2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

日本には陸上戦力が必要 その17

1 :名無し三等兵:2006/12/07(木) 22:24:06 ID:???
前スレ
日本には陸上戦力が必要 その16
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/army/1158854032/

★必要スレマスコットキャラ その1★

また最初っからかよ!
  ( ⌒ )
  l| /
  ∧_∧ プンプン
⊂(#・д・)
 /  ノ∪
 し―J |‖ ペシッ!!
   )\ ̄\(_
   ⌒) ̄ ̄(⌒
    ⌒Y⌒

2 :名無し三等兵:2006/12/07(木) 22:27:30 ID:???
  |} ,,..、_、  , _,,,..、  |;;;:|
  |} ,_tュ,〈  ヒ''tュ_  i;;;;|     < スチームローラー
  |  ー' | ` -     ト'{

3 :名無し三等兵:2006/12/07(木) 22:57:35 ID:???
ネタとしてどうぞ。
ハングル板で陸上戦力に関しての議論が行なわれたスレです
ttp://makimo.to/2ch/society3_korea/1164/1164376460.html

4 :トルエン大尉 ◆HLQcUQEQBs :2006/12/08(金) 01:46:30 ID:???
建ったのか・・・

5 :名無し三等兵:2006/12/08(金) 02:07:51 ID:???
まだやるのかよ!
  ( ⌒ )
  l| /
  ∧_∧ プンプン
⊂(#・д・)
 /  ノ∪
 し―J |‖ ペシッ!!
   )\ ̄\(_
   ⌒) ̄ ̄(⌒
    ⌒Y⌒

6 :名無し三等兵:2006/12/08(金) 03:22:57 ID:???
建てるなよ・・・

7 :名無し三等兵:2006/12/08(金) 08:06:15 ID:???
これから冬休み。このスレも活躍してもらわなければなるまい

8 :名無し三等兵:2006/12/08(金) 19:29:05 ID:???
立ったのか・・・。

9 :名無し三等兵:2006/12/08(金) 21:20:37 ID:iLliwq4E
災害の救援という意味で、装甲車は必要ですよ。



10 :名無し三等兵:2006/12/08(金) 21:30:23 ID:???
これからは装輪ですよ
なにしろ維持費と訓練費用が安い

11 :270式 ◆3rppPq3YvU :2006/12/08(金) 21:55:44 ID:TBmYQE1X
また立ったんですか・・・・・・

12 :名無し三等兵:2006/12/08(金) 22:01:32 ID:???
機動戦闘車の実践的な使い道って見つかりましたか?

13 :270式 ◆3rppPq3YvU :2006/12/08(金) 22:09:57 ID:TBmYQE1X
>>12
機動戦闘車自体が保留になってます

14 :名無し三等兵:2006/12/08(金) 22:18:09 ID:???
軽装甲機動車と96式装輪装甲車だけで十分なのかな

15 :対潜臼砲 ◆hwarUfzQJI :2006/12/08(金) 22:19:08 ID:???
 匂いしかしないんですよね、あれ・・・・・・


16 :名無し三等兵:2006/12/08(金) 22:21:35 ID:???
>>13
採用中止の可能性は無いんですかね

17 :270式 ◆3rppPq3YvU :2006/12/08(金) 22:28:01 ID:TBmYQE1X
>>16
戦車が減る分、普通科連隊を火力支援する装甲戦闘車の必要性は一致しているんですが、
105ミリ砲を載せるという人たちもいて、そんなのは無理だから40ミリCATにすべきという考えの
人たちと論争になりました。その後保留です。

18 :名無し三等兵:2006/12/08(金) 22:34:33 ID:???
105ミリ砲搭載とニュースに出てきたけど差し戻されたんですか
74式戦車を引退させないで、延命措置を採った上で残しておく道は今更無理なのかな
何はともあれ回答サンクスでしたノシ

19 :名無し三等兵:2006/12/08(金) 22:35:42 ID:???
主砲:105o
同軸:40o

これだ!

20 :名無し三等兵:2006/12/08(金) 22:36:40 ID:???
105mm無反動砲と40mm自動擲弾銃の組み合わせかよ>>19

21 :アドバンスト杜聖 ◆REH634FRNQ :2006/12/08(金) 22:37:02 ID:???
105mmの砲塔と40mmの砲塔別々につければいいじゃん。

22 :名無し三等兵:2006/12/08(金) 23:15:19 ID:???
>>19-21
なんか60年ぐらい前の某国の戦車が脳内に浮かぶんだが…

23 :名無し三等兵:2006/12/09(土) 03:14:16 ID:???
妙なAFVの開発に手間かけるくらいなら普通に戦車とAPC量産しる

24 :名無し三等兵:2006/12/09(土) 08:30:05 ID:???
まあそうだ、用途がなければ陸自に関して何でも雑談するスレにすればいい・・・・・のか?

25 :名無し三等兵:2006/12/09(土) 19:09:30 ID:???
このスレは、余計な時間と金かけないで黙ってTK-X増産を要求するスレになりますた


・・・・・・・・

ところで・・・何かF-35並にトラブってるとかいう愉快な噂が漏れ聞こえてくるのだが…>TK-X

26 :対潜臼砲 ◆hwarUfzQJI :2006/12/09(土) 19:56:49 ID:???
 ぱぱは第4師団を3単位化したい。猛烈に。


27 :名無し三等兵:2006/12/09(土) 19:58:51 ID:???
>>26
なして

28 :対潜臼砲 ◆hwarUfzQJI :2006/12/09(土) 20:09:43 ID:???
 あそこに実質4個大隊戦闘群じゃ、ぱぱ不安。


29 :名無し三等兵:2006/12/09(土) 20:11:15 ID:???
>>28
あぁそう言う意味ね

30 :名無し三等兵:2006/12/09(土) 20:45:40 ID:???
しかし北九州は大隊結節が必要なほど広い訳ではないような
歩兵戦力が足らんのは同意だが

むしろ第4戦車大隊を連隊規模にして、北海道の1戦群と入れ替えてしまうのはどう?
でも装甲車が足らんか・・・

31 :名無し三等兵:2006/12/09(土) 22:56:53 ID:???
このスレは陸自の広報なのか?
くだらない。

32 :名無し三等兵:2006/12/09(土) 23:09:44 ID:???
>>31
何レスかに一度出てくる陸戦不要厨か?
いい加減おもしろくもない単発レスはやめろよ、くだらない

33 :名無し三等兵:2006/12/09(土) 23:20:33 ID:???
どうもこのスレが陸自の広報じゃないかと疑いを持ってきた。
政府が大規模の侵攻の可能性が低いと公言しているのに。
それにあわして軍縮をしている現状を無視ですか?

34 :名無し三等兵:2006/12/09(土) 23:23:27 ID:???
>>33
政府の言うことはいつでも正しいのか?

35 :名無し三等兵:2006/12/09(土) 23:25:54 ID:???
>>34
俺は現実的だとは思うけど。
実際官僚が集まって考えたならそこまで無茶なものでもないだろ。
軍人は頭がかたいからな。新しいものより古いものが正しいと
考える傾向がある。

36 :名無し三等兵:2006/12/09(土) 23:26:00 ID:???
>>33
将来足りなくなった事態になっても「軍縮なんか言い出した
手合いはどいつだ!」とか言い出さないでくださいませw

37 :対潜臼砲 ◆hwarUfzQJI :2006/12/09(土) 23:26:15 ID:???
 つーより、政府がそう言ってるんだから、安心して寝てれば好いやん。
 なんも、こんなスレ覗かんでも好いと思うんですけどね(笑)


38 :名無し三等兵:2006/12/09(土) 23:26:36 ID:???
>>33
大正デモクラシーの時代から満洲事変まで10年足らずしか経っていないことの意味をよく考えろ。屑が

39 :名無し三等兵:2006/12/09(土) 23:29:21 ID:???
このスレが軍人や軍事マニアの傾向がよく出ている。
古いことが正しいとされている。
太平洋戦争で大砲巨艦主義を貫いた大日本帝国のようだ。
当時の思想では前例踏襲の大砲巨艦主義は間違いでもなんでもないからな。

40 :名無し三等兵:2006/12/09(土) 23:30:06 ID:???
1930年代の時点で日本海軍は大艦巨砲主義を放棄してますがw

41 :名無し三等兵:2006/12/09(土) 23:32:43 ID:???
軍人とは言わずに公務員全体が前例踏襲の傾向があるな。


42 :対潜臼砲 ◆hwarUfzQJI :2006/12/09(土) 23:37:13 ID:???
 大砲巨艦主義などという拙い日本語を用いるとは、さては艦隊主義者である臼砲を始めとする、
海空重視派を貶める為の、陸自の陰謀ですね!!1!11!!1!!!


43 :名無し三等兵:2006/12/09(土) 23:38:19 ID:???
別に、憲法9条なんてものがきれいさっぱり無くなって
海自か空自がまともな敵地攻撃能力(巡航ミサイル配備しておしまい、とかじゃなくて)をもてば、陸上戦力は削れるんだけどねぇ
でも歩兵戦力はやっぱり削りたくない罠

44 :名無し三等兵:2006/12/09(土) 23:39:59 ID:???
実際陸自は削減してもいいだろ。
時代遅れだし。

45 :名無し三等兵:2006/12/09(土) 23:40:37 ID:???
>>44
時代遅れだとする根拠をどうぞ。

46 :対潜臼砲 ◆hwarUfzQJI :2006/12/09(土) 23:42:20 ID:???
 だって防衛省の時代ですし、何時までも"陸自"じゃ可笑しいでしょ?


47 :名無し三等兵:2006/12/09(土) 23:42:44 ID:???
>>46
誰がうまいこと言えと(ry

48 :名無し三等兵:2006/12/09(土) 23:42:47 ID:???
陸自の広報体制は完璧だな。

49 :名無し三等兵:2006/12/09(土) 23:43:31 ID:???
このスレは削減される陸自の最後の砦かな。

50 :名無し三等兵:2006/12/09(土) 23:44:26 ID:???
むしろ主権を自ら失いつつある日本の最後の砦でつ。

51 :名無し三等兵:2006/12/10(日) 00:03:10 ID:???
アッー!

52 :名無し三等兵:2006/12/10(日) 00:05:44 ID:???
>>44
空海も同時に削減されとるがな。
軍備自体が時代遅れだというならわかるが、おそらくそんな世界でも空軍や海軍が先に無くなって陸軍は最後まで残るだろうに、陸軍を時代遅れ扱いとは?

53 :名無し三等兵:2006/12/10(日) 00:08:31 ID:???
しかしいまさら陸自23万人体制なんて言っても聞いてくれる人はいないよなぁ
冷戦時代の軽武装主義の祟りはいつまで続くのやら

54 :名無し三等兵:2006/12/10(日) 00:57:02 ID:???
別に軍縮は軍縮で構わんのだが、同時に予備役の事も
ちゃんとやらんと、いざって時に本当に役に立たない罠。

55 :名無し三等兵:2006/12/10(日) 01:49:48 ID:???
いつどこで起きるか予測し難いゲリコマ事案に、予備役で対抗とか考えたくない。

56 :名無し三等兵:2006/12/10(日) 01:56:20 ID:???
あのね、有事で大変なのは兵站・・・直接戦闘するだけが戦争じゃなかとよ。

57 :名無し三等兵:2006/12/10(日) 01:59:25 ID:???
有事の話まで辿り着けるかどうかすら心配だよ、俺は。

58 :俄将軍:2006/12/10(日) 02:04:33 ID:???
通常戦力の削減など、日本の核武装によって補うスレッドは、此処、というこ
とになるのか、などと、嘯いてみたり。

>>55
警察の中の人が、203高地な対処、ということになるのか、などと、嘯いて
みたり。

59 :名無し三等兵:2006/12/10(日) 02:29:28 ID:???
>>44
それなんてフランス?

