2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

巨大戦艦・未成戦艦総合スレッド 3隻目

1 :名無し三等兵:2006/12/03(日) 19:45:35 ID:???
第二次ロンドン海軍軍縮条約のエスカレータ条項の規定を超越する巨大戦艦や、
幻に終わってしまった各国海軍の未成戦艦や未成巡洋戦艦について語りましょう

・前スレッド
巨大戦艦・未成戦艦総合スレッド 2隻目
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/army/1153458050/l50

・過去スレッド
**大和&紀伊vsモンタナ&H41**
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/army/1142138255/l50

2 :ドイツ厨 ◆Kmf5mxsjcM :2006/12/03(日) 20:04:09 ID:???
>>1
乙であります。
( ^ω^)

3 :名無し三等兵:2006/12/03(日) 20:09:40 ID:???
糞スレ決定

4 :フランス厨房:2006/12/03(日) 20:11:54 ID:???
乙です

5 :名無し三等兵:2006/12/03(日) 20:15:58 ID:???
インコンパラブル乙


6 :名無し三等兵:2006/12/03(日) 20:37:51 ID:???
1945年に起工する可能性があったポスト・ヴァンガードタイプの戦艦の防御構造は改善されてましたか?

7 :名無し三等兵:2006/12/03(日) 20:45:00 ID:???
はいはい、前に聞いただろ自作自演ド厨、くり返しするな。


8 :名無し三等兵:2006/12/03(日) 20:50:28 ID:???
>>6
ポストか、よしわかった。ほとんど変わらない無駄ばかりの構造の延長です。

9 :名無し三等兵:2006/12/03(日) 20:52:55 ID:???
レスアリガトウ
大きくなっただけか……

10 :名無し三等兵:2006/12/03(日) 20:57:31 ID:???
ビスマルクの肥大奇形のH41でも騙ろうぜ。

11 :名無し三等兵:2006/12/03(日) 21:02:59 ID:???
H41
は建造不可能と聞いた。装甲板が作れないからとか?
どういうことか

12 :名無し三等兵:2006/12/03(日) 21:17:38 ID:???
日本にプレス売ったせいとか聞いてるけど本当だろうか

13 :名無し三等兵:2006/12/03(日) 21:55:58 ID:???
>>12
プレス機を作る技術と装甲鈑を作る技術は全くの別物。
単純にドイツの戦艦建造技術が前大戦の頃でストップしてただけ。

両大戦間にも戦艦技術の進化が続いていた日米(+独以外の欧州)と比較するのも酷な話。

14 :ドイツ厨 ◆Kmf5mxsjcM :2006/12/03(日) 22:01:20 ID:???
>>7
これこれ。
他人を俺よばわりするな。
( ^ω^)

15 :名無し三等兵:2006/12/03(日) 22:12:24 ID:???
五月蝿い黙ってろハゲ。

16 :名無し三等兵:2006/12/03(日) 22:13:28 ID:???
人違いぐらいで気にすんな木瓜

17 :名無し三等兵:2006/12/03(日) 22:25:48 ID:BOsG6HcK
>>1

乙巡4隻程あれば超弩級戦艦なんてイチコロ

18 :ドイツ厨 ◆Kmf5mxsjcM :2006/12/03(日) 23:02:33 ID:???
>>13
まあ欧州艦の進歩とやらも眉唾だるぅ。
デキのカギを握ったのは、工業水準の上昇だぬ。
( ^ω^)

19 :名無し三等兵:2006/12/03(日) 23:23:43 ID:EZmUAdnV
日本は機関の性能が悪い。

20 :名無し三等兵:2006/12/03(日) 23:24:47 ID:???
>工業水準

その工業水準が停滞してる英国戦艦厨のおかげで戦艦スレがコピペだらけになっとるんだが

21 :ドイツ厨 ◆Kmf5mxsjcM :2006/12/03(日) 23:28:39 ID:???
>>19
あいにくだぬ。
大和の馬力当たり機関スペースはドイツ艦と同水準な訳だがぬ。
( ^ω^)

22 :名無し三等兵:2006/12/03(日) 23:29:11 ID:eRMg5MOV
六隻合体

23 :名無し三等兵:2006/12/04(月) 00:14:45 ID:???
被害妄想の禿しい御仁がまた英厨に責任転嫁して痛々しいな、同情しないが。

24 :ドイツ厨 ◆Kmf5mxsjcM :2006/12/04(月) 00:43:22 ID:???
確かに、一部の英厨は痛いな。
まあ、俺の頭髪はまったく健在なんだが。
( ^ω^)

25 :名無し三等兵:2006/12/04(月) 03:57:55 ID:???
頭髪があっても職がなければ惨めさは変わらんのw

26 :名無し三等兵:2006/12/04(月) 03:59:17 ID:???
神設計…米
凡設計…日仏
愚設計…英独伊

27 :名無し三等兵:2006/12/04(月) 05:37:46 ID:???
>神設計…米

かなぁ・・・・・・?
アイオワは戦艦としては微妙だしダニエルスプラン以前の戦艦は速力遅いし。
最大戦艦案だと6連装砲なんてわけのわからんもん作ろうとしてたし。

28 :名無し三等兵:2006/12/04(月) 06:32:15 ID:???
>>25
朝の日比谷線に乗ると漏れと変らんくらいのDQNが頭髪が寒々しいのを見ると心が痛む・・・

あっ、同僚だった(w

バーコードを撫でてあげるのが挨拶

29 :名無し三等兵:2006/12/04(月) 07:09:42 ID:???
>>27
逆に八八艦隊計画艦は速度・攻防力のバランスの高い艦なんだよな。(十三号艦はともかく)
長門の例からも近代化改装で新型艦並の戦闘力を得られそうだし。

30 :名無し三等兵:2006/12/04(月) 07:31:09 ID:???
>>27
ノースカとダコタは?
ついでに、その微妙なアイオワに対抗できる戦艦が何隻ある?
このスレ的には6隻+αを相手にしなきゃならないんだぜ。

31 :名無し三等兵:2006/12/04(月) 07:50:53 ID:???
サウスダコタは条約型ながらも第二次大戦で最も優れた設計の戦艦だぬ。
最も実用的なのはKG5だがな。最低は某国のデブ戦艦。

32 :名無し三等兵:2006/12/04(月) 09:48:37 ID:???
ヤンキーは奇抜な設計を出すが量産(笑)するときには良いもの作るからな。

33 :名無し三等兵:2006/12/04(月) 10:39:52 ID:???
>>11-12
単純にいっちゃん能力のあるプレス機を外貨欲しさに日本に譲っちゃったんで、
既存のプレス機では320mmまでしか造れなかった、というだけのお話。
新しくプレス機造れば簡単にその辺の問題はクリアできる。

ただし、高能力プレス機つうのはとってもお金がかかる。
そもそも「外貨欲しさに売った」という事例そのものが、
プレス機は外貨が取れるくらい高価なシロモノであることを逆証明しているわけで。

34 :名無し三等兵:2006/12/04(月) 10:46:52 ID:???
>>30
ノースカは失敗とは言えないものの、14インチ戦艦を強引に16インチにバージョンアップしたため、
特に防御力の点で物足りない。
魔改造長門が相手だとやや不利か?

サウスダコタは他の国には造れん。
あの設計で27ノットは、アメリカの機関技術の賜物。
アメリカ以外の国があれを造ったら、まあ25ノットが関の山だろう。

35 :名無し三等兵:2006/12/04(月) 11:12:26 ID:???
>>26
機関技術のアドバンテージで七難隠すのがアメリカ流。
大口径砲の積極採用で七難隠すのが日本流。
安さと数で七難隠すのがイギリス流。

36 :名無し三等兵:2006/12/04(月) 11:17:27 ID:???
ヨーイドンで一斉にスタートした場合、
まず先頭に立つのはその時点で最強の攻防力を与える日本。
しかし2、3年で、次点の攻防力ながら一気に数を揃えるアメリカが追い抜く。
さらに1、2年で、同じく数で押すイギリスが追い抜く。
日本は一段上の攻防力を与えて抜き返すが、総合戦力では数の暴力に対抗できなくなる。

結局、
単艦戦力=1位 日本、2位 アメリカ、3位 イギリス
総合戦力=1位 アメリカ、2位 イギリス、3位 日本

で落ち着いてしまう。
日本の単艦戦力も、単純な攻防力のみの話。

37 :ドイツ厨 ◆Kmf5mxsjcM :2006/12/04(月) 13:30:27 ID:???
>>31-34
両用砲弾庫を前楼背面などという無防備な高所に持ってくる横着な設計をしてまでバイタルを縮めた米戦艦を、無条件で正当化してるのか。
S.ダコタの厨は。
ま、頑張って欲しいもんだぬ。

ちなみに320mmKCn/A鋼は少なくとも従来のKC鋼360mmと同等の耐弾力だから、厚さだけで話しても意味ないんだがぬ。
プレス厨にはあいにくだが。
そもそもドイツから仕入れたのは砲鍛造用のプレスではないかえ。
( ^ω^)

38 :名無し三等兵:2006/12/04(月) 13:36:15 ID:???
>36
そのよーいドンは妄想好きな英厨の頭の中にしかございません
幸いにも
そういやバンガードってKG5より垂直装甲薄いけど、何か工夫してあんの?

39 :名無し三等兵:2006/12/04(月) 13:45:01 ID:???
>最も実用的なのはKG5だがな


この程度の認識か・・
己を自己満足させる為の英国厨の脳内は
英国戦艦スレッドでさえ、こうまで「英戦艦愛好さ〜くる」ではなかった気がするんだが
ここは戦鳥か?

40 :名無し三等兵:2006/12/04(月) 15:00:14 ID:???
>>31
烈しく同意。
そもそもリサイクルの砲をKGVレベルの船体に載せるのがやっとでは、耐15インチ防御のノースカロライナの船体縮めて額面上の耐16インチ
防御をでっちあげたに過ぎないサウスタコダにさえ劣る。

41 :名無し三等兵:2006/12/04(月) 15:02:59 ID:???
>リサイクルの砲をKGVレベルの船体に載せるのがやっと

いや、そこはさすがに・・・
ヴァンガードはまず「既存砲塔流用が先にありき」で船体設計した戦時急造戦艦なのでな。
戦前の余裕ある態勢で設計が完了したアイオワやらモンタナやら大和やらと比べてやるのは・・・

え? H44?
ナンノコトデスカソレ?

42 :名無し三等兵:2006/12/04(月) 15:05:15 ID:???
バンガドは環境にやさしいのです、明日の地球を考える最良戦艦バンガード

43 :名無し三等兵:2006/12/04(月) 15:08:48 ID:???
まあヴァンガードがKGXに比べて明らかに優るのは航洋性のみというのは厳然たる事実ではあるがな。
後は戦訓対策で強化された水雷防御くらいのもんか。

攻撃力はロングレンジ15インチで投射火力の点でむしろ劣る。
防御力はほぼ同等ながら排水量増大分やや強化。
結局攻防力ではKGXとほぼ互角なんだぬ。

44 :名無し三等兵:2006/12/04(月) 15:15:33 ID:???
>>39
それはあれだろ。
「最も必要な時期に必要な数が揃っていた」という点での話だろ。
確かにKGXがなかったなら英海軍は相当な苦境に追い込まれていたはずだから。
日本に大和・武蔵がなくても、
アメリカにノースカ以降の10隻がなくても
特に困らんが、KGX〜DoYはなかったらマジやばかった。

45 :ドイツ厨 ◆Kmf5mxsjcM :2006/12/04(月) 15:18:33 ID:???
>>41
Hも42あたり以降なんてのは「巨大化した恐竜のなれの果て」に過ぎんのです。
用兵も技術も物理も無視した理想論だけが巨大化した、あれが戦艦のなれの果てですな。
合掌。

>>42
大量の職工を安値でこき使って出来上がったうえに化石燃料ガブ飲みした挙げ句、旋回すればギシギシガタガタと大騒ぎ
しながらアウトへはらむ英戦艦が?
英は世間知らずの道楽海軍もいいとこですな。
まあ、その旧臭いところが格好いいと云えば格好いいんだがぬ。

( ^ω^)


46 :名無し三等兵:2006/12/04(月) 15:34:52 ID:???
>>37
>そもそもドイツから仕入れたのは砲鍛造用のプレス

アホでしゅか?甲板鍛造用に決まってんだろ。
日本がどうやってあんな分厚い装甲板つくんだコラ

47 :名無し三等兵:2006/12/04(月) 15:37:02 ID:???
>日本がどうやって

プレス機造れば可能だけどね。
造る技術がなかったのではなく、造るよりは安上がりに入手する手段があったからそっちを選んだだけで。

48 :名無し三等兵:2006/12/04(月) 15:40:37 ID:???
ドイツから買ったこの水圧加工機の値段知ってて言ってのかw

49 :名無し三等兵:2006/12/04(月) 15:42:37 ID:???
うむ、それでも新規に造るよりは安い。
輸入モノの最新工作機械を惜しげもなく投入して組み立てないと新規製造は出来んから。

50 :名無し三等兵:2006/12/04(月) 15:43:24 ID:???
おまえらまずは前スレ使い切ってからにしろ

51 :名無し三等兵:2006/12/04(月) 16:17:27 ID:???
>>45
戦艦は戦場で存在してこそナンボの戦略兵器だ。
計画が机上の空論だったり、でか過ぎて適切な港に入れなかったり、そもそも
高価すぎて数がそろえなかったりするようなのはどんなにスペックが誇れたとしても
そりゃ単なるガラクタなんだよ。大和がいい例だな。実用性が低いのにその上存在まで
秘匿させるアホっぷりの運用で何もせず沈没したわけだ。極端な例ダミー砲塔乗っけて
船団護衛してた英の練習戦艦のほうがまだ戦艦として格上だったってことだ。
KG5は他の艦艇建造に必要な溶接工を引き抜くため全面的に鋲接構造になっている。
装甲板の配置も構造を簡略化させる目的で垂直。これらの結果建造コストは
米の重巡並に抑えられて短期間に5隻そろえることができ必要な戦場に配備することが
できた。そして砲戦で敵巡戦を撃沈しただろ。他に何が必要なんだ?

