、日本に駐在してて無念な戦死とか今はありえないべ。
遺品になった物なら遺族の元に行くだろうし純粋に「お古」じゃないかと。

690 :本当にあった怖い名無し:2006/08/17(木) 17:22:47 ID:YKXkFAkL0
米軍のお下がりで何か実用的な物ってある?
サバイバルゲームとかしてる人じゃないと使えなさそうなイメージが

691 :本当にあった怖い名無し:2006/08/17(木) 20:36:01 ID:mOmEatRy0
>>690
暗視ゴーグルがあったら
心霊スポットも軽やかに歩けそうだ

692 :本当にあった怖い名無し:2006/08/17(木) 21:00:37 ID:8+IXomYh0
そして軽やかに未知の者を発見し、((;゚Д゚)ガクガクブルブルするわけだな。

693 :本当にあった怖い名無し:2006/08/17(木) 21:26:24 ID:b1Hx3fu/0
暗視ゴーグル使って畑の見回りしたらいいべか?

694 :本当にあった怖い名無し:2006/08/17(木) 21:30:50 ID:YKXkFAkL0
>>691
そういう軍事機密っぽい物も売ってるのかな?
売ってるのってお下がりの服や、サバイバル用品だけって想像してたんだけど。
売ってても結構な値段しそう・・・

695 :本当にあった怖い名無し:2006/08/17(木) 21:37:23 ID:zKYPMmFJO
>>690
山歩き・災害用とかなら全般的に使える。元来そういう目的で作られてるから。
民製品なんかより安くて高機能。唯一劣る点は、遭難・被災した際に、
味方(救助隊)からも非常に発見しずらい。

まぁエマブラ持っておけばそれも解決だがね。

696 :スーパーリアル金太 ◆8mzYKF9Qkk :2006/08/17(木) 22:10:09 ID:bpt8Qtge0
>>690
僕は肩掛けバッグを改造して
オートバイのサイドバッグに使っていた。
リュックもツーリングの度に重宝していたが
ポケットの数がやたらと多いので
予備の下着や洗面用具など小分けにして収納していた。
コンドームも入っている。

>>678
腹が減ると里まで下りてきて畑を荒らす。
現地のお百姓さんが
「日本の兵隊さーん、戦争は終わったよ」
と教えてあげるとくるりと振り向き
「知っとるわいンなこと」

既に皆、八十前後であるな。

697 :本当にあった怖い名無し:2006/08/17(木) 22:13:17 ID:2xGdIWwr0
>>694
暗視ゴーグルなんかはその気になったら割と簡単に新品が手に入るよ。
性能低いけどロシア製なんかは結構割安。
でも普通のビデオカメラの暗視機能で十分だと思うけどね。

698 :本当にあった怖い名無し:2006/08/17(木) 22:15:02 ID:ei8FsUsKO
なんのスレだ?ここは…(´・ω・`)

699 :本当にあった怖い名無し:2006/08/17(木) 22:19:36 ID:2xGdIWwr0
大体価格はこのあたりを参照>暗視装置

ttp://www.world-musen.com/nightscope.html
ttp://www.akihabara.co.jp/multi/eshop/products/srss/nightvision/tn_1032.html

米軍の暗視装置は911以降厳しくなって放出品はかなり入手しにくくなってるそうです。

700 :本当にあった怖い名無し:2006/08/17(木) 23:08:03 ID:R0FQ9eeQO
古いジッポーに興味があると
一度は必ず「ベトナムジッポー」に踏み込む

...絶対、戦死者の使ってたヤツが入ってるんだが...

701 :本当にあった怖い名無し:2006/08/17(木) 23:21:55 ID:qKvLDh3H0
一般に中古で販売されている軍用の暗視装置は、
第一世代もしくは第二世代と呼ばれているもの。
第一世代は、こちらから赤外線を照射して、反射してきた赤外線をみるもので、
感度は低い。
第二世代は、少量の光を増幅してみる物。

第三世代以降の赤外線を感知するタイプの物は、軍事機密に該当する為
一般人には手に入りません。
(暗視装置の世代わけには諸説あるため、この分類は正しくない場合もあります)

702 :本当にあった怖い名無し:2006/08/18(金) 01:05:49 ID:5uh41IUN0
お〜い、みなさま、せっかくこんなスレあんだから
オカルトの話しようよ〜

703 :本当にあった怖い名無し:2006/08/18(金) 01:51:36 ID:2n2bAJZ1O
オカルトかどうかはわからんが合気道の開祖植芝盛平でググったら面白いもんがみれるかも


704 :本当にあった怖い名無し:2006/08/18(金) 03:54:43 ID:o9Pj0F3B0
なんかミリタリーグッズ購入スレになってるなw

705 :本当にあった怖い名無し:2006/08/18(金) 07:12:15 ID:YkmLE5YgO
>>700
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/fashion/1154247243/177

706 :自分用しおり:2006/08/18(金) 11:11:52 ID:kc7eEilL0
400まで読んだ

>>342の映像だれか持ってませんか?

707 :本当にあった怖い名無し:2006/08/18(金) 13:04:48 ID:fVOs63cbO
>>706
上で出てますよ
FOMAなら見れた
ttp://bs.dip.jp/~ghost/index.html

708 :本当にあった怖い名無し:2006/08/18(金) 22:48:35 ID:yqtzoTEx0
朝鮮戦争の頃の話。
当時の上野アメ横では米軍払い下げ品が多く売られており、
特に寝袋なんかは本物の羽毛入りで、人気が高かったそうだ。
で、ある人がその寝袋を買って中を見てみると、なにやら赤黒いシミが全体に・・・

当時米軍は、死体袋が足らなくなるとそいつの寝袋の中に入れて日本に送り、
死体はそれなりの処置を施して本国に、寝袋は日本で二束三文で払い下げていたんだそうな。

709 :本当にあった怖い名無し:2006/08/18(金) 22:56:45 ID:4PrYgJBk0
匂いとかは大丈夫なのかなぁ?

710 :本当にあった怖い名無し:2006/08/18(金) 23:00:42 ID:GZjxXF1+0
>>709
ここで突っ込みどこがそれカヨ(w

711 :本当にあった怖い名無し:2006/08/19(土) 00:54:47 ID:kWFYsgYmO
>>709
血痕あったら匂いより細菌が心配だ。
ちょっとでも皮膚に傷ついた状態でもぐり込もうもんなら…(゚Д゚;)

712 :本当にあった怖い名無し:2006/08/19(土) 00:55:06 ID:r2U3kd0U0
10数年前だっけかな?
元米軍兵士が戦利品として持ち帰った軍刀があったそうだが、
夜な夜な日本兵が枕下に立つというので遺族に返還するてのがあったな。
しってる人多いんでない? 武士の命だもんな・・・

713 :本当にあった怖い名無し:2006/08/19(土) 01:45:40 ID:5aRD0yGCO
>>316

714 :本当にあった怖い名無し:2006/08/19(土) 01:56:40 ID:hlsNh5kqO
武士というより軍人なわけだが。

715 :本当にあった怖い名無し:2006/08/19(土) 02:13:04 ID:c2LkJHWW0
魂を受継いでると

716 :本当にあった怖い名無し:2006/08/19(土) 02:17:10 ID:5aRD0yGCO
>>316

717 :本当にあった怖い名無し:2006/08/19(土) 02:29:10 ID:hlsNh5kqO
なるほど、いい話じゃないか。

718 :本当にあった怖い名無し:2006/08/19(土) 03:02:16 ID:rk4GIdIYO

武士の家系から出征した人だと、家宝のポン刀の刀身だけを軍刀に転用して、南方やらに持ち込んだそうです。
当時の軍刀は「軍」がつくからと言って「官給品」でなく、各個人で購入しており、言わば「家の富の象徴」です。
家宝軍事転用は、祖先のお守り・お家自慢だったのかもしれませんね。

719 :本当にあった怖い名無し:2006/08/19(土) 04:15:06 ID:PamC4ocs0
>>525
遅レスだが、昭和30年代ぐらいまで隅田川に架かっていた橋は、
雨が降ると多数の足跡が浮き出てきてた。

焼けて熱くなった橋の上を、多くの人が裸足で逃げ惑ったために
足の裏から出た人の油分が雨を弾いていたんだそうだ。
写真を見た事があるが、無数の足跡が写っていた、橋の中央に向かって
両側から・・・・


720 :本当にあった怖い名無し:2006/08/19(土) 05:34:23 ID:FhiVDKGW0
>>718
そんな大事な刀なら尚更盗られたのが悔しかったんだろうね
そりゃ化けて出るわw

721 :本当にあった怖い名無し:2006/08/19(土) 05:58:15 ID:LomuZP97O
俺、元自衛官なんだけど、硫黄島分屯基地自体墓の上に建ってようなもんで今でも掘ったら遺骨が出てくるんだって。
島の石とかの持ち出しは禁止で過去にそれを破った防衛大学生がその後、不慮の事故で死んでるらしい

722 :本当にあった怖い名無し:2006/08/19(土) 06:12:48 ID:IS2GLs+8O
俺も聞いた事あるよ。 硫黄島の物は石でも持って帰るなって。

723 :本当にあった怖い名無し:2006/08/19(土) 07:36:17 ID:5aRD0yGCO
>>316

724 :本当にあった怖い名無し:2006/08/19(土) 08:49:02 ID:/T7QpZCZ0
>>712
どっちかっていうと
怖いってより美談だよね
そういう話オレ好き

725 :本当にあった怖い名無し:2006/08/19(土) 10:48:36 ID:TffRgA6T0
先の大戦で名刀の類はほとんどが軍刀として持ち出され、ことごとく失われたというのは本当のようだな

726 :本当にあった怖い名無し:2006/08/19(土) 12:03:26 ID:qc52GZhg0
第2次世界大戦って
ある意味第2次刀狩りだね。
邪魔な軍部の刀まで取り上げちゃった。

727 :本当にあった怖い名無し:2006/08/19(土) 22:09:34 ID:vHEO0L4p0
俺の叔父さん空自で硫黄島に派遣されてたけど
拾ったとか言って、青錆びた銃弾を二発くれたぞ。
一発は米軍の小銃弾。もう一発は日本軍の銃弾。

ケースに入れて保管してあるけど、それ以来俺の身に怪奇現象が起こったり、
霊感が強まってしまったのは言うまでも無い。

728 :本当にあった怖い名無し:2006/08/19(土) 22:18:33 ID:ZP9L0Mu30
某県にある昔懐かしいものを展示してる場所で
そこに戦争時の服や写真を飾ってて市松人形も
飾ってたから携帯で写真撮ったらそれ以降
カメラ壊れた
あまり関係ない話ですまそ

729 :本当にあった怖い名無し:2006/08/19(土) 22:21:38 ID:HiT7S1cY0
どっか外国の戦地で
戦中に天使の大群が舞い降りてきた
みたいな話を本で読んだことがあるな
知ってる人いる?