60 :名無し三等兵:2006/12/10(日) 13:27:57 ID:???
とはいえ現行法制下じゃゲリコマの相手するのは警察だけどね


61 :名無し三等兵:2006/12/10(日) 13:52:36 ID:???
ゲリコマ対策で徴兵復活なんてことはないよね?

62 :名無し三等兵:2006/12/10(日) 15:58:50 ID:???
ないない。
自衛隊を解体後に市民労働者からなる人民軍を編成する
とか主張しているどっかの政党が政権執らない限り、ない。

63 :名無し三等兵:2006/12/10(日) 15:59:07 ID:???
今は陸士の倍率も5〜10倍あるっていうから予算さえ下りれば30万人くらい軽いだろ。

64 :名無し三等兵:2006/12/10(日) 23:19:40 ID:???
>予算さえ下りれば
ありえない前提を元に(略

定数分の装備更新と充足が先に決まってるじゃないですか

65 :名無し三等兵:2006/12/10(日) 23:33:51 ID:???
徴兵制よりはありえるだろw
それに志願兵でも徴兵でもかかる経費は大して変わらんし

66 :名無し三等兵:2006/12/10(日) 23:38:47 ID:???
士気が低いとやりにくい希ガス。
少なくとも志願者は、ハイポートも小銃分結も2夜3日不眠不休も仕事と割り切るだろ?

67 :名無し三等兵:2006/12/10(日) 23:40:33 ID:???
つーか陸自は普通に志願兵制度だが・・・

68 :名無し三等兵:2006/12/11(月) 16:10:25 ID:???
現代の陸上兵力は技術専門化が進んで、数年で社会に戻さなきゃならない
徴兵制だと効率が悪い。というかモノになった頃には兵役が終わってしまう。
これだと軍を近代化していくにはえらい効率が悪いわけだ。

なので徴兵制を採っていた国でも見直しが進んでいる。
スイスみたいな国民皆兵な国ですらね。

で、ゲリコマ対策とかなんてもろ専門化がすすんでる分野なんで
そこを徴兵制で補うなんてのは絶対ありえない。

69 :名無し三等兵:2006/12/11(月) 23:27:48 ID:???
>で、ゲリコマ対策とかなんてもろ専門化がすすんでる分野なんで
どこら辺が?

70 :名無し三等兵:2006/12/13(水) 01:30:50 ID:???
ゲリコマ自体かなりの精鋭。
銃撃てればいいというもんじゃない。


71 :名無し三等兵:2006/12/13(水) 05:22:43 ID:???
ゲリコマと言えば、政府側が敵を「ゲリラ」と呼ぶ国って、珍しくね?
ゲリラとは、一定地域住民の支援を得て戦う勢力のことだから、そんな住民の
行動を認めたくない政府側としては「テロリスト」「匪賊」と呼ぶのが普通。
日本政府は、住民がテロリストや外国コマンドーを支援する可能性のある
国内の地域を想定してるのかな?

72 :名無し三等兵:2006/12/13(水) 15:33:19 ID:???
基本的にゲリコマ対策編成では正規戦でたたかえないすよ
海外派遣と同じで別物と考えたほうがいいっす

73 :名無し三等兵:2006/12/13(水) 23:29:57 ID:???
>行動を認めたくない政府側としては

戦わなきゃ現実と。

74 :名無し三等兵:2006/12/14(木) 03:14:54 ID:???
>ゲリラとは、一定地域住民の支援を得て戦う勢力
誰の定義だ

75 :名無し三等兵:2006/12/14(木) 18:52:26 ID:???
対ゲリラ戦って、人手が一番重要だと思うんだ。

76 :名無し三等兵:2006/12/14(木) 19:33:34 ID:???
>75
スレッジハンマーやるにも、まずは包囲するところから始まるからねぇ。

最近もてはやされてる都市型戦闘訓練や近接戦闘訓練は、別にゲリコマ対策に
特化されてるんじゃなくて、現代の歩兵に求められる能力の一つに過ぎないし。
取り扱う機材も、発展途上国ならいざ知らず、先進国ならばそれなりの教育を
必要とするしね。

やっぱ、錬度の高い兵隊さんがそれなりの数必要なんだよなぁ。
近年蓋然性が高いといわれる脅威にも、低いといわれている脅威にも。

77 :名無し三等兵:2006/12/14(木) 19:39:56 ID:???
陸自の普通科隊員の錬度は、普通の歩兵としても対ゲリコマ戦要員としても必要十分なものだよなぁ。

78 :名無し三等兵:2006/12/14(木) 20:23:26 ID:???
やっぱ数だよな。少数精鋭なんて特定の条件しか適合しない。

79 :名無し三等兵:2006/12/14(木) 21:42:45 ID:???
"少数精鋭"って言葉自体、近代陸軍においては予算減らしの言い訳に過ぎないと思うのだが。

80 :名無し三等兵:2006/12/14(木) 22:20:06 ID:???
少数精鋭のが適した局面が増えたのは事実だろうけど、それをもって
数がいらないとはいえないし、少数精鋭を作り出して維持するバック
ボーンにもそれなりの数か必要なわけだからね。

・・・別に陸に限った話じゃないようなw

81 :名無し三等兵:2006/12/14(木) 22:23:17 ID:???
つか、今の自衛隊が少数になってるだけで精鋭化なんてしてるの?
結局、機動力向上の名のもとに軽歩兵増やしてるだけやん

82 :名無し三等兵:2006/12/14(木) 22:30:24 ID:???
機動力向上といいながら兵站は貧弱とはこれいかに

83 :名無し三等兵:2006/12/14(木) 22:34:40 ID:???
対ゲリコマ訓練も結構やってるし、普通科は練度が高い。

少数精鋭×たくさん必要。部隊規模単位が少数というだけだね。

84 :対潜臼砲 ◆hwarUfzQJI :2006/12/14(木) 23:19:37 ID:???
 ふふふ。ぱぱの軽歩兵至上主義は順調に浸透中ですね。
 蟹様が70t戦車と160mm重迫で責めにくるので、ていねいら様方そなえやがれDeathぅ。


85 :名無し三等兵:2006/12/14(木) 23:21:00 ID:???
もう7Dいらんから各師団に1個大隊分のIFVが欲しいよぉ

86 :名無し三等兵:2006/12/14(木) 23:22:20 ID:???
ちょwwwwwwwwwっおまwwwwwwwwww

日本から最少戦略単位の機甲部隊を消滅させないで下さい

87 :名無し三等兵:2006/12/14(木) 23:25:34 ID:???
>>84
70トン戦車って、130ミリ以上の戦車砲弾や203ミリ榴弾砲弾を全方位で耐えるような仕様にするつもり?

88 :名無し三等兵:2006/12/14(木) 23:27:07 ID:???
師団隷下の普通科隊に大隊は存在しないが

89 :対潜臼砲 ◆hwarUfzQJI :2006/12/14(木) 23:33:06 ID:???
>87
 好く覚えてないですが、正面もさりながら側面の防御がハンパねぇ、みたいな。


90 :名無し三等兵:2006/12/14(木) 23:34:20 ID:???
全周囲からのRPG防御&残置やむなくなってもそう簡単に撤去できない障害物だったような…

91 :名無し三等兵:2006/12/14(木) 23:34:45 ID:???
s氏はできるみたいなこと言ってたね>側面も厚く

92 :名無し三等兵:2006/12/15(金) 14:06:13 ID:???
そんなにK-2を怖がらなくてもいいだろうに

93 :名無し三等兵:2006/12/15(金) 14:25:33 ID:???
何でK-2が出てくるのか理解不明

94 :名無し三等兵:2006/12/15(金) 14:43:33 ID:???
とりあえず陸自が戦う可能性のある最強戦車だからじゃない?

95 :名無し三等兵:2006/12/15(金) 14:44:31 ID:???
             【審議中】


 イヤ コレハ アマリニモ  ∧,,∧  ∧,,∧
          ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧  マア ココハ オンビンニ
 イクラ ナンデモ  ( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )
         | U (  ´・) (・`  ) とノ  オオキナ メデ ミテアゲテハ
 シカシコレハネエ  u-u (l    ) (   ノu-u
              `u-u'. `u-u'   ソット シテオイタ ホウガ


96 :名無し三等兵:2006/12/15(金) 23:48:59 ID:???
戦車増勢

97 :対潜臼砲 ◆hwarUfzQJI :2006/12/16(土) 00:29:51 ID:???
 松坂R.ソックス入りのニュースを見て
「あ、90式の1個中隊分が歩いてる」と思ったウリは、既に末期ニダ<ヽ`▽´>


98 :名無し三等兵:2006/12/16(土) 05:24:01 ID:???
コイン戦車というのはどうだろうか

99 :名無し三等兵:2006/12/16(土) 12:06:55 ID:???
もうヒズボラみたいに陣地に篭ってATMぶっ放し祭りでいいよ普通科は。機動戦闘車
とかいらんよ。逆襲とか、打撃が必要な段になったら戦車呼べばいいじゃん。

100 :対潜臼砲 ◆hwarUfzQJI :2006/12/16(土) 13:04:13 ID:???
 ま、取敢えず、ですな。

 100get♪
 (* ̄▽ ̄)
 /,     つ
(_(_,  )
  しし´


101 :名無し三等兵:2006/12/16(土) 15:30:11 ID:???
すったもんだのあげく機動戦闘車は装軌になるに1ベット

102 :名無し三等兵:2006/12/16(土) 17:11:37 ID:???
開発中止して、TKXの調達費か九○式の改修費に回してくれた方がありがたい

103 :名無し三等兵:2006/12/16(土) 17:37:50 ID:???
装甲車の減勢が止まりません><

104 :名無し三等兵:2006/12/17(日) 23:14:57 ID:???
機動戦闘車て何につかうの?


105 :名無し三等兵:2006/12/17(日) 23:23:08 ID:???
今の技術で装軌APCを最も安く量産しようとしたらどんくらいになるじゃろか

106 :名無し三等兵:2006/12/17(日) 23:37:42 ID:???
単に敵の上陸を阻止するだけなら、現状の陸軍力で充分だが
最近では、PKOが常態となっている
ゴラン高原には千人規模の部隊も派遣した。
この分では、兵力の不足が生じることは避けられない
やはり師団規模で増員して欲しいものだが
現実には逆の方向に進んでいるな

107 :名無し三等兵:2006/12/17(日) 23:43:04 ID:???
この前、ある政治家が俺の目の前で山陰自動車道について、北朝鮮が攻めてきたら地元住民を逃がすために道路をしっかり整備しないと駄目と主張していたな
聞いていて、呆れ返ったが、立場上、何も言えなかった。
山陰自動車道を作りたいといって、そんなことを理由に掲げるなよって感じだったね
仮に北朝鮮が攻めて来ても、海自で充分に阻止できるし、阻止できないとしたら、むしろ日本海側の基地を増強させる方が急務だろうが
住民を疎開させるにしても、道路だけではなく、列車など既存の交通機関があるだろうが、だいたいそんな大規模な疎開は山陰自動車道が出来ても迅速には可能とは思えない
何れにしても、北朝鮮問題まで持ち出して、道路を作る道具にするなよって感想だった

108 :名無し三等兵:2006/12/17(日) 23:43:40 ID:???
>敵の上陸を阻止
とひと口にゆーても、規模によって全然変わってくるからねぇ。
実際、機甲戦力含む複数個師団の着上陸に遭って現地駐屯の部隊だけで撃退できるのは北海道くらいだろうw
んなこと起こり得ないといわれても、そりゃ政治的な見地からの結論だし。

109 :名無し三等兵:2006/12/17(日) 23:46:09 ID:???
>>107
まぁ、北が相手ならわざわざ避難路を広げることに精力を注ぐ必要もないかもな。
でも、陸自が水際で撃退でけんような大軍が相手だった場合、避難路が狭いと悲劇。

110 :名無し三等兵:2006/12/17(日) 23:57:20 ID:???
>>108
日本を相手に師団規模の揚陸能力を持っている国などアメリカだけだ
中国も師団規模の揚陸能力があるが、台湾海峡ならともかく、日本まで渡るのは不可能だ。
冷戦時代のソ連だって難しかったことだし、政治的な見地以上に現実には無理だ

111 :名無し三等兵:2006/12/18(月) 00:20:37 ID:???
というわけで12万人にまで減らしましょう
浮いた金で海上保安庁にも12隻ばかし潜水艦を

112 :名無し三等兵:2006/12/18(月) 00:25:29 ID:???
>>110
>中国も師団規模の揚陸能力があるが、台湾海峡ならともかく、日本まで渡るのは不可能だ。


113 :名無し三等兵:2006/12/18(月) 00:31:22 ID:???
俺は韓国のことを念頭に言ったのだが・・・

それはともかく、
有力な揚陸艦戦力をを10年や20年で揃えることは可能だが、
有力な地上兵力をを10年や20年で復活させることが可能だと思っているのかね?