この兵器を頭ごなしに否定し続けるうちはまあ永久に無職のままだな。

52 :名無し三等兵:2006/12/04(月) 16:46:18 ID:???
頭ごなしに語らないとWW2のドイツ水上艦は語れないからなw

53 :名無し三等兵:2006/12/04(月) 16:53:43 ID:???
>>51
微妙に間違い。
戦艦は現代の核兵器同様、存在を誇示してナンボの戦略兵器なのだ。
実戦投入されたそれはただのちょっと強力な「軍艦」でしかない。
ある意味、平時でこそ戦艦の存在意義は最大限に生かされる、ということだなw

日本が戦艦を軽々しく戦場投入しなかったのは、決して間違った判断ではないのだよ。
ていうか投入するのが無理な戦略環境にあったという方が正解。
米英はそれぞれ相対的に、敵対国の2倍かそれ以上の戦力を保持していたから気軽に戦場に戦艦を持ち込めたのだ。
仮に半分やられても残り半分だけでも敵と同等の戦力を維持できる上、補充能力でも倍以上を確保しているのだから。

って、散々既出のレスになってしまったな。

54 :名無し三等兵:2006/12/04(月) 16:58:15 ID:???
よくわからんが、ドイ厨相手の>>51に必死さは感じた。

55 :名無し三等兵:2006/12/04(月) 16:58:38 ID:???
戦時に戦場へ投入できなかったのは燃料不足のせいじゃなかったか

56 :名無し三等兵:2006/12/04(月) 16:59:14 ID:???
だから前スレ使い切れって

巨大戦艦・未成戦艦総合スレッド 2隻目
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/army/1153458050/l50


57 :名無し三等兵:2006/12/04(月) 17:00:41 ID:???
>>53
存在を積極的に世に知らしめようともしないくせ使い道さえまったく無い。
「間違った判断ではないのだ」って、そりゃ作ったこと自体が間違いだったってことだろ。

58 :名無し三等兵:2006/12/04(月) 17:02:39 ID:???
>>55
イタリアは、な。
日本はMI作戦と捷1号作戦で稼動全戦艦投入してるわけで。
ドイツもそこそこ動かしてる。

イタリアの場合、燃料備蓄量が日独に輪をかけて少なかった上、
タラント空襲で奥地に引っ込んじゃったため、戦機を掴むことが非常に困難になってしまったのが大きい。

59 :名無し三等兵:2006/12/04(月) 17:09:04 ID:???
>>57
だうと。

列強は日本の戦艦建造は当然知っている。
しかも日本が性能についての問い合わせに回答拒否したことで、少なくとも条約型戦艦を超える性能であることまでは掴んでる。
日本もまた、建造と言う行為自体は隠そうとしていない。
必要十分なレベルで周知してるんだよ。
だから、アメリカはノースカ〜モンタナに至る戦艦を計画・建造したし、
イギリスも極東の戦力バランス維持のため、ヴァンガード原案を構想した。
日本は米英に、必要なレベルでの対応をとらせる=リソースを使わせることに成功してるんだよ。
しかも本当の性能=18インチ砲は隠し通すことにも成功している。

大和・武蔵は戦略的なレベルでは明らかに成功作なんだよ。
戦艦2隻分という最小限の投入リソースで、米英に2桁を超える戦艦を造らせたんだから。
それが無駄の権化のように言われているのは、活躍の場を与えることに失敗した連合艦隊の失策。
少なくともソロモン戦には間違いなく彼女らの戦場が用意されていたんだからね。

60 :名無し三等兵:2006/12/04(月) 17:10:14 ID:???
当時としては「作らない」という選択肢自体が無さそうだけどな。
作ったこと自体は間違いじゃ無かろうよ。使い道というか保有の仕方はものの見事に間違えてるとは思うが。

61 :名無し三等兵:2006/12/04(月) 17:17:12 ID:???
>>59
それなのに戦中米海軍が恐れていたのは金剛クラスだけという悲劇w
大体余力がいくらでもある国家を刺激して軍備拡張に走らせてどうすんだよww
短期決戦にすらならないじゃん

62 :名無し三等兵:2006/12/04(月) 17:20:39 ID:???
>>59
日本がどうしようとも、どのみち、米英は新戦艦を建造したんじゃないの?

ところで、ソロモン戦の時点では、武蔵はまだ作戦可能状態に有りませんが



63 :名無し三等兵:2006/12/04(月) 17:21:07 ID:???
>>61
なんかすげー勘違いしてるが、
大和・武蔵(米軍は当初はBで3隻建造と推定)は十分警戒してるんだよ。
だから新戦艦を優先的に太平洋に回したんだ。

金剛がなぜ警戒されたかって、旧式艦のくせに戦力価値としては新戦艦と同等かそれ以上だからだ。
言ってみれば大和は新戦艦相応に、金剛は新戦艦以上に警戒された、というだけのこと。
そしてその差はまさに運用の差なんだ。

64 :名無し三等兵:2006/12/04(月) 17:22:59 ID:???
>>62
しただろうけど、建艦ペースや規模は絶対に落ちる

65 :名無し三等兵:2006/12/04(月) 17:26:51 ID:???
>戦艦2隻分という最小限の投入リソースで、米英に2桁を超える戦艦を造らせたんだから。

つーかこれどう考えても自分の首絞めてるようにしか思えないんだけど。
物量に劣る国が財政破綻の瀬戸際まで軍備拡張してきたのは何のためだよ

66 :名無し三等兵:2006/12/04(月) 17:33:07 ID:???
>>58
南洋方面の戦力の逐次投入や第1遊撃部隊のブルネイ出撃は、
重油不足のせいと聞いてたけど嘘だったのか

67 :名無し三等兵:2006/12/04(月) 17:37:09 ID:???
何の本か知らんけど捨ててしまえ

68 :名無し三等兵:2006/12/04(月) 17:38:24 ID:???
>>66
当然。
重油が不足していたのではなく、あくまでも輸送手段が不足していたのだ。
だから現地でそのまま使う分にはふんだんにあった。
幸運なことに、蘭印の原油は産出したものがそのまま重油として使えるほど品質が良かった。

69 :名無し三等兵:2006/12/04(月) 17:39:26 ID:???
そもそも何のために戦争始めたんだっけ。
石油を強奪するためじゃなかったんだっけ。
戦艦作る鋼材でタンカーと護衛駆逐艦つくらなきゃならないんじゃないのか。
それともただ単に米英に軍事費負担かけさせて嫌がらせをしたかったのか?w

70 :名無し三等兵:2006/12/04(月) 17:40:29 ID:???
>>69
だから開戦後は新規建造止めたやん。
戦前と戦中をごっちゃに考えるなよ。バカと思われるぞ。

71 :名無し三等兵:2006/12/04(月) 17:43:12 ID:???
マル5計画は改大和1隻超大和2隻ではなく、
51センチ砲9門搭載の高速戦艦にするべきだった

72 :名無し三等兵:2006/12/04(月) 17:45:53 ID:???
米英の工業力が仮に日本の25倍だとしても
戦艦50隻作らせたわけじゃないから日本の戦略負けじゃないのかw
そもそも作る戦艦も5万トン以下の高速戦艦であっても別にいいだろうし。
それなら戦略的に敗北しても作ったものは無駄にはならないだろう

73 :名無し三等兵:2006/12/04(月) 17:58:06 ID:scuA+uvO
ドイツもコイツも塵並の価値しかない各国の戦艦を擁護しよって
いい加減KG5が最強であることを認めろボケどもが

ああ、どうでもいいスペック自慢はもう聞き飽きたから。
必要な性能を備えていて実際に活躍した戦艦だけが優秀艦だからな。


まあ負け組みド厨が妬みで貶すのは理解できなくはないがぬ。同情はしないが。

74 :名無し三等兵:2006/12/04(月) 17:59:45 ID:???
>>71
51cm/9門艦は艦形過大って事でボツ
大和型の設備を流用できる改大和型になった

>>72
>戦艦50隻作らせたわけじゃないから日本の戦略負けじゃないのかw
大和型4隻作ってる間にSダコタ4隻、アイオワ6隻、モンタナ4隻くらいを造れそうな国

>そもそも作る戦艦も5万トン以下の高速戦艦であっても別にいいだろうし。
各国の新戦艦に対して何の優位があるの?戦艦に求められる速力なんて25kt程度だよ

75 :名無し三等兵:2006/12/04(月) 17:59:53 ID:???
少なくともKGXを「最強」と認めろ、というのは無理な相談だw
必要な時と場所を得たことと性能的に優れていることは別の問題のはずだぞw

76 :名無し三等兵:2006/12/04(月) 18:01:32 ID:???
実際に活躍だとクィーンエリザベス級とかの英旧式戦艦が最優秀にならんか

77 :名無し三等兵:2006/12/04(月) 18:02:59 ID:???
ヲースパイト

78 :名無し三等兵:2006/12/04(月) 18:12:21 ID:???
>>75
だから性能なんて実戦で必要とされる分を満たしていれば十分なんだって。
極論すれば速度が出て高度なレーダーが付いてて安く早く作れればあとは何もいらんのだ。
これこそが戦艦の真理。スペック厨はド厨と一緒に樹海に池

79 :名無し三等兵:2006/12/04(月) 18:13:30 ID:???
>>78
それを 「 最 強 」 とは普通呼ばない。

80 :名無し三等兵:2006/12/04(月) 18:14:34 ID:???
というか未成艦スレで実際に活躍とかはなんのジョークだw

81 :名無し三等兵:2006/12/04(月) 18:14:56 ID:???
>>74
じゃあ長砲身の46センチ砲9門を搭載した高速戦艦3隻
機関は島風の高圧缶を採用してスピードうpを図る

82 :名無し三等兵:2006/12/04(月) 18:16:19 ID:???
>>81
運用コスト、砲身寿命、機関の寿命で早期にリタイア、
予算の壮大な無駄でしたと

83 :名無し三等兵:2006/12/04(月) 18:18:02 ID:???
51センチ砲6門しかない戦艦揃えるよりはマシだろ

84 :名無し三等兵:2006/12/04(月) 18:19:17 ID:???
後知恵ならどうとでも言えるな

85 :名無し三等兵:2006/12/04(月) 18:20:45 ID:???
>>79
バカだな。コバンザメとライオンが戦ったらどっちが強いかっつったら
ライオンの方が進化上より発達していて攻撃力も上だっていってもそれは理論上のことで
我々の戦いは常に海上で起こることを忘れてはいけないんだよ。
つまりKG5は最強でいいんだ。わかったか

86 :名無し三等兵:2006/12/04(月) 18:23:14 ID:???
>>83
どうせ揃わん

87 :名無し三等兵:2006/12/04(月) 18:23:39 ID:???
フィッシャー時代ならまだしもなんでこの時代に大口径砲にこだわるんだ?
38〜40cmで十分じゃん。

88 :名無し三等兵:2006/12/04(月) 18:28:44 ID:???
そりゃ艦艇建造能力が低いからさ。

89 :名無し三等兵:2006/12/04(月) 18:35:01 ID:???
ぶっちゃけ、88艦隊計画がまともに実現できる国力があって、
イギリスとアメリカがそれに付き合えなければ全艦16インチで揃ってた可能性はあるな

90 :名無し三等兵:2006/12/04(月) 18:41:21 ID:???
>>83
51cm6門艦より46cm9門で各部を改良してた方がまだいい罠。

本当に51cm砲搭載戦艦が必要なら排水量10万tでも作る(羽目になる)だろうし。




それはそうと、「連合艦隊の最後」の文中にある「十万トンの大戦艦」、
雑誌や兵器図鑑にもあった「幻の超大型戦艦紀伊・尾張」
のイメージはここの住民に多少なりとも影響しているかな。漏れもその一人だけどw

91 :ドイツ厨 ◆Kmf5mxsjcM :2006/12/04(月) 21:00:03 ID:???
>>51
早急に数を揃える必要上、やたらと人手と職能に依存した従来からの鋲接船体の採用がもっとも妥当だったという事情も関係してるだるぅ。
もっとも、稚拙な溶接技術でもって実験結果をとり違えたという事実もあるが。

垂直装甲が寄与してるのはそのコストじゃなくて被害時の修復の利便との兼ね合い。
しかも、耐弾性能を犠牲にする事なくね。
逆に云えば内部の傾斜式は直すにも被害を極限するにも手間。

どうも一部英厨の論点は昔からズレっぷりが小気味いいな。
もっとも、一部英厨が訴えるその意味をなさないスペックは、特にロドネイ以降の英戦艦においてこそご大層なんだがぬ。

>>54
たかが前世紀の戦艦の与太話であそこまで熱くなる先生も貴重ですな。
ズレっぷりも含めて。

>>78
>安く早く作れればあとは何もいらんのだ


その英国自前の寝ぼけたタテマエに厳粛な審判がくだったのが、英が飽きもせずに繰り返す主力艦群のあっけない沈没の数々なんだが。
その自己正当化のタテマエの為にその都度高い授業料を払い、ほかでもない自国の世論から容赦のない批判と罵倒を浴びているのは、当の英海軍
ですぞ。

で、安く早く造るつもりがモタモタ造って改変してるうちに当初の予算5割増に迫ろうかと云う、もはや安物ですらないにもかかわらず内容は依然
安物そうろうなヴァンガードの無用ぶりについては?
もっとも、この戦後にのこのこ完成した高価なリサイクル戦艦については英の賢明な識者もはっきり眉をひそめていた訳だがぬ。
( ^ω^)

92 :名無し三等兵:2006/12/04(月) 21:20:23 ID:???
ド厨は昼間っからいままで反論を捻っていたのかw

93 :名無し三等兵:2006/12/04(月) 21:32:43 ID:???
>>37
何ぉっ!!・・っまああの艦内配置図を見たらしかたないな。
ハセガワをストレートに造ったんじゃノースカに対抗できんし、新しいダコタが欲しいな。

94 :名無し三等兵:2006/12/04(月) 21:33:22 ID:???
ワシントン条約が総排水量規制のみで、代替建造いくらでもおkだったらどうなってただろうか?