730 :本当にあった怖い名無し:2006/08/19(土) 22:38:13 ID:HiT7S1cY0
第一次世界大戦時、イギリス軍がドイツ軍から撤退する時に
天使が現れ、兵士達を守ったという話は、
多数の証言があり、有名な伝説の一つとなっている

らしい。ググッたらすぐわかった

731 :本当にあった怖い名無し:2006/08/19(土) 23:02:09 ID:qNtaPEBs0
日本はタヌキでイギリスは天使かよ なにこの差

732 :本当にあった怖い名無し:2006/08/19(土) 23:06:34 ID:IWMfj5GM0
>>731
いいんでない?
日本らしくて。

733 :本当にあった怖い名無し:2006/08/20(日) 00:04:56 ID:xWlb6HFU0
モンスの天使ってエピソードらしい


734 :本当にあった怖い名無し:2006/08/20(日) 00:28:54 ID:0I/jlK1M0
>>731
確かに天使って聴くとカッコいいかもだけど、
狸でさえも一緒に闘ってくれるって凄いじゃねえか
他にも神様、妖怪総動員だし。



735 :本当にあった怖い名無し:2006/08/20(日) 02:30:25 ID:3JZMZ9lHO
第二次世界大戦末期のベルリン攻防戦でも似たようなエピソードがある。
しかし、こちらは独逸軍側に有利に働いたらしい。





誰かスカイタートルっていうナチスの決戦兵器知らない?確かEXガスとやらを噴出するらしいが、、、。
どっかのサイトで見たんだよな。

736 :本当にあった怖い名無し:2006/08/20(日) 05:27:43 ID:vxftUQ54O
ここで聞くな。

737 :本当にあった怖い名無し:2006/08/20(日) 09:44:22 ID:0JM5oruU0
>>735
なかなかオカルトチックなので、これかい?
「空飛ぶ亀」
http://page.freett.com/Umania/turtle.html

738 :本当にあった怖い名無し:2006/08/20(日) 11:55:39 ID:Grm7Xyrh0
重複してたらスマン

前、見たHPで大戦中、どこぞの南洋かで
日本軍が野営していた時、確実に死んだはずの兵士がぞろぞろと
まるで生きているかの様に振舞い始めた
ところが、食料はバクバクと食べるわ、手がありえないぐらいに伸び始め
妖怪じみてきた・・・
最初は、坊主の兵や神社関係の兵が祈祷やら、御祓いとかしたが効果が無く
その部隊の上官が、その死者?を集め
お前たちは、すでに死んでいる やすらかに成仏しろ これは、命令であると
号を発した
そののちに、その者達は、号泣し始め、ボロボロと崩れ始め
そのあとには、土くれが残った


739 :本当にあった怖い名無し:2006/08/20(日) 14:16:06 ID:nodKQEDYO
妹が買った米軍の古着(迷彩シャツ)。
裏側に元の持ち主の名前が書いてあるのはともかく、胸元に丸い穴が空いてるのは何故だろう。
「着てると疲れる」らしいので最近着ていないが、霊感があれば何か見えるんだろうか・・・

740 :本当にあった怖い名無し:2006/08/20(日) 14:17:17 ID:e8Ekue4X0
軍板の兄弟スレ、軍事な怪談http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/army/1154264496/l50 より

18 :名無し三等兵 :2006/08/19(土) 10:08:52 ID:???
●3000人の中国兵
第二次世界大戦中の1939年10月。3000人の中国兵が汽車で南京の近くの広野に運ばれ、夜になって約3qに渡って、兵士たちは配置された。
そして兵士の配置も完了し終わって数時間後、司令官が宿舎から、再びその前線に戻ってみると、さっきまでいた、3000人の兵士たちが全て忽然と姿を消していた。
野原には、焚き火が燃え続けており、銃は全て投げ出され、また、地平線に至るまで、一つの足跡も発見出来なかったという。

●雲に飲み込まれたイギリス兵
第一次世界大戦中の、1915年8月21日。トルコのアンザックの近くにある、サル・ベイ丘。
この日、341名のイギリス陸軍・ノーフォーク連隊がその丘の方へ向かって行進していた。
そして連隊が進んでいくにつれて、丘の上にかかっていた灰色の雲がだんだんと下へ降り始めてきた。
その雲はやがて丘を完全に覆い尽くし、ノーフォーク連隊の数百名はその雲の中へ向かって行進しているかのようにも見えた。
だが、雲の中へ入り込んだイギリス兵は、それから一人も姿を現さないのである。
この出来事は、イギリス軍側のニュージーランド兵22名が一部始終を見ていた。
一時間後、風が吹き始め、先ほどまで丘を覆っていた雲は、また段々と上昇し、すっかり辺りが見渡せる状態になった。だが、確かにその丘に向かって行進していたイギリス兵は、一人もいなくなっていたのである。
ニュージーランド兵が見ていた場所からは数十q四方が広々と見えるよう場所であり、その付近に隠れるような場所など何もない。
341名全てが行方不明になったという通報を受けたイギリス軍はただちに調査隊を送り、ノーフォーク連隊の行方を探したが、全く手がかりがなく、一人の死体さえ見つけることが出来なかった。
3年後の1918年、戦争が終結した時に、イギリス軍はノーフォーク連隊が、あの時トルコ軍の捕虜になったのではないかと思い、厳しく追及したが、やはりそのような事実はなかった。
あの時、雲の中へ消えた341名の兵士はいまだに行方不明のままで、帰ってきた者も、また死体が発見された者もいないのである。

741 :735:2006/08/20(日) 14:53:35 ID:3JZMZ9lHO
>>737
これだ!マジでありがとう!

742 :本当にあった怖い名無し:2006/08/20(日) 16:57:38 ID:jMTJRAbo0
古来、新兵器や秘密兵器で勝利した国など無い。

743 :本当にあった怖い名無し:2006/08/20(日) 17:50:12 ID:tRZlHN/60
>>735
>EXガス

ここにオカルトを感じた
VXじゃね?w

744 :本当にあった怖い名無し:2006/08/20(日) 18:38:56 ID:xWlb6HFU0
やっぱ古代核戦争でしょ

745 :本当にあった怖い名無し:2006/08/20(日) 19:04:18 ID:lFesg8Q10
>742
つ【錦の御旗】

746 :745:2006/08/20(日) 19:05:21 ID:lFesg8Q10
あと猫を盾にしたというのもあったなぁ。

747 :本当にあった怖い名無し:2006/08/20(日) 20:20:50 ID:0dTbT1/j0
>>742
…60年ぐらい前、VT信管やら原子爆弾やらを使って勝った国が…

748 :本当にあった怖い名無し:2006/08/20(日) 20:28:47 ID:0dTbT1/j0
>>740
> ●雲に飲み込まれたイギリス兵
> だが、雲の中へ入り込んだイギリス兵は、それから一人も姿を現さないのである。

>>737とは別カテゴリ「時空のゆがみ」の下のページだと122名の死体が見つかったとあるが…死因はなんだったんだろう?

消えたノーフォーク大隊
ttp://page.freett.com/Umania/norf.html


749 :本当にあった怖い名無し:2006/08/20(日) 20:38:29 ID:jMTJRAbo0
>>747
しかし核爆弾やVT信管が無くても、あの国は勝てたわけでして。

750 :本当にあった怖い名無し:2006/08/20(日) 21:05:32 ID:BfP+0adH0
まあ物事は柔軟に考えましょう。

751 :本当にあった怖い名無し:2006/08/20(日) 21:45:48 ID:hS2TwROP0
大日本帝国(´;ω;`)ブワッ

752 :本当にあった怖い名無し:2006/08/20(日) 21:53:09 ID:J+2dtgGf0
>>742
日本海海戦で日本軍は新兵器「無線機」を使って大勝利したのですが。
それ以前に旗艦三笠はクルップ鋼などの新兵器の塊なのですが。

753 :本当にあった怖い名無し:2006/08/20(日) 22:41:27 ID:0dTbT1/j0
>>752
そういえば「下瀬火薬」もあったなぁ


754 :本当にあった怖い名無し:2006/08/20(日) 23:13:14 ID:CDChSOpO0
米が原爆落とした目的は日本を降伏させるためじゃなくて、実験したかっただけじゃね?

755 :本当にあった怖い名無し:2006/08/20(日) 23:30:52 ID:Ez+yBQpR0
と、ソ連に見せつけるためだねえ

756 :本当にあった怖い名無し:2006/08/21(月) 00:55:14 ID:1dV12Ohj0
原爆を東京(御所)に落とさなかったのは、首都に対空防備があったのと、ヒロヒトが死ぬと国民は徹底抗戦を続ける事が予想できたからだと
何かで読んだが、これって本当だろうか?
天皇という軍部の隠れ蓑が無くなれば、それこそ内紛状態になって簡単に占領できたような希ガス

757 :本当にあった怖い名無し:2006/08/21(月) 01:03:54 ID:0Ohx+rtD0
>>754-755
加えて自軍の被害を増やしたくなかったから、使えるものはドンドン使おうってことじゃ?
硫黄島やら沖縄で、日本軍相手の上陸作戦の大変さがわかったから
まぁ、原爆が出来なかったら、B29での空襲を継続してたんだろうが…そういえば、戦略爆撃機B29も新兵器だよな(wらえんが

758 :本当にあった怖い名無し:2006/08/21(月) 15:36:03 ID:aw9Ito7F0
>>756
すでに東京は空襲で街が破壊されていたから、
原爆による被害状況が確かめにくい。
それで候補から外されていたと聞いた。
昭和天皇が亡くなったとしたら、
あらたに弟宮や他の皇族を天皇に立てて、徹底抗戦だったのかなぁ。
そうしたら、自分は存在していなかったかも。オカルト。

759 :本当にあった怖い名無し:2006/08/21(月) 18:05:56 ID:sSH4WHah0
駒大苫小牧負けちゃった…

カミカゼ吹かず…

760 :本当にあった怖い名無し:2006/08/21(月) 19:56:27 ID:tC7trDMo0
アイゼンハワー将軍の言葉
「わが国がWW2に勝てたのは、DC3(輸送機)、ジープ(4輪駆動車)、バズーカ(対戦車ロケット発射装置)
 のおかげである」

全部戦前からあった技術だったりするわけだが。

761 :本当にあった怖い名無し:2006/08/21(月) 20:46:15 ID:ZxO4FOqj0
>>586

ありがとう。初めて読んだ。涙だらだら。

762 :本当にあった怖い名無し:2006/08/21(月) 21:05:12 ID:PaZ0pXKQ0
スレ違いかもしれないけど
最近の流れを見てて村上龍の五分後の世界を思い出した。

763 :本当にあった怖い名無し:2006/08/22(火) 06:05:18 ID:HOZyBMo3O
>>760
あんまり荒らしたくないから、その手の話はやめましょうよ。

764 :本当にあった怖い名無し:2006/08/22(火) 13:02:02 ID:d7KayWijO
イエ〜ィ!め〜っちゃ
ホ〜リデ〜! ウキウキな夏キ〜ボ〜ンヌ♪

765 :本当にあった怖い名無し:2006/08/22(火) 14:18:55 ID:8xcVKS2g0
>>759
同じ日本人相手なんだからカミカゼも糞も無い気がするけど・・・

766 :本当にあった怖い名無し:2006/08/22(火) 15:01:51 ID:d7KayWijO
『カミカゼ』って単語使いたかっただけじゃね?

767 :本当にあった怖い名無し:2006/08/22(火) 17:36:46 ID:B8QdqY0RO
夏ですから!

768 :本当にあった怖い名無し:2006/08/22(火) 19:37:43 ID:uqxglQNd0
>>767の発言に納得してしまった俺ガイル

769 :本当にあった怖い名無し:2006/08/22(火) 20:19:29 ID:L66hkCuK0
旧日本海軍の潜水艦乗りには、
”3のつく潜水艦は縁起が悪い、3の倍数も危ない。”
という話があった。
(「それって、ほとんどの番号じゃね?」と言うつっこみは勘弁して。)

実際に
イ-33潜水艦が、3月3日に水深33メートルの海底に沈没した、
なんて事故があったとか。

770 :本当にあった怖い名無し:2006/08/22(火) 23:39:56 ID:dkx/XQq50
当時の潜水艦は一度潜るとどれくらい水中にいるモンなの?

771 :本当にあった怖い名無し:2006/08/23(水) 00:11:49 ID:fuJXUFa80
>>769

ずいぶん昔に、ソレ(だと思う)の引き揚げ写真を「丸」で見ました。
低温の海中に沈んでいたために、乗員の遺体が白骨化しないで残っていました。
白黒写真だった&消防の頃の事なので、記憶が曖昧ですが。

772 :本当にあった怖い名無し:2006/08/23(水) 00:14:07 ID:aC8s8Xay0
今日の日テレ見た人おる?

773 :本当にあった怖い名無し:2006/08/23(水) 01:22:26 ID:m6rR4dOpO
>>772
「はぉおおおおおぉんッッ!!」のこと?

