2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

山の炭焼き小屋

1 :本当にあった怖い名無し:04/12/24 01:36:58 ID:82+lBh7i
避難小屋が嵐で潰れてしまったので、炭焼き小屋に緊急避難しました。
完全sage進行、誘導禁止でお願いします。

111 :本当にあった怖い名無し:04/12/28 00:32:01 ID:FUOQxUke
>>110
そっ・・・それってまさか・・・やり手婆ァ!?(;・_・)ゴクリ・・・

112 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :04/12/28 03:56:16 ID:eNtXvmie
知り合いの話。

彼は二十年ほど前に、現在住んでいる街へ引っ越してきた。
それまでは山奥の寒村に住んでいたそうで、彼も彼の妹もそこで産まれた。
産婦人科病院というような物は存在せず、産婆が出産を面倒見ていたという。

彼の妹が産まれた時のこと。
彼が庭先で落ち着かずウロウロしていると、家の中から赤子の声が聞こえてきた。
産まれたんだ!
そう興奮した直後、いきなり障子が引き開けられ、怖い顔をした産婆が出てきた。
ずかずかと庭まで下りてくると、柿の木に向かって手をパッと振る。

「!!!っ」

声にならない悲鳴が聞こえ、何かがどさっと木から落ちた。
目を凝らしたがはっきりと見えず、ただ黒い影のような物が山の中へ逃げ去った。

後で聞いたところ、ヤマコを塩を撒いて追い払ったのだという。
ヤマコとは山中に住む物の怪で、猿のような姿形をしているのだそうだ。
ヤマコには雌という物が存在しないので、時々人里に下りてきては女子を攫って
山に帰ると言われていた。
「久しぶりに女の子が産まれたんで、気になって見に来たんだろうよ」
にこりともせずに、産婆さんはそう言ったのだという。


113 :本当にあった怖い名無し:04/12/28 03:58:46 ID:9tDUW9g5
>>112
一瞬赤ん坊を投げたかとおもたよ

114 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :04/12/28 04:01:25 ID:eNtXvmie
うむ、ようやっと飲みから開放された雷鳥です。
明日、というか今日も仕事なのにぃ〜!(涙)

>>110
子取り屋とかもらい子屋とかあったらしいですね。
東北の方なんか行くと、それなりな数のお話が収集できそうです。
しかし、これに関しては陰惨な昔話が結構あるので、正直書くのが
躊躇わられる類いが多いです。・・・ふぅ。

はっと!寝なくては。オヤスミナサイ。

115 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :04/12/28 04:03:13 ID:eNtXvmie
レス早っ!
っていうか、さすがに赤ん坊投げちゃアカンでしょ!(笑)
・・・投げ殺したって嫌な話も、あるにはありますが・・・

116 :110スレ違いゴメン:04/12/28 04:21:15 ID:XrfzGHUN
雷鳥氏乙です!
ヒサルキ系のもののけなんですかねぇ?妹さんが無事でなによりでした・・
雷鳥氏もご存じでしたかやっぱメジャーな話しだったんですかねぇ>>子とり…
昔話のようですが今でも洒落にならん現実的な話ですなぁ…

117 :本当にあった怖い名無し:04/12/28 07:18:40 ID:QbmOQCik
ほんっとうぜーなー

118 :本当にあった怖い名無し:04/12/28 07:45:05 ID:Knlkai3K
     * 最 終 警 告 *

     丿   ,;⌒⌒i.
  ノノノノ⌒ヽ (   ;;;;;)   ______
 (゚∈゚ )  ミ)     ,,:;;;)   | WARNING  |
/⌒\/(    ) ヽ| |/ |;,ノ  |  エリア51   |
( ミ   ∨∨  | /  .,i  |______|
 ノ  /     | | ,,i; ,, . ,;⌒‖
( \/ヽ ,,,丶, | |,,,;.    ;i,  ‖ヽ
 \ ) ) ..   ,,   ´ヽ (,,  ‖丿.,,,
 ///   ,,   ,,  .. ´ヽ  ‖,,, ..,
`ヾ ヽミ ,,  .、 ヽ .. ヽ丶,.ヽ ‖、,,
eatkyo354124.adsl.ppp.infoweb.ne.jp


119 :本当にあった怖い名無し:04/12/28 08:12:48 ID:JOjH7l7r
クソガキ、何回最終警告やってんだよ。
とことん粘着してみせんかい、口先野郎が。

120 :本当にあった怖い名無し:04/12/28 08:45:24 ID:Knlkai3K
     ____
    /∵∴∵∴\
   /∵∴∵∴∵∴\
  /∵∴∴,(・)(・)∴|
  |∵∵/   ● \|
  |∵ /  三 | 三 |  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  |∵ |   __|__  | < うるせーバーカ
   \|   \_/ /   \_______
     \____/


121 :本当にあった怖い名無し:04/12/28 09:05:33 ID:JOjH7l7r
クソガキ、お前の地獄の底はこんなもんなのか?
中途半端野郎はとっとと宿題でもやってろカスが。


122 :本当にあった怖い名無し:04/12/28 09:09:16 ID:ToLrn8Co
ママパパに買ってもらったパソコンで四六時中遊びにも行かず
閉じきった部屋でカタカタ荒らししている所を想像すると、ちょっともの悲しいものがあった。


123 :本当にあった怖い名無し:04/12/28 11:52:21 ID:e2sJiyUA
朝から2ちゃんするしかない窓際のおっさんもな。

124 :本当にあった怖い名無し:04/12/28 11:57:28 ID:Iy0KsV09
煽ってるフリして荒らしてるよな、君らも

125 :本当にあった怖い名無し:04/12/28 12:12:37 ID:e2sJiyUA
そうです。私が噂の荒しです。

126 :本当にあった怖い名無し:04/12/28 12:19:40 ID:AcL1s6mZ
漏れらおっさんはとっても苦い経験も沢山したけど、人生の愉しさも
満喫しますた。ここは気まぐれにたちよってちょっと遊んで行く所。

「粘着荒し君」は友達は勿論マムコなんて夢のまた夢で、自分の股と
キーボードだけがお友達。低次元な人生って愉しいでつか?そうでつか!
又のお越しお待ちしてまつ。

127 :本当にあった怖い名無し:04/12/28 12:25:48 ID:PtD/FBC2
何ていうかさ、荒らしさん。
AA使って荒らすんなら、せめて
1個1個、違うAA使ってよ。


芸がないよ・・・・・

128 :本当にあった怖い名無し:04/12/28 12:37:57 ID:e2sJiyUA
俺はおまいらより、おっさんです。

129 :本当にあった怖い名無し:04/12/28 12:43:36 ID:AcL1s6mZ
>>芸がないよ・・・・・

それはしょうが無いかと・・。芸があれば漏れらおっさんよりも
何倍も貴重な人生を荒しで粘着消費しないと思う。

荒しの徒然を哀れんで読める歌

「無残やな 山怖スレの 無駄嵐
     2ちゃんで吹いて 部屋で手でこく」




130 :本当にあった怖い名無し:04/12/28 14:52:05 ID:ttCFPRW1
うちの母も、暗くなってから外で遊んでると「ことり」が来るよ!
ってよく言ってたなぁ。
わたしは、小鳥??なんで?怖い小鳥がくるの?
って感じで、ハーピーみたいなのを想像してた。

そうか子取りだったんだな。


131 :本当にあった怖い名無し:04/12/28 15:18:53 ID:e2sJiyUA
しょっぱい奴らばっかやなあ

132 :本当にあった怖い名無し:04/12/28 17:05:04 ID:AcL1s6mZ
今、明治生まれでご存命の方がたが小さかった頃には、貧しい
日本国中で、間引きが当然のように行われていたと聞く。
知人の父親(もう亡くなられたが)が生まれた時は、産婆さん
が取り上げた時に泣き声を上げなかったというだけで、窒息死さ
せられそうになった。母親が泣いて懇願して死を逃れた。

漫画家の矢口高夫の幼い弟も百日咳で散々苦しんだ挙句、祖父の「ウチに医者
に見せるような金はねぇ」の一言でその運命を決められてしまった。

皆厳しい時代を生き抜いてきたものだ。

に比べて荒しの生き方のくだらなさよ・・・。

133 :本当にあった怖い名無し:04/12/28 18:17:26 ID:wldf4Jyf
奇しくもバチヘビ繋がり。

134 :本当にあった怖い名無し:04/12/28 20:23:27 ID:97bffgwQ
荒らしが発生して思い出したけど最近ピュ―――ってのが来ないね。
山崎渉ってどこ行ったの?