95 :名無し三等兵:2006/12/04(月) 21:46:57 ID:???
>>85
わけわからん理論構築すな。
完成しているフネが他にあるのに、明らかに一段劣る性能のフネを最強と呼べ?
馬鹿も休み休み言えよ。
最強と最良の違いもわからんのかまったく。

>>94
仏伊はそんな感じ。
排水量総枠だけ。
隻数まで決められていたのは日米英。

96 :名無し三等兵:2006/12/04(月) 21:49:38 ID:???
仏伊でも個艦排水量3万5千、主砲口径16インチ以下の規制あったでしょ

97 :名無し三等兵:2006/12/04(月) 21:51:31 ID:???
スマソ、トンが抜けてた

98 :名無し三等兵:2006/12/04(月) 22:06:57 ID:???
むしろ英米比 日:80% 仏独伊:55%を容認してロンドン条約が締結されたらどうなるか
・・・


99 :ドイツ厨 ◆Kmf5mxsjcM :2006/12/04(月) 22:10:45 ID:???
>>92
寒いなか固形のポリマーワックスを掛けていたのだ。
まあ、つまり単なるバカなんだが。
( ^ω^)

固形と云えばロウ系しか知らなかった俺にとって、まったくの盲点。
艶光沢とも天然樹脂配合の固形とはまったく異質。
いや勉強になった。

>>93
那智のフルハル、これもまた事件である。
非常に楽しみ。
トラ金型によるきたるマサチューセッツが、ダコタ厨の貴殿を満足させるに足る逸品である事を祈る。
( ^ω^)

100 :名無し三等兵:2006/12/04(月) 22:11:34 ID:???
うほっ天城は無理として赤城加賀土佐とか

101 :名無し三等兵:2006/12/04(月) 22:14:04 ID:???
>>99
また前と同じ事言っちゃって、ガソリン買う金も無いだろw

102 :名無し三等兵:2006/12/04(月) 22:15:36 ID:???
加賀級も容認となると、アメリカはコロラド級全艦とサウスダコタ級2隻の建造を要求してきそうだ

103 :名無し三等兵:2006/12/04(月) 22:18:55 ID:???
>>100
天城型巡戦に統一したいな・・・

104 :名無し三等兵:2006/12/04(月) 22:19:22 ID:???
あの巡戦レキシントンが見れる訳ですよ。
あっら抜き言葉だった。

>>99
帽子をかぶってないと禿頭には寒かっただろアリャリャンコリャリャンド厨
いやアーリアコリアンド厨

105 :ドイツ厨 ◆Kmf5mxsjcM :2006/12/04(月) 22:20:35 ID:???
>>101
退職金と手当てだから、あいにくビンボではない。

が、ここはゼヒ笑ってやって欲しい。
何しろ俺はここ何ヵ月も社会的底辺にいるのだからぬ。
働く人にはどうあっても笑われるべき身なのだ。
よせばいいのに中古の分際でハイオクだし。
( ^ω^)

106 :名無し三等兵:2006/12/04(月) 22:24:37 ID:???
アメリカ:コロラド級4隻 サウスダコタ級2隻 レキシントン級3隻
日本:長門級2隻 加賀級2隻 天城級2隻
イギリス:フッド級4隻 ネルソン級4隻

これで手を打とう

107 :名無し三等兵:2006/12/04(月) 22:35:38 ID:???
>>106
史実ビッグセブンとの比較から考えると米英多杉では?

米:コロラド級4隻 レキシントン級3隻
日:長門級2隻 加賀級2隻 天城級2隻
英:フッド級4隻 ネルソン級(G3ベース?)2〜3隻

というトコが妥当かと。日米の16in砲門数が互角になってしまうが。
あるいは>>106の比率に天城級2隻を追加する。

108 :名無し三等兵:2006/12/04(月) 22:40:20 ID:???
これでいいよ

日:長門型1
米:コロラド型1
英:フッド型1

109 :名無し三等兵:2006/12/04(月) 22:42:54 ID:???
ビッグツーか
わびしい世界だけど、日本が陸奥諦めた場合こうなるはずだったんだっけ?

110 :名無し三等兵:2006/12/05(火) 00:22:13 ID:gggH1zQY
WW1で一旦止めたフッド級を再開するんかいな?
建造するとしたらG3級だろ。

111 :ドイツ厨 ◆Kmf5mxsjcM :2006/12/05(火) 01:02:48 ID:???
常識外れなG3はいかにもトレンドセッターなかつての英海軍らしく、格好いいな。
しかし高価なネルソン(フッドの25%増、のちのKGVよりも高い)よりも普通に高くなった事だるぅ。
て事はG3は英戦艦史上文句なしに断トツで高価。
しかもそれだけの戦略的価値はあっただるぅ。
(実用性運用性はともかく)

しかし、予算もさる事ながらそもそも技術的に可能だったのか。
あのおかしな格好の巡戦。
( ^ω^)


112 :名無し三等兵:2006/12/05(火) 01:06:30 ID:???
それを言ったら我が国も人のこといえないだろう
紀伊型や八号巡戦なんかは

113 :ドイツ厨 ◆Kmf5mxsjcM :2006/12/05(火) 01:21:24 ID:???
紀伊や天城あたりの芸の無さは、金剛代艦平賀案や大和の足元にすら及ばんだるぅ。
本邦戦艦史上の傑作長門陸奥がヘンに巨大化しなくて、ホントに良かった。
あの時期に船型を巨大化して砲を山積みしても、どうせロクな事がない。

しかし代艦平賀案の艦影を決定的に精悍無比なものにしているあの前のめり艦橋を、アメリカ人はBB57S.ダコタに於いて絶対パクりやがったね。
許せん。
つーか、S.ダコタうらやまし。
(前のめりの艦橋だけが)

( ^ω^)

114 :名無し三等兵:2006/12/05(火) 01:52:21 ID:???
外観だけみれば金剛代艦平賀案や大和は結構キモイと思うが

115 :ドイツ厨 ◆Kmf5mxsjcM :2006/12/05(火) 02:06:32 ID:???
平賀案は、植木鉢みたいに前楼やマストや煙突が好き勝手な方向を向いてるからね。
しかし、緊張感がみなぎるグッドデザインだと思う。

俺の頭の中の脳内「改大和」は大和より低く太い前楼が前傾、後傾した煙突はもっと太く悪党な艦影なんだがぬ。
主砲は既存の46サンチの天蓋を一枚ものにして減厚、舷側も垂直にして減厚、水中隔壁増厚の、まあ「改正廉価版」なんだけどぬ。
戦艦マニヤ的には即却下だるぅ。
( ^ω^)

116 :名無し三等兵:2006/12/05(火) 02:28:38 ID:???
どっかの仮想であったな、そんな改大和。
作戦室取っ払って一段低くなった艦橋、設置されたCIC、一部の装甲を対16インチに減圧して超高速化。

117 :ドイツ厨 ◆Kmf5mxsjcM :2006/12/05(火) 02:39:22 ID:???
あいにくそのような高性能化した大和に、俺の廉価版は勝てない。
CICなんぞハナから無いが、ついでに調度品も無い。
装甲品質も、性能に大きく支障が出ない範囲で落とす。

ぁ、もちろん燃料搭載量減らして、馬力当然そのまんまね。
無理は禁物。

ふっふ。
セコいのだ。
前楼がつんのめって先を急ぐ俺の大和は。
(速力まったく変わらんけど)

( ^ω^)


118 :名無し三等兵:2006/12/05(火) 02:48:23 ID:???
日本の対16in想定だと、Mk.6にボコスカ抜かれそうな気がする。

119 :ドイツ厨 ◆Kmf5mxsjcM :2006/12/05(火) 03:41:16 ID:???
舷側は400mmを下回らん方がいいだろね。
モンタ&ブラザースは406mmある。
傾斜にすれば、より耐弾性を増すか更に減厚しながら耐弾を維持するかのいづれをも選択出来るが、めんどいから却下だぬ。
( ^ω^)

120 :名無し三等兵:2006/12/05(火) 03:47:18 ID:???
防御を舷側対8インチ砲弾・甲板及び砲塔天蓋対2000ポンド爆弾に留める代わりに、
火力を飛躍的に増大させた大和を昔妄想してたな

121 :名無し三等兵:2006/12/05(火) 08:46:30 ID:???
>>112
天城は普通に良い艦だと思うがね。30ktの速度に40cm10門、詰込気味の加賀と違い見た目にも優美な長船体。
ある意味高速戦艦のタイプシップだと思うが。空母にされた赤城からもそのボリュームは伝わって来る。

122 :名無し三等兵:2006/12/05(火) 08:48:27 ID:???
アンカミス。。。
>>112ではなく>>113

123 :ドイツ厨 ◆Kmf5mxsjcM :2006/12/05(火) 12:19:27 ID:???
>>121
5基も積んで形がいい(無理をしていない)と云うのは確かに凄い事で、それだけの技術があると云う事ですね。
そしてその基数の集中自体に一考の余地があるのは、のちの主力艦の趨勢からも明らかです。
もっとも天城はどう見ても高速戦艦で、あれが巡戦でなければならい理由が不可解なんですがぬ。
額面29kt超をうたう高速戦艦天城の他に、なんでまた既存艦との整合を考えて26ktにとどめた高速戦艦加賀がわざわざ必要なのか。
24ktなら天城にも出せるが、加賀に28ktは出せないだるぅ。
いかにも材料とゼニがもったいない。
( ^ω^)

124 :ストレガー:2006/12/05(火) 12:59:17 ID:???
ああ、紀伊や天城が出来ていれば。
QEUの中途半端な拡大版長門ごときで傑作と言われては日本戦艦設計陣が泣く。
ド厨も反ダコ厨のわりにあれがパクリに見えるとは眼科医に行った、いや精神科医にかかれよ。

125 :ドイツ厨 ◆Kmf5mxsjcM :2006/12/05(火) 13:30:14 ID:???
まあ、あれでQEは既存の船体にちょいと毛の生えた船体に史上初の大口径後装15インチがからくも載った中速巡戦もどきの内容ですからぬ。
当時3万t超の16インチ高速戦艦として3割もの装甲化に成功した長門とは、どだい格が違うと云うものですな。
( ^ω^)

126 :名無し三等兵:2006/12/05(火) 14:54:01 ID:???
>>123
既存艦との整合??
あのー、新造時の扶桑伊勢の速力知ってて話してますかー?
ついでにいうとさ、長門加賀の26.5ノットって、ドイツの巡戦並つう「超」高速なんだけど。


127 :名無し三等兵:2006/12/05(火) 15:59:27 ID:???
>>123
長門型はもともとジュトランド海戦前に起工した艦を
英巡戦沈没の戦訓から設計変更(この際に水平防御強化・2ktの速力うp)
して誕生したという経緯があるし、
それにもう一基主砲塔と傾斜甲鈑を追加したのが加賀型なのだから26,5ktは充分速い。(改装前の金剛型と約1ktの差)

むしろ長門・加賀に対応する巡戦が高速・高戦闘力の天城型、
それを強化した紀伊型こそ戦艦と巡戦を統合した真の「高速戦艦」と呼べるのでは。
(実際に紀伊型を建造した場合は速力28〜9kt、技術革新や運用結果から艦橋等は大幅に変化しただろうが)


128 :名無し三等兵:2006/12/05(火) 16:30:19 ID:???
ユトランド沖海戦は1916年5月31日
長門の起工は1917年8月28日

ユトランドの戦訓取り入れて設計変更してから起工したのです。

129 :127:2006/12/05(火) 16:51:49 ID:???
>>128
建造発令と起工を間違えてたOTL

130 :ドイツ厨 ◆Kmf5mxsjcM :2006/12/05(火) 18:03:20 ID:???
>>126
もちろん既存艦は長門のつもりですが。

どのような計画速力が高速なのかと云うのは、技術の向上とともに変わる。

額面29kt超の目処を立てておきながら、似たような内容と僅かな防御性能の違いでわざわざ加賀と天城を別個に計画する
必然があるのかと云う能書きだぬ。
( ^ω^)