774 :本当にあった怖い名無し:2006/08/23(水) 02:23:07 ID:oS0wQ7Kb0
>>773
そして桔平は伝説となった。

775 :本当にあった怖い名無し:2006/08/23(水) 17:13:31 ID:aC8s8Xay0
>>759
東京ドームで巨人「限定」での人工カミカゼならあるけどねww

776 :本当にあった怖い名無し:2006/08/23(水) 18:33:26 ID:/Y8mJtVEO
>>775
シーッ!
空調係の人に怒られるぞ

777 :本当にあった怖い名無し:2006/08/23(水) 19:00:08 ID:qkrDG2aC0
仕事早めに切り上げて直帰にして4時くらいから東京ドームレフト外野で彼女と巨人戦見てたら
来たよ飛行船
彼女と笑いなからビール飲んでたのバッチリ映ってもうた
翌日からしばらく残業
課長に見られたのがまずかった

778 :本当にあった怖い名無し:2006/08/23(水) 19:00:39 ID:qkrDG2aC0
 

779 :本当にあった怖い名無し:2006/08/23(水) 19:17:05 ID:xMcSbNXv0
>777
GO

http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1153216800/

780 :本当にあった怖い名無し:2006/08/23(水) 19:36:06 ID:0mUYidqF0
>>770
大体一日ぐらい。
昼間は水中に潜って(と言っても水深10メートルほど)、
夜になると水面上に出て充電と空気の補給を行う。
2〜3日潜り続けた潜水艦がいるらしいけど。

潜れる深さは、深くても100メートル。
沈んだ潜水艦から乗員が生還できた例は、現在までに
米国での1例のみ。

781 :本当にあった怖い名無し:2006/08/23(水) 20:38:23 ID:EdNrDik60
スレチになるので申し訳ないが、
皆の意見を聞けたら嬉しい。

子供の頃、親戚んちで遊んでたら古〜いアルバム見つけた。
その中に、子供心に惹かれる写真があってさ。

パイロットとおぼしき服装(「無茶しやがって・・・」AAみたいの)で、
子犬を腕に抱いた若者が、少し淋しげな表情で笑いかけているというもの。
若者はなかなかの男前で、セピア色のその写真は、
まるで映画か何かの小道具のような雰囲気。うpして見せたいくらい。
で、当時の俺はその写真を、あろう事かアルバムから引っぺがして
内緒で持ち帰ってきてしまった。

20年近く経った今でも大事に持ってるんだが、今更かなりの罪悪感が・・・
そのアルバムのあった親戚んちは、もう代が変わっちゃって
誰のアルバムだかもわからないと言うし(アルバム自体が行方不明)、
写真の人の名前もわからない(親族でない事だけは確か)。
わかるのは、写真の裏に書き込まれた撮影場所だけ。

この写真、どうしたらいいだろう?
俺としては、この人が誰なのか突き止めたい気もするが、
もし戦争で亡くなってる人だとすれば、きちんと供養とかした方がいいのかな?

782 :本当にあった怖い名無し:2006/08/23(水) 20:48:11 ID:PKBVTaB/O
第一次第二次世界大戦時におけるイタリアの存在自体がオカルト

783 :本当にあった怖い名無し:2006/08/23(水) 20:57:48 ID:o22pQgID0
>>781
探偵ナイトスクープに依頼。

784 :本当にあった怖い名無し:2006/08/23(水) 21:13:55 ID:7/DVOAD80
>781
軍板の質問スレで写真をうpして真面目に質問すれば
手がかりが得られるかも。

785 :本当にあった怖い名無し:2006/08/23(水) 21:18:47 ID:N6KyFbWl0
>>781
1.その親戚の家にお仏壇があって、可能なら、中においてもらって供養する。
2.縁あったあなたが、自宅の仏壇かどこかにずっともっていて、折に触れ供養する。

これしかないと思うのですが。
あとは、あなたが持ちきれなくなったときに(高齢になって動けなくなることが予想されるとか)
お寺にあずけるとか。
もしかして、ただの写真であって、未だご存命かもしれないけど。


786 :本当にあった怖い名無し:2006/08/23(水) 21:19:01 ID:U28CPoxd0
>>781
その写真見たことあると思う・・
多分知覧か鹿屋あたりの前線基地の隊員じゃまいか??
とりあえずうpしてみて

787 :本当にあった怖い名無し:2006/08/23(水) 21:40:53 ID:nny6ob0RO
話を聞いただけでは何とも言えんが

多分、知覧にある最も有名な写真か、その時一緒に撮られたモノだと思われる

...個人で持つより、知覧の特攻記念館に寄付した方が良いかも...

788 :本当にあった怖い名無し:2006/08/23(水) 23:08:06 ID:uQ9v3WHu0
その知覧の特攻記念館で同じような写真見た事あった気がする。
若しくは関連書籍。
特攻隊員さんと子犬ってインパクトあって泣けたのでなんとなく覚えている。

789 :本当にあった怖い名無し:2006/08/23(水) 23:50:17 ID:Vb53cSC60
あの写真は出てこなかったが

この犬だろうか?

ttp://www.town.chiran.kagoshima.jp/cgi-bin/hpViewContents.cgi?pID=20041215093148

790 :本当にあった怖い名無し:2006/08/24(木) 00:14:17 ID:5AgbH6yI0
天皇「ひろ」仁 皇后「なが」子に関連付けて
広島と長崎になったって宗教系の本で読んだ。

791 :本当にあった怖い名無し:2006/08/24(木) 02:27:42 ID:gAbGCA2d0
>>790
胡散臭い宗教だなあ。790が信者なら速攻で辞める事をお勧めする。

792 :本当にあった怖い名無し:2006/08/24(木) 07:18:32 ID:s+PlRiKiO
広島はともかく最初っから長崎を標的にしてたのかよwww
バロスwwwwww

793 :781:2006/08/24(木) 09:13:36 ID:LR+oRkIV0
レスくれた人、有難う。とりあえずうp。画像悪くてゴメン。
http://s.pic.to/5pcsq

ちゃんと言わなかったんで悪かったが、撮影場所は「相模分教所」となっている。
知覧の写真とは無関係かも。でも、不機嫌そうな犬の顔が似てるw

「相模分教所」でググってみたけど、何も出てこなかった。
軍板で聞けば何かわかるかな・・・
でも、2ちゃん内ではオカ板に引きこもってる人間なんで、
他板行くの怖いんだよなorz

安否がわかればなぁ。
785の言う通り、生きてる人だったら供養は失礼だもんなw
叱られるの覚悟して、親戚中回るか・・・。

794 :781:2006/08/24(木) 09:23:45 ID:LR+oRkIV0
しかし>>789の写真、・・・泣ける。
この頃の人達って、皆いい顔してるよなぁ。
連投スマソ

795 :本当にあった怖い名無し:2006/08/24(木) 09:37:53 ID:s6MThswMO


796 :本当にあった怖い名無し:2006/08/24(木) 10:18:30 ID:bBW6UKl40
>>793 もしなんだったら 霊障相談所スレの明王様ってコテの鑑定士に見せて
聞いてみたらどう?
あそこはまたーりしてるから何でも聞きやすいし、その鑑定士の人は
生きてるか死んでるか教えてくれるよ。私前に、いなくなった猫たんの写真うpして
聞いたら教えてくれたよん。
亡くなられていた場合の対処法とか写真をどうするべきかは、教えてくれるよ。
あっちに来てくれたら誘導してくれる人いるから、大丈夫。
私よくあっちにいるから、781さんが叩かれないようにする事位は協力するよ。

797 :本当にあった怖い名無し:2006/08/24(木) 10:52:32 ID:AOSh57Be0
>>781

別にそんなにこだわらなくてもいいと思うがな。
なんか、ヤバげなものが写っているわけじゃないし、
死に直接まつわる映像ってわけでもないし。
それなりに心を込めて焼却処理とかすれば、
それで十分なんじゃ?
その写真の人の実家は存続しているんだから
供養だってされているんだろうし。

あと、オカルト的な話をするなら、すでに供養されて
いるものを、さらに崇め奉ると逆に変なことを呼ぶ
結果になったりするなんて話もあるぞ。

798 :本当にあった怖い名無し:2006/08/24(木) 11:06:57 ID:bBW6UKl40
>>797
だからその道のプロに聞いた方が確実なのでは?
下手なことしたら後が大変になるから、アドバイス貰ってからの方が781さんが
気分的にも楽だと思うよ。なんか憑いてるとか供養されてるかどうかもあの板の
鑑定士さん達にはわかるから。(宣伝じゃないお。がちですごい)
781さんがそんな気になったのもなにかの縁って事で、この際ちょっと手間かもしれないけど
その軍人さんの為に聞いて差し上げては如何ですか?
私が勝手にもってくわけにもいかないのね。あそこは当人の依頼以外は受け付けないから。
781さんが早くすっきりと安心できたらいいね。

799 :本当にあった怖い名無し:2006/08/24(木) 12:14:52 ID:73WxYUvX0
一寸待て。その前に
「断りなく持ち帰るなよ、ヨソのアルバムから写真を」
と突っ込みたいオレがいる。

800 :本当にあった怖い名無し:2006/08/24(木) 12:26:21 ID:i5SMajhG0
>>793
軍事板は恐くないよ。
初心者質問スレで聞いてみて、適切なスレに誘導してもらえばいい。

801 :781:2006/08/24(木) 12:28:03 ID:LR+oRkIV0
>>796>>798
成程、そっちの相談所があったか。思い付かなかった。
行ってみます。有難う。

>>797
そんな事もあるのか。知らんかった。
写真としては、持っていて何かよくない事が・・・
とかいう類いではないと思うんだけどね。

>>799
まさに。叱ってくれw
今更反省して、どうしたものかと。

スレ違いに付き合わせて申し訳なかった。
自分一人で勝手に動かなくてよかった。
どうも有難う。

802 :781:2006/08/24(木) 12:31:33 ID:LR+oRkIV0
おっと。

>>800
わかった。なんかちょっとでもわかれば、
親族に写真を返せるかも知れないもんな。
有難う。

803 :799:2006/08/24(木) 12:39:13 ID:73WxYUvX0
>>801
・・いいヤツだな、お前。
ずっと反省して、後悔してるんだよな。
ただの通りすがりが突っ込んで悪かった。



804 :本当にあった怖い名無し:2006/08/24(木) 12:53:01 ID:0C7vow9y0
神奈川で「分教所」っていえば多数あると思うが
近所に中津飛行場(現・内陸工業団地)ってのがあって、
そこは熊谷飛行場の分教所だった。
末期は陸軍特攻隊があったところ。
写真は航空兵さんみたいなんでとりあえず・・。


805 :本当にあった怖い名無し:2006/08/24(木) 13:46:17 ID:LR+oRkIV0
>>789
スマソ、最後に報告。
霊障相談の方ではまたスレ違いになるかと思ったので
鑑定、相談、雑談スレの方へ行ってみた。

皆、有難うノシ

806 :本当にあった怖い名無し:2006/08/24(木) 13:57:11 ID:FrBqglBS0
街宣右翼の9割が在日朝鮮人
http://brain.exblog.jp/1159945/
韓国はなぜ反日か?
http://brain.exblog.jp/1159945/

807 :本当にあった怖い名無し:2006/08/24(木) 15:23:04 ID:YuAQKE+M0
軍板のしかるべきスレに誘導しないの?

808 :本当にあった怖い名無し:2006/08/24(木) 16:11:40 ID:kmnsAhd70
>>804
そこうちの近所w
週末の夜になると暴走族がタイヤギャリギャリ鳴らして走り回ってます・・・

809 :本当にあった怖い名無し:2006/08/24(木) 16:18:09 ID:kmnsAhd70
あと、>>479の再放送が今夜やるから見逃した人は注意!
うちの番組表だと1時10分からになってるけど。

810 :通りすがりの雑兵:2006/08/24(木) 17:56:00 ID:0etp9KZv0
1945年3月、アメリカ軍の爆撃機12機がドイツ上空で撃墜された。
しかし、普通の撃墜のされ方ではなかった。

元イタリア空軍技術情報部の責任者であったレナト・ヴェスコはその著
『インターセプト・バット ドント・シュート』の中でこの撃墜についてふれている。

「翼や方向舵のない円盤型のドイツ戦闘機が突然アメリカの爆撃機に近づき、
彼らの飛行路の前をものすごいスピードで通過した。通過した時、
それは『青い煙』を数度発射した。数秒後、アメリカの爆撃機は火を噴き始め、
次々と空中で爆発した。この時、ドイツの戦闘機はすでに地平線のかなたに消えていた。
空飛ぶ砦と呼ばれるアメリカ軍の爆撃機と超最新の要撃機の戦闘
(もしこれがそう呼ばれるものならば)は、ヴルテンベルグ上空で起こった。
爆撃機は主力グループから別れ、南バヴァリアへ向っているところだった。」
(青い煙事件)



だって




http://inri.client.jp/hexagon/floorB1F_hss/b1fha777.html

811 :790:2006/08/24(木) 20:17:49 ID:5AgbH6yI0
>>791 >>792 「大本の謎を解く」みたいな本でした。
他の話は「日本と大本の6年差」や「雛型理論」とかだった。
その筆者の唯一?の新説だったかな。

「世の中には偶然が無い」説が正しかったら、スゴイ呪いだ。
でもきっとタダの偶然だ。

812 :本当にあった怖い名無し:2006/08/24(木) 21:07:23 ID:RbHMw6dKO
>>809
新聞見てもそんな番組ないんだよなー
どこの局?