114 :名無し三等兵:2006/12/18(月) 00:39:35 ID:???
>>113
20年以上かかった例ってどこかにある?

115 :対潜臼砲 ◆hwarUfzQJI :2006/12/18(月) 03:12:12 ID:???
 と云いますか、莫大な物資を揚陸出来るのは米軍だけだと言っておいて、だから莫大な物資の
揚陸を必要とする前提条件を削除せよ、という主張は、何時まで繰返されるのでしょうかねぇ。


116 :名無し三等兵:2006/12/18(月) 05:52:02 ID:???
とはいえ現実に日本の軍縮は進んでいるわけで

117 :名無し三等兵:2006/12/18(月) 06:28:32 ID:???
現在の陸自戦力は、上陸作戦が行われないための適正戦力。



なんてわけはなくて単に自衛隊の成り立ちとこれまでの流れと予算で
なしくずしに決まっているもんだということは大きな声では言えずとも
一応スレ的には常識としていいんだよね?

118 :名無し三等兵:2006/12/18(月) 07:20:09 ID:???
そうだね、なし崩し的に減勢されてきたしねぇ。

119 :名無し三等兵:2006/12/18(月) 13:20:59 ID:???
まぁ北海道に4個師団も要らんと思うが
なんで旅団化する方向に走るんだろう・・・

120 :名無し三等兵:2006/12/18(月) 20:34:26 ID:???
だって将官ポストが減っちゃうじゃないですか

121 :名無し三等兵:2006/12/18(月) 21:33:23 ID:???
>>107
むしろ、裏日本に着上陸した敵が太平洋側の政経中枢に進軍してくるスピード
を殺すために、へたに道路の整備はするなと思う俺は鬼畜?

122 :名無し三等兵:2006/12/19(火) 03:09:58 ID:???
な〜に
モルトケの鉄道理論に従えば、防御側のほうが部隊の展開が速くなる。
道路でもきっと同じですよ。

123 :名無し三等兵:2006/12/19(火) 03:50:00 ID:???
>>113
一旦、壊滅した海上戦力を再興するにはどんなに頑張っても二十年は必要だ
ソ連海軍が財政破綻で壊滅しても、ロシア海軍はいまだに充分な力を持つに至っていないことが良い証だろ
揚陸戦力を含む海軍力の整備の方が陸軍力よりずっと難しい
まあ、韓国は距離的に言って対馬などの離島は脅威だけど、日本本土までは無理だな

124 :対潜臼砲 ◆hwarUfzQJI :2006/12/19(火) 04:02:20 ID:???
 何故無理なのかな?カナ?


125 :名無し三等兵:2006/12/19(火) 04:36:10 ID:???
>>124
一つの例として日本がイージス艦を戦力化するまで何年掛かったと思っているのだ?
海軍はそれぞれ専門の能力をもった人的資源が多数必要な上に、装備だって馬鹿みたいに高いのだ
充分に揃えるにはどうしても長い時間が必要となる

126 :名無し三等兵:2006/12/19(火) 05:38:55 ID:???
釈迦に説法とはこの事だな。

127 :対潜臼砲 ◆hwarUfzQJI :2006/12/19(火) 05:47:35 ID:???
 しゃかしゃか。(((へ(  ̄▽ ̄)へ

 連中に高度な文明兵器を使いこなせるハズが無い、などと侮って、痛い目にあった
世界最強の軍事国家がおりましたな。それも3連荘で。
 それでも挽回出来る国力とバッファが羨ますぃ限りです。


128 :名無し三等兵:2006/12/19(火) 09:26:45 ID:???
>>125
日本語でおk
>>124に対する答えになってないじゃん。

129 :名無し三等兵:2006/12/19(火) 11:56:30 ID:???
日本の陸上戦力の増勢から戦力化にいたる期間と、
海外の海上戦力のそれが大体同じだったりしてなw

130 :トルエン大尉 ◆HLQcUQEQBs :2006/12/20(水) 02:33:59 ID:???
戦争は土地争いだからねぇw

131 :名無し三等兵:2006/12/20(水) 12:26:48 ID:???
>>119
最近の流行がコンパクト化だからじゃね

132 :名無し三等兵:2006/12/20(水) 13:18:16 ID:???
>>131

機甲師団1+機械化歩兵師団1+軽歩兵旅団2

よりは、

機械化歩兵師団3

の方が強いと思うのだが、如何?

133 :名無し三等兵:2006/12/20(水) 16:43:20 ID:???
その定数分の装備を揃えられるならね。

134 :名無し三等兵:2006/12/20(水) 16:46:29 ID:???
>>133
やっぱりそうなるよなぁ
戦車は十分足りてるけど(NA限定)、APCが足りまへん

135 :名無し三等兵:2006/12/20(水) 17:06:48 ID:???
>>132
「強い」というのはどういう状況下での戦闘かにもよると思うが。
そもそも運用しそうで比べないとどうしようもなし。

136 :名無し三等兵:2006/12/20(水) 18:56:35 ID:???
さっきテレビでやってたこと

出生率1.26(前は1.29だったよな)で、2055年には人口9000万人割れorz
大丈夫か、日本の防衛

137 :名無し三等兵:2006/12/20(水) 20:19:50 ID:???
相変わらず24時間365日、敵が侵攻し得る地域の海上優勢と航空優勢が一部の隙も無く
確保できるみたいな考えなのかねえ。

138 :名無し三等兵:2006/12/20(水) 21:34:02 ID:???
>>137
じゃあどうすべき?

139 :Lans ◆EDLansNRRQ :2006/12/20(水) 22:32:14 ID:???
>132
そうでしょうか?

>機甲師団1+機械化歩兵師団1+軽歩兵旅団2

の方が、ちゃんと重点を形成し防御しつつ、
戦力を集中して反撃を行うことを考えれば

>機械化歩兵師団3

よりもやりやすいと思うけど…

MDx3だと、平均的に戦力をまくだけで、反撃も師団保有戦力内での対応になりそうな…
持久だけが目的ならそれの方がいいかも知れないとは思いますが…

MDx2で防御し、MDx1を予備もしくは反撃に投入するより

MDを防御重点に、IBx1を側面援護に戦線を防御しつつ
IBx1を予備としてADで集中した反撃を加えた方が、
より強力で決定的な打撃で相手の攻撃意図を破砕できそうに思うのですが。

まあ、機動打撃厨のたわごとと聞き流してください。

140 :Lans ◆EDLansNRRQ :2006/12/20(水) 22:34:00 ID:???
    ____   
   /MwmVm   ああ、にはは で書くのわすれてたの。
   ⊥⊥__⊥  わたし、わすれんぼさん。
   |__/|ノノ))))〉 
  ノ ヘ.|l. ゚ヮ゚ノ|   
  ((( ⊂I!Liつ   にはは
  )ノ fく/_|〉   
  ´   し'ノ  

141 :名無し三等兵:2006/12/20(水) 22:56:41 ID:???
>>138
貼り付け部隊で敵主力を拘束、爾後、機動打撃部隊で打撃し敵を殲滅。

142 :132:2006/12/20(水) 23:01:30 ID:???
>>139
いや、相手にするのがソ連軍じゃなくてゲリコマだった場合のハナシです。
相手が師団規模の正規軍だったらそりゃ機甲師団があったほうがいいに決まってるでしょう。

143 :名無し三等兵:2006/12/20(水) 23:09:00 ID:???
>>141
そいや九州には機動打撃部隊って無いな
北海道には第7師団があるし本州には富士教導団があるが

玖珠に5個中隊規模の戦車団がほすぃと言ってみる

144 :Lans ◆EDLansNRRQ :2006/12/20(水) 23:24:49 ID:???
    ____    >142
   /MwmVm   対コマンドなら、警戒用にIBx4とMBx2くらいの方がいいと思う。
   ⊥⊥__⊥  旅団規模多数の方が、広範囲に展開して、軽快な指揮対処が出来て便利だと思うな。
   |__/|ノノ))))〉 
  ノ ヘ.|l. ゚ヮ゚ノ|   でも、これだと正規戦で大変。 
  ((( ⊂I!Liつ   
  )ノ fく/_|〉    でADx1、MDx1、IBx2の場合、拠点警備をIBx2、広域警戒をMRに分散したMD行って
  ´   し'ノ     発見拘束した各所のコマンドに対し、ADからの連隊分派を増援として撃滅
           て方法もあると思うよ。

            対コマンドでも貼り付けの拠点警備と機動的なパトロール
            そして追い込んだ敵に対する徹底的な打撃っていうのになると思うし。

            こういう時はADを分散させても、各連隊で十分な打撃力を持ってると思うの。
            必要なのは連隊で完結できる索敵攻撃の訓練と、
            増援として送られても、先に到着してる部隊との円滑な連携をとる訓練だと思う。
           
            ちなみに歩兵は、先に敵の発見拘束でMDが動いているから、ARはそれの増援の形で。

            にはは

145 :名無し三等兵:2006/12/20(水) 23:42:40 ID:???
>>144
陸自に、普通科連隊の役割を拠点警戒と広域警戒を分けるっていう考え方ありましたっけ?
どちらかというと、全国を普通科連隊の数だけの警備区域に割っているという感じだと思ってましたが・・・

つか、略号ムズカシス(´・ω・`)
AD=機甲師団、MD=機械化歩兵師団、IB=歩兵旅団、
MR=機械化歩兵連隊、AR=戦車連隊
で合ってますか?