131 :名無し三等兵:2006/12/05(火) 18:10:21 ID:???
アメリカがダニエルズプランで超高速艦のレキシントン級造ろうとしてたんだから、
こっちも高速の巡洋戦艦造って対抗しなきゃまずいだろう
あと紀伊は時間不足が原因で天城の設計をベースにしただけで、
本命はサウスダコタ級とガチで戦える41インチ砲12門乗っけた戦艦だったはず

132 :ドイツ厨 ◆Kmf5mxsjcM :2006/12/05(火) 18:13:26 ID:???
う〜ん。

その流れは判ってるつもりなんだけど、そもそも戦艦加賀は充分高速だし、より高速の天城はその加賀の防御にヒケをとらない。
どうしても余計な事やってるようにしか思えないんだよ。
そもそも後発の海軍だし財政には元々限りがあるから、内容にはシビアであるべきだったんじゃないかと。
もうひとヒネリして、いいとこ取りしたのを数揃える方がいいんでないのか。

もちろん、ていのいい結果論に過ぎないんだけどね。

133 :名無し三等兵:2006/12/05(火) 19:49:41 ID:???
あの時期の他の海軍と比較するとそれでも日本海軍のコンセプトは頭一つ抜け出してたと思う。

つか、米海軍スキーにとっては受難時代なんだ、あの時期は。
重武装だがイニシアチブを取られるサウウダコタ級と金剛と撃ち合ってもヤバいレキシントン級。
おまけに予算不足で数で押すこともできないんだからなあ。

134 :名無し三等兵:2006/12/05(火) 20:04:06 ID:???
天城の攻防力ならREXはジュットランドの英巡戦並に瞬殺されそうだものな。

高速を維持したまま近代化改装を施せばアイオワ級とも互角で撃ち合える鴨。

135 :名無し三等兵:2006/12/05(火) 20:07:10 ID:???
って、LEXをREXと書いてしまった。

136 :名無し三等兵:2006/12/05(火) 20:09:33 ID:???
数の差と電子技術の差を超越できるなんてものすごい改装だな

137 :名無し三等兵:2006/12/05(火) 20:09:55 ID:???
>>135
まぁ、恐竜並みに煙突オッ立ってる印象が有るしなw

138 :名無し三等兵:2006/12/05(火) 20:22:28 ID:???
>>137
初期案だっけ、煙突が7本あったのは。機関部が一部剥き出しのとんでもないやつ。

>>136
アイオワの相手としての脅威度は金剛型の比じゃないぞ、多分。
長門並みに徹底して近代化改装した上で30ノット以上出す戦艦があったら化物だ。

139 :名無し三等兵:2006/12/05(火) 20:48:59 ID:???
>>138
予算が付いた後の米海軍なら確実に改装天城を仕留められるだけの高速戦艦を生み出せると信じてるのさ。
つか、日本海軍が頑張ってくれた方がいい戦艦ができてそれはそれで有り難い。
金剛対抗でアイオワなら、天城対抗でどんなものが出てくるのか楽しみだ。

140 :名無し三等兵:2006/12/05(火) 21:04:06 ID:???
天城級が存在する世界なら、速力減少と引替にアイオワ級の砲力は強化されてそうだな
アイオワ級18インチ砲戦艦案(ttp://senkankojiki.nce.buttobi.net/page072.html)を元に設計すれば、
30ノット程度の重装戦艦が机上では成立する
ただし全幅が約33メートルしかないのに、砲塔は40サンチ4連装(オリジナルは46センチ3連装)だから命中率に問題出そう

141 :名無し三等兵:2006/12/05(火) 21:11:58 ID:???
元がかなり無理臭いのに、機関強化とかさせるつもり?

142 :名無し三等兵:2006/12/05(火) 21:14:47 ID:???
日米がそれだけ高速戦艦を作り、日本にまだ戦艦建造余力があった場合の
日本新型戦艦はやはり18〜20in砲搭載、30ノット超の艦だろうか。

少なくとも大和みたいな艦形になるとは考えにくい。(地上設備と運用上の問題は別として)

143 :名無し三等兵:2006/12/05(火) 21:22:31 ID:Z8P8mjmZ
>>130
ヒント:天城と加賀の建造費

144 :名無し三等兵:2006/12/05(火) 21:30:00 ID:???
>>132
天城の防禦は加賀にヒケを「とる」んだよね。はっきり言うけど。
装甲の厚さ、高さ、範囲、その他諸々比べてごらん。

145 :名無し三等兵:2006/12/05(火) 21:35:15 ID:???
>>142
日本は全長約290メートル全幅約40メートルの戦艦、
アメリカは吃水線長約320メートル・全線幅約36.6メートルの戦艦を
造ろうと計画しましたが両方とも大きすぎると言われて、
ぞれぞれ全長263メートル全幅約39メートルの戦艦(3隻竣工、内1隻は空母として竣工)と
全長約281メートル全幅約37メートルの戦艦(全艦建造中止)になってしまいました
よって可能性は低いと思われます

146 :名無し三等兵:2006/12/05(火) 21:39:48 ID:???
>>140
相手が強力なら早めにパナマ通行は諦めると思うぞ。
もしくは予算つぎ込んで第二パナマか。

147 :名無し三等兵:2006/12/05(火) 21:43:31 ID:???
>>145
某国の50センチ砲戦艦みたいに装甲薄くすればできるんじゃない

148 :名無し三等兵:2006/12/05(火) 21:44:02 ID:???
あ、ごめん
戦艦じゃなくて巡洋戦艦だった

149 :名無し三等兵:2006/12/05(火) 21:48:37 ID:???
>>147
その某国の戦艦は全長300m超えてるぞ。

150 :ドイツ厨 ◆Kmf5mxsjcM :2006/12/05(火) 21:50:45 ID:???
>>144
建造当時の技術力に対して16インチ搭載ながら26ktに留め置いたからこそ3割もの防御材を駆使して集中防御を実現出来た長門と、15インチ
を搭載してより多くの防御材を費やしながら大機関をも搭載するがゆえに集中防御がより手薄に終わった高速巡戦フッドほどの差は無いハズだじょ。

( ^ω^)

151 :名無し三等兵:2006/12/05(火) 21:52:57 ID:???
>>149
確認したらそうだった
何を勘違いしてたのか230mだと覚えてた○| ̄|_

152 :名無し三等兵:2006/12/05(火) 22:16:59 ID:???
>>142
まー、横須賀6号ドック位のハコがあれば長さ290〜300m、幅40m超の戦艦は作れなくはないだろうが。

>>145
>>142は天城等が存在した場合の新型戦艦のことを言っているワケで。
その条件下で日本海軍は速力27ノットで満足するか?
問題作(笑)の13号艦も275mに達してたから大きいのもやむなしかと。

153 :名無し三等兵:2006/12/05(火) 22:27:19 ID:???
何かとハイスペックを要求しがちな日本海軍でも戦艦に関しては制約内で我慢してる

154 :名無し三等兵:2006/12/05(火) 22:31:45 ID:???
我慢しなきゃ良かったのに
大和は要望通り30ノットオーバーの高速戦艦、
798号艦は51センチ砲9門の高速戦艦として造るべきだった

155 :名無し三等兵:2006/12/05(火) 22:39:29 ID:???
どっちにしても改装前の長門の防御もたいした事ないな。

156 :名無し三等兵:2006/12/05(火) 22:49:26 ID:???
>>150
天城の防御力は新造長門と同程度かわずかに劣る。
長門に不満で加賀を造った日本海軍にとっちゃあ決して十分と満足できるようなものじゃないのよね。
逆に天城と紀伊を比べれば、日本が16インチ戦艦にどの程度の防御力を求めていたかがよくわかる。

157 :ドイツ厨 ◆Kmf5mxsjcM :2006/12/06(水) 00:18:55 ID:???
>>144
>>155
よく見ました。
両級の要目。
結論から云うと、非常に御免。

天城のヤローそもそも舷側の装甲高さが一層低いやん。
舷側装甲帯のたかが一層分の高さの違いが重大なのかつーと恐らくそうでもなく、ついでに云うとそれで戦争に勝てる訳でもないんだが、一層高く
してなお攻防走満足させてついでに復元性や航洋性にも支障なしなら、安易に舷側甲帯高さを一層下げてそれらを満足させてる艦とはそもそも設計
段階の努力の質からして本質的に違う。
(もっとも、せっかくの加賀のその乾舷自体も、重量増による喫水増加に伴ってそう高くもなくなる可能性もあるが)

( ^ω^)

158 :ドイツ厨 ◆Kmf5mxsjcM :2006/12/06(水) 00:21:46 ID:???
>155じゃなく>>156の誤り。
これまた申し訳ない。

159 :ゆうかin職場 ◆9a1boPv5wk :2006/12/06(水) 09:23:05 ID:xkKJVnZD
>>157
天城と紀伊の設計も比較するともっと幸せになれます(笑
中身相当にいじってますよ。
外見上の違いはわずかですけどね。一つ顕著な違いがありますがさてそれは何でしょう?

160 :ドイツ厨 ◆Kmf5mxsjcM :2006/12/06(水) 13:34:19 ID:???
>>159
まんまビスマルクやヴァンガードの雛型ともいえる艦影が出来てる訳ですね。
マッケンゼンで出し損ねたこれを、ゼヒあの時期に16インチ艦の加賀・天城らにやって欲しかった。

5基積む加賀もちゃんとしたフラッシュデッカーなんだけど、艦尾へむけて乾舷が顕著に低くなるのが、平甲板主力艦初期
のデルフリンゲルと同じなんだよね。

そう云うゆうか氏は超甲巡で御飯三杯はいける方とお見受けした。
小口径に要目を下げて逆に機能を向上させたボトムアップな内容の艦は、大口径新型主力艦の対極として有用だと思うんですがぬ。
逆に大口径を軽防御の船体に搭載した安易なトップダウンのO級はたとえハードが新しくて艦影が美しくても、それは既に
本質的に旧態然としている。
( ^ω^)

161 :ドイツ厨 ◆Kmf5mxsjcM :2006/12/06(水) 13:55:44 ID:???
そうそう。
「顕著な違い」は最初から重油専焼を企図した機関と、上縁が主甲板レベルに達した「近代的な舷側防御」ですかぬ。
( ^ω^)

162 :名無し三等兵:2006/12/06(水) 14:08:59 ID:???
中身はいじってるというお話だから、外見上の違いだるう。
・・・わからん。

163 :ドイツ厨 ◆Kmf5mxsjcM :2006/12/06(水) 14:10:06 ID:???
私まるっと十三号艦と勘違いしておりました。
誠にすいません。

天城→紀伊は線図まるっと利用、煙路も含めて防御すべて強化、当然重量増、そこへ馬力据え置き、にもかかわらず天城からの速力減は僅少。
こういう横着は技術的に可能だったんでしょうか?

( ^ω^)

164 :名無し三等兵:2006/12/06(水) 19:19:06 ID:???
NGワードだらけでわけわかりません。

165 :名無し三等兵:2006/12/06(水) 23:05:59 ID:???
>>159
まさか学研の図でファンネルキャップなんて答えじゃないよなw
>>163
1400tの増加で0.25ノットの低下だが、机上の計算値だから計画値には達しない悪寒。

166 :名無し三等兵:2006/12/06(水) 23:32:42 ID:???
外見上の顕著な違いって、舷側の装甲板か

167 :ドイツ厨 ◆Kmf5mxsjcM :2006/12/07(木) 00:10:10 ID:???
>>165-166
紀伊の舷側装甲は断面図によれば加賀と同じで天城より一層高い主甲板にまで達していて、ついでに水平防御もその主甲板
が受け持つ(天城は一層低い中甲板)けど、船体の長さ広さ深さ寸法同じなのに、紀伊は天城に対して重量物が「上方へ増加」
している。
速力はもとより、復元や動揺の特性が単純に悪化しそうな気がする。

同じく水平防御高所配置のKGVやリシュリューは、その為に重心が不当に上昇し過ぎないように深さや幅をあらかじめ
とってあるんだが。
( ^ω^)

168 :名無し三等兵:2006/12/07(木) 01:09:48 ID:???
>紀伊の舷側装甲は断面図によれば加賀と同じで天城より一層高い主甲板にまで達していて、
>ついでに水平防御もその主甲板 が受け持つ(天城は一層低い中甲板)けど、
>船体の長さ広さ深さ寸法同じなのに、紀伊は天城に対して重量物が「上方へ増加」している。

はて?日本軍艦建造史の断面図じゃ天城と紀伊って構造はほとんど変わりないようだが。

169 :名無し三等兵:2006/12/07(木) 07:34:17 ID:???
天城の水平防御がNVNCと高張力鋼の貼り合わせだったのに対し、
紀伊は一枚ものだったってこと?
でも赤城〜愛宕はちょい薄いが一枚ものなんだよね。

170 :ドイツ厨 ◆Kmf5mxsjcM :2006/12/07(木) 14:21:35 ID:???
>>168
いづれも平甲板型船体ながら、加賀と紀伊の水平防御は暴露甲板となる上甲板の一層下にある主甲板、天城は更に一層低い
中甲板であると思い込んだまま今こうしてラーメン屋でチャーハン食ってる訳だが、ひょとしてこれら一連の未成艦の水平
防御は、すべて主甲板なんですかぬ。
( ^ω^)