てか、ようつべでアメリカが神風特攻隊を特集した動画を何本か見たが、あんなのが現実にあったと思うと切ないな

813 :本当にあった怖い名無し:2006/08/24(木) 21:16:46 ID:5GykUAxJ0
ねえねえ、781さん、どこのスレか教えてください。
今探したけどなかったよ。
はやく話の続きが知りたいよん。
何かわかった?おせーておせーて。。

814 :本当にあった怖い名無し:2006/08/24(木) 21:20:34 ID:wYKkkS4s0
>>812
番組表を見れば >>809 が日付を一日間違えたことが分かるだろ。許してやれよ。

【再放送】NHK総合 2006年8月25日(金)深夜【土曜午前】1時10分〜2時05分
NHKスペシャル「硫黄島玉砕戦〜生還者 61年目の証言〜」

http://www.nhk.or.jp/special/onair/060807.html

815 :本当にあった怖い名無し:2006/08/24(木) 21:21:48 ID:rMDYSpI0O
>>809
NHK総合ですか?
違う内容がうちの新聞にはあるのですが…
時間はどっちが正しいのだろう?誰か教えてくださいませー

816 :本当にあった怖い名無し:2006/08/24(木) 21:41:50 ID:qFBh7Ahn0
オレの手元の番組雑誌によると
NHK総合
AM1:10〜NHKスペシャル[再]満蒙開拓
AM2:00〜NHKスペシャル[再]硫黄島
となっている

817 :本当にあった怖い名無し:2006/08/24(木) 21:46:37 ID:kmnsAhd70
今日の深夜(正確には金曜日午前1時10分)から

うちの朝日新聞では満豪開拓団の悲劇と書いてあります。
硫黄島とは載っていませんでしたが、これで合ってると思います。

818 :本当にあった怖い名無し:2006/08/24(木) 21:49:35 ID:3/p/+Qc40
インターネットTVガイドでは金曜日の25時10分からってなってる。
ttp://www.tvguide.or.jp/tables/0825/GBS/sizu/25.html

819 :戦争の犠牲者:2006/08/24(木) 22:39:18 ID:HF66u3lW0
http://www.ask.ne.jp/%7Ehankaku/img/naga3.gif原爆で爆死した少年

820 :本当にあった怖い名無し:2006/08/25(金) 00:26:06 ID:mTGD0T0/0
781さん、明王様見てくれてよかったですね。
亡くなられていたなんて。。やっぱりだけど気の毒です。24歳か。。
もし手元に置きたくないなら、どういう事情で781さんがその写真を持つようになったのか
知ってるだけのことは書いて靖国神社に送るのはどうですか?
あそこなら資料もそろってるし詳しいし調べてくれるのではないでしょうか。(ただだと思う)
よそで炊き上げられちゃうよりは戦友と一緒だし。供養?お祀り?もしてくれるだろうし。
781さんがお手元に置かれて終戦記念日にお水とお花を上げてあげるのもいいかもね。
いろいろお手間だとは思うけど、是も何かのご縁だし、ね。
結構善い人みたいだし、お互い気があったのかもね。
乱文すまそです。なんかいろいろ考えちゃうよ。。なむなむ。。


821 :本当にあった怖い名無し:2006/08/25(金) 12:27:41 ID:OnWSFQ080
>>793
あとは、日付がヒントだね。
そのころに相模分教所にいた部隊を割り出す。
そこで判明した部隊名、期数を便りに、
靖国神社偕行文庫等の軍事資料室で名簿や
写真入りの資料を探す。
空中勤務者だから、数はそれなりに絞り込まれているしね。


822 :本当にあった怖い名無し:2006/08/25(金) 12:37:48 ID:OnWSFQ080
>>793
海軍の相模野航空隊(教育整備隊)じゃないかな。
今の厚木基地の前身。「相模野空」と表記されることもあるよ。

823 :本当にあった怖い名無し:2006/08/25(金) 12:50:19 ID:mTGD0T0/0
この写真の話は本が1冊書けそうな気がする。
終戦記念日のドラマとか夏休みの必読図書とかになりそうな展開だね。
781さんもできたら追跡調査してみたらいいのに。
レポ待ってるよん。わくわく

824 :781:2006/08/25(金) 15:10:35 ID:XbihiAm70
霊視スレと軍板の方でお世話になったので、ここからは消えようと思ってたんだが
結構レスもらってしまっているので、ちょっとだけ失礼。

まずは霊視してもらったところ、やはり写真の人物は亡くなっているらしい。
遺体は回収されていないようで・・・
写真は手元に残しても問題ないとの事。
とりあえず安否はわかったので、心おきなく供養する事にしたw

軍板の方では、>>822の言う通り、「厚木の前身では?」という意見と
「藤沢分教所の事では?」という意見をもらった。
気になったのは、この藤沢分教所という所は、
重点的に機銃掃射を受けた場所だという話。

「相模分教所」に関しては、
>>804からの情報も含めてこれから調べてみる。
靖国へ行くのが一番の近道かも知れないが、
九月いっぱいまでは、仕事の関係で身動きが取れんのだ・・・

霊視スレの方にも書いたが、俺はこの写真の人物に愛着がある。
最初に写真を見つけた時は十歳以上年下だったのに、
いつの間にか彼より年上・・・不思議なもんだ。
せめて名前だけでもわかればなぁ。

写真をどうするかは、もし彼の身元が判明したら
親族に相談してみようと思う。
2ちゃんやってて、こんなに皆のレスが有難かった事はない。
特に霊視スレを勧めてくれた>>796(=>>820?)、有難う。
レポは、スレ違いだから・・・ちとためらうね。
んじゃ、長文失礼しました。

あ、それと>>803
なんのなんのw

825 :796:2006/08/25(金) 16:19:45 ID:mTGD0T0/0
どういたしまして。お役に立てたのかなあ。。良かった。
続きはどういう展開になるのかできたら是非知りたいけど、次はどこの板に行くの?
あの写真の人すごく善い人だね。
781さんと写真の人に良い事がありますように、応援してるね。

826 :本当にあった怖い名無し:2006/08/25(金) 22:23:49 ID:xFEd+hpvO
781氏の前世だった…







とか

827 :本当にあった怖い名無し:2006/08/25(金) 23:19:50 ID:+ZrmvzfL0
>>826
同じこと思ってたよ。

828 :本当にあった怖い名無し:2006/08/26(土) 00:46:12 ID:ZgryQj5B0
硫黄島録画したけど、半分以上ダーウィンになってたw
なんでダーウィン2連続でやってんの?

ダーウィン好きだから別に良かったけど・・・

829 :本当にあった怖い名無し:2006/08/26(土) 00:56:13 ID:et/EfTsS0
>>828
硫黄島は5分後の1時から放送です

830 :本当にあった怖い名無し:2006/08/26(土) 14:38:36 ID:yGglxr12O
今PCに録画した硫黄島みたお。

今の世の中の甘さと平和が痛い

ただの軍事マニアの俺等が語る事すら許されない感じがするよ

831 :本当にあった怖い名無し:2006/08/26(土) 16:56:28 ID:kFtdMMON0
>>830
でもあれだ、教育基本法、憲法改正とかアベちゃんやりそうだからな。
右傾化は必至でつね。新日本軍創設も真近だ・・

832 :本当にあった怖い名無し:2006/08/26(土) 17:32:44 ID:g22w8Epc0
思うんだが、軍隊を持つって議論するだけで右傾化っていうのは
オカルトだよなー


833 :本当にあった怖い名無し:2006/08/26(土) 17:54:03 ID:083vYzsj0
>>781=824
もう見ていないかもしれないけど
ここのサイトで聞いてみるのもいいと思う。
答えてくれる人や情報を持っている人がいる可能性大。
航空隊の事に関しては、特攻隊員の生き残りの「蒼空」という方が親身になってくれると思う。

http://www.warbirds.jp/index1.html

834 :本当にあった怖い名無し:2006/08/26(土) 18:07:47 ID:shQl0FY1O
昭和20年8月の日本に原爆が投下され、日本が連合国に降伏した事は、周知の事実。しかし、もし日本が少なくとも10月まで降伏を受け入れなければ、ベトナム戦争で使用された枯れ葉剤を使用する計画があったらしい。

835 :本当にあった怖い名無し:2006/08/26(土) 18:25:16 ID:CnJA9Gxl0
結局三島由紀夫の主張は正しかったということか
時を越えて証明されたな
腹割いて死ぬことなかったのに・・・
つーか三島の軍服のデザインがオカルトw
いかにも当時の漫画で描かれてそうなデザインで
悪いとは思ったがワロタ
あれ誰が作ったんだろうか

836 :本当にあった怖い名無し:2006/08/26(土) 22:34:25 ID:jyPh2f1v0
>>835 昔、西武の堤(詩人で小説家の方)が書いたエッセイ集(「真夜中の読書」)
って本の中に書いてあったけど(うろ覚え)、あそこのデパートで仕立てたらしいよ。
三島の父親に「あなたがあんな制服を作って渡さなければ。。」とか弔問に訪れたときに言われて困った、見たいな事書いてたよ。
デザインは三島自身かも知れない。本は手元にないしうろ覚えだから誰かチェックしてみて。

837 :スーパーリアル金太 ◆8mzYKF9Qkk :2006/08/27(日) 03:47:34 ID:KdyoRmUq0
>>836
石森章太郎だと思ってたw

838 :本当にあった怖い名無し:2006/08/27(日) 07:49:59 ID:lf0riFiy0
009みたいだと思ってたけどやっぱりみんな思ってたのかww

839 :スーパーリアル金太 ◆8mzYKF9Qkk :2006/08/27(日) 09:19:30 ID:KdyoRmUq0
まぁマジな話、
コスプレ感覚で逝っちまったのかも知れん。

840 :本当にあった怖い名無し:2006/08/27(日) 10:02:53 ID:lfYt2w8VO
鳥肌実の服はどこで作られたんですか?

841 :スーパーリアル金太 ◆8mzYKF9Qkk :2006/08/27(日) 15:05:41 ID:KdyoRmUq0
モロリは自前だろ。

842 :本当にあった怖い名無し:2006/08/27(日) 18:14:21 ID:7RQ01N8L0
>>840
鳥肌実氏の着ている軍服のことか?
確か本物じゃなかったか?

843 :本当にあった怖い名無し:2006/08/27(日) 18:50:44 ID:HhCkggP50
>>833
いや、ロムに戻っただけ。
有難う、なんかすごいサイトだな・・・

844 :本当にあった怖い名無し:2006/08/27(日) 19:33:24 ID:sAGeOsszO
731部隊の歴史について詳しいひといないっすか?昔731部隊出身の人達が現在の製薬会社を作ったとかという話を聞いたことがあったので…教えて詳しい人!

845 :本当にあった怖い名無し:2006/08/27(日) 19:44:17 ID:nCtVixvp0
●初心者歓迎 スレ立てる前に此処で質問を 298
ttp://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/army/1156486769/

846 :本当にあった怖い名無し:2006/08/27(日) 21:50:44 ID:Jwbo8Ap/O
ミドリ十字、731でググッと

847 :本当にあった怖い名無し:2006/08/27(日) 22:04:59 ID:zugVWLtv0
がんばれ!ウェブは答えてくれるぞ!
真実はそこにある。

848 :本当にあった怖い名無し:2006/08/27(日) 22:35:38 ID:sAGeOsszO
>>845
>>846
>>847
サンクス(^O^)
wiki見てきました!
詳しくのってて勉強になりましたm(_ _)m

849 :本当にあった怖い名無し:2006/08/27(日) 23:19:44 ID:lf0riFiy0
731部隊で思い出した

昔、介護関係の職場の事務をしていた時、利用者の中に軍医だったひとがいた。
戦後も腕のいいお医者さんとして、地元の大きな病院で活躍してたらしい。
うちの事務所でも「○○先生」と呼んでる人もいた。
その人は黙して語らずだったんだけど、お宅に通ってると奥様が自慢げに
「戦時中、夫が人体実験していた話」をするらしい…
元々蝶よ花よのお嬢様で、戦時中まったく苦労をしたことがなく
「あの頃はよかったわぁ」とあっけらかんと言うそうな。


850 :本当にあった怖い名無し:2006/08/27(日) 23:34:29 ID:y00khumEO
おまいら、今すぐTBSを観るんだ!