146 :Lans ◆EDLansNRRQ :2006/12/21(木) 00:06:28 ID:???
    ____    >142
   /MwmVm   >陸自に、普通科連隊の役割を拠点警戒と広域警戒を分けるっていう考え方
   ⊥⊥__⊥  
   |__/|ノノ))))〉  うん、ないよ。
  ノ ヘ.|l. ゚ヮ゚ノ|   でもADはもともと機動運用だし、MDも一部を機動パトロールに割り振るのは
  ((( ⊂I!Liつ   今後、訓練や運用を研究しうれば可能だと思うな。
  )ノ fく/_|〉    能力は十二分にあるはずだから。
  ´   し'ノ
           >AD=機甲師団、MD=機械化歩兵師団、IB=歩兵旅団、
           >MR=機械化歩兵連隊、AR=戦車連隊

            大体はあってる。違うのはAR=機甲連隊 戦車連隊ならTR
            なんでARにしたかっていうと、この話、暗に北海道を言ってると思うけど
            一般的な話にももってけるようにAR使ってみたよ。

            あーまーど=機甲、めかないずど=機械化、
            いんふぁんとりー=歩兵、たんく=戦車

            でぃびじょん=師団、ぶりげーど=旅団、れじめんと=連隊

            本来は機甲は諸兵科連合部隊で戦車は単科なの
            で米軍は師団/旅団/連隊までは諸兵科連合だから機甲を使って、
            大隊以下は単科なので戦車を使うのが一般的かな。

            日本は旧軍以来の伝統なのか、諸兵科連合の連隊も戦車って呼ぶの。
            あ、ソ連も戦車派だね。

            編成マニアのたわごと〜
            にはは

147 :名無し三等兵:2006/12/21(木) 00:34:22 ID:???
>>146
ありがとうごぜーやす

機械化をMechanizedと言うのは知りませんですたな。単なる勉強不足だろうがw
ARってのは陸自で言えば戦車連隊戦闘団のことですね
これは旧軍からの伝統というよりは、CTの名称は主力となる職種の名前をつけるからでしょうが(普通科連隊戦闘団とか)

暗にも何も、おおっぴらに北海道のことを言ってますがw(元が>>119に対するレスだし)
機械化歩兵師団以外に独立した機動打撃部隊があった方がいいのは分かったけど、
1個戦車中隊しか持ってない戦略単位ってのはいただけないなーと思ったもんで
これじゃあちゃんとしたRCTが組めないのではないかなーと(1個普通科連隊あたり1個戦車小隊じゃあカヴァーできる暴露地形が1箇所だけになっちまう)
北海道全体の防衛を考えた時には軽歩兵旅団は拠点防備に任じるのでしょうが、もっと小さい相手だった場合(たとえば当該旅団の近辺に大隊規模のコマンドが闖入とか)、
機甲師団の救援を待つまでも無くその旅団だけで片付けてしまうほうが早いかと
んで、機甲師団と機械化歩兵師団と戦車連隊を北海道に置いておきながら他の旅団にも大隊規模の戦車戦力を持たすのでは戦車が足りないのではないかと(でも1戦群の解隊は規定事項でしたね)

148 :名無し三等兵:2006/12/21(木) 00:44:32 ID:???
戦車の代わりに機動戦闘車やるから安心しろ

149 :名無し三等兵:2006/12/21(木) 00:47:02 ID:???
12 名前: 名無し三等兵 [sage] 投稿日: 2006/12/08(金) 22:01:32 ID:???
機動戦闘車の実践的な使い道って見つかりましたか?
13 名前: 270式 ◆3rppPq3YvU 投稿日: 2006/12/08(金) 22:09:57 ID:TBmYQE1X
>>12
機動戦闘車自体が保留になってます
14 名前: 名無し三等兵 [sage] 投稿日: 2006/12/08(金) 22:18:09 ID:???
軽装甲機動車と96式装輪装甲車だけで十分なのかな
15 名前: 対潜臼砲 ◆hwarUfzQJI [sage] 投稿日: 2006/12/08(金) 22:19:08 ID:???
 匂いしかしないんですよね、あれ・・・・・・

16 名前: 名無し三等兵 [sage] 投稿日: 2006/12/08(金) 22:21:35 ID:???
>>13
採用中止の可能性は無いんですかね
17 名前: 270式 ◆3rppPq3YvU 投稿日: 2006/12/08(金) 22:28:01 ID:TBmYQE1X
>>16
戦車が減る分、普通科連隊を火力支援する装甲戦闘車の必要性は一致しているんですが、
105ミリ砲を載せるという人たちもいて、そんなのは無理だから40ミリCATにすべきという考えの
人たちと論争になりました。その後保留です。

150 :名無し三等兵:2006/12/21(木) 00:49:36 ID:???
対ゲリコマ戦で求められる装甲戦力ってのは、

ゲリラが持ってると思われる最大口径の迫の榴弾破片に耐える
全周RPGに耐える

だろ?

機動戦闘車の開発費をTK-Xに回しやがれ!!111!11!!11!1
装甲車の減勢は89式FVと軽装甲機動車のHiLoミックスで補いやがれ!!!1!11!!1!!!1!!

151 :Lans ◆EDLansNRRQ :2006/12/21(木) 00:59:03 ID:???
    ____    >147
   /MwmVm   >戦車連隊と戦車連隊戦闘団
   ⊥⊥__⊥  
   |__/|ノノ))))〉  これは別々だから注意してね。
  ノ ヘ.|l. ゚ヮ゚ノ|   戦闘団は編成であって編制じゃないから。
  ((( ⊂I!Liつ  
  )ノ fく/_|〉    で米軍の機甲師団は、実は戦車連隊は存在しなくて
  ´   し'ノ     諸兵科連合で連隊戦闘団を組んでたの。
            で戦車や機械化歩兵の混成なので機甲連隊戦闘団=厳密にはARCT
            
            >これは旧軍からの伝統というよりは、CTの名称は主力となる職種の名前

             そうなんだけど、日本の戦車連隊って、旧軍のころから実質大隊なんだけど、
             編制の段階から単科じゃなくて諸兵科連合の度合いが大きいと思うの。
             でも、なぜか機甲連隊じゃなくて戦車連隊。
             でも、総称としてはちゃんと機甲部隊って呼ぶ。

             おもしろいねー
             にはは


152 :147:2006/12/21(木) 01:07:06 ID:???
それを言うなら旧軍の師団騎兵連隊も3個中隊w
一口に「実質大隊規模の戦車連隊」といっても、
軽戦車1個中隊+中戦車2個中隊の旧軍戦車連隊と主力戦車5個中隊の陸自戦車連隊じゃかなり違うとは思いますが

153 :名無し三等兵:2006/12/21(木) 01:09:41 ID:???
まぁ、自衛隊は歩兵連隊が三個中隊(除く本管中隊)だったりするけどさ

154 :名無し三等兵:2006/12/21(木) 01:15:27 ID:???
戦車が減るからARCT組めなくなるんでそ?北海道から増援来るまで。

155 :名無し三等兵:2006/12/21(木) 01:17:59 ID:???
>編制の段階から単科じゃなくて諸兵科連合の度合いが大きい
ってのは、どこらへんがそうなの?解説きぼん
確かに東千歳の11普通科連と北千歳の71戦車連は近いけど
まぁ陸自は各師団が守る場所がわりと決まってるほうだから、戦時にどの部隊とドッキングするかが平時からよく決まってるけど

>>153
普通科は4個中隊がデフォじゃなかったっけ?
3個中隊なのは人手が足らん一部の連隊では

156 :Lans ◆EDLansNRRQ :2006/12/21(木) 01:18:18 ID:???
    ____    >147
   /MwmVm   >1個戦車中隊しか持ってない戦略単位ってのはいただけないなー
   ⊥⊥__⊥  
   |__/|ノノ))))〉  うん、厳しいよ。
  ノ ヘ.|l. ゚ヮ゚ノ|   でも、全部あつめて再配置しても、MD3個は無理だしね…orz
  ((( ⊂I!Liつ  
  )ノ fく/_|〉    ホントはコマンドは早急に叩き潰したいけど、
  ´   し'ノ    それなりの戦力を集めないと、こちらの損害もかさむばかりだから…
           
            >機甲師団と機械化歩兵師団と戦車連隊を北海道に置いておきながら
            >他の旅団にも大隊規模の戦車戦力を持たすのでは戦車が足りないのではないかと

            うん、足りないの。どうしようもないくらいに足り無すぎなの。
            で、わたしは足りないからこそ、徹底的な集中運用が必要だと思うの。

            >1個普通科連隊あたり1個戦車小隊
            
            ここまで少ないと、戦車は連隊に平均分割しないほうが良いかもしんない。
            中隊単位でまとめて置いて、ここに連隊から歩兵を配属して増強
            戦車中隊戦闘団として作戦予備として拘置しておき、コマンドに対し逆襲がいいんじゃないかな?

            普通科連隊は戦車なしになるけど、拠点警備なら陣地構築できるし、、
            コマンドの重装備には限界があるから、こっちから能動的に仕掛けなければ、
            それなりの警戒や包囲までなら出来ると思う。
            で、そこに戦車中隊戦闘団で掃討。

            無理そうなら、包囲を維持しつつおとなしくARなりMRを待つと…

            どかな?

            

157 :名無し三等兵:2006/12/21(木) 01:20:01 ID:???
>>155
>3個中隊なのは人手が足らん一部の連隊では
ごめん。言葉が足らんかった。その通り。

158 :名無し三等兵:2006/12/21(木) 01:21:52 ID:???
スレの上のほうで臼砲ぱぱが第4師団の事言ってるけどあそこはせめて大型の機械化歩兵師団にするべきじゃない
なんか韓国が不気味すぎるぞ、別に嫌韓ってわけじゃないが

159 :名無し三等兵:2006/12/21(木) 01:29:34 ID:???
>>156
今の兵力だとそこまでせにゃならんのかorz
今事がおこったら隊員も犠牲になる人もやりきれんだろうな

160 :Lans ◆EDLansNRRQ :2006/12/21(木) 01:33:44 ID:???
    ____    >155
   /MwmVm   >編制の段階から単科じゃなくて諸兵科連合の度合いが大きい
   ⊥⊥__⊥  
   |__/|ノノ))))〉  うーん、書き方がまぎらわしかったね。ごめんね。
  ノ ヘ.|l. ゚ヮ゚ノ|   これは旧軍の戦車連隊の話。
  ((( ⊂I!Liつ   作業中隊っていう随伴歩兵と戦闘工兵が混成されたようなのが編制にはいってるの。
  )ノ fく/_|〉   
  ´   し'ノ    今の戦車連隊は大型戦車大隊って感じで単科に近いよね。
            だから大隊の上で連隊。でも普通、連隊っていうと3〜2個大隊が標準だから
            それに比べると、すごく小さな連隊なんだけどね。
            だって、2個大隊(6〜8中隊)にも足りないし。

            にはは

161 :名無し三等兵:2006/12/21(木) 01:36:18 ID:???
>全部あつめて再配置しても、MD3個は無理だしね…orz
機械化歩兵師団3個は無理でも、機械化歩兵師団1個+歩兵師団2個なら可能では
(現状は4個戦車連隊+2個戦車中隊の計360両ほどだから、1個戦車連隊+2個戦車大隊なら・・・でも7D解隊したら全陸自隊員に袋叩きに遭いそう)

やっぱり、ゲリコマ包囲に任じる普通科部隊が、ゲリコマの持つ重火器(軽迫とか無反動砲とか)に耐えられるAFVを何も持ってないのでは、大丈夫かなーと思ってしまうわけですが、どうでしょうか
ゲリコマが持ってくる迫の数なんて大したことないかもしれませんが

162 :名無し三等兵:2006/12/21(木) 01:45:45 ID:???
>>160
そういえば7Dはなんで3個戦車連隊編制にしたんでしょうか
旧ソ連の戦車師団も3個連隊編制だけど、これの場合は3個戦車大隊で戦車連隊だから連隊当たり100両もある(笑
7Dの戦車保有数は約216両でこれはROADの機械化歩兵師団に近いけど

って、編制スレ向けの話題だなこりゃw

163 :Lans ◆EDLansNRRQ :2006/12/21(木) 01:46:39 ID:???
    ____    >152
   /MwmVm   >旧軍の師団騎兵連隊も3個中隊
   ⊥⊥__⊥  
   |__/|ノノ))))〉  それこそ騎兵の伝統なの。
  ノ ヘ.|l. ゚ヮ゚ノ|  
  ((( ⊂I!Liつ   歩兵と騎兵は編成規模が昔から違うの。
  )ノ fく/_|〉    騎兵中隊は歩兵みたいに「かんぱにー」じゃなく「とるーぷ」って言うよね。
  ´   し'ノ     砲兵中隊も「ばってりー」で編成規模は独特だよね。