171 :名無し三等兵:2006/12/07(木) 20:55:04 ID:???
>>170
天城型と紀伊型は平甲板型船体ですけど加賀型は長門型と同じ長船首楼型船体ですよん
三型とも防御甲板は中甲板で舷側装甲の上辺と同高
ちなみに
天城型 舷側装甲10inVC 傾斜角12度 中甲板3.75inNVNC
紀伊型 舷側装甲11.5inVC 傾斜角15(?)度 中甲板4.625inNVNC
なお紀伊型では重心高上を抑えるため中甲板から上の構造物の横幅を狭くしてます

172 :名無し三等兵:2006/12/07(木) 20:59:44 ID:???
>>171
捕捉
この時代の日本船艦の甲板の呼び名は上から最上甲板、上甲板、中甲板、下甲板で
英国戦艦のように主甲板という呼び方はしてません

173 :名無し三等兵:2006/12/07(木) 21:10:56 ID:???
ドちうは一体何の断面図を見たんだろう?
盆暗ぶりを表わしてるぬ。
( ^ω^)

174 :名無し三等兵:2006/12/07(木) 21:40:19 ID:???
ド厨がぬけっとしている間に前スレ埋め終了。

175 :ドイツ厨 ◆Kmf5mxsjcM :2006/12/07(木) 22:14:37 ID:???
>>171
加賀つーのは暴露甲板が艦尾まで全通なんですが、ああいう艦尾が極端に低いのは船首楼になるんですかぬ。

>>173
まあ俺がもともとボンクラなのは動かぬ事実だが、ヨレヨレの丸スペシャル「戦艦長門型」をヒモといてはみたじょ。

>>174
>前スレ990「フッドはその生涯で役目を充分果たしたといえる」



だからと云って、そのまったくの思慮が欠落した手抜き防御ゆえに3名残して以外全員死亡を招く主力艦設計を正当化する理由にはなるまいて。
ふっふ。
( ^ω^)

176 :171:2006/12/07(木) 22:20:01 ID:???
>>175
ごみん副砲郭(下段)を見間違えた
三型とも平甲板型船体でした

177 :名無し三等兵:2006/12/07(木) 22:23:11 ID:???
>>159は勿体ぶらずにさっさと書け

178 :ドイツ厨 ◆Kmf5mxsjcM :2006/12/07(木) 22:32:21 ID:???
>>576
いえこちらこそ。
旧海軍は、フラッシュデッカーと云えど暴露甲板は「最上甲板」な訳ですね。
ありがとうございます。

しかしながら、どうも船首楼型は好きになれず。
長門陸奥はそこが自分の中では惜しいのです。


179 :ドイツ厨 ◆Kmf5mxsjcM :2006/12/07(木) 22:34:48 ID:???
>>176氏へのつもりが、大遠弾になってもうた。
(´Д`)

未来の>>576氏、あとの事はよろすく。

180 :名無し三等兵:2006/12/07(木) 23:09:35 ID:???
>>175
それで?
フッドの輝ける生涯と比べればビス公は瞬殺何にも無し。
文鎮ビスマルク

ぬふっふ。
( ^ω^)


181 :名無し三等兵:2006/12/07(木) 23:20:35 ID:???
まあ、横レスも何だがビスは死して名というか伝説を残したと思うぞ。
北方航路でのティルピッツの抑止効果はビスマルクのあの戦いがあってこそだと思うし。
PQ17とかも含めて、な。

フッドにせよビスマルクにせよ、戦艦らしく戦って沈んだ艦には伝説が生まれるんだよ。
こちとらのお気に入りのダコタは優秀だがそういう伝説はないからなあ。

まあ、戦没艦の伝説は未成艦のロマンに通じる物があるな。

182 :名無し三等兵:2006/12/07(木) 23:25:11 ID:???
あ、自分が乗り込むなら当然ダコタね。
自分の命がかかってるとロマンより実利を優先するんで。
アイスの製造器も楽しみだしw

183 :名無し三等兵:2006/12/07(木) 23:40:20 ID:???
テルピッツ?もう他に獲物も残って無いし
http://www.mo-na-ko.net/lode-planky2.htm

184 :名無し三等兵:2006/12/07(木) 23:41:51 ID:???
KGX
http://www.de1939a1945.bravepages.com/imagenes/at_blin_clasekinggeorgev.jpg

185 :名無し三等兵:2006/12/07(木) 23:54:25 ID:???
おお
すばらしく先進的で実利的な防御配置だ。
さすが英国戦艦。

186 :名無し三等兵:2006/12/08(金) 00:07:05 ID:???
もちつけドちう
ポムポム砲
http://war-at-sea.narod.ru/photo/large/s5gb83_121e.jpg
http://www.de1939a1945.bravepages.com/tecnicos/014blinnavales.htm

187 :ドイツ厨 ◆Kmf5mxsjcM :2006/12/08(金) 00:24:48 ID:???
>>180
するってえと、フッドの生涯を彩った物見遊山てのは別にフッドでなくとも務まる重油の浪費とショー・ザ・フラッグ、その幕を閉じたのはフッド
ならではの紙防御だった訳でつね。
なんつー無駄銭使いの英国ならではのトーヘンボクなんだ。
あんまり気の毒つーか実もフタも無いダメさ加減なんで、とるあえず合掌。
(´;ω;)ブワッ

>>181-182
ペプシの自販機ならショーボートにもあるがぬ。
独りあたりのスペースもダコタより若干余裕あるだるぅ。
もっとも、防御区を圧縮するとともに防御施工範囲を拡大しながら、艦自体も小さくなってるからショーボートに対する防御上のメリットも、実の
ところそれ程大きくはない気もするじょ。

>>185
KGVにもさすがに設計上キラリと光るトコはちゃんとあると思うんだがぬ。
一応。
英厨の云う「堅固な水中防御」「堅牢な重防御」なんてピント外れじゃなしに。
( ^ω^)

188 :名無し三等兵:2006/12/08(金) 00:31:54 ID:???
文鎮ビスマルクってダサい設計だぬ。
ありゃ簡単に沈むはずだ。

189 :ドイツ厨 ◆Kmf5mxsjcM :2006/12/08(金) 01:28:22 ID:???
>>188
なるたけ濃密に詳しく。
( ^ω^)

190 :男じく用務員 江田島平七:2006/12/08(金) 02:07:10 ID:???
たまには未成艦について語るよろし

191 :名無し三等兵:2006/12/08(金) 02:57:08 ID:???
とりあえずお題で、

結構影の薄い H41 について… モンタナに勝てる?

192 :ドイツ厨 ◆Kmf5mxsjcM :2006/12/08(金) 04:09:28 ID:???
H39でいいんでないの。
Mk6の砲身を安易に伸ばして威力は増したが散布もばらつくMk7のモンタナなんぞ。
( ^ω^)

やっつけの産物アイオワよりはましなんだろうけど、H39もモンタナもようやく大和と同等の防御材2万t超か。
米はSHSだがどちらも所詮16インチ。

大和とほぼ同大のH39は乾燥重量で5万t切っており、より大きいモンタナも大和なみの重量。
武装が大和より軽いのもあるが、それに伴って軽量化と重防御の両立に関しては成功している。
ついでに高速。

いっぽう46サンチは将来的に更に威力増大のポテンシャルがあるが、16インチはMk7どまり。

まあこの時点で、既に英あたりは日独米の技術水準に追い付けないんだぬ。
(そもそも16インチ搭載のライオンがたかが15インチのビスマルクに及ばない時点で、軽く駄目ではあるが)
ここはフランスあたりにもスゴい奴の登場を願いたいところだぬ。
世界は怪しむ。
( ^ω^)

193 :名無し三等兵:2006/12/08(金) 06:21:20 ID:yJnpQFcE
>>184
KG5もビスと同じで抜かれた後の砲弾の断片防御がなっていない。
炸裂した砲弾の破片をどうやって守る気なのかねえライミーは

194 :名無し三等兵:2006/12/08(金) 08:14:42 ID:???
たまにはソビエツキーソユーズも思い出してあげてください

195 :名無し三等兵:2006/12/08(金) 11:05:51 ID:???
>フランスのすごい
 アルザス級か?15インチ12門か16インチ9門だからまあダコタと火力互角で速力32ノットで走るくらいだろ
そんな化けモンでもない

196 :名無し三等兵:2006/12/08(金) 12:11:33 ID:???
>>192
H39がモンタナに勝てるとは思わないな。
Mk7の散布界が広いわけではなくて、アイオワの不安定性が問題だろう。
Mk7は米海軍で最高の16インチ砲と考えられているわけだし。

H級のSK C/34 ではモンタナのバイタルパートを垂直面で15000ft以内、
水平面で35000ft以上はないと貫通できないし、逆にMk7なら大抵の距離で対処できる。
その上、砲数で1.5倍の差がある。H41でも厳しいだろう。

197 :名無し三等兵:2006/12/08(金) 12:15:54 ID:Pgp9oqmO
>横須賀6号ドック位のハコがあれば長さ290〜300m、幅40m超の戦艦は作れ
>なくはないだろうが。

その箱を作るのに予算取られて肝心の艦が作れなくなりそう。
横須賀にもう1個造って、佐世保の第7ドック拡張して大神海軍工廠を建造し
て、川崎と三菱に金をを貸し出した上で泉南に新造し長崎の第二ドック拡張
して・・・。

国が破産しそう。

198 :ドイツ厨 ◆Kmf5mxsjcM :2006/12/08(金) 12:34:35 ID:???
>>193
舷側上部の薄板抜いた後の話かぬ。
垂直145mmを抜かれても、ビスマルクの防御区は2層下の中甲板80mmより下にある。
KGVの防御区は垂直25mmを抜かれても、主甲板124mmがその下の防御区への侵入を食い止める。

「高速戦艦」フッドくんだりとは違うのだよ。
( ^ω^)

>>194
学研の世界の戦艦に格好いいソ連の戦艦のCGが載ってたが、ああも格好よくはならないだろうし、そもそも実現不能と思うじょ。
髭がビスマルクの図面ごとくれてやっても、それを造る目処すらままならんのだからぬ。

>>195
まあビスマルク、リシュリューらの時点で防走は既にダコタを上回ってるがぬ。
火力は15インチでしかないが、それでもWW1直後の16インチよりはイロイロと優れているがぬ。
( ^ω^)

199 :名無し三等兵:2006/12/08(金) 12:51:13 ID:???
ぷっ文鎮ビスマルコなんてシャルンホルスコ同様に水平装甲を犯られてアボンです。
( ^ω^)

200 :名無し三等兵:2006/12/08(金) 13:01:52 ID:???
ド厨は昼頃まで寝ていられていい身分だなw
午後は洗車のお仕事ですかぬ
( ^ω^)

201 :名無し三等兵:2006/12/08(金) 13:33:19 ID:LrkFKcz9
大和にドイツの機関が欲しい

202 :ドイツ厨 ◆Kmf5mxsjcM :2006/12/08(金) 13:53:27 ID:???
>>196
6万tクラスの16インチ艦が仮に撃ちあったりなどしたら、そう簡単に勝ち負けが決まる訳などないだるぅ。
ガ島のS.ダコタ、デンマーク沖のPOW、英戦艦2と撃ち合ったビスマルク、英艦隊と撃ち合ったダンケルク、いづれもバイタルパートを易々と
抜かれてもいなければ、深部への壊滅的打撃を許してもいない。
(ビスマルクは4千未満の至近から舷側を抜かれているが)

が、いづれも常識的な距離での命中弾によってバイタルを抜かれてもいないにも関わらず、初期の指揮系統への被弾で易々と射撃の中断を強いられている。
要するにバイタルは易々とは抜けない反面、易々と被害が及ぶ上構の要部へ当てた側は断然有利。
装甲化された司令塔の内部や船体深部の発令所が無事であっても、その連絡や機能は比較的容易に麻痺する。
この時相手が甚大な被害を被っていなければ、その時点で帰趨が決する。
もっとも、火器や機関が無事なら場合によっては離脱が可能。
ただし1対1という非現実的な前提の場合。

射程における命中率は参考程度にしかならないが、射程増大にともなって、また相手の射撃如何によって変動する。
もちろん射程が大であるほど命中弾は激減するんだぬ。

ワシントン→射程7千6百〜9千9百m、霧島への命中率12%(9/75発)

ビスマルク→射程1万8千〜1万4千m、フッド・POWへの命中率4,3%(計4/93発)

プリンス・オヴ・ウエルズ→射程1万8千〜1万4千、ビスマルクへの命中率5,08%(3/59発)

( ^ω^)

203 :名無し三等兵:2006/12/08(金) 14:05:07 ID:???
>201
ピーキーでここぞという時に動かない浮かぶ文鎮に成り下がるから止めたが吉。
どうせ無いものねだりの高温高圧ならアメちゃんのがエエ。

204 :ドイツ厨 ◆Kmf5mxsjcM :2006/12/08(金) 14:40:14 ID:???
>ピーキーでここぞという時に動かない

グナイゼナウあたりまでの30年代計画艦、それもシャルンホルストは特に初期からしばしば故障ですな。
35〜6年度計画のビスマルク級の機関の運用実績は、より高温高圧であるにも関わらず、生涯通じていづれも良好だったんだがぬ。