851 :本当にあった怖い名無し:2006/08/28(月) 02:24:01 ID:Cn3Mcv8gO
わかった!

852 :本当にあった怖い名無し:2006/08/28(月) 06:17:06 ID:2nwOLc+lO
遅ッw

853 :本当にあった怖い名無し:2006/08/28(月) 09:44:48 ID:pPxc+T+W0
昔の軍事工場って
半分くらいが地下にあるって?

854 :本当にあった怖い名無し:2006/08/28(月) 18:18:21 ID:Rm7Szx0zO
昔だけじゃなく、今もそんな感じでそ?

大手メーカーで軍事と関わりが無さそうな部署の工場でも、地下で誘導機器本体作ってたりしますからね〜

855 :スーパーリアル金太 ◆8mzYKF9Qkk :2006/08/28(月) 23:27:52 ID:mgkZp9RK0
>>854
いや、この場合、空襲に備えてと
言いたいのであって、何も
人目につかないようにという意味では無いのではないかと。

856 :本当にあった怖い名無し:2006/08/29(火) 05:49:44 ID:3KeDDbC30
硫黄島の地下は凄かったな

戦争を経験した人があまり語りたがらないのも分かったよ

857 :本当にあった怖い名無し:2006/08/29(火) 06:07:26 ID:3/PVUbg40
昨日、ディスカバリーでやってたノモンハンも凄かった・・
最近まで日本軍惨敗伝説が主流だったがペレストロイカでロシア軍の
損害が日本軍の損害とほぼ同じ!ロシアは戦車、飛行機総動員に対して
日本兵は一部野砲を除いて、火炎瓶が主力・・・モスクワでドイツ軍を
退けたジューコフの戦後録では「ノモンハンが最大の難関の作戦だった」とのこと。

858 :本当にあった怖い名無し:2006/08/29(火) 13:32:00 ID:5wSVUSlx0
ロスアの戦車は良く燃えたって

859 :本当にあった怖い名無し:2006/08/29(火) 14:54:06 ID:ovjxjVOt0
>>856
題名は忘れたけど写真がたくさん載ってる硫黄島での戦闘を解説した本
直視できないくらいだった
涙ボロボロ流したよ

860 :本当にあった怖い名無し:2006/08/29(火) 20:48:56 ID:7pkVodsrO
そろそろ本題に戻そうか

どんどん只のWW2の雑談スレになってるぽ

861 :本当にあった怖い名無し:2006/08/30(水) 00:33:10 ID:SQegwgfCO
婆様の話(戦中当時、婆様は戦争してるのは知っていたが、生活で実感する事は無かったと・・・。戦争と無縁な婆チャンの話)

夜間に爆撃機が上空を通過するとき、婆様はソレが爆撃機とは知らず、ただただ綺麗だったので神様だと思ってた・・・と、言ってました。

862 :スーパーリアル金太 ◆8mzYKF9Qkk :2006/08/30(水) 04:35:42 ID:VHmxfRsl0
オカとはちょっとちがうけど、知人の話

死ぬか生きるかという激戦も終わり、正式に武装解除されて
引き揚げ船の中で、一部の戦友たちが酒盛りを開いている。
さて酒なんざ積んでなかったはずだがと不審に思えば
航空燃料のドラム缶から上澄みのエタノールをコップで汲んで飲んでいる。
内心ゲッ!と思いつつ見て見ぬ振りをしていると中の一人が
「戦争には負けてしもうてこれからどうすりゃエエか分からんなった、
せめてこれでも飲んで憂さを晴らしたいが、どりゃ、お前も飲むか?」
首をブンブンと横に振り、背中を向けて寝始めたが

その夜、

ゴロゴロゴロ…ゴ〜ン、ゴロゴロゴロ…ゴ〜ン

と不思議な音がする。
夜目に目を凝らしてみれば、昼間エタノールを飲んでいた連中が
苦しみのあまり床を転げまわり、壁まできて頭を打ち付けている音である。
中毒を起こしのた打ち回っていたのであったw

「翌朝には蟹みたいに口から泡を吹いておっ死んでおりましたわい、
わっはっは」
とのことでした。

863 :本当にあった怖い名無し:2006/08/30(水) 11:52:37 ID:Gqm/y+hK0
>>861
うちのバーチャンの話も。

昼間爆撃の時の無数の飛行機雲と、夜間爆撃の時に地上の
火災に照らされて垣間見える爆撃機の機体のきらめきは、
それは奇麗だったって何度も話してくれた。
何度も空襲にあって家族も亡くしているのに、それだけは
否定できなかったみたいだ。

さすがに神様とは思わなかったらしいけど。

以前読んだMe163(ドイツのロケット迎撃機)に関する本にも
似たようなパイロットの発言があった記憶がある。

864 :本当にあった怖い名無し:2006/08/30(水) 12:50:01 ID:k9z4CqQi0
工場の近くにお墓があったんで
艦砲射撃のときに墓の中の死体が爆撃の衝撃で飛び出したらしいよ

攻撃ポイントから離れていた地区の連中は
きれいな花火と言ってたよ

865 :本当にあった怖い名無し:2006/08/30(水) 17:01:22 ID:08HY9RHH0
それは新潟県長岡市の空襲の時の話。
役所などの重要書類は、事前に郊外の学校の校庭に
穴掘って埋めておいたのだそうだ。
しかしその空襲の時、なぜか爆撃機が落とした爆弾1発が
校庭の重要書類を埋めておいた所に命中し、
書類の類は焼失してしまった。

そのため当市では、古い戸籍などは存在していない。

866 :本当にあった怖い名無し:2006/08/30(水) 17:34:04 ID:bxHn9anP0
>>863
そういえば,小松崎茂も陸軍から「B29をかっこよく撃墜する絵を描け」って命令されて写真を
渡された時に,「綺麗ないい飛行機だぁ」と思わず感嘆して,酷い目にあったらしい。
大空に彩られた光景だけじゃなくて,あの飛行機ってデザイン自体がなんか当時からしたら未
来的な魅力を持っていたのかもしれないね。

867 :本当にあった怖い名無し:2006/08/30(水) 20:33:48 ID:v5MWFEYsO
我はお前の屍の上に立ち
平和の旗をかかげる!

868 :スーパーリアル金太 ◆8mzYKF9Qkk :2006/08/30(水) 21:01:06 ID:W2egLy8j0
>>866

B-29が美しかったというのは、実物を見た人からは
異口同音に聞かれる。
ちなみ僕の御袋も。
剥き出しのジュラルミンがギラギラの機体だからね。
「絶望的な美しさ」と表現した人もいたな。

>>865

納品先のバーサンは当時県庁職員を務めていたおかげで
玉音放送の直後
「書類と名のつくものは一切を焼却せよ」
との命令を受けて、真夏の炎天下の元
中庭にでっかい焚き火を起こし
片っ端から書類を放り込んだとか。
戸籍も土地登記表も全て放り込んだので
まぁ後になって混乱したことw

869 :本当にあった怖い名無し:2006/08/30(水) 21:24:32 ID:Y1etUPKA0
ナチス・ドイツの幻の空母、ツェッペリンが発見されましたよ。
ナチスの科学の粋を集めて、9割まで完成していたにもかかわらず終戦で、ロシア軍に接収後行方不明になっていたオカルト空母です。
ドイツ人には、日本で言えば戦艦大和に相当する思い入れが有るそうですが、発見された場所がポーランド領海内で水深80メートル地点で、引き揚げにはポーランド政府が難色を示しているとの事。

870 :本当にあった怖い名無し:2006/08/30(水) 22:08:46 ID:nosa9wCR0
とりあえずシュトロハイム禁止

871 :本当にあった怖い名無し:2006/08/30(水) 23:25:44 ID:qPLvJ9zzO
オカルトじゃないけど俺んちの親父殿の話
終戦間際の頃の当時小学低学年の親父殿と悪友達の遊びは
グラマンの機銃掃射した弾を集める事
だった
ただし弾の中に爆発する種類の弾も交じっていたらしく
村のおっちゃんが
「これがアメ公の弾かぁ」
とか言っていじってたら
爆発
おっちゃん顔面大火傷
そこに親父殿らが
「また拾ってきたよ〜♪」
村の大人達がクモの子散らすように逃げてったそうで

872 :本当にあった怖い名無し:2006/08/30(水) 23:40:09 ID:Oes+iV+Y0
社会の授業で黒い太陽を流した中学の時の教師はある意味オカルト。

873 :本当にあった怖い名無し:2006/08/31(木) 01:17:24 ID:18JwEGMB0
ソレは酷い

874 :敵国調伏:2006/08/31(木) 03:54:34 ID:ljiiXzVv0
過去ログより

8 :帝國神秘學弐番組研究會 :02/01/06 22:46
大東亜戦争末期、帝國は伝統のオカルト総本山比叡山をはじめとする
その全てのオカルトパワーを総動員して敵国調伏の祈祷を行つた。
その結果、米国大統領ルーズベルトを呪い殺されたといふ。


9 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :02/01/06 22:51
>>8
ルーズベルトより体の悪いトルーマンを呪い殺せなかったのはなぜ?


10 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :02/01/06 23:08
>>9
祈祷には長い準備期間と莫大なパワーを要するのですよ。
トルーマンが大統領になった時から終戦までの短期間で彼を
調伏するのは難しいでしょう。


875 :本当にあった怖い名無し:2006/08/31(木) 04:51:13 ID:1vFRl/O20
>>874
帝都大戦でそんなシーンあったな
丹波哲郎がやってた高僧がルーズベルトを呪うふりをしてヒトラーと呪い殺すってシーン

876 :敵国調伏:2006/08/31(木) 05:02:40 ID:ljiiXzVv0
>>875
元寇のときも敵国調伏したそうです。しかも阿弥陀如来でww
漏れの知り合いで宗教に詳しいのがいるんだが、あの世の一部の世界では
やっぱり戦争はあるとのこと。その世で言う死は完璧な魂の消滅なので
転生がなくかなり必死らしい、、

877 :本当にあった怖い名無し:2006/08/31(木) 09:25:06 ID:VDVJqoy20
>>874
俺が聞いた話ではトルーマンもやっちまえって祈祷をしたら、
呪詛返しをされたわけでもないのに、やばい事件が続出。
結局、天がアメリカの勝利を望んでいるんだろうって結論で、
あきらめたってことになっていたな。


878 :本当にあった怖い名無し:2006/08/31(木) 12:56:47 ID:rXP5HikIO
>>877
それってあれだろ
術かけた奴が儀式の最中にありえない死に方したんだっけ?
三種の神器とか伊勢神宮が関わっているとかいないとか

879 :本当にあった怖い名無し:2006/08/31(木) 13:16:51 ID:X+s7r0NP0
十二神将みたいな武神に祈願した方がよかったんじゃ

880 :本当にあった怖い名無し:2006/08/31(木) 14:45:40 ID:4x6DbT/bO
石工の呪詛返し

オカルトっぽくていいね


881 :本当にあった怖い名無し:2006/08/31(木) 15:48:45 ID:8Flpmbnw0
>>878
一度目の呪法の際、草薙の剣が異音を発しながら動き出し、あわててそれを押しとどめようとした人が、触れたとたん灰になってしまった、って話を読んだことが
それで二回目の時は、なんといわれても草薙の剣を使わなかったとか
今のパソコンに文章写しておけば、コピペできたんだが…

>>879
太元帥明王法を行ってるらしいから、それ以上は無理なんじゃ?


882 :本当にあった怖い名無し:2006/08/31(木) 18:29:59 ID:OAShOisF0
さぁ板らしくなってまいりました!