135 :本当にあった怖い名無し:04/12/28 20:24:23 ID:97bffgwQ
スマン、ageてしまった。
逝ってきまつ、便所に。

136 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :04/12/28 21:22:56 ID:eNtXvmie
知り合いの話。

大学での研究のため、仲間三人である山系に入山することになった。
麓に丁度使われなくなった小屋があったので、持ち主を探し出し
「活動拠点として使わせてくれないか」と頼み込んだ。
持ち主は初め渋っていたが、やがて彼らの熱心さに負けたのか許してくれた。
ただ注意として、奇妙な言葉を告げられた。

「鍬が仕事を始めたら、すぐに山を下りなさい」

意味がわからなかったが、それ以上詳しくは教えてくれない。
気にせず、計画を立て入山したという。
小屋は少し荒れていたが、十分宿泊に耐える物だった。
気になって鍬を探してみたが、どこにも農具の類いは置かれていなかった。

現地での調査は順調に進んでいたそうだ。
山に入って一週間くらい立った、ある晩のこと。
知り合いは、微かな音に目を覚ました。
・・・ザック・・・ザック・・・ザック・・・
何か土でも掘っているかのような音だ。
やがて音は聞こえなくなり、彼は再び寝入ったという。

翌朝、仲間が小屋の後ろで小さな叫び声を上げた。
大人一人がすっぽりと入る程の大きな穴が、いつの間にかそこに掘られていた。
穴の数は三つ・・・丁度、仲間の頭数分だった。
皆が、例の鍬の話を思い出した。
何が起こっているのかはまったくわからなかったが、嫌な予感がする。
すぐさま下山したという。

結局、彼らは何回かに分けて短期入山し、目的を果たしたということだ。

137 :本当にあった怖い名無し:04/12/28 21:23:29 ID:1+kfCeHK
ちゃんとケツ拭いてこいよ

138 :本当にあった怖い名無し:04/12/28 21:26:52 ID:1+kfCeHK
 ・   / ・
    ・  ・   \ / ノ w  ~  `;:゙;`,
 w  `;゚;  ;(●)llll((●); `;゚;w ゴキキ♪`;:゙;`
w`;:゙;`   (●)(●)(●)(●)~   ・ノ ~ξ,;''`;:゙;`
 \__ (●)(●)●)●)(●)__/・  ・ ~ `;:゙;``;:゙;`
・, w  (●)(●)(●)(●)(●) `;゚;   w ~ξ,;'' , `;:゙;`
  `;゚;  (●)(●)((●)((●)(●)__ ・  ・ξ `;:゙;`癶
 /  (●)(●)(●)(●)(●)(●)   \ w  ノ ~ξ,;''`;:゙;`
 `;:゙;` (●)(●)(●)(●)(●)(●)_`;:゙;``;゚;~ `;:゙;``;:゙;``;:゙;``;:゙;`
 /  (●)(●)(●)(●)(●)(●)  \,, ノ `;:゙;``;:゙;`
w   _(●)(●)●)(●)(●)(●)_`;:゙;` ・ `;゚; ~ξ,;''   ~ξ,;''`;:゙;`癶
`;゚;/  (l●)(●)(●)(●)(●l;)  \ w,  ・ ~ `;:゙;``;:゙;`
・ | .  (l;●)(●)(●)(●)(●) `;゚; |  ・~ w   ~ `;:゙;`    ~ξ,;''
  |  . (0●)(●)(●)(●)O) `;:゙;` |. ~  ~ξ,;''  `;:゙;`癶
  ,;;    (:●)●)(●)(●;),,~  ~ξ,;''・   。


139 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :04/12/28 21:27:08 ID:eNtXvmie
うぃ、眠くて眠くてたまらない状態の雷鳥であります。
眠くて眠くてたまらないので、今日は早めに書き込んで寝てしまいます。
文章がおかしいのは、全て睡眠不足がいけないのです。

♪睡眠睡眠睡眠睡眠、睡眠不足っ♪

うむ、見事に情緒不安定。
オヤスミナサイまし。


140 :うざいからあげます:04/12/28 21:27:52 ID:1+kfCeHK
 ・   / ・
    ・  ・   \ / ノ w  ~  `;:゙;`,
 w  `;゚;  ;(●)llll((●); `;゚;w ゴキキ♪`;:゙;`
w`;:゙;`   (●)(●)(●)(●)~   ・ノ ~ξ,;''`;:゙;`
 \__ (●)(●)●)●)(●)__/・  ・ ~ `;:゙;``;:゙;`
・, w  (●)(●)(●)(●)(●) `;゚;   w ~ξ,;'' , `;:゙;`
  `;゚;  (●)(●)((●)((●)(●)__ ・  ・ξ `;:゙;`癶
 /  (●)(●)(●)(●)(●)(●)   \ w  ノ ~ξ,;''`;:゙;`
 `;:゙;` (●)(●)(●)(●)(●)(●)_`;:゙;``;゚;~ `;:゙;``;:゙;``;:゙;``;:゙;`
 /  (●)(●)(●)(●)(●)(●)  \,, ノ `;:゙;``;:゙;`
w   _(●)(●)●)(●)(●)(●)_`;:゙;` ・ `;゚; ~ξ,;''   ~ξ,;''`;:゙;`癶
`;゚;/  (l●)(●)(●)(●)(●l;)  \ w,  ・ ~ `;:゙;``;:゙;`
・ | .  (l;●)(●)(●)(●)(●) `;゚; |  ・~ w   ~ `;:゙;`    ~ξ,;''
  |  . (0●)(●)(●)(●)O) `;:゙;` |. ~  ~ξ,;''  `;:゙;`癶
  ,;;    (:●)●)(●)(●;),,~  ~ξ,;''・   。


141 :うざいから流します:04/12/28 21:28:40 ID:1+kfCeHK
 ・   / ・
    ・  ・   \ / ノ w  ~  `;:゙;`,
 w  `;゚;  ;(●)llll((●); `;゚;w ゴキキ♪`;:゙;`
w`;:゙;`   (●)(●)(●)(●)~   ・ノ ~ξ,;''`;:゙;`
 \__ (●)(●)●)●)(●)__/・  ・ ~ `;:゙;``;:゙;`
・, w  (●)(●)(●)(●)(●) `;゚;   w ~ξ,;'' , `;:゙;`
  `;゚;  (●)(●)((●)((●)(●)__ ・  ・ξ `;:゙;`癶
 /  (●)(●)(●)(●)(●)(●)   \ w  ノ ~ξ,;''`;:゙;`
 `;:゙;` (●)(●)(●)(●)(●)(●)_`;:゙;``;゚;~ `;:゙;``;:゙;``;:゙;``;:゙;`
 /  (●)(●)(●)(●)(●)(●)  \,, ノ `;:゙;``;:゙;`
w   _(●)(●)●)(●)(●)(●)_`;:゙;` ・ `;゚; ~ξ,;''   ~ξ,;''`;:゙;`癶
`;゚;/  (l●)(●)(●)(●)(●l;)  \ w,  ・ ~ `;:゙;``;:゙;`
・ | .  (l;●)(●)(●)(●)(●) `;゚; |  ・~ w   ~ `;:゙;`    ~ξ,;''
  |  . (0●)(●)(●)(●)O) `;:゙;` |. ~  ~ξ,;''  `;:゙;`癶
  ,;;    (:●)●)(●)(●;),,~  ~ξ,;''・   。