そういや、イザという時に砲が動かない「実用的な」英戦艦があったな。
ええと、なんだっけ。
( ^ω^)

205 :名無し三等兵:2006/12/08(金) 15:26:18 ID:???
>>197
せいぜい大神工廠の建設で終わりそうだな。

とはいえ横須賀6号ドックの大きさは大和型以上の超大型戦艦、
あるいはマル5計画で検討された4.5万〜5万t級大型空母の建造・整備が
行なえるサイズではある。(実際米空母を入渠させているし)

やはり日本海軍も超大型艦の可能性を模索していたのだろう。

206 :名無し三等兵:2006/12/08(金) 17:02:08 ID:???
ドイツ戦艦は一味違うからな
Schlesien      被雷して浅瀬に乗り上げ、終戦まで復旧できず。終戦時対空砲台として運用。
Schleswig Holstein  英軍爆撃により大破。ソ連軍の侵攻に伴い自沈処分。戦後ソ連が標的艦として使用。
Scharnhorst     HMS Duke of Yorkにより撃沈
Gneisenau      連合軍爆撃により大破、廃艦後閉塞船として処分。
Bismarck       英艦隊の袋叩きで沈没。
Tirpitz       引きこもってた所を英爆撃機により爆撃され転覆。
Deutschland     英軍の爆撃により大破廃艦、着底状態で終戦。
Admiral Scheer    英爆撃機により転覆。
Admiral Graf Spee  英艦隊に包囲され自沈。

見事に英軍に沈められてるなw

207 :ドイツ厨 ◆Kmf5mxsjcM :2006/12/08(金) 17:08:02 ID:???
英軍はどこか必ずヌケてるからぬ。
その都度、盛大にあたふたしておる。
( ^ω^)

208 :名無し三等兵:2006/12/08(金) 17:19:09 ID:???
>>202
>6万tクラスの16インチ艦が仮に撃ちあったりなどしたら、そう簡単に勝ち負けが決まる訳などないだるぅ。

まぁ、それを言ってしまったらお終いなんだが・・・
そうなると結局、手数で勝る方が有利ということになる。
それに貫通できなかった例はショボイ英戦艦の砲ばかりじゃないかw
カタログだけでも圧倒的に勝る16インチSHSと一緒にするのはどうかと思うが

209 :名無し三等兵:2006/12/08(金) 17:39:43 ID:???
ドイツ水上艦艇は見限られてるからあたふたする人もいないね( ^ω^)

210 :ドイツ厨 ◆Kmf5mxsjcM :2006/12/08(金) 17:54:50 ID:???
>>208
その手数肝心だからこそ、そもそもKGVは5隻だるぅ。
だいたい3万なにがしも飛ぶ砲でもって2万以下で無駄弾をばらまき、しかも滅多とは当たらんのが戦艦の撃ち合いなのだ。
おまけに根性と気合いで職工達が鍛えあげた装甲は、そもそも簡単には貫徹せんのだ。
ささ、チミも英海軍が誇るカコイイKGVがふりかざす14インチMk7の砲尾に徹甲弾を押し込む作業に戻るんだケチャップ・フィールド君。

ナニ詰まったとな。

>>209
髭のオッサンに云ってくんない?
苦情は。
( ^ω^)

211 :名無し三等兵:2006/12/08(金) 17:59:23 ID:???
モンタナ>超大和>ソヴィエツキー・ソユーズ>アルザス>H39>ライオン

212 :ドイツ厨 ◆Kmf5mxsjcM :2006/12/08(金) 18:53:43 ID:???
>ソビエツキ・なんとか
>アルザス
>ライオン



あの、これらの得体の知れない出展不明な船の詳細がわからないのですが。
これらはその、スゴイんでつか。
なにせ手元に先々週の「カー・アンド・ドライバー」しかありませんので。
( ^ω^)

213 :名無し三等兵:2006/12/08(金) 19:10:12 ID:???
>生涯通じていづれも良好だったんだがぬ。
問題が生じる程長い生涯でない&問題が生じる程出歩かないだがな。
ま、技術ではなく使う側の問題なのだが(技術的問題より尚、悪い
んだけどな)。

214 :ドイツ厨 ◆Kmf5mxsjcM :2006/12/08(金) 19:30:48 ID:???
>>213
確かに。
ずっと追っかけてきたプリンス・オブ・なんとか云う「実用的な」戦艦もガス欠が近いんで序盤で消えちゃったし。
いやはや、戦艦てのは難しいもんですぬ。
( ^ω^)

215 :名無し三等兵:2006/12/08(金) 19:36:42 ID:???
事あるごとに英国厨と独逸厨がお互い必要以上に晒し合ってるのには飽きた
書き込むならもうちょっとマシなの書け

216 :名無し三等兵:2006/12/08(金) 19:40:48 ID:???
そりゃ通商破壊みたいな外道任務に使われるわけじゃないから>>214

217 :名無し三等兵:2006/12/08(金) 20:15:26 ID:???
古臭い本を並び立て、どっかで読んだような黴臭い話のド厨は飽きた。
>>192
で何?まともなレーダーも開発できなかったり、敗れ去ったり
二段二速加給器も開発できず馬力競争でも敗れ、長距離爆撃機もまともなのが無く
工業基盤ごと破壊されて国が何んだかなw

218 :名無し三等兵:2006/12/08(金) 20:26:42 ID:???
戦艦建造の技術力って何だ?工業技術力のことじゃないのか。
いくら設計で工夫したところで装甲板の質が劣悪だったり
溶接技術が稚劣だったりしたらヘボの烙印押されて仕方が無い。
つーことで

英米独>>>仏>>>>伊>>>>(越えられない壁)>>>>日

219 :名無し三等兵:2006/12/08(金) 20:57:09 ID:???
ムダに貶しあう……これも厨のSaGaか……

君は〜厨〜僕も厨〜I will give you my love〜な〜みだ〜が〜でちゃ〜う〜お〜とこ〜のく〜せに〜

220 :名無し三等兵:2006/12/08(金) 21:04:22 ID:???
>>214
文鎮ビスが8000t呑んでるビール腹なだけじゃん
( ^ω^)

221 :ドイツ厨 ◆Kmf5mxsjcM :2006/12/08(金) 23:05:38 ID:???
>>218
いやいや、その英軍ご自慢のレーダー盲目撃ちで命中弾がたて続けに期待出来るのは、相手が速力を減じてなおかつ距離1万以下の場面ですんで。
( ^ω^)

>>219
あれ、単に15インチの厚さの装甲が造れはするけどヨソに比べて額面の耐弾性はどうなのか怪しい英がまたえらく上位にいるもんだぬ。
いつまでも日本をけなして喜んでないで、ぼちぼち祖国の後進国に帰りなよ英厨。
( ^ω^)

222 :名無し三等兵:2006/12/08(金) 23:06:58 ID:???
だから煽るなって

223 :名無し三等兵:2006/12/08(金) 23:14:17 ID:???
>溶接技術が稚拙だったりしたらヘボの烙印押されても仕方がない



はい、英厨が墓穴を掘りました大々的に

224 :名無し三等兵:2006/12/08(金) 23:19:46 ID:???
ド厨のアンカーずれてやんのw(プ

@より厚い日本の装甲は品質不良
@ドイツのはプレスが無いから単純に12inchが限度
@結局英国の装甲が最強
@よくわからんがフランスが欧州最強

↑まー確かにそろそろこういう戦鳥厨による根拠もない創作ネタにも飽きたな

225 :名無し三等兵:2006/12/09(土) 00:57:28 ID:o2MuN0xk
H級で一番気になるのは主砲の威力でもなく装甲の対弾性でもなく機関がキ
チンと壊れずにスペックどおり動くのかどうかだ。

226 :名無し三等兵:2006/12/09(土) 01:20:36 ID:U+D7Pcvc
大和型は機関4列だから、水中防御がいまいちなのですか?

227 :ドイツ厨 ◆Kmf5mxsjcM :2006/12/09(土) 01:32:42 ID:???
>>225
H39は完成すりゃビスマルクよか何もかも上なんだけど、ディーゼルの出来(とそのマウントの出来)次第だぬ。
んで、「いきなり」の1〜2番艦あたりは少なくとも駄目だと思う。
就役しても向こうしばらくは。
( ^ω^)

228 :名無し三等兵:2006/12/09(土) 01:58:51 ID:o2MuN0xk
H級は建造されても時期的に「水上艦の通商破壊戦はダメだ」という事にな
ってボイラー搭載に変更されそう。
少なくとも半分は。
それでもやっぱり壊れるんだろうな・・・。

航続距離が短くなっても援ソ船団襲撃には何にも困らないし。

229 :ストレガー:2006/12/09(土) 02:01:25 ID:???
>226
いや構造がいまいち、内部の傾斜装甲の上部と下部の結合をしっかりしておくべきだった。
背後の支持構造も不十分な感じ。
バルジ船体よりシンプルにアイオワ風の船体にした方がよかった鴨。
(異論ありまくりだろうな)

230 :ドイツ厨 ◆Kmf5mxsjcM :2006/12/09(土) 02:57:53 ID:???
>>228
補給路をあちこち確保出来る事を前提にガス食いな設計も特に問題視されなかった英戦艦とはまったく事情が逆なので、ドイツの場合足が短いのは
最初から却下かと。
あとWW1以来ドイツ艦に不変なのは「想定される現実的な距離での射撃に特化した配置」という前提に基づく設計だが、これは必ずしも通商破壊
に最適な艦型とは限らない。
にも関わらずこれで通商破壊をやろうとするところに問題がある。
(そもそも通商破壊はWW1の戦術。しかもそれに特化したポケット戦艦がある)
おかげでH44はWW1以来不変の配置という基本形態のまま「際限なく」防御を拡大した為にあのような醜態になった。

>>229
機関区水中防御は5mと艦幅に対して大きくはないが、その船体幅とそれに伴う区画の充実は浸水に対しての抗堪性と充分な安定をもたらす。
アイオワが理想なら、なぜにアメリカはモンタナに於いて防御形態を白紙撤回したんだるぅ。
( ^ω^)

231 :名無し三等兵:2006/12/09(土) 03:45:53 ID:U+D7Pcvc
大和型の水平隔壁が衝撃で穴を空けたということは、
水平隔壁を設けないほうがよかったのでは?
アイオワは無かったような。シンプルな縦の多層構造。
舷側装甲を支えるフレームもしっかりしてそうです。
大和型はなんで水線下を縦横を複雑な感じにしたのだろうか?
バルジは上部を延長してもよかったような。


232 :名無し三等兵:2006/12/09(土) 03:50:49 ID:h+pA3h14
大和型三番艦として着工した【信濃】じゃね!竣工まもなく撃沈したけど、突貫工場で完成してたとはいえないから【信濃】にケテーイ!エンプラが出来るまでは世界一の空母だし!

233 :名無し三等兵:2006/12/09(土) 10:15:21 ID:???
>>221
戦後のアメリカの射撃テストで日本の装甲板は平均5%米国産のものよりも対弾性に劣る調査結果がでてるじゃん。
厚くなるほどひどい。ちなみにドイツの装甲板はアメリカとイギリスの中間ぐらいの性能。変なこと書くな無職

234 :名無し三等兵:2006/12/09(土) 12:02:16 ID:???
>233
それを補って余りある(ありすぎだが)厚さを与えている。
多少のスペック差なぞは「物量」を投入する人智でカバーできるのだよ。
戦艦厨房はその点を忘却するトリ頭が多いが。

235 :名無し三等兵:2006/12/09(土) 12:22:36 ID:???
>>234
やあ、なら戦艦そのもの(しかも有効な攻撃力を持つ)を大量に投入できる米海軍の圧勝ですね。

236 :名無し三等兵:2006/12/09(土) 13:18:26 ID:???
大和の装甲が英(世界最高)の10%低いとすると舷側の直接的な厚さは
KG5と同等であることになるな。傾斜は必ずしも理論どおりにはならないし。
哀れ大和

237 :名無し三等兵:2006/12/09(土) 13:26:45 ID:???
>235
然りだが。何か?
そもそも戦争は馬鹿と貧乏人には勝てないように出来ている。

238 :名無し三等兵:2006/12/09(土) 13:52:08 ID:???
装甲は厚いがそれを支える構造が弱い大和型。

239 :ドイツ厨 ◆Kmf5mxsjcM :2006/12/09(土) 14:44:36 ID:???
>>233-238
逆に英にもこみちの15インチ厚の国産VHは、同厚の英のよりも優れてるという報告だよぬ。

ちなみにさる本の能書きによると、英の装甲耐弾性は米の25%増し厚とほぼ同等。
独の320mmの耐弾性は従前の360mmに等しい厚さより若干厚く、しかしそれ以上厚くしても耐弾性は増さない旨。

さて、英のヴァンガードって船はなんでまた舷側の装甲厚を減じてんだろね。
仮に英厨の云うとおりの「最も優れた(笑)装甲」てんなら、単純に耐弾力減。逆にヴァンガードの14インチ厚でそもそも耐弾力充分てんなら、
KGVはまさしく英厨むけの「内容を伴わない無駄なスペック」の産物と云う事になるがぬ。
( ^ω^)