883 :本当にあった怖い名無し:2006/08/31(木) 19:18:37 ID:RHZm0kq/O
硫黄島はヤヴァイらしいけど
今もベルリンとかには兵士の霊が出るのか?
もしヘッツァーやパンタートーチカなら悲しい。今も敵を捜し続けているみたいで

884 :本当にあった怖い名無し:2006/08/31(木) 20:24:00 ID:7y821NvzO
確かに硫黄島はヤバいだろうな、あれで何も出ない訳がない。



885 :本当にあった怖い名無し:2006/08/31(木) 20:25:16 ID:731fEgtq0
黒い太陽731記念カキコ

886 :名無しさん:2006/08/31(木) 20:43:58 ID:CEFACyg+0
中途半端な話で申し訳ないのですが・・・
私の住んでいる町の北の方には、昔家や学校がたくさんありました(今は大きな道と高速道路)
しかし戦争末期になるとここも空襲を受けるようになりました。(でも、亡くなったのはほとんどが民間人)
特にとある日の空襲では避難中の学生と先生十数人が亡くなってしまいました(今でもそこには慰霊碑が立っています)
毎年、この日になると慰霊碑の周りで交通事故や火事が頻発していました。
(特に5年前には死者がでるほどの玉突き事故、4年前には工場火災・・どちらも新聞に載った位大きかったです。)
そこで3年前には近所の大きなお寺の宮司さんを呼んで大規模な慰霊祭と再供養が行われました。
そのお陰か、2年前、去年と大きな出来事はありませんでした。
やはり、あれと何か関係があったのでしょうか・・・。

887 :本当にあった怖い名無し:2006/08/31(木) 20:49:23 ID:lc2pv1wu0
誰かこのスレのまとめサイト作ってくれ

888 :本当にあった怖い名無し:2006/08/31(木) 20:54:46 ID:TmRAOV0j0
きちんと原因を突き止めて、再発防止に努めたにもかかわらず
同じような事案が発生するようなら関係あるのかもしれませんな。

889 :スーパーリアル金太 ◆8mzYKF9Qkk :2006/08/31(木) 21:43:49 ID:UexG5UcO0
>>871
徹甲弾、曳光弾、炸裂弾、焼夷弾とあって
程好く混ぜて搭載しますなw

890 :本当にあった怖い名無し:2006/08/31(木) 21:58:41 ID:krOdIxnQ0
>炸裂弾、

12.7mmにあるの?

891 :本当にあった怖い名無し:2006/08/31(木) 23:05:35 ID:Crawv3z+0
>>881

まとめサイトにもコピペが載ってるコレ?

http://nullpo.2log.net/home/kyouji/archives/blog/kaikihenn/2006/07/14_183357.html
225 名前:草薙剣の真実

892 :881:2006/08/31(木) 23:54:05 ID:8Flpmbnw0
>>891
そう、ソレだ!私も読み直したかったんで感謝!


893 :本当にあった怖い名無し:2006/09/01(金) 00:38:16 ID:tLY2IRSbO
>>890
アメ公の12、7に炸裂弾は無かった。日本のホー103にはあった。
恐らく火傷の原因は曳航弾。

894 :本当にあった怖い名無し:2006/09/01(金) 01:45:27 ID:bTsbNUQp0
B-29が地肌丸出しのギンギラギンだった理由は

名前:名無し三等兵[sage] 投稿日:03/06/21 12:43 ID:???
>>95
サイパンを確保して東京空襲の足固めをしたアメリカ軍だが
カーチス・ルメイ将軍はB-29の防弾装甲をはがし、内部の仕切や机や椅子も取り除き、
塗料も全て落とし、機銃の大半を外し、弾丸も減らし、燃料も往復ギリギリにして、
重量を極限まで軽くして、爆弾を目一杯積むように指令した。
B-29の乗組員はこんな爆撃機に乗ったら帰ってこれないと覚悟して乗ったとか。

という事だそうだ。

895 :敵国調伏:2006/09/01(金) 03:16:26 ID:1arntbys0
コピペにはコピペ

 導入初期のB-29には米陸軍航空部隊の標準迷彩塗装(ニュートラルグレイ+オリーブドラブ)が施されていました。
 対日戦に実戦投入された機体はほとんどが無塗装ですが、これは重量軽減のためと、制空権を完全に掌握しているため迷彩にする必要がなかったというのが主な理由です。ただし、編隊の先導機は識別帯を機体各所に塗装していました。
ブラック・タロン


下面黒色、という塗装例もありますしね。



試作機はともかく導入初期からB29は銀色だったように思います。
BUN


基本的に無塗装ですが、2段階目の試作機であるYB-29のうち少なくとも2機、
また生産型の最初のブロックであるB29-1のうち少なくとも1機が塗装されていたのはほぼ間違いありません。
まあ、いずれにせよ特殊例でしょう。YB29はカラー写真が残ってます。
色は機体がオリーブドラブで腹(機体下面)がニュートラルグレイの単純な塗り分けという、
陸軍標準のおなじみの塗装ですが、どうも主翼は上下面とも無塗装のように見えます。
無論、迷彩などではなく、単純な塗り分けです。
他には片カントクさんが指摘されてる下面黒、といったところでしょうか。


896 :敵国調伏:2006/09/01(金) 03:33:11 ID:1arntbys0
 コピペばっかだと叩かれそうなんで持論を落書きする。許せ
最近、ロシアが日本漁船を拿捕、1名射殺事件のあおりで
北方4島返還が一部で言われていると思うが、ロシアの満州侵攻、
対日参戦を激しく希望したのはアメリカ。ヤルタ会談ではさかんに
米国はスターリンに要求していた。ちなみにスターリンの好むタバコは
ラッキーストライクであった。。
 招福到来 災厄調伏 願わくは米国に死を

 北方4島のロシア化は南樺太割譲とともに米英はヤルタ会談で了承している。
 硫黄島、タラワで予想外の損害を出した米国は自国の対日戦の負担減のため、
スターリンに北方4島を売ったのだ。これはオカルトチックに聞こえるだろうが
調べりゃ分かる。
 招福到来 敵国調伏 願わくは米国へ死を



897 :本当にあった怖い名無し:2006/09/01(金) 04:07:52 ID:QOMj/ONx0
一緒に三国同盟締結に徹底抗戦した親友の元首相で最後
の海軍大将の、米内光政の夢枕に死亡後すぐから何度も
山本五十六が立った、って米内本人が言ってるね。

898 :本当にあった怖い名無し:2006/09/01(金) 10:12:04 ID:2I/vyy+F0
来週衛星2でキリングフィールドがあるな
すごいグロ描写なので見よう
しかし、黄色人種だと思って見殺し→簡単に許しちゃう、なのがヒドス

899 :本当にあった怖い名無し:2006/09/01(金) 10:39:24 ID:XozfjVtM0
>>883-884
海上自衛隊ではかなり多くの噂があるらしい
あの周辺海域を航行すると
不思議な出来事に遭遇し易いんだそうだ
本土に帰りたい御霊が
帰還の為の船を捜して彷徨っているって聞いた
潜水艦にさえも乗り込んで来るそうで・・・

900 :本当にあった怖い名無し:2006/09/01(金) 12:27:13 ID:nU6fz1/10
黒い太陽って何?

901 :本当にあった怖い名無し:2006/09/01(金) 12:39:46 ID:5Tr7QELM0
>>900
とりあえず、疑問があったらググってみれば…たぶん、これだが

黒い太陽731
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BB%92%E3%81%84%E5%A4%AA%E9%99%BD731

902 :本当にあった怖い名無し:2006/09/01(金) 13:12:09 ID:pXBReose0
>>899
潜水艦は浮上の時は前後の重量を一定にする必要があり、そうなるように
隊員のいる場所もあらかた決められているのだが、あるとき後方側だけ不自然に重かった。
調査しても乗組員の位置は決められたとおりで、特に異常はない。
浮上してその海域を離れると、後方の不自然な重さはなくなった、という話かな。
恐いよりも、潜水艦にくっついてでも帰りたかったんだろうなと悲しくなった。

他にも、軍艦の沈んだ場所付近の海上で、変な光を見たりするとか
サイパン帰りの観光客の背後に、軍人とおぼしき霊が見えたという話もあるね。

903 :本当にあった怖い名無し:2006/09/01(金) 14:45:11 ID:6Hvf9L7AO
>>865
そういや親戚の婆ちゃんが長岡だけど、大空襲の夜に攻撃ポイントで、爆撃機にカンテラで合図を送る不審人物を何度か見たって聞いたよ。
あと、空襲で発生した火災旋風が市内の各所で暴れ、その猛火から逃れて信濃川の河川敷に集まった多くの市民に対し、米軍機が低空飛行で容赦なく機銃掃射したとか。
そりゃもう地獄絵図だったらしいよ…

904 :本当にあった怖い名無し:2006/09/01(金) 18:37:43 ID:tLY2IRSbO
B-29は高高度からの公算爆撃のため、指示など要らない。
指示なんて、「関東に爆撃せし」程度でよかった。


多分、その人は唯のカンテラ持っている人だったんだと思う。

905 :本当にあった怖い名無し:2006/09/01(金) 19:00:45 ID:4cC6UEPg0
>>903のような誤解が、>>904のような軍事的知識で解消されるのが
2ちゃんの醍醐味。

南方の戦没者の霊が海を渡れないから、
船や飛行機についてくるという説が正しいとすると、
霊体になっても自由に移動して海外旅行することはできないのか。

906 :本当にあった怖い名無し:2006/09/01(金) 19:18:40 ID:8R3gri1KO
自縛霊みたいなモノで
怨念を残して死ぬと、その土地を離れる事ができないとかなのかな?


悪魔学で「召喚された悪魔は、その『国』を越える事は出来ない」
と言うのを思い出した...

907 :本当にあった怖い名無し:2006/09/01(金) 19:21:39 ID:4cC6UEPg0
霊は海の塩気に弱いというのは?

その悪魔学の知識を応用して、6畳の『国』を設定したら、
悪魔を閉じ込めておけるのかな。

908 :本当にあった怖い名無し:2006/09/01(金) 19:43:04 ID:FpO4X0ei0
>903
 戦時中はみんな不安を抱えていてデマが流れやすい状況だったと思う。
 スパイがいるって噂が流れても不思議じゃないだろうね。

909 :本当にあった怖い名無し:2006/09/01(金) 23:14:36 ID:jHn1vDnn0
空自の友人が
硫黄島の基地宿舎は十分な個室があるにもかかわらず
2,3人一部屋で寝るそうだ。


910 :スーパーリアル金太 ◆8mzYKF9Qkk :2006/09/01(金) 23:22:51 ID:oFSQcgV90
>>890
>>893
おっとスマソw

>>904
高高度からではカンテラの光は識別できんか。

>>908
赤化学生と秘密連絡を取り合っていると噂された女学生。
泣いて嫌がる少女の手から無理矢理手紙を取り上げる憲兵。

中身はラブレターですたw

911 :本当にあった怖い名無し:2006/09/01(金) 23:34:11 ID:skAna0kn0
>>907

悪魔は、召還した『国』に属するものらしいから、多分できる

...国境線上で召還した場合、真っ二つに裂けるそうな
その際、召還者も道連れに魔界に帰って行くそうだが。

912 :本当にあった怖い名無し:2006/09/02(土) 00:26:21 ID:+W0MY49w0
>>132
調印で来ていたミズーリあたりを見まちがえたんじゃないか

913 :本当にあった怖い名無し:2006/09/02(土) 07:55:55 ID:aGThbzuKO
自衛隊板にスレあった


硫黄島にいった事ある奴ちょっとこい!
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/jsdf/1119669089/

914 :本当にあった怖い名無し:2006/09/02(土) 09:48:25 ID:+WR/9zv60
>>898
人食いキリンの映画?

915 :本当にあった怖い名無し:2006/09/02(土) 11:13:12 ID:VrXXKqzaO
ラブレターに似せた暗号に決まってるやん

916 :本当にあった怖い名無し:2006/09/02(土) 11:40:28 ID:Z7r144Dx0
家の会社に出入りしている運送屋の社長(71歳)が酒を飲むと必ずする話。
この社長2級船舶の免許を持っていて、その資格を生かして20台から30代半ばまで
米海軍に勤めていた。
ある日、偉い人に呼ばれ「ベトナムの物資輸送に行ってくれ」と、頼まれたそうだ。
特別手当を弾むから、と言うことで喜び勇んででかけたそうです。
現地についての仕事は、メコン川河口から上流にある基地に、食料や、弾薬などを運ぶ仕事。
何の疑いも無く出発したそうです。
ところが、一時間ほど船を走らせた所から、ベトコンの攻撃にあいました。
ジャングルの繁みから船めがけ迫撃砲の雨霰。
一緒に船に乗っている米軍兵士達は一斉に繁みに向かいメクラ射撃を繰り返していたそうです。
運悪く1発の迫撃砲が若い兵士に直撃。操縦していた社長の頭には、その兵士のちぎれた肉や血が
雨のように降り注いだそうです。
それでも、なんとかその場を逃れ目的の基地にたどり着いたのですが、当然帰りも其処を通らねばならず、
いくら高い報酬を貰っても、命には代えられないと思い、その基地に留まり、
高いお金を払い基地にあったヘリに乗せてもらい元の場所へ帰り着いた、とのことでした。
この社長、基地にいた時に上半身をふっとばされ、下半身だけになった兵士の幽霊も見たそうですが
自分の体験した迫撃砲が一番怖かった。と、言ってました。
長文・乱文シツレイしました。

917 :本当にあった怖い名無し:2006/09/02(土) 18:35:04 ID:ATRx6VmNO
>>909
たまーに、死んだ兵士がわらわら出てくるらしいですね。

そういや硫黄島では、自衛隊も米軍も小銃の携行は禁止しているって聞いたんですが・・・。
何でなんですかね?