            実は、戦車は歩兵型の編成ともいえると思う。

            このあたりは、日進/日露戦争時の編制みるとおもしろいよ。

            にはは

164 :名無し三等兵:2006/12/21(木) 01:55:26 ID:???
騎兵は装甲車両と違って防御力が皆無ですからね。
仕事が捜索と奇襲だけだから、ともかく機動力1点張りの運用をするには3個中隊編制のがいいのではないかと。
それで連隊になるのは・・・まあ連隊規模の指揮能力が欲しかったんでしょう。
戦車部隊と違って分割して歩兵と協同させることも無いだろうし。

165 :Lans ◆EDLansNRRQ :2006/12/21(木) 01:59:02 ID:???
    ____    >161
   /MwmVm   >コマンド包囲
   ⊥⊥__⊥  
   |__/|ノノ))))〉  包囲なら陣地構築できるよー。
  ノ ヘ.|l. ゚ヮ゚ノ|   AFVがもっとも必要なのは、自分の身を陣地から出て暴露しなければ攻撃時だよ。
  ((( ⊂I!Liつ  
  )ノ fく/_|〉    >162
  ´   し'ノ     >3個連隊編成

            攻撃の持続の為だと、私は思うな。
            A連隊が突破、B連隊が後続、C連隊が予備
            A連隊が敵と戦闘に入ると、B連隊が迂回できる。
            戦闘後、A連隊は再編成に入って、迂回したB連隊が先頭に、
            さらにC連隊が戦闘で拘束されたら予備のC連隊が迂回して先頭にたてるの。
            で、その頃には再編成を完了したA連隊がC連隊の後続になれるし。

            まあ、そんな上手くはいかないと思うけど、
            ある程度の衝撃力を持続しながら進撃するには、いくつかの悌団編成が必要だと思う。
            これに最低2つ、そして予備で3単位。

            もしくは2個並列で前進、1個が接敵したら隣の連隊が翼面包囲に入る。
            で後続の予備が超越前進ってのもあるし。

            いろいろ考えて最低3つは戦闘単位欲しいよね。
            2個は少なすぎだと思う。
            (WW2独軍の苦難を考えると、やっぱり最低3単位は欲しいと思う)

            にはは

166 :名無し三等兵:2006/12/21(木) 02:08:29 ID:???
>包囲なら陣地構築できるよー
そうですね。すっかり失念してますた。

>攻撃の持続の為
成る程。

こうして見ると、
とにかく全速力で浸透を図るソ連軍

内陸の複郭から敵を攻撃する陸自(水際で守るには兵力が足りんので)
だと戦術が似てるところがあるような気がします(戦略は正反対だけどw)。

西側がIFVのガンポートをさっさと廃したのに日本は73式から89式にいたるまでガンポートにこだわってたのも
このへんが理由かもしれません。
NATO諸国は敵陣地に対する超越攻撃なんてめったにせんでしょうw

167 :名無し三等兵:2006/12/21(木) 02:13:29 ID:???
どうでもいい話ですが、

>さらにC連隊が戦闘で拘束されたら予備のC連隊が迂回して先頭にたてるの
ここ、"さらにB連隊が戦闘で拘束されたら"の間違いじゃないでしょうか

私はもう落ちますノシ

168 :Lans ◆EDLansNRRQ :2006/12/21(木) 20:10:54 ID:???
    ____    >166
   /MwmVm   >NATO諸国
   ⊥⊥__⊥  
   |__/|ノノ))))〉  NATO諸国とくに独は冷戦時、超越攻撃を考慮していたはずだよ。
  ノ ヘ.|l. ゚ヮ゚ノ|   だってアクティブディフェンスもエアランドバトルも最終的には機動打撃に重点を置いてるからねー。
  ((( ⊂I!Liつ  
  )ノ fく/_|〉    >ソ連と陸自
  ´   し'ノ  
           これはソ連と陸自というよりは「攻撃という戦術行動」は国が違っても
           基本は大きく変わらないと言うことだと思うの。

           >167
           うん、その通り、間違えちゃったの…が、がお…

           >3単位
           で、3単位の話だけど、あくまでも師団単体で見ればの話で、
           例えば2個悌団編成の旅団であっても、それが重畳で攻撃に出るならば、
           それは十分な超越が可能になるよね。
           結局はその攻撃に投入できる部隊総数が重要だと思うの。
           それが陸自の場合、主力として第7単独を考えているから最低3単位が欲しいんだと思う。

           でも重畳で攻撃といえば…

           O M G ! O M G!

           にはは

           (ソ連は3単位だけど、第2悌団による衝力持続というローテーション概念は3単位に限らないし)

169 :名無し三等兵:2006/12/21(木) 20:40:37 ID:???
北転事業で北部方面隊に編入された戦車隊を西部方面隊に転属させて、
方面隊直轄の戦車群を創設するなり、師団戦車大隊を連隊に強化したりできんかね

170 :名無し三等兵:2006/12/22(金) 15:15:29 ID:mnJEhJIc
>>169
てか九州に今の状態に上乗せする形で機甲師団があればなぁ

171 :名無し三等兵:2006/12/22(金) 15:21:02 ID:OvSIcYbm
徴兵制さえ復活さしたらすぐに規模だけは拡大できる
でもお金が勿体無い
まず借金返さないと

172 :名無し三等兵:2006/12/22(金) 15:22:35 ID:???
スパイ取締りのほうが先だろ。

173 :名無し三等兵:2006/12/22(金) 15:27:14 ID:???
徴兵なぞせんでも、人件費を定数倍するだけで解決できる。
防衛費増額分くらい、東シナ海資源開発で釣りがくる。

174 :名無し三等兵:2006/12/22(金) 15:32:14 ID:???
>>171
デキネー
人を安価に雇えても戦車やらなんやらの装備は金かかるし。

175 :名無し三等兵:2006/12/22(金) 16:24:08 ID:???
>>171
徴兵制は頭数そろえられるだけだからな。
今の陸自には足りないものだらけだが。

176 :名無し三等兵:2006/12/22(金) 17:13:28 ID:???
定員分の人件費出してくれ。話はそれからだ。

177 :名無し三等兵:2006/12/22(金) 18:04:39 ID:???
九州だったら師団規模の機甲戦力じゃなくても足りるだろ
北海道より狭いし

178 :名無し三等兵:2006/12/22(金) 19:52:18 ID:???
>>169-170
財務省との予算折衝の結果、西部方面隊に配属されている師団の戦車大隊は特車連隊に改編されますた
特車連隊は本部管理中隊と6個特車中隊で編制され、110両の機動戦闘車を装備してまつ

179 :名無し三等兵:2006/12/22(金) 19:59:13 ID:???
>>178
(´Д⊂
何の解決にもなってないどころか
ますます悪化

180 :名無し三等兵:2006/12/22(金) 21:06:30 ID:mnJEhJIc
>>177
そうかなぁ

>>178
これは酷い

181 :名無し三等兵:2006/12/22(金) 21:09:05 ID:ilMBZ4dB
揚陸艦も備え、強襲遠征軍を整備すべきではないか。

182 :名無し三等兵:2006/12/22(金) 23:28:11 ID:???
>>181
そりゃ陸上戦力とは次元が違う・・・

183 :名無し三等兵:2006/12/23(土) 00:08:20 ID:???
>>179-180
何ネタにマジレスしてんの?
機動戦闘車なんてまだ存在すらしてないよ。

184 :名無し三等兵:2006/12/23(土) 00:29:53 ID:???
まぁ機動戦闘車は普通科に配備されるだろうし・・・

185 :名無し三等兵:2006/12/23(土) 00:35:01 ID:???
配備先は機甲科だ

186 :名無し三等兵:2006/12/23(土) 00:36:56 ID:???
はいはい自虐自虐。

187 :名無し三等兵:2006/12/23(土) 00:37:50 ID:???
まだ近接戦闘車と混同してるのがいるのか

188 :名無し三等兵:2006/12/23(土) 00:41:34 ID:???
>>183
わかってのレスだろw

189 :名無し三等兵:2006/12/23(土) 06:04:58 ID:???
>>173
釣りなんかこねーよ
あそこは採算自体取りづらいんだ。
元々採掘しづらいから放置されてきた上、国内だから各種費用も途上国の油田とは桁違いになるし、
採掘技術持ってるメジャーを噛ませないとならんし。
技術革新でコストが下がったと言ってもまだまだ・・・

中国は石油足りないから採算を多少度外視してでも採掘してる。
他がスルーしてる世界各地の屑油田を、大金投じて確保してるぐらいだからな
権益主張を強化するために掘ってる面もあるだろうが・・・。

190 :名無し三等兵:2006/12/23(土) 07:13:16 ID:???
だよなぁ。
海千山千の商社連中がそもそも何年も放置してたのは
もともと美味しくないからなんだよな。

そんなんに金使うぐらいならもっと有望で採算性の高い
とこがいっぱいある。政治も絡まない。

191 :対潜臼砲 ◆hwarUfzQJI :2006/12/23(土) 11:05:29 ID:???
 海底油田としては、そんなに難しくない条件だたと思うですが(´・ω・`)


192 :名無し三等兵:2006/12/23(土) 14:16:37 ID:???
売っても良いけど、只では上げない、でしょ>あそこの油田ガス田

193 :名無し三等兵:2006/12/23(土) 16:16:51 ID:???
>>191
実際の所は掘って見なけりゃ分からんと言うのが真相のようですね
たしかに日本の国内需要の幾らかを占める油田になる可能性もなきにしも非ず。程度に考えておけば良いのでは。

194 :名無し三等兵:2006/12/23(土) 17:12:15 ID:???
国内で掘ると人件費がコストの底上げを

195 :名無し三等兵:2006/12/23(土) 17:23:11 ID:???
イギリスの北海油田について

196 :名無し三等兵:2006/12/25(月) 14:48:59 ID:???
実際問題尖閣の油田ってどんなもんなのかな?

197 :名無し三等兵:2006/12/25(月) 14:50:48 ID:???
まだ採算ラインとは言えない状態。
先に手をつけた方に既得権がある、という作戦をやりたいんでしょう、あっちは。

198 :名無し三等兵:2006/12/25(月) 14:50:59 ID:???
陸自定数やF2支援戦闘機の削減、安保会議で了承
12月24日21時12分配信 読売新聞

 政府は24日、首相官邸で安全保障会議を開き、2007年度に陸上自衛隊の定数(15万5696人)を
2476人減らすことや、航空自衛隊のF2支援戦闘機の取得数を98機から94機に変更することを了承した。

 陸自の定数は、07年度に第11師団(司令部・札幌市)が旅団に改編・縮小されることなどに伴い、
大幅に削減される。中期防衛力整備計画(05〜09年度)では、
全国の「9個師団、3個旅団、2個混成団」体制が「8個師団、6個旅団」に改編される。
師団は7000〜9000人、旅団は3000〜4000人、混成団は1500人規模だ。

 F2は、事故などに対応する予備機の分を削減する。1996年度に取得を開始し、
07年度予算で2年分の計8機を一括取得し、全94機の調達を完了する。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061224-00000312-yom-pol

199 :名無し三等兵:2006/12/25(月) 15:07:40 ID:???
陸上自衛隊の定数をまだ減らすのかよw

200 :名無し三等兵:2006/12/25(月) 15:12:46 ID:???
また陸自削減かよ!装備も旧式化してきてるし、陸上抑止力がマジで心配だ

201 :名無し三等兵:2006/12/25(月) 15:26:26 ID:???
平時約15万人有事約18万人体制を目指せ

202 :名無し三等兵:2006/12/25(月) 16:13:40 ID:???
もうダメポ

203 :名無し三等兵:2006/12/25(月) 16:51:05 ID:???
あきらめるからここで試合終了だよ。

204 :名無し三等兵:2006/12/25(月) 17:02:59 ID:???
俺たち不必要派の勝利だな
今までいい夢は見られたかい?