142 :うざいから流します:04/12/28 21:29:18 ID:1+kfCeHK
 ・   / ・
    ・  ・   \ / ノ w  ~  `;:゙;`,
 w  `;゚;  ;(●)llll((●); `;゚;w ゴキキ♪`;:゙;`
w`;:゙;`   (●)(●)(●)(●)~   ・ノ ~ξ,;''`;:゙;`
 \__ (●)(●)●)●)(●)__/・  ・ ~ `;:゙;``;:゙;`
・, w  (●)(●)(●)(●)(●) `;゚;   w ~ξ,;'' , `;:゙;`
  `;゚;  (●)(●)((●)((●)(●)__ ・  ・ξ `;:゙;`癶
 /  (●)(●)(●)(●)(●)(●)   \ w  ノ ~ξ,;''`;:゙;`
 `;:゙;` (●)(●)(●)(●)(●)(●)_`;:゙;``;゚;~ `;:゙;``;:゙;``;:゙;``;:゙;`
 /  (●)(●)(●)(●)(●)(●)  \,, ノ `;:゙;``;:゙;`
w   _(●)(●)●)(●)(●)(●)_`;:゙;` ・ `;゚; ~ξ,;''   ~ξ,;''`;:゙;`癶
`;゚;/  (l●)(●)(●)(●)(●l;)  \ w,  ・ ~ `;:゙;``;:゙;`
・ | .  (l;●)(●)(●)(●)(●) `;゚; |  ・~ w   ~ `;:゙;`    ~ξ,;''
  |  . (0●)(●)(●)(●)O) `;:゙;` |. ~  ~ξ,;''  `;:゙;`癶
  ,;;    (:●)●)(●)(●;),,~  ~ξ,;''・   。


143 :うざいから流します:04/12/28 21:30:00 ID:1+kfCeHK
 ・   / ・
    ・  ・   \ / ノ w  ~  `;:゙;`,
 w  `;゚;  ;(●)llll((●); `;゚;w ゴキキ♪`;:゙;`
w`;:゙;`   (●)(●)(●)(●)~   ・ノ ~ξ,;''`;:゙;`
 \__ (●)(●)●)●)(●)__/・  ・ ~ `;:゙;``;:゙;`
・, w  (●)(●)(●)(●)(●) `;゚;   w ~ξ,;'' , `;:゙;`
  `;゚;  (●)(●)((●)((●)(●)__ ・  ・ξ `;:゙;`癶
 /  (●)(●)(●)(●)(●)(●)   \ w  ノ ~ξ,;''`;:゙;`
 `;:゙;` (●)(●)(●)(●)(●)(●)_`;:゙;``;゚;~ `;:゙;``;:゙;``;:゙;``;:゙;`
 /  (●)(●)(●)(●)(●)(●)  \,, ノ `;:゙;``;:゙;`
w   _(●)(●)●)(●)(●)(●)_`;:゙;` ・ `;゚; ~ξ,;''   ~ξ,;''`;:゙;`癶
`;゚;/  (l●)(●)(●)(●)(●l;)  \ w,  ・ ~ `;:゙;``;:゙;`
・ | .  (l;●)(●)(●)(●)(●) `;゚; |  ・~ w   ~ `;:゙;`    ~ξ,;''
  |  . (0●)(●)(●)(●)O) `;:゙;` |. ~  ~ξ,;''  `;:゙;`癶
  ,;;    (:●)●)(●)(●;),,~  ~ξ,;''・   。


144 :うざいから流します:04/12/28 21:30:34 ID:1+kfCeHK
 ・   / ・
    ・  ・   \ / ノ w  ~  `;:゙;`,
 w  `;゚;  ;(●)llll((●); `;゚;w ゴキキ♪`;:゙;`
w`;:゙;`   (●)(●)(●)(●)~   ・ノ ~ξ,;''`;:゙;`
 \__ (●)(●)●)●)(●)__/・  ・ ~ `;:゙;``;:゙;`
・, w  (●)(●)(●)(●)(●) `;゚;   w ~ξ,;'' , `;:゙;`
  `;゚;  (●)(●)((●)((●)(●)__ ・  ・ξ `;:゙;`癶
 /  (●)(●)(●)(●)(●)(●)   \ w  ノ ~ξ,;''`;:゙;`
 `;:゙;` (●)(●)(●)(●)(●)(●)_`;:゙;``;゚;~ `;:゙;``;:゙;``;:゙;``;:゙;`
 /  (●)(●)(●)(●)(●)(●)  \,, ノ `;:゙;``;:゙;`
w   _(●)(●)●)(●)(●)(●)_`;:゙;` ・ `;゚; ~ξ,;''   ~ξ,;''`;:゙;`癶
`;゚;/  (l●)(●)(●)(●)(●l;)  \ w,  ・ ~ `;:゙;``;:゙;`
・ | .  (l;●)(●)(●)(●)(●) `;゚; |  ・~ w   ~ `;:゙;`    ~ξ,;''
  |  . (0●)(●)(●)(●)O) `;:゙;` |. ~  ~ξ,;''  `;:゙;`癶
  ,;;    (:●)●)(●)(●;),,~  ~ξ,;''・   。


145 :うざいから流します:04/12/28 21:31:23 ID:1+kfCeHK
 ・   / ・
    ・  ・   \ / ノ w  ~  `;:゙;`,
 w  `;゚;  ;(●)llll((●); `;゚;w ゴキキ♪`;:゙;`
w`;:゙;`   (●)(●)(●)(●)~   ・ノ ~ξ,;''`;:゙;`
 \__ (●)(●)●)●)(●)__/・  ・ ~ `;:゙;``;:゙;`
・, w  (●)(●)(●)(●)(●) `;゚;   w ~ξ,;'' , `;:゙;`
  `;゚;  (●)(●)((●)((●)(●)__ ・  ・ξ `;:゙;`癶
 /  (●)(●)(●)(●)(●)(●)   \ w  ノ ~ξ,;''`;:゙;`
 `;:゙;` (●)(●)(●)(●)(●)(●)_`;:゙;``;゚;~ `;:゙;``;:゙;``;:゙;``;:゙;`
 /  (●)(●)(●)(●)(●)(●)  \,, ノ `;:゙;``;:゙;`
w   _(●)(●)●)(●)(●)(●)_`;:゙;` ・ `;゚; ~ξ,;''   ~ξ,;''`;:゙;`癶
`;゚;/  (l●)(●)(●)(●)(●l;)  \ w,  ・ ~ `;:゙;``;:゙;`
・ | .  (l;●)(●)(●)(●)(●) `;゚; |  ・~ w   ~ `;:゙;`    ~ξ,;''
  |  . (0●)(●)(●)(●)O) `;:゙;` |. ~  ~ξ,;''  `;:゙;`癶
  ,;;    (:●)●)(●)(●;),,~  ~ξ,;''・   。


146 :うざいから流します:04/12/28 21:32:04 ID:1+kfCeHK
 ・   / ・
    ・  ・   \ / ノ w  ~  `;:゙;`,
 w  `;゚;  ;(●)llll((●); `;゚;w ゴキキ♪`;:゙;`
w`;:゙;`   (●)(●)(●)(●)~   ・ノ ~ξ,;''`;:゙;`
 \__ (●)(●)●)●)(●)__/・  ・ ~ `;:゙;``;:゙;`
・, w  (●)(●)(●)(●)(●) `;゚;   w ~ξ,;'' , `;:゙;`
  `;゚;  (●)(●)((●)((●)(●)__ ・  ・ξ `;:゙;`癶
 /  (●)(●)(●)(●)(●)(●)   \ w  ノ ~ξ,;''`;:゙;`
 `;:゙;` (●)(●)(●)(●)(●)(●)_`;:゙;``;゚;~ `;:゙;``;:゙;``;:゙;``;:゙;`
 /  (●)(●)(●)(●)(●)(●)  \,, ノ `;:゙;``;:゙;`
w   _(●)(●)●)(●)(●)(●)_`;:゙;` ・ `;゚; ~ξ,;''   ~ξ,;''`;:゙;`癶
`;゚;/  (l●)(●)(●)(●)(●l;)  \ w,  ・ ~ `;:゙;``;:゙;`
・ | .  (l;●)(●)(●)(●)(●) `;゚; |  ・~ w   ~ `;:゙;`    ~ξ,;''
  |  . (0●)(●)(●)(●)O) `;:゙;` |. ~  ~ξ,;''  `;:゙;`癶
  ,;;    (:●)●)(●)(●;),,~  ~ξ,;''・   。