918 :本当にあった怖い名無し:2006/09/02(土) 19:07:08 ID:lJ2KeILz0
>916
そりゃ、死んだ奴に会うより自分が死にそうになる方が怖いに決まってるわな
戦争は地獄だぜ

919 :本当にあった怖い名無し:2006/09/02(土) 22:26:30 ID:+WR/9zv60
岩手県雫石での民航機とF86の空中接触事故で
その後の事故現場周辺の国道に夜な夜な
その被害者がわらわらと出て、通る車を取り囲み
バンバン叩いて止めた
はっきり見えた時は、生者では無く事故当時そのままの
欠損した体のままだったとか、鬼火に取り囲まれたとか色々
昼間も、出た

中には、そのショックで気がおかしくなったタクシーの運ちゃんもいたとか

その後、御祓いとか慰霊祭で年々出なくなったが
国道を別のルートにしたころから、話は聞かなくなったとか
青森で当事トラックを運転してた
じいちゃんの話でした・・・・

920 :本当にあった怖い名無し:2006/09/03(日) 00:47:03 ID:tGMa2VEe0
>>919
岩手在住

供養塔が建っている場所は「慰霊の森」と呼ばれているが

岩手のオカルト好き、心霊スポット巡りが好きなヤツらの間でも
あそこだけはシャレにならんと言う事で、完全にタブー扱い。

若いのが集まると心霊話で盛り上がる事があるが、
「慰霊の森に行ってみよう」と言う話には絶対にならない

921 :本当にあった怖い名無し:2006/09/03(日) 02:31:11 ID:DIzyrqZ50
飛行機墜落といえば日航機が有名だけど、あっちはそんなに怖い話は聞いたことないなぁ
なんか原因とかあるんですかね?

922 :本当にあった怖い名無し:2006/09/03(日) 02:43:21 ID:6w86YMg90
毎年大々的にニュースで取り上げられるし、
慰霊の式典もしっかりやってるからじゃないの?

923 :本当にあった怖い名無し:2006/09/03(日) 02:53:16 ID:7QevsZYu0
>>905
死んだ人は、行きたい場所があっても道が分からないから、
何とかしてくれそうな人に憑くとも。
そりゃ幾ら飛べても、南海の孤島から日本に返れってのは無理な話だ、
俺なら絶対にインドネシア辺りに迷い込む。

924 :本当にあった怖い名無し:2006/09/03(日) 05:44:03 ID:sc3rP5mh0
サイパン旅行に行ったどこかの公務員の人が、夜寝ていると部屋の電話が鳴って
出たら戦争で死んだ日本軍の軍人で・・・ってな話をどっかで読んだ。

925 :本当にあった怖い名無し:2006/09/03(日) 08:57:42 ID:184NDkOf0
>>921
事故の翌年から
なぜか山の裏側で心霊現象多発ですよ。
擦違いスマソ

926 :本当にあった怖い名無し:2006/09/03(日) 09:41:01 ID:s4+2T4wcO
菊水1号作戦で沈んだ第二艦隊の艦が沈んでいる海域って何か出そう。
あと、アイアン・ボトム・サウンドとかシブヤン海、マリアナ諸島とか。

927 :本当にあった怖い名無し:2006/09/03(日) 09:57:08 ID:FQ5o2kQ90
>>921
あの事故の日近く?の山で友人がキャンプしてたそうだ。
夜、坂本九がいきなり現れて一体何なのか訳が分からず
家に戻ってきてから事故の事を知りびっくりしたって。聞いた事がある。

928 :本当にあった怖い名無し:2006/09/03(日) 12:47:06 ID:a7dNfBSLO
>>927
スレ違いだが、うちの親父が日航機墜落の前日に変な形の雲を見たそうだ


その数年後、美空ひばりが亡くなる前日にも、全く同じ形の雲を見たらしい

929 :本当にあった怖い名無し:2006/09/03(日) 12:52:34 ID:+EDxwIWXO
>>927
坂本九さんの霊の話は初めてだ…詳細キボン

930 :本当にあった怖い名無し:2006/09/03(日) 13:14:40 ID:X8ob4wxBO
幽霊飛行機、幽霊船があるのに幽霊戦車がないのかオカルト

931 :本当にあった怖い名無し:2006/09/03(日) 13:20:52 ID:SnXH+dNv0
対戦車砲が効かない悪魔のような戦車の話ならry

932 :本当にあった怖い名無し:2006/09/03(日) 14:12:12 ID:zyvckY3wO
幽霊潜水艦
幽霊気球
幽霊街宣車
幽霊リアカー

幽霊猫バス

つまんね(´・ω・`)

933 :本当にあった怖い名無し:2006/09/03(日) 19:03:23 ID:JJv/oFXZ0
猫バスは妖怪みたいなもんだと思うぞ

934 :本当にあった怖い名無し:2006/09/03(日) 19:18:46 ID:vyQJVeTr0
幽霊野戦重砲
うるさい事この上なし

935 :本当にあった怖い名無し:2006/09/03(日) 20:18:36 ID:c/vddqv8O
幽霊ゴリアテ

936 :本当にあった怖い名無し:2006/09/03(日) 20:23:50 ID:Se7Z+7rg0
幽霊気球の話は、何か昔の本で読んだことがある気がする。
航空技術(当時最新鋭の移動手段とか)が発達するごとに、
空にはそれを模した「幽霊飛行物体」が確認されるんだとか。
(幽霊帆船、幽霊複葉機、幽霊ロケットなんてものもあるらしい)

937 :本当にあった怖い名無し:2006/09/03(日) 20:59:14 ID:IfQp0uIs0
攻撃が全く効かないといえばソ連軍の戦車じゃ
あの時は本当に恐ろしかったもんじゃ
しかし一番恐ろしかったのは破壊されたその戦車を調べてたらハッチが溶接されてるのを見た時じゃ

938 :本当にあった怖い名無し:2006/09/03(日) 21:02:27 ID:Aw30Rjry0
>>937
本当にありそうで怖い

939 :スーパーリアル金太 ◆8mzYKF9Qkk :2006/09/03(日) 21:11:36 ID:V4a8KFCs0
幽霊野戦給食車!

940 :本当にあった怖い名無し:2006/09/03(日) 21:14:33 ID:c/vddqv8O
>>938
確か実話

941 :本当にあった怖い名無し:2006/09/03(日) 21:54:38 ID:9QqMvEEi0
>>940 割らないと食べれないって事ですか?

942 :本当にあった怖い名無し:2006/09/03(日) 21:55:02 ID:wVlTvoK20
出るときはアセチレンででも切るのかな・・・
突如、尿意を催したりしたら大変だな。

943 :本当にあった怖い名無し:2006/09/03(日) 22:06:28 ID:c/vddqv8O
生きて帰らせるつもりないからOK

944 :本当にあった怖い名無し:2006/09/03(日) 22:08:01 ID:0BiLkqBZ0
>>925
詳しく!!!

945 :本当にあった怖い名無し:2006/09/03(日) 22:18:38 ID:wVlTvoK20
>>943
そう言う話なら、戦車ごとゆうれんになっても、全然不思議じゃないね。
真夜中に宿舎を襲う、砲弾の効かない戦車・・・日光を浴びると霧のように消える、とか。

946 :本当にあった怖い名無し:2006/09/03(日) 23:33:50 ID:Dmw0SSLN0
ドイツだったかで戦場で破壊された戦車を屑鉄扱いで回収して自動車の材料に再利用したら原因不明の事故が多発したという話は聞いたことある。

947 :本当にあった怖い名無し:2006/09/03(日) 23:38:12 ID:Qg4GOBPr0
>自動車の材料に再利用

飛行機は大丈夫なのになんでだろう?

948 :本当にあった怖い名無し:2006/09/04(月) 00:30:37 ID:f2zcQoWSO
東京タワーはどうなんだ?

949 :本当にあった怖い名無し:2006/09/04(月) 00:58:52 ID:JIKs0zyN0
ソ連の戦車だと、機種名忘れたけど確か多砲塔戦車で、一部の銃塔が主砲塔の旋回位置によってはハッチが開けられなくなるのがあったらしい。
で、その銃塔ってのは定員一名で車体内部とは繋がっていないので、例えば撃破されて主砲塔が特定の位置で停止すると、そのまま脱出不可能になる。

そーゆーわけで、ソ連軍の撃破されたそのテの戦車をドイツ軍が後送して調査したら、狭い銃塔の中で餓死もしくは衰弱死したソ連兵が出てきたという話が。
……呪詛と怨念が充満してそうだ。


950 :本当にあった怖い名無し:2006/09/04(月) 01:33:08 ID:eaYAcZu3O
今日双葉ちゃんねるで、戦時中に日本軍がUFOを撃墜して、
宇宙人を回収したという画像があったけど、詳しく知っている方いませんか。

951 :900:2006/09/04(月) 12:32:02 ID:PYDrQXpP0
>901
ありがと。
731をいれずにググッたもんで、永井大の
ドラマしか出てこんかったんよ・・・

952 :本当にあった怖い名無し:2006/09/04(月) 16:00:00 ID:bbbYzOae0
>>949
T-35とかだっけ?
ハッチって怖いよね。3号戦車の狭いハッチ(特に,操縦士や無線士)や74式の操縦士も
赤外線投影機の位置によっては逃げれないかも。
ロシアの原潜クルスクが沈んだ時も最後まで救助を待ってハッチ近くでうずくまっていた乗員
が何人かいたんだってね。

953 :本当にあった怖い名無し:2006/09/04(月) 16:03:29 ID:bbbYzOae0
>>903
B-29は別にしても,中国戦線ではよく夜間爆撃にカンテラもった数人の真ん中が目標って
感じで爆撃の指示はしてたみたいよ。憲兵隊が取り締まったなんて話以前「丸」みたいな
実話系軍事雑誌で読んだ気がする。

954 :本当にあった怖い名無し:2006/09/04(月) 16:16:46 ID:r3B3W/uYO
ドイツ軍が撃破したソ連戦車を調べてみたら普通のハッチも脱出用ハッチも全て溶接されててガクブルだったとか
さすがソビエト政治士官、特攻隊の上をいくアイディアだぜ!!そこにしびれるあこがれるぅ!!

955 :本当にあった怖い名無し:2006/09/04(月) 17:42:38 ID:6ZZuuDfk0
初期のT34は交信に手旗信号を使ったそうだが
下手に無線積んでハッチ溶接されるよりはましだな
兵士を哀れんだ設計者のささやかな抵抗の痕か・・・・

956 :戦慄の怪人Drラオ:2006/09/04(月) 18:01:14 ID:T1N+CUD40
>>952
いやいやT34よりもKV1の方がガクブルな話多そうな気がする。
((((;~O~))))ヒィィィィィィ!

957 :本当にあった怖い名無し:2006/09/04(月) 18:08:28 ID:/mKhdhHqO
第二次大戦で朝鮮半島の霊山に日本軍が霊的に朝鮮半島を封じ込める為クサビを打って回り 現在そのクサビを必死に抜く作業していると聞いたが実話かな?