205 :名無し三等兵:2006/12/25(月) 17:50:41 ID:???
政府の方策を盾に勝利宣言されてもなぁ・・・
つーか8個師団6個旅団体制は何年も前に決まってたが

206 :名無し三等兵:2006/12/25(月) 18:54:23 ID:???
14.8万になるまでは減り続けるもんな。

207 :名無し三等兵:2006/12/25(月) 19:12:37 ID:???
500人の連隊てまじファッキンなんだけど

208 :名無し三等兵:2006/12/25(月) 21:33:04 ID:???
>>204
また最初っからかよ!

209 :名無し三等兵:2006/12/25(月) 22:30:40 ID:???
普通科の隊員をヴァンパイアにでもしないと回せなくなるんじゃね?>陸自定員


210 :名無し三等兵:2006/12/25(月) 23:15:04 ID:???
>209
使い古しのあの兵器とかこの兵器は九十九神になってそうだから
兵隊のほうも黄泉の軍勢で編成しちまえば良いんだよ
あの英雄やこの名エースが使い放題!!!

問題は辻ーんやら無駄口も一緒に還ってきちまう事かな



さて冗談はさておきほんとに九十九神になる前に装備の更新をしてあげてください
できたら定数も充足してあげてください
適うならば損耗予備と部品のストックも

211 :名無し三等兵:2006/12/25(月) 23:19:27 ID:???
所得税を上げて、一部を国防費に当てるべきか?

212 :対潜臼砲 ◆hwarUfzQJI :2006/12/25(月) 23:26:49 ID:???
 そろそろ地域住民の方々に、「これまでは、コト在れば1日で駆付けるべく努力してまいりましたが
今後は3日程度の御時間を頂きます。」「なお、能力が限られますので、他の、より重要な地域で、
より重大な事態が発生した場合は、そちらの対処を優先しなければなりませんので、その際は御理解と
御協力を御願いします。って説明して、納得してもらわんといかんでしょうなぁ。
 既に貼付け部隊重視では機能不全に陥りつつありますし、機動打撃に特化して"贅肉の無いスリムな
自衛隊(なかんづく陸自)"を実現すべき時が来てると思うんですよ。
 肉を斬られるまで骨を断てない"専守防衛"は堅持の方向ですが、贅肉落としちゃえ、という御達しです。
 斬られる肉の方々には、是非御理解頂きたいトコロです。


213 :名無し三等兵:2006/12/25(月) 23:28:00 ID:???
機動打撃すら怪しいと思うが

214 :対潜臼砲 ◆hwarUfzQJI :2006/12/25(月) 23:41:20 ID:???
 機動打撃部隊が足りなかった場合は、海空戦力による補給線遮断+焦土戦術ですね。
 住民保護の為の部隊など削られてますから、飢餓状態の敵武装勢力の只中に住民の方々を
放棄するコトになりますが、まぁ警察あたりに頑張ってもらうしか。


215 :名無し三等兵:2006/12/25(月) 23:57:23 ID:???
笑えない話ばっかりだぁ・・・

職場で向かい側に座ってる親父さん(30台・1児の父)は「増税なったら
首くくるかな〜」言うてるし・・・

独身税とかでがっつり持ってってくれていいんだけどなぁw


216 :名無し三等兵:2006/12/25(月) 23:59:38 ID:???
ローマ帝国みたいにか?

217 :名無し三等兵:2006/12/26(火) 00:32:44 ID:4y79Af0E
さすがにこれ以上の陸の減少はやばいだろう・・・・

218 :名無し三等兵:2006/12/26(火) 00:44:52 ID:8FSOr3uS
右翼の安部とは思えない防衛費削減だよ。

219 :名無し三等兵:2006/12/26(火) 00:47:34 ID:4y79Af0E
全国くまなく貼り付け部隊を置き、初動を確保するには、
18万人、戦車1000両、火砲1000門らしい。

220 :名無し三等兵:2006/12/26(火) 00:55:11 ID:???
職業歩兵からアスリート歩兵の時代になれって話だな
兵員は少なくても個々の技術的装備的な質をあげれば
少数でも同じくらいの戦力にはなるだろうよ
当然コストはかかるだろうけどさー
それに歩兵の命が使い捨ての時代でもないしね
大勢のザコ歩兵より精鋭で勝負しようよ

221 :名無し三等兵:2006/12/26(火) 01:04:53 ID:???
>>212-214
防衛白書やらムック本で陸上自衛隊が対着上陸戦で水際撃破を鮮やかにこなしてる
イラストがよく出てくるけどあれ明らかに詐欺だろw
誰かが公共広告機構にタレ込んだら一発で回収じゃねw

222 :名無し三等兵:2006/12/26(火) 01:06:58 ID:???
>>220
歩兵はロボットじゃない。
人間的限界から大して変わらん。

223 :名無し三等兵:2006/12/26(火) 01:13:39 ID:4y79Af0E
こうなったら防衛目的税を年間一人4000円徴収しようぜ・・・

224 :名無し三等兵:2006/12/26(火) 01:23:50 ID:???
>>222
アスリートはロボットだというんですか?

225 :俄将軍:2006/12/26(火) 01:31:49 ID:???
>>220
歩兵一人あたりの予算が、「六百万ドルの男」というような、少数精鋭な歩兵、
ということになるのか、などと。

加速装置どころか、テレポーテーションなど可能、ということになると、00
9というより、バビル二世、ということになるのか、などと、嘯いてみたり。

226 :名無し三等兵:2006/12/26(火) 01:34:32 ID:???
水際撃破画ってのは陸自の正面装備の運用を
一枚の画で説明できるようにわかりやすくした結果だろ
あの一枚の画の流れは実際の時間で言うと1ヶ月くらいかかってるのw

227 :俄将軍:2006/12/26(火) 01:34:57 ID:???
>>225
日本は、ビザなし渡航など、犯罪インフラストラクチャーというより、対日戦
争インフラストラクチャーの整備など、連想、ということになると、戦争の
開戦前に、敗北が、決定しているということになるのか、などと、嘯いて
みたり。

戦前のアヘンマネーな付け届けが、戦後のパチンコマネーな付け届け、という
ことになるのか、などと、根拠もないままに、適当な思いつきなど書き散らし
てみたり。

228 :名無し三等兵:2006/12/26(火) 01:41:46 ID:???
有事になれば国内のスパイもパチ屋も僕の組織が根こそぎ殺戮しますから大丈夫ですよ(^^)v

229 :名無し三等兵:2006/12/26(火) 01:44:42 ID:???
有事の前につぶしてくれよぅ

230 :名無し三等兵:2006/12/26(火) 01:56:28 ID:???
>>226
しかしあの画は酷いだろ勘違いする奴が必ず出るぞ
てかやっぱり詐欺じゃん

231 :俄将軍:2006/12/26(火) 02:01:16 ID:???
>>228
梁山泊は、梁山泊でも、パチンコの梁山泊、というような落ち、ということに
なるようでは、などと、嘯いてみたり。

232 :名無し三等兵:2006/12/26(火) 02:17:54 ID:???
詐欺だと思うなら詐欺でもういいよ^^

233 :俄将軍:2006/12/26(火) 02:27:54 ID:???
>>232
如何なる組織なのかによって、「根こそぎ殺戮」の意味が、ということもある
のか、などと、嘯いてみたり。

>>229
北朝鮮による日本人拉致が、公になった時点で、「再入国禁止を含む帰国事業」
日本国に忠誠を誓う「厳格な再審査」な、「御一新」は、21世紀が日本の
興廃に、関わるということになるのか、などと、嘯いてみたり。

234 :名無し三等兵:2006/12/26(火) 04:18:34 ID:???
>>220
むかし、スタントマンは水面を歩けると思っている映画監督がいたそうだが。

235 :名無し三等兵:2006/12/26(火) 14:39:05 ID:???
単年度注文をやめれば18万人分の給料くらい捻出できるかな?

236 :名無し三等兵:2006/12/26(火) 14:50:00 ID:???
>>235
ふっ自衛隊の予算舐めんな。
新規装備調達費なんぞ500億もないわ!

237 :名無し三等兵:2006/12/26(火) 14:56:54 ID:???
防衛予算の総額そのものに制限がかかってるのなら、
陸上戦力は離島除く全国どこでも24時間以内にRCTが展開できる体制を作って、海上戦力は我慢する
か、
憲法改正して敵地攻撃に適した海軍を建設して、陸上戦力は主要都市と海峡を守る程度の規模で我慢する
のどちらかしかないと思うんだが、
現政権は後者のほうに傾いてる希ガス

238 :名無し三等兵:2006/12/26(火) 15:00:23 ID:???
>>237
敵地攻撃に適した海軍って膨大な資源を消費するわけだが・・・
どちらかというと、島嶼戦闘に重点を置いてるような。

239 :名無し三等兵:2006/12/26(火) 15:04:50 ID:???
真に恐れるべきは有能な敵ではなく、無能な味方であるっていうけど、
日本の国防上の脅威は、国内に限ってみればいまや影響力を失ったサヨクじゃなくて
本土に対する本格的着上陸侵攻がありえないと本気で考える保守陣営なのかね

240 :名無し三等兵:2006/12/26(火) 16:23:34 ID:???
>>237
もとから海洋国家としての性格から海上重視しか以前も以後も考えていない。
だが貴殿の説ほど極端でもない。陸自は島嶼奪還も念頭に入れて展開できるような編成に移行しつつあると思う。陸自が米海兵隊との訓練や研修派遣が目立つようになったのはそのためだろう。

そもそも海空が壊滅するような状況は陸自で対応できないだろうし陸自が一定数存在しなければ海自空自の負担も増える。
着上陸作戦の可能性を減らし対ゲリコマ戦など軍事オプションの危機対応力を広げるためにも陸自強化は必要だがそれ以上に日本の海空の優先度は高い。

241 :名無し三等兵:2006/12/26(火) 17:03:16 ID:???
>海空が壊滅するような状況
どういうこと?

242 :名無し三等兵:2006/12/26(火) 17:04:35 ID:???
>>241
終戦間際

243 :名無し三等兵:2006/12/26(火) 17:05:51 ID:???
制海権制空権が無くなっても、主権を護持する必要性までは無くならんのだが・・・

でもやっぱりそんな蓋然性の低い事態に備えることは優先度も低いのかねぇ

244 :名無し三等兵:2006/12/26(火) 17:08:47 ID:???
>>242
どうやったらそんな状況になるの?

245 :名無し三等兵:2006/12/26(火) 17:09:46 ID:???
>>244
前衛で戦力を磨耗し、敵の侵攻を食い止めるために反撃用の戦力をすりつぶしたら

246 :名無し三等兵:2006/12/26(火) 17:12:14 ID:???
敵揚陸艦隊の何割かを磨り減らすためにFSを整備するくらいなら、
その予算を陸上戦力に回したほうがいいと思うのは俺だけ?

247 :名無し三等兵:2006/12/26(火) 18:50:50 ID:???
その万が一に備えるのが俺たちの仕事だろう〜が!このボケぇぇぇ!