147 :うざいから流します:04/12/28 21:32:49 ID:1+kfCeHK
 ・   / ・
    ・  ・   \ / ノ w  ~  `;:゙;`,
 w  `;゚;  ;(●)llll((●); `;゚;w ゴキキ♪`;:゙;`
w`;:゙;`   (●)(●)(●)(●)~   ・ノ ~ξ,;''`;:゙;`
 \__ (●)(●)●)●)(●)__/・  ・ ~ `;:゙;``;:゙;`
・, w  (●)(●)(●)(●)(●) `;゚;   w ~ξ,;'' , `;:゙;`
  `;゚;  (●)(●)((●)((●)(●)__ ・  ・ξ `;:゙;`癶
 /  (●)(●)(●)(●)(●)(●)   \ w  ノ ~ξ,;''`;:゙;`
 `;:゙;` (●)(●)(●)(●)(●)(●)_`;:゙;``;゚;~ `;:゙;``;:゙;``;:゙;``;:゙;`
 /  (●)(●)(●)(●)(●)(●)  \,, ノ `;:゙;``;:゙;`
w   _(●)(●)●)(●)(●)(●)_`;:゙;` ・ `;゚; ~ξ,;''   ~ξ,;''`;:゙;`癶
`;゚;/  (l●)(●)(●)(●)(●l;)  \ w,  ・ ~ `;:゙;``;:゙;`
・ | .  (l;●)(●)(●)(●)(●) `;゚; |  ・~ w   ~ `;:゙;`    ~ξ,;''
  |  . (0●)(●)(●)(●)O) `;:゙;` |. ~  ~ξ,;''  `;:゙;`癶
  ,;;    (:●)●)(●)(●;),,~  ~ξ,;''・   。


148 :うざいから流します:04/12/28 21:33:24 ID:1+kfCeHK
 ・   / ・
    ・  ・   \ / ノ w  ~  `;:゙;`,
 w  `;゚;  ;(●)llll((●); `;゚;w ゴキキ♪`;:゙;`
w`;:゙;`   (●)(●)(●)(●)~   ・ノ ~ξ,;''`;:゙;`
 \__ (●)(●)●)●)(●)__/・  ・ ~ `;:゙;``;:゙;`
・, w  (●)(●)(●)(●)(●) `;゚;   w ~ξ,;'' , `;:゙;`
  `;゚;  (●)(●)((●)((●)(●)__ ・  ・ξ `;:゙;`癶
 /  (●)(●)(●)(●)(●)(●)   \ w  ノ ~ξ,;''`;:゙;`
 `;:゙;` (●)(●)(●)(●)(●)(●)_`;:゙;``;゚;~ `;:゙;``;:゙;``;:゙;``;:゙;`
 /  (●)(●)(●)(●)(●)(●)  \,, ノ `;:゙;``;:゙;`
w   _(●)(●)●)(●)(●)(●)_`;:゙;` ・ `;゚; ~ξ,;''   ~ξ,;''`;:゙;`癶
`;゚;/  (l●)(●)(●)(●)(●l;)  \ w,  ・ ~ `;:゙;``;:゙;`
・ | .  (l;●)(●)(●)(●)(●) `;゚; |  ・~ w   ~ `;:゙;`    ~ξ,;''
  |  . (0●)(●)(●)(●)O) `;:゙;` |. ~  ~ξ,;''  `;:゙;`癶
  ,;;    (:●)●)(●)(●;),,~  ~ξ,;''・   。


149 :うざいから流します:04/12/28 21:33:59 ID:1+kfCeHK
 ・   / ・
    ・  ・   \ / ノ w  ~  `;:゙;`,
 w  `;゚;  ;(●)llll((●); `;゚;w ゴキキ♪`;:゙;`
w`;:゙;`   (●)(●)(●)(●)~   ・ノ ~ξ,;''`;:゙;`
 \__ (●)(●)●)●)(●)__/・  ・ ~ `;:゙;``;:゙;`
・, w  (●)(●)(●)(●)(●) `;゚;   w ~ξ,;'' , `;:゙;`
  `;゚;  (●)(●)((●)((●)(●)__ ・  ・ξ `;:゙;`癶
 /  (●)(●)(●)(●)(●)(●)   \ w  ノ ~ξ,;''`;:゙;`
 `;:゙;` (●)(●)(●)(●)(●)(●)_`;:゙;``;゚;~ `;:゙;``;:゙;``;:゙;``;:゙;`
 /  (●)(●)(●)(●)(●)(●)  \,, ノ `;:゙;``;:゙;`
w   _(●)(●)●)(●)(●)(●)_`;:゙;` ・ `;゚; ~ξ,;''   ~ξ,;''`;:゙;`癶
`;゚;/  (l●)(●)(●)(●)(●l;)  \ w,  ・ ~ `;:゙;``;:゙;`
・ | .  (l;●)(●)(●)(●)(●) `;゚; |  ・~ w   ~ `;:゙;`    ~ξ,;''
  |  . (0●)(●)(●)(●)O) `;:゙;` |. ~  ~ξ,;''  `;:゙;`癶
  ,;;    (:●)●)(●)(●;),,~  ~ξ,;''・   。


150 :本当にあった怖い名無し:04/12/28 21:39:05 ID:d2dxeJo9
うざいというおまいがうざいっての。

151 :本当にあった怖い名無し:04/12/28 21:41:33 ID:AqsivYNv
この掲示板はサービス停止中です。

152 :うざいから流します:04/12/28 21:45:36 ID:1+kfCeHK
(@盆@:)(@盆@:) (@盆@:) (@盆@:)(@盆@:) (@盆@:) (@盆@:)(@盆@:)
(@盆@:)(@盆@:)(@盆@:)(@盆@:)(@盆@:) (@盆@:)(@盆@:)(@盆@:)
  (@盆@:)(@盆@:)(@盆@:)(@盆@:)(@盆@:)(@盆@:)(@盆@:)(@盆@:)
(@盆@:)(@盆@:) (@盆@:) (@盆@:)(@盆@:) (@盆@:) (@盆@:)(@盆@:)
(@盆@:)(@盆@:)(@盆@:)(@盆@:)(@盆@:) (@盆@:)(@盆@:)(@盆@:)
  (@盆@:)(@盆@:)(@盆@:)(@盆@:)(@盆@:)(@盆@:)(@盆@:)(@盆@:)
(@盆@:)(@盆@:) (@盆@:) (@盆@:)(@盆@:) (@盆@:) (@盆@:)(@盆@:)
(@盆@:)(@盆@:)(@盆@:)(@盆@:)(@盆@:) (@盆@:)(@盆@:)(@盆@:)
  (@盆@:)(@盆@:)(@盆@:)(@盆@:)(@盆@:)(@盆@:)(@盆@:)(@盆@:)
(@盆@:)(@盆@:) (@盆@:) (@盆@:)(@盆@:) (@盆@:) (@盆@:)(@盆@:)
(@盆@:)(@盆@:)(@盆@:)(@盆@:)(@盆@:) (@盆@:)(@盆@:)(@盆@:)
  (@盆@:)(@盆@:)(@盆@:)(@盆@:)(@盆@:)(@盆@:)(@盆@:)(@盆@:)
(@盆@:)(@盆@:) (@盆@:) (@盆@:)(@盆@:) (@盆@:) (@盆@:)(@盆@:)
(@盆@:)(@盆@:)(@盆@:)(@盆@:)(@盆@:) (@盆@:)(@盆@:)(@盆@:)
  (@盆@:)(@盆@:)(@盆@:)(@盆@:)(@盆@:)(@盆

