2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

山の炭焼き小屋

74 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :04/12/26 20:13:04 ID:ltA1Bdd8
知り合いの話。

家族でキャンプしていた時のこと。
夕食後、些細なことで息子さんが駄々をこね、泣き喚き始めたのだという。
いい加減、お守りに疲れていた彼女は一喝した。
「そんな我がまま言うのは、もう家の子じゃありません!」
といきなり、背後の木々の奥からしわがれた声が尋ねてきた。

「じゃあ、ワシにくれるのか?」

動転して振り向いたが、真っ暗な林の中には何も見えない。
気がつくと彼女は、青い顔をした夫に抱きしめられていた。
「あげませんっあげませんっ」と大声で叫び続けながら。
息子は、引き付けを起こしたように硬直していた。
森の声はそれ以上、答えてこなかったという。

それからというもの、息子に言うことを聞かせる時は、こう告げている。
「森の小父ちゃんにあげちゃいますよ!」
実に素直に従うのだという。
でも二度と、あのキャンプ場には近寄らないと決めているそうだ。


408 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)