958 :本当にあった怖い名無し:2006/09/04(月) 18:13:11 ID:nz5Qfqo00
あれは測量のための基準点。
地図を作るために打ち込んだんで、竜脈だのなんだのは関係ない。


必死で引き抜き作業してるのは実話。

959 :本当にあった怖い名無し:2006/09/04(月) 18:26:10 ID:/mKhdhHqO
>>958殿
ありがとうございます(・ω・)ゝ

960 :本当にあった怖い名無し:2006/09/04(月) 18:28:34 ID:/+EPLoBm0
せっかくの基準点なのに。

961 :本当にあった怖い名無し:2006/09/04(月) 18:30:59 ID:q3FV+LBb0
朝鮮民族の力を封じるための〜
見たいな事言ってたね。

962 :敵国調伏:2006/09/04(月) 18:52:48 ID:CEx0mcrF0
龍脈か・・
日本の竜脈の要所要所にはなぜか原発がある。大まかに見ればの話しだが。
まぁ原発はこれ以上作らんほうが良いと思うぞ


963 :本当にあった怖い名無し:2006/09/04(月) 21:49:18 ID:F3lkF9Ej0
>957
本気で信じる奴がいる事がオカルトだ

964 :本当にあった怖い名無し:2006/09/04(月) 22:09:11 ID:YeBMuXMR0
>>957
それずっと日帝が朝鮮の気の流れを悪くする呪いだと思ってたんだけど
最近になってやっと測量の後じゃないか?って気づいた人が出てきたって話題になってたじゃんw
どんだけ遅れてるんだwって話

965 :本当にあった怖い名無し:2006/09/04(月) 23:39:42 ID:eto/SZt3O
在日一人ハケーン。
日帝だってさ。大日本帝國略して日本。
日帝とは在日しか言わない。

966 :本当にあった怖い名無し:2006/09/05(火) 00:13:01 ID:SxrAw2OQO
>>963>>964
戦争にまつわる(オカルト)と言うスレタイだから聞いてみただけだろ
ココは軍坂か?ニュ-ス板か?いちいち、つまらん突っ込み入れんな二等兵!

967 :本当にあった怖い名無し:2006/09/05(火) 01:52:02 ID:PjW0cdkbO
>>917
噂を聞いて幽霊コワイ幽霊コワイガグガクブルブル…ってなってる奴に
小銃持たせてパトロールさせてみろ。


立ちションしてる人間を誤射しちまうぞ

968 :本当にあった怖い名無し:2006/09/05(火) 07:08:46 ID:ak+JsfvPO
>>967
そっかぁ〜(∇ ̄〃)

そりゃ「携行禁止」ですな!!

969 :本当にあった怖い名無し:2006/09/05(火) 11:08:23 ID:icuknTkF0
>>957
確かソウルの街も日帝が気の流れをを悪くするポイントにわざと主要な建物を建てたって
テレビでみたな。

970 :本当にあった怖い名無し:2006/09/05(火) 12:08:33 ID:emhgBND2O
!地方駐在武官募集中!
http://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/asia/1153472274/
あなたのお住まいエリアの治安や状況、緊急事態時の行動予定等も含めての作戦もどうぞ(例:〇〇地区は危ないから近寄るな・〇〇は良い避難場所・その他県民性を通しての動き)
日本各地、情報を共有し防衛対策を!
宜しくお願いします
(`・ω・´)!

971 :本当にあった怖い名無し:2006/09/05(火) 14:36:19 ID:kE6No2kT0
>>969
恩のかけらもないな。
自分たちの利益のために恩人を利用する国、韓国。

そんな国が存在できるのがオカルト。本来あってはならないだろ。

972 :本当にあった怖い名無し:2006/09/05(火) 14:47:32 ID:UyZwHkpgO
それがキムチに蝕まれた国だ。存在自体オカルトな韓国。

973 :本当にあった怖い名無し:2006/09/05(火) 22:00:58 ID:Nrl0dpeT0
ハン板住人の調査によると、
石製の杭→村や町の境界、水準点
金属の杭→登山用のアイゼン、手すりや柵の柱、簡易地質調査器の残骸
であることがわかりました。

「大韓精気回復委員会(?)」みたいな団体が重機で石の杭を抜いている画像が
出回っていますが、この画像をよく見ると杭の表面に「XX邑(村)境界」と書かれているのが
判別できます。



…蒸気機関車を見て「火を吐く悪魔!!」と言ってたアフリカ原住民と大して変わりませんな。


974 :本当にあった怖い名無し:2006/09/05(火) 22:15:58 ID:evRlF6ho0
写真のフラッシュで魂を抜かれるとか思ってる人・・・はさすがにいないか

975 :本当にあった怖い名無し:2006/09/05(火) 22:38:29 ID:+zxCjRBY0
 まあ、気の済むようにやらせておけば、
なまじ声をかけると発作がおきるから。

976 :本当にあった怖い名無し:2006/09/05(火) 22:51:49 ID:9OBK49yB0
>>952
74式は大丈夫だよ

977 :本当にあった怖い名無し:2006/09/05(火) 23:07:01 ID:cCNDyCPN0
昔のブルーフィルムのポルノ男優のチソコが光っているのは
第五福竜丸の事件と無関係ではない

978 :本当にあった怖い名無し:2006/09/06(水) 01:00:32 ID:XR8iSnex0
近代戦においては、「戦車から脱出する時」=「もう手遅れな時」な様な気がする...

979 :本当にあった怖い名無し:2006/09/06(水) 02:42:30 ID:d2yLZdxp0
自衛隊の戦車にはちゃんと脱出ハッチはあるので大丈夫です。


980 :本当にあった怖い名無し:2006/09/06(水) 09:54:33 ID:/jshMnZlO
いや、兵器の破壊力が強すぎて
機能停止と爆発炎上が同義な様な...

981 :本当にあった怖い名無し:2006/09/06(水) 17:08:46 ID:5huX5ts7O
陸自の戦車には、床下の脱出ハッチが無い。
と、江畑さんが言っていたような…

982 :本当にあった怖い名無し:2006/09/06(水) 22:57:39 ID:0MbWSBYf0
床下にハッチて・・・あったら地雷踏んだ時に怖くないか?

983 :本当にあった怖い名無し:2006/09/06(水) 23:06:44 ID:EbZ2B6a20
>>982
軍板の質問スレででも聞いて来い

984 :本当にあった怖い名無し:2006/09/06(水) 23:30:59 ID:kGbXcTHiO
ハッチて言っても実は唯の厚い鉄板。
有名なティーガーのハッチは厚さ8センチの装甲板で開けるのが大変だったそうだ。
だから地雷ふんでも安心。まあ、車体下に対地雷装備がないとヤヴァイが、、、。

あと、地雷には圧力を感知して起爆するのと、
戦車の鉄に反応して戦車に張り付く磁気栓地雷があるので注意。

985 :本当にあった怖い名無し:2006/09/06(水) 23:35:27 ID:34lo8Z5X0
湾岸戦争のときに砲塔のハッチからガスバーナーみたいに炎を吹き上げて燃えるT-72を思い出したよ。

そういやイラク戦争でもTOW搭載ハンヴィー1台にイラク軍戦車を5輌もやられたらしい。
今の対戦車ミサイルを直撃されたらT-55なんかじゃ被弾即砲弾誘爆で木っ端微塵だしなあ。

986 :本当にあった怖い名無し:2006/09/06(水) 23:59:52 ID:0MbWSBYf0
>>984
言いたい事はわかるが、爆圧は上に行くだろ?
開口部って強度対重量比が悪くなるはず。
M3で横銃眼閉鎖したのも、強度と重量の問題からだと記憶している。

ま、単なる思いつきなので気にせんでくれ。

987 :本当にあった怖い名無し:2006/09/07(木) 02:02:31 ID:gTeeQLqU0
次スレ立ってます

戦場・戦争にまつわるオカルト2
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1157524091/l50


988 :本当にあった怖い名無し:2006/09/07(木) 03:34:50 ID:CxeRbKON0
ジャベリン食らって大爆発するT-72の動画見たような。
あれは戦車内部に爆薬満載して派手に吹っ飛ぶようにした演出だったらしいけど跡形も無く消し飛んでたよ。

989 :元陸自戦車隊員:2006/09/07(木) 07:44:59 ID:1XCPRGnN0
74式は操縦手席の下に脱出口ついてるよ。
ロシア製の戦車は車体の上に砲塔が簡単に乗っかっているような構造なので
撃破されるとまず始めに砲塔が真上に吹っ飛ぶんだよ。
ちなみに戦車の一番弱い所(弱点部位)は車体と砲塔の間、あと足回りかな?
上部と低板、後部が一番装甲が薄いから常に敵には前面を見せてなきゃダメ。
74式は予算をケチったせいで装甲がペラペラだからHEAT(対戦車榴弾)
一発食らっただけで衝撃波で死んでるね。間違いなく。

990 :本当にあった怖い名無し:2006/09/07(木) 08:50:17 ID:eEfy068/0
そろそろこのスレも終わりなので、超遅レスですが。

>>651
何と懐かしい。NHK少年ドラマシリーズ「タイムトラベラー」のオープニング。ナレーターは、今は亡き城達也氏ですね。
私は、少年ドラマシリーズ、その中でもとりわけSFシリーズの大ファンで(年がばれますが)、「ぴあ」や「ステラ」に当時を懐かしむ投稿が掲載されたこともあります。
4年前に、奇跡的に家庭で録画・保存されていた最終回が「NHKアーカイブズ」で再放送されたときは、まさに感涙にむせぶ思いでした。

>>651さんが紹介されていた話以外では、1961年に、戦前からタイムスリップしてきた(?)複葉機と軽飛行機が接触した、という話が印象に残っています。
軽飛行機が飛行場に不時着した後、接触したのと同型の複葉機が倉庫に保存されていたので調べてみると・・・。
なぜか戦後開発されたはずの軽飛行機の塗料がこびりついていて、「見たこともない形の飛行機と接触した」という記録も見付かった、とか。
この話は、フジテレビの「漂流教室」でも紹介されていました。
ややスレ違いですが、これもオカルト話には違いないのでごかんべんを。

>>653
そうです。原作は、くり返し映像化されてきた、筒井康隆氏の「時をかける少女」です。
今度のアニメ化では、原作のヒロイン芳山和子の姪っ子が活躍する、という設定になっていたようですね。

991 :本当にあった怖い名無し:2006/09/07(木) 17:04:42 ID:3Nxv0khJ0
カニのせんずり命がけ

992 :本当にあった怖い名無し:2006/09/07(木) 19:28:59 ID:yF6tBwesO
>>1000以前の方へ
申し訳ございませんが、この度は私が「1000ゲット」させていただきました。
多くの方が1000を希望しておられたと存じますが、誠に申し訳ございませんでした。

私は「1000ゲット」の為に、これまで多くの苦労を積んで参りました。
「1000!!!!!」と気合を入れてカキコしたものの、「992ゲット」だった事もございました。
このような失敗談も、今では良き思い出。
1000ゲッターの為の修行を1年以上積み、これだけの長文を記しても
なんら問題無く皆様の憧れである「1000」をゲット出来るまでに至りました。
これも>>1000以前の皆様のお陰でございます

それでは、1000をゲットさせていただきます。
「1000」

993 :本当にあった怖い名無し:2006/09/07(木) 19:51:43 ID:b63oPkxoO
>>990
編隊長!!マウス並みの遅レスです。
このままでは・・・

だんだんレーションが美味しくなってしまいます!!

自衛隊の五目飯が、大変「不」美味なのはヲカルト。
たくわん漬けは一転して美味であるのはヲカルト。

994 :本当にあった怖い名無し:2006/09/07(木) 20:01:56 ID:l8D8xFAAO
俺こそが1000!

995 :本当にあった怖い名無し:2006/09/07(木) 20:06:40 ID:PQ1fc/CZO
ぬるぽ

996 :本当にあった怖い名無し:2006/09/07(木) 20:08:34 ID:RZXHeIgW0
>>742
新戦術を忠実に学んだ方が勝つかw
まあ、ドイツの機甲師団戦術、U-ボートによる通商破壊作戦、日本の航空母艦による機動部隊戦術
みんなアメリカが規模倍にしてやってくれたなw

997 :本当にあった怖い名無し:2006/09/07(木) 20:09:15 ID:AiKjueBk0
1000?

998 :オラヨー ◆Um10ayfPHo :2006/09/07(木) 20:09:42 ID:W71Oeei1O
>>995
ガッ

999 :本当にあった怖い名無し:2006/09/07(木) 20:10:21 ID:PQ1fc/CZO
ぬるぽ

1000 :本当にあった怖い名無し:2006/09/07(木) 20:12:04 ID:NuAaC/bMO
六○無反動砲車萌

1001 :1001:Over 1000 Thread
                      γ
                      (
                      _ノ

                   /
                __
             ,、'"   .  `' 、
             i`ー  _    ',
.             l| !|      i""!|
                 }: }i    |{  !j
               〈| 'J |!   }j  :}
            _ノ;し  i}  {J  |
         ,、-,、'         ハ- 、
         ( .( '、_    _ ,ノ  ノ:i   )
        ,、'""`ー---‐'"フ、_ - _,、' -'"
        (  _   ,、'"    ̄
         `ー--─'"
千本目の蝋燭が消えますた・・・
新しい蝋燭を立ててくださいです・・・

289 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)