153 :うざいから流します:04/12/28 21:46:15 ID:1+kfCeHK
(@盆@:)(@盆@:) (@盆@:) (@盆@:)(@盆@:) (@盆@:) (@盆@:)(@盆@:)
(@盆@:)(@盆@:)(@盆@:)(@盆@:)(@盆@:) (@盆@:)(@盆@:)(@盆@:)
  (@盆@:)(@盆@:)(@盆@:)(@盆@:)(@盆@:)(@盆@:)(@盆@:)(@盆@:)
(@盆@:)(@盆@:) (@盆@:) (@盆@:)(@盆@:) (@盆@:) (@盆@:)(@盆@:)
(@盆@:)(@盆@:)(@盆@:)(@盆@:)(@盆@:) (@盆@:)(@盆@:)(@盆@:)
  (@盆@:)(@盆@:)(@盆@:)(@盆@:)(@盆@:)(@盆@:)(@盆@:)(@盆@:)
(@盆@:)(@盆@:) (@盆@:) (@盆@:)(@盆@:) (@盆@:) (@盆@:)(@盆@:)
(@盆@:)(@盆@:)(@盆@:)(@盆@:)(@盆@:) (@盆@:)(@盆@:)(@盆@:)
  (@盆@:)(@盆@:)(@盆@:)(@盆@:)(@盆@:)(@盆@:)(@盆@:)(@盆@:)
(@盆@:)(@盆@:) (@盆@:) (@盆@:)(@盆@:) (@盆@:) (@盆@:)(@盆@:)
(@盆@:)(@盆@:)(@盆@:)(@盆@:)(@盆@:) (@盆@:)(@盆@:)(@盆@:)
  (@盆@:)(@盆@:)(@盆@:)(@盆@:)(@盆@:)(@盆@:)(@盆@:)(@盆@:)
(@盆@:)(@盆@:) (@盆@:) (@盆@:)(@盆@:) (@盆@:) (@盆@:)(@盆@:)
(@盆@:)(@盆@:)(@盆@:)(@盆@:)(@盆@:) (@盆@:)(@盆@:)(@盆@:)
  (@盆@:)(@盆@:)(@盆@:)(@盆@:)(@盆@:)(@盆

154 :うざいから流します:04/12/28 21:46:56 ID:1+kfCeHK
(@盆@:)(@盆@:) (@盆@:) (@盆@:)(@盆@:) (@盆@:) (@盆@:)(@盆@:)
(@盆@:)(@盆@:)(@盆@:)(@盆@:)(@盆@:) (@盆@:)(@盆@:)(@盆@:)
  (@盆@:)(@盆@:)(@盆@:)(@盆@:)(@盆@:)(@盆@:)(@盆@:)(@盆@:)
(@盆@:)(@盆@:) (@盆@:) (@盆@:)(@盆@:) (@盆@:) (@盆@:)(@盆@:)
(@盆@:)(@盆@:)(@盆@:)(@盆@:)(@盆@:) (@盆@:)(@盆@:)(@盆@:)
  (@盆@:)(@盆@:)(@盆@:)(@盆@:)(@盆@:)(@盆@:)(@盆@:)(@盆@:)
(@盆@:)(@盆@:) (@盆@:) (@盆@:)(@盆@:) (@盆@:) (@盆@:)(@盆@:)
(@盆@:)(@盆@:)(@盆@:)(@盆@:)(@盆@:) (@盆@:)(@盆@:)(@盆@:)
  (@盆@:)(@盆@:)(@盆@:)(@盆@:)(@盆@:)(@盆@:)(@盆@:)(@盆@:)
(@盆@:)(@盆@:) (@盆@:) (@盆@:)(@盆@:) (@盆@:) (@盆@:)(@盆@:)
(@盆@:)(@盆@:)(@盆@:)(@盆@:)(@盆@:) (@盆@:)(@盆@:)(@盆@:)
  (@盆@:)(@盆@:)(@盆@:)(@盆@:)(@盆@:)(@盆@:)(@盆@:)(@盆@:)
(@盆@:)(@盆@:) (@盆@:) (@盆@:)(@盆@:) (@盆@:) (@盆@:)(@盆@:)
(@盆@:)(@盆@:)(@盆@:)(@盆@:)(@盆@:) (@盆@:)(@盆@:)(@盆@:)
  (@盆@:)(@盆@:)(@盆@:)(@盆@:)(@盆@:)(@盆

155 :本当にあった怖い名無し:04/12/28 21:51:36 ID:UY9ZqKDP
専ブラの前には無力。まさに何とかの一つ覚え。

156 :雷鳥一号:04/12/28 22:01:33 ID:1+kfCeHK
   ∩___∩
   | ノ      ヽ/⌒) あばばばばばば
  /⌒)_●_  _●_ | .|
 / /   ( _●_)  ミ/    ∩―−、
.(  ヽ  |∪|  /    / (゚) 、_ `ヽ
 \    ヽノ /      /  ( ●  (゚) |つ
  /      /      | /(入__ノ   ミ   あばばっあびゃばびゃばば
 |       /       、 (_/    ノ
 |  /\ \       \___ ノ゙ ─ー
 | /    )  )       \       _
 ∪    (  \        \     \
       \_)




157 :雷鳥一号:04/12/28 22:09:44 ID:1+kfCeHK
             ,ィ⊃  , -- 、
    ,r─-、      ,. ' /   ,/ 〈〈〈〈 ヽ
   {     ヽ  / ∠ 、___/  〈⊃  }
   ヽ.      V-─- 、  , ',_ヽ..  |   |
     ヽ  ヾ、  ',ニ、 ヽ_/ rュ、 ゙、.. |   |        ∩___∩
     \  l  トこ,!   {`-'}  Y|   |        | ノ --‐'  、_\
       ヽj   'ー'' ⊆) '⌒`  !    !   ,,・,_  / ,_;:;:;ノ、  ● |
         l     ヘ‐--‐ケ   }  /   ’,∴ ・ ¨ |    ( _●_)  ミ
         ヽ.     ゙<‐y′   //   、・∵ ’   彡、   |∪|   ミ
      (ヽ、__,.ゝ、_  ~  ___,ノ            /     ヽノ ̄ヽ
      )           ノ/`'            /       /\ 〉




158 :本当にあった怖い名無し:04/12/28 22:14:03 ID:gfo3tNVL
同じ物ばっかだな。

159 :本当にあった怖い名無し:04/12/28 22:15:00 ID:QggT6KaT
>>136
乙。・・・過去に埋められた人でもいるのかな・・・
何が穴掘っていたんだか。

160 :雷鳥一号:04/12/28 22:23:48 ID:1+kfCeHK
             ,ィ⊃  , -- 、
    ,r─-、      ,. ' /   ,/ 〈〈〈〈 ヽ
   {     ヽ  / ∠ 、___/  〈⊃  }
   ヽ.      V-─- 、  , ',_ヽ..  |   |
     ヽ  ヾ、  ',ニ、 ヽ_/ rュ、 ゙、.. |   |        ∩___∩
     \  l  トこ,!   {`-'}  Y|   |        | ノ --‐'  、_\
       ヽj   'ー'' ⊆) '⌒`  !    !   ,,・,_  / ,_;:;:;ノ、  ● |
         l     ヘ‐--‐ケ   }  /   ’,∴ ・ ¨ |    ( _●_)  ミ
         ヽ.     ゙<‐y′   //   、・∵ ’   彡、   |∪|   ミ
      (ヽ、__,.ゝ、_  ~  ___,ノ            /     ヽノ ̄ヽ
      )           ノ/`'            /       /\ 〉




161 :本当にあった怖い名無し:04/12/28 22:28:06 ID:hj6vZoNP
荒しのあはれの根を見つめつつ読める歌 いとあはれなり

やわマンの 熱き血潮に触れられず
孤独な白汁 今日も手に受く

母を見る 眼に宿る慾 魔性哀しき

162 :本当にあった怖い名無し:04/12/28 22:40:14 ID:SmR0g87D
粘着ウザいね
基地害って、こいつの事を言うんだね
恥ずかしくないのか??

