2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

山の炭焼き小屋

136 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :04/12/28 21:22:56 ID:eNtXvmie
知り合いの話。

大学での研究のため、仲間三人である山系に入山することになった。
麓に丁度使われなくなった小屋があったので、持ち主を探し出し
「活動拠点として使わせてくれないか」と頼み込んだ。
持ち主は初め渋っていたが、やがて彼らの熱心さに負けたのか許してくれた。
ただ注意として、奇妙な言葉を告げられた。

「鍬が仕事を始めたら、すぐに山を下りなさい」

意味がわからなかったが、それ以上詳しくは教えてくれない。
気にせず、計画を立て入山したという。
小屋は少し荒れていたが、十分宿泊に耐える物だった。
気になって鍬を探してみたが、どこにも農具の類いは置かれていなかった。

現地での調査は順調に進んでいたそうだ。
山に入って一週間くらい立った、ある晩のこと。
知り合いは、微かな音に目を覚ました。
・・・ザック・・・ザック・・・ザック・・・
何か土でも掘っているかのような音だ。
やがて音は聞こえなくなり、彼は再び寝入ったという。

翌朝、仲間が小屋の後ろで小さな叫び声を上げた。
大人一人がすっぽりと入る程の大きな穴が、いつの間にかそこに掘られていた。
穴の数は三つ・・・丁度、仲間の頭数分だった。
皆が、例の鍬の話を思い出した。
何が起こっているのかはまったくわからなかったが、嫌な予感がする。
すぐさま下山したという。

結局、彼らは何回かに分けて短期入山し、目的を果たしたということだ。

408 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)