248 :名無し三等兵:2006/12/26(火) 19:11:47 ID:???
お前の仕事なのか

249 :名無し三等兵:2006/12/26(火) 19:15:21 ID:???
奇襲揚陸ってのもそりゃあ想像はされますでしょうが常識的に考えて
機甲戦力を含んだ重師団で着上陸なんてやってくる状況ってことは
完全にとまではいかないにしても
海空はヤラレまくってるって姿が当然想定されるわけで
陸自の過剰な戦域防空能力は国家主権堅持の最後の要なわけで
ようするに87AA戦車はクソ高いだけの意味はあるということだなwww

250 :名無し三等兵:2006/12/26(火) 19:24:00 ID:???
>>249
あんまり87式をいじめないで!

251 :名無し三等兵:2006/12/26(火) 19:24:08 ID:???
陸自の師団防空てそんなに強かったっけ?
7Dに限ってみれば強いけど、あとは普通な希ガス

252 :名無し三等兵:2006/12/26(火) 19:40:43 ID:???
世間にザコザコ言われる自衛隊の評価の中で普通ってのは
逆説的にそれって強いってことじゃねwww

253 :名無し三等兵:2006/12/26(火) 19:56:03 ID:???
陸自が最強なのは野戦特科だろ

254 :名無し三等兵:2006/12/26(火) 20:05:08 ID:???
特科ってなんなんだよ!!
  ( ⌒ )
  l| /
  ∧_∧ プンプン
⊂(#・д・)
 /  ノ∪
 し―J |‖ ペシッ!!
   )\ ̄\(_
   ⌒) ̄ ̄(⌒
    ⌒Y⌒

255 :名無し三等兵:2006/12/26(火) 20:13:29 ID:???
岐立するモノからデカいタマを相手に当てる。それが特科

256 :名無し三等兵:2006/12/26(火) 20:47:33 ID:???
カールなんて、もう、アッー て感じが。

257 :名無し三等兵:2006/12/26(火) 21:07:20 ID:???
カールってなんなんだよ!!
  ( ⌒ )
  l| /
  ∧_∧ プンプン
⊂(#・д・)
 /  ノ∪
 し―J |‖ ペシッ!!
   )\ ̄\(_
   ⌒) ̄ ̄(⌒
    ⌒Y⌒

258 :名無し三等兵:2006/12/26(火) 21:09:39 ID:???
>>257
ほら、俺のビッグ・マグナムを見ろ!
http://ho-to-.hp.infoseek.co.jp/carl.html

259 :259:2006/12/26(火) 23:09:27 ID:???
>>249
敵役ご苦労さん。
今の陸自のというか過去の18万人体制でもそうなんだけど。
空海がまっさらのピンピンでもやばいって話なのですよ。
専守防衛=本土決戦。
極端な話、陸自がいっぱいなら空と海は申し訳程度でいいのですよ。

260 :>>249 :2006/12/27(水) 00:06:09 ID:???

なんか自信満々なんだけどその根拠はいったいなんなんだろね

261 :名無し三等兵:2006/12/27(水) 00:21:19 ID:???
専守防衛を捨て去って、敵の港湾・空港等を先制攻撃で空爆出来るようになれば陸自はもっと小規模で済むんじゃないの?

262 :名無し三等兵:2006/12/27(水) 00:43:40 ID:???
そうだね100ギガdの核ミサイル持てば海空もあんまりいらないね

263 :249:2006/12/27(水) 00:46:49 ID:???
だって本邦は専守防衛ですよ。
腐るほど飛行機やお船を持っていても意味が無いじゃん。
教えてよ。
いったいいくら飛行機とお船があればいいのさ。
で、何に使うの?

空と海を毎日道路代わりに使ってるんですよ。
いったい何隻の船と何機の飛行機が行き来してると思っているんですか?
全部監視してたらお金も人も持ちませんよ。

こっちから先制でしかけるの? 憲法なりを書き換えてから考えようよ。

アメリカの傘が破れないかぎり、立派な外洋海軍も立派な空軍も必要ないね。
でも、文書のコピーを自費でまかなったり、人員の充足率が危なくなるのは勘弁です〜。

264 :名無し三等兵:2006/12/27(水) 00:48:24 ID:???
↑日本語でおk

265 :>>249 :2006/12/27(水) 00:49:59 ID:???
はいはい249249www

266 :249:2006/12/27(水) 01:00:07 ID:???
>>265
で、必要な飛行機とお船の数は?
子供扱いするなら教えてよ、大・人・の・ヒ・ト。

ただ、なんとなくー。
ほら、本邦って海の真ん中ジャン。
だったら海だよ空だよ。カッコいいし。
って理由じゃないんでしょ?

住んでいるのは陸の上ですよ。いったい何を守りたくて軍事力を揃えるんですか?


267 :名無し三等兵:2006/12/27(水) 01:03:53 ID:???
まずは日本語で話そうね

268 :249:2006/12/27(水) 01:30:49 ID:???
>>260>>264>>265>>267
正しい日本語で教えておくれよ。

陸自を優先しない理由って何ですか?
イージス艦もあるAWACSもあるじゃない。



269 :名無し三等兵:2006/12/27(水) 01:32:46 ID:???
正しい日本語ってなんなんだよ!!
  ( ⌒ )
  l| /
  ∧_∧ プンプン
⊂(#・д・)
 /  ノ∪
 し―J |‖ ペシッ!!
   )\ ̄\(_
   ⌒) ̄ ̄(⌒
    ⌒Y⌒

270 :249:2006/12/27(水) 01:54:09 ID:???
日本語でお願い。

陸自を優先しない理由って何ですか?



日本語ってなんなんだよ!!
  ( ⌒ )
  l| /
  ∧_∧ プンプン
⊂(#・д・)
 /  ノ∪
 し―J |‖ ペシッ!!
   )\ ̄\(_
   ⌒) ̄ ̄(⌒
    ⌒Y⌒

271 :名無し三等兵:2006/12/27(水) 02:12:01 ID:???
なんか変なの湧いてるな

272 :249:2006/12/27(水) 02:26:11 ID:???
陸自よりも空自や海自を優先しろって言う人がいるので、
なぜですか?
って質問したら

日本語で。日本語で。って繰り返す人がいるんだよ。
だから日本語なら教えてくれるとおもって聞いたんだ。

273 :名無し三等兵:2006/12/27(水) 03:45:23 ID:???
陸を守るために海空を守る必要があるためだ。

しかしだからと言って陸上戦力に手は抜けない。敵に輸送コストをかけさせるため戦車や自走砲などを揃え充実させる必要はあるがそれは海域と空域を守れる前提で行なう必要がある。

海洋国家には海洋地政学がある。海洋地政学の基本はマッキンダー、海軍戦略のマハンを参照のこと。

274 :名無し三等兵:2006/12/27(水) 10:30:24 ID:???
>>273
いまさらマハンか。

海域と空域を守れることを前提とするなら、現在のコンパクト化路線が
正義ということになるが?むしろ陸自は制海権制空権を十分に確保できない
環境で活動することを前提に編成したほうがいい。

275 :249:2006/12/27(水) 11:08:38 ID:???
>>273
親切にありがとうございます。

防衛方針を専守防衛としている以上。
その戦略論を積極的に展開できるのは日本周辺のみではないのですか?
(政治的、あるいは研究としては別でしょう。)
で、あるなら海自は近海航路の安全の確保、空自は局地的な航空優勢を
確保できる程度に整備としてもかまわないのではないのでしょうか。


276 :名無し三等兵:2006/12/27(水) 11:52:25 ID:???
石油と食料と、援軍が日本から湧くなら、陸自だけあれば良い

277 :249:2006/12/27(水) 15:02:25 ID:???
>>276
それこそ海自、空自無用論ではないのですか。
ああそうさ。空と海からアメリカが助けに来てくれるからいらないねぇ(棒読み

専守防衛で日米同盟があるなら海と空はそんなにがんばらなくてもいいよね。
でも、お家はしっかり戸締りしようね。って話なのに。
優先順位の話ですよー。




278 :名無し三等兵:2006/12/27(水) 16:05:52 ID:???
専守防衛は本土決戦。国防の最初の段階が本土決戦なんて、気が狂ってると思うね。

279 :名無し三等兵:2006/12/27(水) 16:11:30 ID:???
海空戦力じゃゲリコマ対策できないから、飛行機と船は削減ね

280 :名無し三等兵:2006/12/27(水) 18:00:10 ID:???
>>274
> いまさらマハンか。

一応、基本だからな。海空軍不要論に傾きかねないスレの流れから紹介しておいた。君みたいに分かってる人向けじゃない。

> 海域と空域を守れることを前提とするなら、現在のコンパクト化路線が
> 正義ということになるが?

中国韓国共に軍拡中だし特に中国の急速な近代化で海軍の外洋化を考えるなら今後を考えると分からない。

>むしろ陸自は制海権制空権を十分に確保できない
> 環境で活動することを前提に編成したほうがいい。

予算が許すなら私も同意だ。

281 :名無し三等兵:2006/12/27(水) 18:04:35 ID:???
>>275
> 防衛方針を専守防衛としている以上。
> その戦略論を積極的に展開できるのは日本周辺のみではないのですか?
>(政治的、あるいは研究としては別でしょう。)
予算上の問題もある。

> で、あるなら海自は近海航路の安全の確保、空自は局地的な航空優勢を
> 確保できる程度に整備としてもかまわないのではないのでしょうか。

私は構わないと思うが予算上の(ry

とにかく何をやるにせよ金がない。
国防のためにも国家戦略として財政健全化が先決という話になってくるな。

282 :名無し三等兵:2006/12/27(水) 18:06:02 ID:???
>>279
ゲリコマが徒歩とか遠泳でやってくるなら。

283 :名無し三等兵:2006/12/27(水) 18:16:44 ID:???
>>281
> で、あるなら海自は近海航路の安全の確保、空自は局地的な航空優勢を
> 確保できる程度に整備としてもかまわないのではないのでしょうか。

今の態勢が既にこの状態だと思う。
中華フランカーと今後予想される近隣諸国による空母配備の進捗状況を睨みながら具体的な構想が必要だが。

284 :対潜臼砲 ◆hwarUfzQJI :2006/12/27(水) 18:40:42 ID:???
 海空戦力って、ぶっちゃけ射程の長い特科/高射なんでふよ。


285 :名無し三等兵:2006/12/27(水) 19:53:08 ID:???
>>275
アレだけ煽っといてつまり現状が理想ってオチかよ^^;

超つまんねー!!もっと変態だと思ってたのに!!
  ( ⌒ )
  l| /
  ∧_∧ プンプン
⊂(#・д・)
 /  ノ∪
 し―J |‖ ペシッ!!
   )\ ̄\(_
   ⌒) ̄ ̄(⌒

286 :名無し三等兵:2006/12/27(水) 21:36:15 ID:???
>>むしろ陸自は制海権制空権を十分に確保できない
>>環境で活動することを前提に編成したほうがいい。
陸さんにとって海空は信じるに値しない不確定要素だっつう認識が
一般的に広まってるんかと思ってたけどそうでもなかったんかいな?

287 :249:2006/12/27(水) 21:38:42 ID:???
>>285
それはそれは失礼を。
ではッ! 
DDH、19DDなんていりません。F-Xはもっと先でもいいじゃない。
現状維持で充分だ!
すべては陸自を現役24万、機械化/機甲化してからだ!!


さてさて、現政権が進めている防衛大綱は一体いかなる意図が。
防衛白書を鵜呑みにしていいんでしょうか?