163 :本当にあった怖い名無し:04/12/28 22:42:36 ID:UKiKfRJU
お前みたいに反応しちゃう奴のほうがうざい。

164 :本当にあった怖い名無し:04/12/28 23:03:29 ID:XrfzGHUN
前よりパワーダウンしてますね。何ならみんなで応援してさしあげれば?
この人が満足するまで頑張ってもらえば?どうせ1000取りたいだけなんだからW

165 :雷鳥一号:04/12/28 23:35:50 ID:1+kfCeHK
∩___∩
   | ノ      ヽ
  /  >   ● |   呼んだ?
  |    ( _●_)  ミ
 彡、   |∪|   )
/      ヽノ //
ヽ|       /
 |       /
 ヽ /  /
  / /ヽ
(´_ /ヾ_)



166 :本当にあった怖い名無し:04/12/29 00:04:58 ID:xXje60rC
みんながね、嵐クン前みたいな情熱が感じられないねって。

167 :本当にあった怖い名無し:04/12/29 00:15:25 ID:r2a7bqpk
>>162
いや恥を知らんから基地外なんだよ。

168 :本当にあった怖い名無し:04/12/29 05:15:59 ID:J6gH0cB5
>荒らし
どうせ荒らすんなら「山崎渉」本人としてピュ―――っと荒らしてくれ。
そしたらお前の居ない間は俺が変わりに荒らしてやってもいい。

169 :本当にあった怖い名無し:04/12/29 07:20:09 ID:+2xDQsuH
>>168
それに引っかかるほど低レベルな「荒らし」はおらんでしょう

170 :本当にあった怖い名無し:04/12/29 07:45:35 ID:DssDokMx
てゆうかオナニーは人前でしないようにネ(w

あ ら し く ん(ハアト

171 :本当にあった怖い名無し:04/12/29 08:23:01 ID:xW+/mhEs
スルーできない厨が多過ぎる件について

172 :本当にあった怖い名無し:04/12/29 11:30:44 ID:ujV3ur3o
雷鳥さん乙です。

丁度さっき、民俗学の「猿にさらわれる女性」(異類婚)のモチーフについて読んでるところだった…

173 :本当にあった怖い名無し:04/12/29 11:42:29 ID:EQ7YGNmr
くせーんだよ雷鳥市ね

174 :本当にあった怖い名無し:04/12/29 12:22:00 ID:n2Lg4Meo
猿にさらわれるってのは、昔
夢枕獏先生の『闇狩り師』に出てきたなぁ。
よく読んだなぁ。

175 :本当にあった怖い名無し:04/12/29 12:30:48 ID:EQ7YGNmr
俺が雷鳥1号だ!文句あるか?

176 :本当にあった怖い名無し:04/12/29 13:57:03 ID:SDudxc70
ぬ〜べ〜にも出ていたような気がス

177 :本当にあった怖い名無し:04/12/29 14:24:42 ID:EQ7YGNmr
ちんぽが?

178 :本当にあった怖い名無し:04/12/29 15:47:11 ID:DssDokMx
ちんぱん爺は他の固体の子供を取って喰う事があるらしいよ(勢力争い上の理由で)、だいぶうろ覚えだけど他国の話で人の子(赤子)もちんぱん爺の犠牲になった例もあったとか

179 :本当にあった怖い名無し:04/12/29 19:12:52 ID:cACeEm5x
(゚∀゚)<コーヒー牛乳飲んでいい?

180 :本当にあった怖い名無し:04/12/29 19:41:26 ID:EQ7YGNmr
おれにものませろや

181 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :04/12/30 02:27:33 ID:ZEQxEIyP
友人の話。

年の暮れ、大掃除で出たゴミを庭で燃やしていた時のこと。
火に当たりながらぼんやり裏山を見ていると、何かが動いているのに気がついた。
黒い斜面に浮かび上がった、細い何本もの白い筋。
薄く光りながらウネウネと蠕動し、山の面を滑っている。
まるで、大きな白蛇が這っているように見えたという。

丁度、祖父が家から出てきたので「あれは何だろ?」と問い掛けた。
祖父は一瞥してから「道が動いているのサ」と簡潔に答えてきた。
「普通わしらが通る道でないから気にすんな」と。

「あまり見ん方がいいぞ」
そう言われた彼は火の当番に戻った。
ゴミが燃え尽きる頃、白い光はうっすらと消えていった。


182 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :04/12/30 02:37:26 ID:ZEQxEIyP
毎度であります。

ところで、山とまったく関係ない私事ですが・・・
興味ない方はすっ飛ばしてくださいまし。

最近胃の調子が悪かったことを知り合いに話したところ、
「コレ飲むといいかもよ」と、ある薬をいただきました。
天然ビール酵母配合とかで、まぁ体に悪いことはないだろうと
あまり深く考えずに服用していましたが、飲み始めてから明らかに
調子がおかしい!

いや、胃腸の調子はかなり良くなったんですが、いや、その。
すごく下世話な話なんですが・・・○○が明らかに倍増してる!?
そんな関係の友人にも指摘されるくらい、明々白々。

思わずエ○○スでググッたところ。
・・・すんごい薬だったのですね。orz
すいませぬ、どうしてもどこかでブチマケタカッタモノデ。
スルーしてくださいまし。
ではオヤスミナサイ。

183 :本当にあった怖い名無し:04/12/30 03:15:12 ID:IMRsrq47
アレはすごいらしいですねw

184 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :04/12/30 03:39:58 ID:ZEQxEIyP
>>116
どーもです。
知り合いの里の伝承では、ヤマコは赤子は攫わないんだそうです。
年頃になってから拉致しに来るということらしいです。
目的は自分の子孫を増やすため。エッチな奴だ(笑)。

割とポピュラーな山怪らしく、確か水木しげる御大も絵にしていた記憶あり。
(まぁあの先生の妖怪画はすべて元ネタがあるらしいのですが ^^;)
地方によって性格が違うみたいです。
攫った娘が子供を生んだら、無事に里へ帰すヤマコもいれば、子供ができたら
用済みとばかりに食ってしまうモノもあったそうで。
後者見たく、狒々と混同されている地方もあるそうです。

民俗学的にいうとサンカのことではないかという論もあるみたい。
そういえば、炭の焼き子のことをヤマコと呼ぶ所もあったなぁ。

>>130
コートロっていう妖怪の話を聞いたことがあります。
夜更かししている子供の前に現れて、どこかへ連れて行っちゃうんだそうです。
これも「子を盗る」→「コートロ」が名の由来なのではないかという気がします。
昔は神隠しなんかも多かったでしょうからね〜。
こんな妖怪が生まれた背景も、そんな社会情勢があったんでしょうね。


185 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :04/12/30 03:45:33 ID:ZEQxEIyP
>>183
すごいです(笑)。
体質にもよるみたいですが、いやまあなんと言うか。ゲフンゲフン

事情知る前は、『マジでオイラは打ち止めが近いんじゃないか!?』なんて
心配してしまいましたヨ、ええ。
紹介してくれた知り合いは人体実験みたいなつもりで私にくれたとか。orz

・・・色々と楽しいのも事実なのですが。
これ以上すると、『山にまつわる艶っぽい話』になるので、この辺で。


186 :本当にあった怖い名無し:04/12/30 04:14:30 ID:52ygZGWy
雷鳥氏乙です!よく云う霊道みたいなものですかねぇ…
>>184 確か、過去スレに山で行方不明になった娘さんが妊娠させられて帰ってきて異形の赤ちゃんを…って話がありますたねぇ・・・

187 :本当にあった怖い名無し:04/12/30 05:34:14 ID:H2sus839
>>182
なんて薬ですか?○の二文字を教えてください。


188 :うざいから流します:04/12/30 06:23:20 ID:wvl2irSx
 ・   / ・
    ・  ・   \ / ノ w  ~  `;:゙;`,
 w  `;゚;  ;(●)llll((●); `;゚;w ゴキキ♪`;:゙;`
w`;:゙;`   (●)(●)(●)(●)~   ・ノ ~ξ,;''`;:゙;`
 \__ (●)(●)●)●)(●)__/・  ・ ~ `;:゙;``;:゙;`
・, w  (●)(●)(●)(●)(●) `;゚;   w ~ξ,;'' , `;:゙;`
  `;゚;  (●)(●)((●)((●)(●)__ ・  ・ξ `;:゙;`癶
 /  (●)(●)(●)(●)(●)(●)   \ w  ノ ~ξ,;''`;:゙;`
 `;:゙;` (●)(●)(●)(●)(●)(●)_`;:゙;``;゚;~ `;:゙;``;:゙;``;:゙;``;:゙;`
 /  (●)(●)(●)(●)(●)(●)  \,, ノ `;:゙;``;:゙;`
w   _(●)(●)●)(●)(●)(●)_`;:゙;` ・ `;゚; ~ξ,;''   ~ξ,;''`;:゙;`癶
`;゚;/  (l●)(●)(●)(●)(●l;)  \ w,  ・ ~ `;:゙;``;:゙;`
・ | .  (l;●)(●)(●)(●)(●) `;゚; |  ・~ w   ~ `;:゙;`    ~ξ,;''
  |  . (0●)(●)(●)(●)O) `;:゙;` |. ~  ~ξ,;''  `;:゙;`癶
  ,;;    (:●)●)(●)(●;),,~  ~ξ,;''・   。