240 :ドイツ厨 ◆Kmf5mxsjcM :2006/12/09(土) 15:16:56 ID:???
>>231
アイオワやS.ダコタはシンプルかつ効果的に見えるけど、水中防御幅は若干ではあるがN.カロライナの「装甲・バルジともに外装」の方が、
あの艦幅では結果的に広くとれたって事だぬ。
耐14〜15インチあたりの耐弾と効果的な水雷に対してはN.カロライナの、限られた装甲材で耐弾力を増す事を優先するならS.ダコタや
アイオワの方式が妥当だったて事でしょ。もっとも、モンタナではダコタのような制約とも、そのダコタの船体に機関を押し込んで高速の
戦艦を成立させる為のアイオワのような経緯とも無縁だから、あの断面を踏襲する必要自体がなくなった。

ちなみにダコタもアイオワも舷側装甲の最大厚部とその下では、やはり接いでるじょ。
大和は機関区外壁をせめて下まで垂直にして舷側装甲を減厚する代わりにここを増厚出来たらと思うが、もちろんこれもど素人の後知恵ね。
( ^ω^)

>>237
だからか。
日本と違って学習能力ゼロの発展途上民族が、日本の隣で南北にわかれてまで戦争ごっこのふりをしながら一向に発展しないのは。
もちろん同情はしないが。

241 :名無し三等兵:2006/12/09(土) 15:27:06 ID:???
>英の装甲耐弾性は米の25%増し厚と同等

あれは「英の装甲は25%厚いにも関わらずクラスA同様に均一」ともとれるけどな
まあ戦鳥あたりの英米厨にはその戦艦や砲弾の性能を正当化させるために3万近辺での砲戦を想定したり余所の技術を貶て喜んだりと、トリ頭が多いのは確か

242 :名無し三等兵:2006/12/09(土) 15:49:22 ID:???
実際「無駄なスペックの産物」だろKGVも
装甲が厚いだけで隔壁も構造も弱く、火力と防御の中身を伴わずにやたら重く、効率悪く非力な機関で速力をたたき出すための船型
走れば航海性運動性いまひとつ、燃費劣悪
それを正当化するために論旨を歪曲するのは英厨の勝手だが、要するに英国艦は昔から変わっとらん

243 :名無し三等兵:2006/12/09(土) 15:55:19 ID:???
傾斜装甲にしなくてもいいじゃん。複雑になるだけ。
装甲を支えるフレームは強化して、一番外側は油層。底も。


244 :名無し三等兵:2006/12/09(土) 16:27:37 ID:???
結局反・戦鳥英厨の集まる糞スレになった。
いい加減にしてほしぜ屑どもが、お前らの恨み辛み泣き言を
晒してるんじゃねえぜ。

245 :名無し三等兵:2006/12/09(土) 16:39:46 ID:???
と、>>244が恨み辛み泣き言を申しております
ここは戦鳥厨の馴れ合い自演スレじゃねえぜ

246 :名無し三等兵:2006/12/09(土) 16:45:57 ID:???
英厨も異様に打たれ弱いのは確かだな。
ドイ厨はそもそも厨以前に三行以上の長文しか書けんバカなのは明白だが。

247 :名無し三等兵:2006/12/09(土) 16:47:33 ID:???
ほら、すかさず悪口を言われてないか監視していてすぐ反応。
キモいおっさん連中だぜ。

248 :ドイツ厨 ◆Kmf5mxsjcM :2006/12/09(土) 16:50:16 ID:???
>>244
注水するのはまだ早いじょ。
スレはまだ4分の1しか燃料減ってないじょ。
( ^ω^)

249 :名無し三等兵:2006/12/09(土) 16:53:03 ID:???
あれは「英の装甲は25%厚いにも関わらずクラスA同様に均一」ともとれるけどな。
まあ戦鳥あたりの英米厨にはその戦艦や砲弾の性能を正当化させるために3万近辺での
砲戦を想定したり余所の技術を貶て喜んだりと、トリ頭が多いのは確か。

250 :名無し三等兵:2006/12/09(土) 16:55:02 ID:???
実際「無駄なスペックの産物」だろKGVも
装甲が厚いだけで隔壁も構造も弱く、火力と防御の中身を伴わずにやたら重く、
効率悪く非力な機関で速力をたたき出すための船型 走れば航海性運動性いまひとつ、燃費劣悪。
それを正当化するために論旨を歪曲するのは英厨の勝手だが、
要するに英国艦は昔から変わっとらん。




251 :名無し三等兵:2006/12/09(土) 16:56:57 ID:???
ほんと読みにくいから改行して欲しいぜド厨、

252 :名無し三等兵:2006/12/09(土) 16:57:03 ID:???
>247
おっさんなのかガキなのか分からんあの連中って、やたら自演してまで他人を罵倒したがる割には
批判されると途端に荒れるのな。
情操が欠落してんのかね。
どっかの民族みたいに。

253 :名無し三等兵:2006/12/09(土) 16:57:56 ID:???
すぐレッテル貼りの反戦中キモw

254 :名無し三等兵:2006/12/09(土) 17:03:14 ID:???
>と効果的な水雷に対してはN.カロライナの

実際はまったく能力不足、大失敗の醜態を晒した訳ね。

255 :ドイツ厨 ◆Kmf5mxsjcM :2006/12/09(土) 17:34:59 ID:???
>>254
想定以上の魚雷威力だからぬ。
S.タコダやアイオワにしてもあれと同じ程度に損害が及ぶ事はあっても、あれより軽微に済む可能性はまず低いだるぅ。
( ^ω^)

256 :名無し三等兵:2006/12/09(土) 17:39:00 ID:???
大和型の魚雷に対する弱さも醜態だろ。
至近弾でも前後部は時間と伴に大浸水に広がる。

257 :名無し三等兵:2006/12/09(土) 17:44:01 ID:???
なあおまえら、スレタイちゃんと読んでるか?

258 :名無し三等兵:2006/12/09(土) 17:48:47 ID:???
ぜーんぜん?

259 :ドイツ厨 ◆Kmf5mxsjcM :2006/12/09(土) 17:49:51 ID:???
スレタイもなにも、

【噴飯】宇宙空母ブルーノアについて語ろう第三空母【憤慨】

だろう。
ちゃんと読んでるじょ。
( ^ω^)

260 :名無し三等兵:2006/12/09(土) 17:53:01 ID:???
ボケ倒すのはいい加減にしろ

261 :名無し三等兵:2006/12/09(土) 17:56:38 ID:???
宇宙空母ブルーノアって何ですか

262 :名無し三等兵:2006/12/09(土) 17:58:58 ID:???
>>259
コーヒー返せ(w

263 :名無し三等兵:2006/12/09(土) 18:03:59 ID:h+pA3h14
バーカ信濃は大和型でも三重構造なんだよ。

264 :名無し三等兵:2006/12/09(土) 18:11:44 ID:???
三重県のかたですか?

265 :名無し三等兵:2006/12/09(土) 18:43:44 ID:???
まったくドイツもこいつも禿散らかしやがってからに。

266 :名無し三等兵:2006/12/09(土) 19:04:32 ID:???
>>255
想定を言い訳にするのは情けない話ですな。
推定で語るなら、ノースカ以上の防御力を発揮すると言える。


267 :名無し三等兵:2006/12/09(土) 19:36:21 ID:???
>>263
あっけなく沈んだな。手抜き工事のせいにするなよ。
水中防御は欠陥なんだから。

268 :名無し三等兵:2006/12/09(土) 19:43:18 ID:???
また繰返す馬鹿

269 :ドイツ厨 ◆Kmf5mxsjcM :2006/12/09(土) 20:16:10 ID:???
>>267
人材も練度も習達不充分な戦時末期の空母と、戦艦として建造された場合に本来期待出来るダメコン防御能力は、果たして同じと云えるのかえ?
世界は怪しむ。
( ^ω^)

270 :名無し三等兵:2006/12/09(土) 20:16:34 ID:VOOjKTW5
大和の場合、舷側縦隔壁を素直に4-5重にして、水線長の8割をカバーするように
200mm舷側甲板下端から船底までの高さの重油層を二つ並列して、
空層とともに緊急注水排水区画にすればよかったわけでしょ?
厚さ1m、高さ8mの重油タンクを舷側に二列ずつ並べて、前後200m設ければ、
満載重油量6400トンで無問題なんではないのか?

バイタルパート内の横隔壁ごとに重油・海水ポンプを設置することで、緊急時の
横傾斜の回復に役立つわけだし。

271 :名無し三等兵:2006/12/09(土) 20:24:35 ID:???
3重底の一部も重油層にする。
全部垂直多層防御でいい。
どうせ200ミリが限度でしょ?日本が強度の信頼性を保てる最大厚みは。

272 :名無し三等兵:2006/12/09(土) 20:24:49 ID:???
http://014.gamushara.net/gunji/data/jiangjs10.jpg

最貼り

273 :ドイツ厨 ◆Kmf5mxsjcM :2006/12/09(土) 20:52:08 ID:???
>>270
防御施工範囲を拡大するのはいいとして、そんなに舷側隔壁を増やすなら防御重量も増すから、どこかから重量を捻出しないといけない。
あとそのように水中防御隔壁を増やすなら機関区の幅をどうにかせねばならず、そうなると缶と主機の配列からやり直す必要があるんでないかぬ。
( ^ω^)

>>272

Σ(^ω^ )
ナゼにYMOの高橋が最上段に・・!

274 :名無し三等兵:2006/12/09(土) 22:33:33 ID:???
艦隊決戦が無くなったので、410ミリ装甲は75ミリ装甲でよか。
間接防御優先が条約明3世代戦艦。

275 :ドイツ厨 ◆Kmf5mxsjcM :2006/12/09(土) 23:56:13 ID:???
>>183-186
ホラみろ。
フルハルのロドネイ格好いいじゃないか。(怒

276 :名無し三等兵:2006/12/10(日) 00:00:47 ID:???
>ロドネイ格好いいじゃないか

職安の帰りに眼科池

277 :名無し三等兵:2006/12/10(日) 00:46:44 ID:9MUUS7rq
>>273

缶室舷側がわの縦隔壁から外板までの間隔は5.5mだから、少なくとも5層の空層、重油層は
問題なく設置できる。重量問題は舷側410mm→390mmとか、砲塔前盾とかターレットリングの
鋼板を20mmくらい削る。火薬庫の船底防御鋼板をやめて舷側鋼板をそのまま船底まで伸ばす。
火薬庫下部の防御は油層と清水タンクでも設ける。

正直、水線下の縦防御隔壁に200mmのいらない。200-80mmを180-60mmまで削れば、縦隔壁を
1層や2層増やすのは無問題

278 :名無し三等兵:2006/12/10(日) 01:18:10 ID:Cxw5yO87
もっと装甲は薄くていいから、
船体前後の区画も水圧や衝撃に耐えられる構造がいい。

279 :名無し三等兵:2006/12/10(日) 03:51:25 ID:???
もっと装甲は薄くていいから、
長期航行の船員もプールやサウナに入れる構造がいい。

280 :名無し三等兵:2006/12/10(日) 07:55:07 ID:???
武装なくてもいいからパーティー会場がある構造がいい。

281 :名無し三等兵:2006/12/10(日) 11:07:45 ID:???
つまり列強に対抗できるような豪華客船を作ればよかった

282 :名無し三等兵:2006/12/10(日) 12:08:54 ID:Cxw5yO87
>>279〜281は
大和の不利な情報が流れると、必ず荒らすいつもの日本太郎。
大鳳スレにも登場

283 :名無し三等兵:2006/12/10(日) 12:12:04 ID:???
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/army/1165142735/282ふーん


284 :名無し三等兵:2006/12/10(日) 14:03:26 ID:???
>>277
いまいち分かって無いようだけど油層は断片防御だよね、
水中弾防御の180-60mmの装甲があるって事はその前の油層を設けても意味が薄い。


285 :279:2006/12/10(日) 14:04:23 ID:???
オレはただ>>278をもじって、某原潜の様にプールとサウナのある戦艦とか考えただけだが。

286 :名無し三等兵:2006/12/10(日) 15:06:01 ID:9WPU08VL
>>牧野技師の見立てでは防御甲板の前面に油層があれば甲板取り付け金具の弱点が改善されただろう、という見解に従ったから

287 :名無し三等兵:2006/12/10(日) 15:08:02 ID:9WPU08VL
>>384
牧野技師の見立てでは防御甲板の前面に油層があれば甲板取り付け金具の弱点が改善されただろう、という見解に従ったから

288 :名無し三等兵:2006/12/10(日) 15:12:38 ID:???
改良するんなら甲板取り付け金具を強化すればいいじゃん。
無駄に構造を複雑にするぐらいなら、モンタナみたいに最終防御縦隔壁を
厚くすればいいじゃん。

289 :名無し三等兵:2006/12/10(日) 15:17:31 ID:???
ついでに言うと大和の場合水中の傾斜装甲の前面に油層なんかあったら
至近弾の爆発でも断片で穴があいて重油流出しそうじゃん。
油層を設けるならもっと内側じゃないと駄目だと思う。

290 :名無し三等兵:2006/12/10(日) 15:46:00 ID:9WPU08VL
重油が流れ出しても傾斜はそんな変わらないからいいんだよ
取り付け金具の強化は重量増加になるから装甲の前面に液層を置くことで爆発の衝撃を板にまんべんなくかかるようにして弱点を救済する

291 :名無し三等兵:2006/12/10(日) 17:10:12 ID:???
それ位じゃ何の救済にもならないな。
油タンクを設けるなら対砲弾防御のためにも装甲の内側にする。

292 :名無し三等兵:2006/12/10(日) 19:55:42 ID:Cxw5yO87
油タンクの外側は50ミリの硬い材質にする。
外板は20ミリぐらい跳ね返す装甲はあったほうがいい。
航空機、潜水艦、核の攻撃で410ミリの厚い装甲の信仰は終った。

293 :名無し三等兵:2006/12/10(日) 19:58:43 ID:9MUUS7rq
>>291

大和の船底まである舷側垂直装甲は対砲弾防御にとっては十分過ぎるんだよ。
牧野技師の提示した改善案は魚雷爆発衝撃に対して液層を装甲の前面に置くことで
衝撃が板全体に分散して裏側の装甲取り付け金具の損傷が防げることを示唆してる。
油タンクを装甲の外側に置くことで浸水しても油と置き換わるので、ただの
空所にしたときよりも傾斜が緩和できるメリットもある。

294 :名無し三等兵:2006/12/10(日) 20:03:08 ID:Cxw5yO87
>>293
バルジを上部まで延長して全部重油で固めたいな。
3重底にして底も油層にする。


295 :名無し三等兵:2006/12/10(日) 20:08:25 ID:kkeGtnJD
現用アメリカ空母ならチタンやケブラーのような柔軟かつ強靭な素材を水雷防御層に
採用してるのかな。

296 :名無し三等兵:2006/12/10(日) 20:11:24 ID:9MUUS7rq
>>295

海上自衛隊の護衛艦も公開はしていないけど、重要区画の壁には複合材料による
断片防御、防火のための材料をパネルのようにして、構造部材として必要な厚さより
厚板の高張力鋼板の上に貼付けてあるらしい。

297 :名無し三等兵:2006/12/10(日) 20:23:32 ID:Cxw5yO87
現在の装甲の硬度は大和の何倍の硬度?