288 :対潜臼砲 ◆hwarUfzQJI :2006/12/27(水) 21:45:45 ID:???
 白書はともかく、陸自に空自を任せたら

 なんとしてでもF-22Jを揃える

 でしょうな。


289 :名無し三等兵:2006/12/27(水) 21:50:57 ID:???
いかなる意図が。とか鵜呑みにしていいんでしょうか?とか
その上けっこうな専守防衛病でしょ?
なんかだんだん君がサヨリストに見えてきたわwww

290 :対潜臼砲 ◆hwarUfzQJI :2006/12/27(水) 21:52:35 ID:???
 いや、流石に現状において吉永小百合は選べない。


291 :249:2006/12/27(水) 21:59:04 ID:???
>>287
舌足らずで申し訳ない。
今次防衛大綱によって削減された陸自に関して防衛白書が謳っている
能力を保持しているのかどうかということです。
後先考えずに削っているように見えるのだけど政府の中の人は何か考
えがあるのでしょうか?

>>289
いい時代じゃないですか。今はw
(陸自が減らされてるのには不安を感じるけれど)
戦争は、画面の中の出来事でプロフェッショナルと趣味な人の世界だし。


292 :名無し三等兵:2006/12/27(水) 22:01:49 ID:???
>>286
パンピーは陸海空の三軍に分かれている理由もわからんよ

293 :名無し三等兵:2006/12/27(水) 22:05:19 ID:???
削減された陸自って具体的になんだ?戦車と火砲と定数ギャップってとこはNGね

>>戦争は、画面の中の出来事でプロフェッショナルと趣味な人の世界だし。
(^ω^)ニヤニヤ


294 :名無し三等兵:2006/12/27(水) 22:30:40 ID:???
>>288
よく分からんので詳しく

295 :249:2006/12/27(水) 22:41:52 ID:???
>>293
お付き合いいただいてありがとう。

編成定数の17万9千人→14万8千人、戦車、火砲の1200両、1000門→600両、600門
簡単な数字しか上げられなくて申し訳ありません。周辺諸国との関係が劇的に改善されたわけでもないのにこの減りよう。
おかしいと思うのですよ。
こちらの思い違いであれば訂正したい。


>>戦争は、画面の中の出来事でプロフェッショナルと趣味な人の世界だし。
勘違いも華々しいでしょうか? 対日侵攻兵団が組織されたとは聞いていないのだけれど。

296 :名無し三等兵:2006/12/27(水) 22:55:08 ID:???
>>17万9千人→14万8千人
それいつの話だよw

戦車も特科もどっちも古い74と75を新戦車と99式にとっかえると
単価と性能に比例して必然的数が減るのは当然だと思うけど

297 :名無し三等兵:2006/12/27(水) 23:23:53 ID:???
削減対象の主要特科装備って具体的にどれの事?

298 :249:2006/12/27(水) 23:49:58 ID:???
>>296
陸自は慢性的な人不足と聞いておりますので定数に関しては現状の追認ということでしょうか。
戦車火砲に関しては、新型へ更新により全体として同等の能力を保ち続けているという解釈でよいのでしょうか。
性能はともかく全国に分散配置されるのだからそれなりの数を揃えていただきたいと考えるのです。


>>297
ご質問の意味がわかりかねます。知っているのであればいいではありませんかw


299 :名無し三等兵:2006/12/28(木) 00:34:16 ID:???
そういやFH70の後継てどうなってんの?
技本の軽量155mm榴弾砲は(主に背広組の横槍によって)ポシャッたというが

300 :名無し三等兵:2006/12/28(木) 00:38:40 ID:???
>>削減対象の主要特科装備
75自走榴に75MSSRとL90にホークかな
野戦特科だけでなく高射特科も含んでるんだよね?

301 :名無し三等兵:2006/12/28(木) 00:40:35 ID:???
高射特科も入ってるのかよw

そういや75MSSRて特科団の装備だっけ?
203mm自走榴は当分使い続けるんだろうなぁ。全部MLRSで置き換えるわけにもいかんだろうし

302 :名無し三等兵:2006/12/28(木) 00:54:17 ID:???
FH70後継なら英国製のアレでいいんでね?米軍がM777で採用したやつ
203mm自走榴もあったなアイツも確実に削減だなw



303 :名無し三等兵:2006/12/28(木) 00:56:45 ID:???
M777てエゲレス製だったんだ
でもあれ導入すると射程が短くなる(といっても1.5kmほどだが)
まぁ今となっては北部方面隊の師団の特科も自走榴じゃなくていいだろうけど、門数が足りなくちゃ話にならん

304 :名無し三等兵:2006/12/28(木) 01:04:26 ID:???
北海道でFHはちょっと酷ですよ(^^;)

305 :名無し三等兵:2006/12/28(木) 01:08:33 ID:???
7D残しときゃいいじゃん
今そんなに脅威に晒されてるところでもないし

306 :名無し三等兵:2006/12/28(木) 01:33:50 ID:???
>>298
そんなに戦車が欲しいってんなら第1戦車群解体しろって陳情したら?

307 :名無し三等兵:2006/12/28(木) 01:57:38 ID:???
1戦群解隊は規定事項でつ
今中期防の戦車定数はそれを含めた値でつ

308 :名無し三等兵:2006/12/28(木) 02:01:01 ID:???
なんだそういうオチか'`,、 ( ´∀`) '`,、

309 :名無し三等兵:2006/12/28(木) 02:08:33 ID:bHL9KWsM
笑えねー

戦車600両て、もう地方や沿岸部は捨てたということですか?

310 :名無し三等兵:2006/12/28(木) 02:10:50 ID:???
>>309

日本海側 特に山陰はすでに切り捨てられているw

陸自は、もうすでに 首都防衛 空海自の基地防衛任務しか出来ない状況

311 :名無し三等兵:2006/12/28(木) 02:11:05 ID:???
つ【機動防御】

312 :名無し三等兵:2006/12/28(木) 02:11:43 ID:???
>>310

+地域の都市(主に県庁所在地、政令指定都市)

313 :名無し三等兵:2006/12/28(木) 02:12:49 ID:???
だからみんな北海道に移住しようよ(^^)v
戦車500輌もあって安全だよ(^^)v

314 :名無し三等兵:2006/12/28(木) 02:14:55 ID:???
 元  戦 し! .i:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;!;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;i        |;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:||;:;:;:;:;_ノ   .戦 え
 服  車  / i:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;!;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ィ、         l;:;:;:___jl|___)    車  |
 前  な  L/;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:!;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;-彡彡、      ,イ::7´ ,r=ぅ   r- ヽ   な マ
 ま   し  /ミイ゙ー-- ;:;:i;:;:;:;ーー‐'"´ ヾ彡彡シ     /::::シ  "´    ` ~´.i.   し ジ
 で.  が  /ミミ´   rz,、, i ー'''rzッ    '彡彡シ      )::/ ,. -− 、   , -−く   と
 で  許  l ミリ  -  ̄ `i ´  ̄,,.,,   ゙彡7⌒i     l:::l.:.,ィ句丶y'.:  ィ句丶厶  な
 お  さ  iド、 '"- 二iソ,,`ー'" 二ヾ彡 ゙彡;ヽ j      }::l:.:.` ̄,.:'´ .: : `ミ ̄.:.:.:.ヽ !? 
 じ  れ  l{ { 〃代ゞイ::i ーt‐=でシ>シ  リシ;; /     l::l   , ' ,r'  ヽ、   :.:.レ、⌒Y⌒ヽ
 ゃ  る  _ゝ ` 、,,~~':::  ヽ,,,二 ィ  / 「 {′    N!    /゙'^'- '^'゙ヽ      l::fク //
 る  の  「 いヽ   ノ::   ヾ、   , '´  r '_人__人ノ_l!   /  ,..,_,..、 丶     l:lぅ,ノノ
-┐  は,√  ゙i::.   ー=、_-=ヘヽ       | 「 心 帝 L_ i   ,イエエエ>、 ヽ    ,l:ゝ- '
  レ'⌒ヽ/    ',::: ,彡ツj i ヾミミヽ   ,' .ノ ノ. し に   了 l l{、:.:.:.:ノ:.:.:l) l   イ::ノ
人_,、ノL_,iノ!    i  (シ一 -ー―゙ミ、   //). て 言   | ! l ヽゝェェェァツ  }   ,/:::ヽ
が 汰 帝 /   ,,,,小、'  `二二´___  ,,, ノ::::く  お 上   >、  `ー-‐ '" ノ ,ィ'{^~゙゙´
よ を の{. /,:/::iヽヽ、     ,,,  /.:::::::::!  じ す  ( l, ト、       ,ィ" Y lト、
い 待 おヽ,:,:/ヘ \\`三二三,,-‐'"::::::::,,イノ   ゃ る   >ヽ.` ‐--‐ '"´    / ハ
よ つ 沙 /                  フ  れ 故   /

315 :名無し三等兵:2006/12/28(木) 02:15:09 ID:???
>>313

ぶっとんだ言い方をすれば
日本人は、 
北海道、仙台、首都圏、中京圏、阪神圏、広島(瀬戸内海圏)、福岡圏及び熊本県に移住しろって事だわ名w


316 :名無し三等兵:2006/12/28(木) 02:20:35 ID:???
しかし戦車600両態勢て・・・
機甲戦力どころか1個普通科連隊あたり1個戦車中隊を確保することすらできんな
でも7Dは維持の方向らしいから、他の師団は・・・

317 :名無し三等兵:2006/12/28(木) 02:27:13 ID:???
しきりに市街地戦だー対ゲリラ戦闘だーどうのこうの言ってるくせに
歩兵の直援に戦車って発想にはなんでならんのかね
つうかさ戦車は機動打撃力!集中運用でこそ意味があるっっ
て時代でもないと思うのよねー


318 :名無し三等兵:2006/12/28(木) 03:00:30 ID:???

まぁ F-22が多少なりとも入れば この削減を少し飲めるけどさぁ。 

本音を言えばF-15Eみたいな爆撃機あったら楽なんだけどね〜

んでよ話し戻すけど
一応専守防衛が建前の日本がさ「高射特科」削減は、ないんじゃね?と思うよ マジで


319 :名無し三等兵:2006/12/28(木) 03:11:56 ID:???
削減の中身プリーズ

320 :名無し三等兵:2006/12/28(木) 05:09:18 ID:???
>>318
陸自の中の人は「陸自は特科が充実しているので対地支援なんていらない。
対艦ミサイル除けば支援戦闘機なんて金のかかる玩具。それより戦車くれ」
とか本気で思っているからF-15Eをありがたがるかどうかは疑問ですよ。

それと他の省庁に比して大きな予算削減幅になっているわけではないので
単純に政府全体が予算切り詰めているわけだが。

それになにが要らなくて何を削るか決めているのは政府っちゅうより
防衛省でしょう。プロのやることは信用しましょう。ええ。

321 :名無し三等兵:2006/12/28(木) 05:20:42 ID:???
>>310
山陰や日本海側にゲリコマ上陸した程度では日本は終わらない
首都で大型テロ起きてもまあなんとか終わらないだろう

でも三水道封鎖されると終わる経済的に

322 :名無し三等兵:2006/12/28(木) 05:23:11 ID:???
>>317
対ゲリコマは予算の方便でしかないからそこは間違えないように
あくまで本業は正規戦への備えですよ

323 :名無し三等兵:2006/12/28(木) 05:59:31 ID:???
ほんとに ゲリコマきたら
一般市民なんて陸自や警察から見れば足を引っ張るだけの存在なのはガチ

人質としてとられたら躊躇するかもだし。

324 :名無し三等兵:2006/12/28(木) 06:13:22 ID:???
その正規戦にゲリコマが含まれてるんでしょうーが
国籍不明人相手の非正規戦じゃなくってよ^^
だいたいその正規戦の形が変わったから北方重視から南方に移ってるわけじゃん
カラフト水中トンネルからやってくる大戦車軍団を釧路平野に沈める時代じゃないんですよっ

82 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)