189 :うざいから流します:04/12/30 06:24:03 ID:wvl2irSx
 ・   / ・
    ・  ・   \ / ノ w  ~  `;:゙;`,
 w  `;゚;  ;(●)llll((●); `;゚;w ゴキキ♪`;:゙;`
w`;:゙;`   (●)(●)(●)(●)~   ・ノ ~ξ,;''`;:゙;`
 \__ (●)(●)●)●)(●)__/・  ・ ~ `;:゙;``;:゙;`
・, w  (●)(●)(●)(●)(●) `;゚;   w ~ξ,;'' , `;:゙;`
  `;゚;  (●)(●)((●)((●)(●)__ ・  ・ξ `;:゙;`癶
 /  (●)(●)(●)(●)(●)(●)   \ w  ノ ~ξ,;''`;:゙;`
 `;:゙;` (●)(●)(●)(●)(●)(●)_`;:゙;``;゚;~ `;:゙;``;:゙;``;:゙;``;:゙;`
 /  (●)(●)(●)(●)(●)(●)  \,, ノ `;:゙;``;:゙;`
w   _(●)(●)●)(●)(●)(●)_`;:゙;` ・ `;゚; ~ξ,;''   ~ξ,;''`;:゙;`癶
`;゚;/  (l●)(●)(●)(●)(●l;)  \ w,  ・ ~ `;:゙;``;:゙;`
・ | .  (l;●)(●)(●)(●)(●) `;゚; |  ・~ w   ~ `;:゙;`    ~ξ,;''
  |  . (0●)(●)(●)(●)O) `;:゙;` |. ~  ~ξ,;''  `;:゙;`癶
  ,;;    (:●)●)(●)(●;),,~  ~ξ,;''・   。


190 :うざいから流します:04/12/30 06:24:38 ID:wvl2irSx
 ・   / ・
    ・  ・   \ / ノ w  ~  `;:゙;`,
 w  `;゚;  ;(●)llll((●); `;゚;w ゴキキ♪`;:゙;`
w`;:゙;`   (●)(●)(●)(●)~   ・ノ ~ξ,;''`;:゙;`
 \__ (●)(●)●)●)(●)__/・  ・ ~ `;:゙;``;:゙;`
・, w  (●)(●)(●)(●)(●) `;゚;   w ~ξ,;'' , `;:゙;`
  `;゚;  (●)(●)((●)((●)(●)__ ・  ・ξ `;:゙;`癶
 /  (●)(●)(●)(●)(●)(●)   \ w  ノ ~ξ,;''`;:゙;`
 `;:゙;` (●)(●)(●)(●)(●)(●)_`;:゙;``;゚;~ `;:゙;``;:゙;``;:゙;``;:゙;`
 /  (●)(●)(●)(●)(●)(●)  \,, ノ `;:゙;``;:゙;`
w   _(●)(●)●)(●)(●)(●)_`;:゙;` ・ `;゚; ~ξ,;''   ~ξ,;''`;:゙;`癶
`;゚;/  (l●)(●)(●)(●)(●l;)  \ w,  ・ ~ `;:゙;``;:゙;`
・ | .  (l;●)(●)(●)(●)(●) `;゚; |  ・~ w   ~ `;:゙;`    ~ξ,;''
  |  . (0●)(●)(●)(●)O) `;:゙;` |. ~  ~ξ,;''  `;:゙;`癶
  ,;;    (:●)●)(●)(●;),,~  ~ξ,;''・   。


191 :うざいから流します:04/12/30 06:26:04 ID:wvl2irSx
 ・   / ・
    ・  ・   \ / ノ w  ~  `;:゙;`,
 w  `;゚;  ;(●)llll((●); `;゚;w ゴキキ♪`;:゙;`
w`;:゙;`   (●)(●)(●)(●)~   ・ノ ~ξ,;''`;:゙;`
 \__ (●)(●)●)●)(●)__/・  ・ ~ `;:゙;``;:゙;`
・, w  (●)(●)(●)(●)(●) `;゚;   w ~ξ,;'' , `;:゙;`
  `;゚;  (●)(●)((●)((●)(●)__ ・  ・ξ `;:゙;`癶
 /  (●)(●)(●)(●)(●)(●)   \ w  ノ ~ξ,;''`;:゙;`
 `;:゙;` (●)(●)(●)(●)(●)(●)_`;:゙;``;゚;~ `;:゙;``;:゙;``;:゙;``;:゙;`
 /  (●)(●)(●)(●)(●)(●)  \,, ノ `;:゙;``;:゙;`
w   _(●)(●)●)(●)(●)(●)_`;:゙;` ・ `;゚; ~ξ,;''   ~ξ,;''`;:゙;`癶
`;゚;/  (l●)(●)(●)(●)(●l;)  \ w,  ・ ~ `;:゙;``;:゙;`
・ | .  (l;●)(●)(●)(●)(●) `;゚; |  ・~ w   ~ `;:゙;`    ~ξ,;''
  |  . (0●)(●)(●)(●)O) `;:゙;` |. ~  ~ξ,;''  `;:゙;`癶
  ,;;    (:●)●)(●)(●;),,~  ~ξ,;''・   。


192 :うざいからあげます:04/12/30 06:30:16 ID:wvl2irSx
 ・   / ・
    ・  ・   \ / ノ w  ~  `;:゙;`,
 w  `;゚;  ;(●)llll((●); `;゚;w ゴキキ♪`;:゙;`
w`;:゙;`   (●)(●)(●)(●)~   ・ノ ~ξ,;''`;:゙;`
 \__ (●)(●)●)●)(●)__/・  ・ ~ `;:゙;``;:゙;`
・, w  (●)(●)(●)(●)(●) `;゚;   w ~ξ,;'' , `;:゙;`
  `;゚;  (●)(●)((●)((●)(●)__ ・  ・ξ `;:゙;`癶
 /  (●)(●)(●)(●)(●)(●)   \ w  ノ ~ξ,;''`;:゙;`
 `;:゙;` (●)(●)(●)(●)(●)(●)_`;:゙;``;゚;~ `;:゙;``;:゙;``;:゙;``;:゙;`
 /  (●)(●)(●)(●)(●)(●)  \,, ノ `;:゙;``;:゙;`
w   _(●)(●)●)(●)(●)(●)_`;:゙;` ・ `;゚; ~ξ,;''   ~ξ,;''`;:゙;`癶
`;゚;/  (l●)(●)(●)(●)(●l;)  \ w,  ・ ~ `;:゙;``;:゙;`
・ | .  (l;●)(●)(●)(●)(●) `;゚; |  ・~ w   ~ `;:゙;`    ~ξ,;''
  |  . (0●)(●)(●)(●)O) `;:゙;` |. ~  ~ξ,;''  `;:゙;`癶
  ,;;    (:●)●)(●)(●;),,~  ~ξ,;''・   。


193 :本当にあった怖い名無し:04/12/30 06:43:21 ID:LzcS1M+H
>>182
えーすんません、指摘できる「そんな関係の友人」ってw

>>187
BIO

194 :本当にあった怖い名無し:04/12/30 09:16:19 ID:MR1gPvr9
・   / ・
    ・  ・   \ / ノ w  ~  `;:゙;`,
 w  `;゚;  ;(●)llll((●); `;゚;w ゴキキ♪`;:゙;`
w`;:゙;`   (●)(●)(●)(●)~   ・ノ ~ξ,;''`;:゙;`
 \__ (●)(●)●)●)(●)__/・  ・ ~ `;:゙;``;:゙;`
・, w  (●)(●)(●)(●)(●) `;゚;   w ~ξ,;'' , `;:゙;`
  `;゚;  (●)(●)((●)((●)(●)__ ・  ・ξ `;:゙;`癶
 /  (●)(●)(●)(●)(●)(●)   \ w  ノ ~ξ,;''`;:゙;`
 `;:゙;` (●)(●)(●)(●)(●)(●)_`;:゙;``;゚;~ `;:゙;``;:゙;``;:゙;``;:゙;`
 /  (●)(●)(●)(●)(●)(●)  \,, ノ `;:゙;``;:゙;`
w   _(●)(●)●)(●)(●)(●)_`;:゙;` ・ `;゚; ~ξ,;''   ~ξ,;''`;:゙;`癶
`;゚;/  (l●)(●)(●)(●)(●l;)  \ w,  ・ ~ `;:゙;``;:゙;`
・ | .  (l;●)(●)(●)(●)(●) `;゚; |  ・~ w   ~ `;:゙;`    ~ξ,;''
  |  . (0●)(●)(●)(●)O) `;:゙;` |. ~  ~ξ,;''  `;:゙;`癶
  ,;;    (:●)●)(●)(●;),,~  ~ξ,;''・   。



195 :本当にあった怖い名無し:04/12/30 20:28:05 ID:L+psgr3A
ソーメン?

196 :雷鳥一号:04/12/30 22:32:25 ID:r7JBB9ZG
            ,ィ⊃  , -- 、
    ,r─-、      ,. ' /   ,/ 〈〈〈〈 ヽ
   {     ヽ  / ∠ 、___/  〈⊃  }
   ヽ.      V-─- 、  , ',_ヽ..  |   |
     ヽ  ヾ、  ',ニ、 ヽ_/ rュ、 ゙、.. |   |        ∩___∩
     \  l  トこ,!   {`-'}  Y|   |        | ノ --‐'  、_\
       ヽj   'ー'' ⊆) '⌒`  !    !   ,,・,_  / ,_;:;:;ノ、  ● |
         l     ヘ‐--‐ケ   }  /   ’,∴ ・ ¨ |    ( _●_)  ミ
         ヽ.     ゙<‐y′   //   、・∵ ’   彡、   |∪|   ミ
      (ヽ、__,.ゝ、_  ~  ___,ノ            /     ヽノ ̄ヽ
      )           ノ/`'            /       /\ 〉



197 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :04/12/31 00:59:39 ID:xrS5Vgi9
友人の話。

小さい頃、よく友達と山の神社で遊んでいたという。
いつの頃からか、しんちゃんという子が一緒に遊ぶようになった。
それなりに仲良くやっていたのだそうだ。

ある日、突然気がついた。
誰もしんちゃんの家もフルネームも知らなかったのだ。
しんちゃん本人に尋ねてみたが、笑って首を振るだけ。
そこで皆、こっそりしんちゃんを尾行することにした。

バイバイと手を振ってから、しんちゃん以外の子はこっそりと集まった。
さぁどちらに帰る?と見ていると、しんちゃんは何故か社の奥の方に進んでいく。
昼でも薄暗く子供もよらないような区域に、子供が入れるくらいの祠があった。
しんちゃんは自然な様子でその祠に手をかけ、するりと中に入り込んでしまった。
近寄って確認したが、祠の中には誰の姿も確認できなかったという。

しんちゃんは次の日から姿を見せなくなった。
理由は分からないが皆が皆、悪いことしちゃったなという気がしたそうだ。

大きくなってからしんちゃんのことを思い出し、そこの祠について調べてみた。
水子供養の地蔵が祀られているのだそうだ。


198 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :04/12/31 01:04:25 ID:xrS5Vgi9
こんばんはでございます。
今年の消防夜警、本日終わりました〜。寒かったッス。

本日のカキコは、この前の子取りとは逆みたいな話ですねぃ。
個人的には、水子っていうタームが、しんちゃんって子供と関係が
あったのかっていうのは、微妙じゃないかと思っております。

水子とは関係のない、何かではなかったのかと。

まぁ、これまた私の思い込みではあるのですが。
それでは皆さん、良いお年を〜。


199 :本当にあった怖い名無し:04/12/31 01:12:20 ID:huTTAesA
今日の話面白かったぁ、間借りしてたんですかねwそれとも神様に子供らがからかわれたのかな



200 :本当にあった怖い名無し:04/12/31 01:34:41 ID:4ZUEzAZS
しんちゃんて神(しん)ちゃんでは
守り神ですか?

201 :本当にあった怖い名無し:04/12/31 05:10:48 ID:3niOBV2Y
なんかイイ話しでしたね!
でもしんちゃんて名前だけでクレヨンしんちゃんを想像してしまった漏れorz
もう台無し…

202 :本当にあった怖い名無し:04/12/31 07:24:51 ID:73CQt+f5
・   / ・
    ・  ・   \ / ノ w  ~  `;:゙;`,
 w  `;゚;  ;(●)llll((●); `;゚;w ゴキキ♪`;:゙;`
w`;:゙;`   (●)(●)(●)(●)~   ・ノ ~ξ,;''`;:゙;`
 \__ (●)(●)●)●)(●)__/・  ・ ~ `;:゙;``;:゙;`
・, w  (●)(●)(●)(●)(●) `;゚;   w ~ξ,;'' , `;:゙;`
  `;゚;  (●)(●)((●)((●)(●)__ ・  ・ξ `;:゙;`癶
 /  (●)(●)(●)(●)(●)(●)   \ w  ノ ~ξ,;''`;:゙;`
 `;:゙;` (●)(●)(●)(●)(●)(●)_`;:゙;``;゚;~ `;:゙;``;:゙;``;:゙;``;:゙;`
 /  (●)(●)(●)(●)(●)(●)  \,, ノ `;:゙;``;:゙;`
w   _(●)(●)●)(●)(●)(●)_`;:゙;` ・ `;゚; ~ξ,;''   ~ξ,;''`;:゙;`癶
`;゚;/  (l●)(●)(●)(●)(●l;)  \ w,  ・ ~ `;:゙;``;:゙;`
・ | .  (l;●)(●)(●)(●)(●) `;゚; |  ・~ w   ~ `;:゙;`    ~ξ,;''
  |  . (0●)(●)(●)(●)O) `;:゙;` |. ~  ~ξ,;''  `;:゙;`癶
  ,;;    (:●)●)(●)(●;),,~  ~ξ,;''・   。


203 :本当にあった怖い名無し:04/12/31 07:59:45 ID:BcrXtcPw
雷鳥死ね

204 :本当にあった怖い名無し:04/12/31 08:07:53 ID:eBEGfoc9
>>203
同意

205 :本当にあった怖い名無し:04/12/31 09:28:04 ID:fHoforUF
↑自演くせー

206 :本当にあった怖い名無し:04/12/31 12:57:44 ID:jIZIDiNI
雷鳥死ね


207 :本当にあった怖い名無し:04/12/31 12:58:42 ID:jIZIDiNI
・   / ・
    ・  ・   \ / ノ w  ~  `;:゙;`,
 w  `;゚;  ;(●)llll((●); `;゚;w ゴキキ♪`;:゙;`
w`;:゙;`   (●)(●)(●)(●)~   ・ノ ~ξ,;''`;:゙;`
 \__ (●)(●)●)●)(●)__/・  ・ ~ `;:゙;``;:゙;`
・, w  (●)(●)(●)(●)(●) `;゚;   w ~ξ,;'' , `;:゙;`
  `;゚;  (●)(●)((●)((●)(●)__ ・  ・ξ `;:゙;`癶
 /  (●)(●)(●)(●)(●)(●)   \ w  ノ ~ξ,;''`;:゙;`
 `;:゙;` (●)(●)(●)(●)(●)(●)_`;:゙;``;゚;~ `;:゙;``;:゙;``;:゙;``;:゙;`
 /  (●)(●)(●)(●)(●)(●)  \,, ノ `;:゙;``;:゙;`
w   _(●)(●)●)(●)(●)(●)_`;:゙;` ・ `;゚; ~ξ,;''   ~ξ,;''`;:゙;`癶
`;゚;/  (l●)(●)(●)(●)(●l;)  \ w,  ・ ~ `;:゙;``;:゙;`
・ | .  (l;●)(●)(●)(●)(●) `;゚; |  ・~ w   ~ `;:゙;`    ~ξ,;''
  |  . (0●)(●)(●)(●)O) `;:゙;` |. ~  ~ξ,;''  `;:゙;`癶
  ,;;    (:●)●)(●)(●;),,~  ~ξ,;''・   。


208 :本当にあった怖い名無し:04/12/31 13:39:58 ID:UmuAGEQ1
↑ 同じものばっかり貼るのはつまらんとです。

209 :本当にあった怖い名無し:04/12/31 13:42:52 ID:3niOBV2Y
もう誰もイナイヨWWWWWW

バイバイWWW

210 :本当にあった怖い名無し:04/12/31 17:08:01 ID:BcrXtcPw
おまんコー!

408 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)