298 :名無し三等兵:2006/12/10(日) 20:40:39 ID:???
>>293
なんにせよ油層と被雷の爆発距離が近すぎで衝撃緩和にどれだけ
効果があるか疑問。
舷側傾斜装甲と船体外板との狭い間に油層を設けるならその重量で
支持構造を強化したほうが健全。
その背後を油タンクにしやほうがちょっとした被害に有利。

299 :名無し三等兵:2006/12/10(日) 20:53:47 ID:Cxw5yO87
戦訓で新設計になりそうだな。
超大和型。

300 :名無し三等兵:2006/12/10(日) 20:56:00 ID:9MUUS7rq
>>298

非圧縮性流体だから1mあれば、爆発圧力の拡散に十分なんだと藤本も牧野も述べているよ。
油層にするっていうのも鋲接部のコーキングをしっかりやるとか油密シーリング工作とか
配管だから重量を要しないし、取り付け金具の強化も否定しないよ。

でも傾斜装甲なんだから、油層を設ける空隙は装甲の外側と最外板の間しかないだろ。
装甲と缶室縦隔壁の間の空所は傾斜復元のための重油の移動場所とか、緊急注水の空所に
しとけ。
魚雷被害によって浸水する場所、外側を重油タンクにするのは理にかなっている。
牧野技師の世界の艦船の連載とか軍艦設計法の特集とかをちゃんと読めよ。

301 :名無し三等兵:2006/12/10(日) 20:56:57 ID:kkeGtnJD
あと溶接可能な高張力鋼があれば水密性がかなり向上したかな。
何しろリベットじゃ一度被雷したら防御層破られなくても相当数リベット飛ぶし緩む
からそれだけでかなり浸水する。

302 :名無し三等兵:2006/12/10(日) 21:12:21 ID:???
>>300
>重量を要しないし、取り付け金具の強化も否定しないよ。

装甲を薄くして重量を捻出するんだろ、話は矛盾しますが?
浮いた重量で隔壁を増して油槽にするのか背後の支持構造を強化するかの
どちらにするかって話。


303 :名無し三等兵:2006/12/10(日) 21:13:40 ID:9MUUS7rq
>>301

牧野技師が大和の舷側装甲410mmと200mmの接合部の構造の図面について指摘したのは
舷側装甲がその上下で不連続になっていて船体内部から外部に1枚の25mm高張力板の棚板が
貫通している。その上から「⊥」型の装甲取り付け金具と下から「T」型の装甲取り付け金具を
25mm棚板を挟んで、38mm-70mm径の鋲を多数使って接合している。
この場合、上下の装甲に爆発衝撃がかかって装甲取り付け金具を船体内部に推す力に
対抗するのは鋲の剪断力しかない。だから、局所的に力がかかって装甲が弾性変形する
場合、大きな力のかかる場所に少数の鋲しかないので、簡単に鋲が切れて装甲がT部材ごと内部に押し込まれる、
これが問題。

しかもこの棚板の船体内部への延長線が途中で途切れて船体の水平甲板と接合していないので、
棚板がうまく爆発圧力を受け止めても船体構造からの支持が無いので簡単に変形、破損する。
くわえて垂直鋼板の背部に三角形のフランジが等間隔で設置されていて、T字取り付け金具ごと
装甲が内部に押し込まれると、垂直装甲の背部の水密隔壁に孔が空く、つう欠陥設計。

簡単には構造強化できないしろものらしい。

304 :名無し三等兵:2006/12/10(日) 21:17:05 ID:9MUUS7rq
>>302

>>303に書いた通り、基本構造の問題で簡単には装甲支持構造を強化出来ないので、油密工事と
縦隔壁を1枚増やせ、つうことやね。

305 :名無し三等兵:2006/12/10(日) 21:27:35 ID:Cxw5yO87
大和、武蔵、信濃はそのままで、
4番艦から新設計したほうが無難じゃないか?

306 :名無し三等兵:2006/12/10(日) 21:33:47 ID:Cxw5yO87
機関室天井から斜めに取り付け金具に繋げればいいじゃん。
それと舷側装甲の背後に装甲を支える構造を造ればいい。
また垂直装甲でもいいし。
傾斜するから変になるんだよ。
単純な多層構造にして、油と空所の交互にすればいいじゃん。

307 :名無し三等兵:2006/12/10(日) 21:36:20 ID:Cxw5yO87
もう根本的な改善は無理じゃね?
元の基本設計の変更は無理でしょ?

308 :名無し三等兵:2006/12/10(日) 21:37:19 ID:9MUUS7rq
>>306

平賀譲と福田啓二と松本喜太郎と牧野茂の前でそう云ってみろよw

309 :名無し三等兵:2006/12/10(日) 21:38:43 ID:kkeGtnJD
バルジ追加で全幅42m、速力低下は主機、主缶の換装で馬力アップ。
じゃだめか?。

310 :名無し三等兵:2006/12/10(日) 21:41:44 ID:9MUUS7rq
>>306

クレーンの能力があるから、装甲取り付け金具のサイズも隣接工場の
工作能力で製造出来て、建造ドックの中に据え付けて、現場で組み立てが
できるようにしないといけないから、現場工事不能な構造とか強固な
一体構造とか現場工作の手に余るのであかんのよ。

311 :名無し三等兵:2006/12/10(日) 21:42:38 ID:Cxw5yO87
平賀さん・・・
機関室天井から斜めに19ミリ隔壁を延伸新設していいですか?
重量増加分は、舷側装甲を410ミリから370ミリに減らします。
このくらいの改善ならできると思います。

312 :名無し三等兵:2006/12/10(日) 21:44:20 ID:9MUUS7rq
>>309

大和の船体幅38.9mなんで、呉の艤装員が幅1mないドック壁と外板の隙間を潜るように
入って、しかも場所によっては逆さ吊りで工事したのに、、、
無理云うなよw

313 :名無し三等兵:2006/12/10(日) 21:51:50 ID:Cxw5yO87
410ミリ装甲も当てにならん。
200ミリと150ミリ装甲の2枚重ねでいいよ。
中にクッション剤を入れて。

314 :名無し三等兵:2006/12/10(日) 21:52:50 ID:kkeGtnJD
垂直装甲なんてあんなにいらないんじゃないか?ビスマルクなんてロドネー
にかなりの至近距離から16in撃ち込まれても主装甲は貫かれなかったとい
うし、それだけクリーンヒットする確率が低いってことなんだろう、大体が
斜撃になってしまう。

315 :名無し三等兵:2006/12/10(日) 21:55:43 ID:9MUUS7rq
ネイサンオックンの論文の記述で、英海軍が接収して試験してみたらブリネル強度と
焼き入れ厚さが驚異的だったという38cm厚さVH装甲板だったら、
スが入っているとか白目の入った極厚410mmVH装甲板より耐弾性能は良好だったかもね

316 :名無し三等兵:2006/12/10(日) 21:59:44 ID:9MUUS7rq
>>314

お昼御飯の角度でしか対戦艦戦闘しない大和萌え〜

317 :名無し三等兵:2006/12/10(日) 22:11:02 ID:kkeGtnJD
>>316
アーマーベルトなんかにそうそう当たらないってことを言いたいんだけど、当た
っても徹甲弾なら炸薬量少ないし内側の防御層で対応できそうだし。

318 :名無し三等兵:2006/12/10(日) 23:32:46 ID:???
>>315
その連合軍に接収された謎の装甲板って試験用か何かだろ?
量産できないんだから意味無いじゃん

319 :名無し三等兵:2006/12/10(日) 23:40:10 ID:9WPU08VL
呉には草薙の剣と並ぶOパーツ、オリハルコンの盾を産み出す魔法が隠されているのです

320 :名無し三等兵:2006/12/10(日) 23:48:16 ID:9WPU08VL
66cmVH装甲を撃ち抜くって米国ったらイケズ

321 :名無し三等兵:2006/12/11(月) 00:55:07 ID:cdSnlBf/
>>309
どこで工事するんだ?
横須賀、佐世保のドックを長期間塞いじゃうぞ。

322 :名無し三等兵:2006/12/11(月) 01:17:02 ID:QJ8Ku+Il
最近だと小さい造船ドッグで幅の細い半完成品とバルジを建造して、大型修繕ドッグで素早く溶接でひっつけて完成させるやり方がある

323 :名無し三等兵:2006/12/11(月) 01:26:37 ID:???
技術的云々を抜きにしても、半完成品の建造で
空母・戦艦用ドックを丸々ふさいでしまいますな。

324 :ドイツ厨 ◆Kmf5mxsjcM :2006/12/11(月) 01:34:05 ID:???
>>314
舷側は結局2箇所ほど抜かれてる。
それこそ数千mの距離だけどぬ。
これが最大厚部なのか175mm部なのかは定かではないが、数千mだからあり得なくはない。
それがモトで装甲の奥にある主砲の油圧をやられたんで、前部の砲はいよいよ旋回自体が不可能になった。

325 :名無し三等兵:2006/12/11(月) 02:48:20 ID:???
大和型4番艦
ディーゼルとタービンの併用。
最大幅は41メートル
舷側装甲380ミリ
水平装甲180ミリ
50口径46センチ砲2連装3基
水中防御は多層垂直隔壁5層 油層はそのうち2層
副砲廃止 3重底
浮いた重量で船体自体の強化と水密区画は1.5倍


326 :名無し三等兵:2006/12/11(月) 09:52:01 ID:???
そんだけいじくればもはや同型艦とは呼べない

327 :名無し三等兵:2006/12/11(月) 12:26:01 ID:???
つか、当時の日本で大型のディーゼルはやめとけ。

328 :名無し三等兵:2006/12/11(月) 12:44:10 ID:???
13号ディーゼルをさらに改良。

329 :名無し三等兵:2006/12/11(月) 15:41:01 ID:???
>>322
いや犬じゃないんだからさ・・・

330 :名無し三等兵:2006/12/11(月) 16:38:40 ID:???
>>303「T」型の装甲取り付け金具
同期のサウスダコタも使ってるの?

331 :名無し三等兵:2006/12/11(月) 18:07:36 ID:skfb/clx
>>330

あっちは308mm〜50mmの舷側鋼板テーパー付きを面一にして上下で折り目をなくして
上下の鋼板を端部で重ねているので一体化して強度的にはこの方がすぐれている。
また缶室天井の甲板を左右に延長して直接に舷側装甲の背部の取り付け金具に繋げている。
牧野はこの構造について褒めていた。

332 :名無し三等兵:2006/12/11(月) 18:55:03 ID:heZcu9Ht
>>331
プロならサウスダコタのようにすると思うが、
何故大和型は、わざわざ複雑な構造にしたのだろう?
下手したら、戦艦土佐の構造でバルジ拡大と装甲追加したほうがよかったのでは?

333 :名無し三等兵:2006/12/11(月) 19:04:53 ID:heZcu9Ht
傾斜17度にして艦底まで逝く!
これしかない。

334 :名無し三等兵:2006/12/11(月) 19:12:22 ID:???
土佐だとさ。

335 :名無し三等兵:2006/12/11(月) 19:13:00 ID:heZcu9Ht
>>334
反論があるなら何か?

336 :ドイツ厨 ◆Kmf5mxsjcM :2006/12/11(月) 19:41:54 ID:???
>>334
土佐厨じゃなくダコタ厨の中の人じゃないかえ。
しかし、下方内側傾斜でバイタル断面が完全な逆台形となる八八艦や米艦って、それによる問題がゼロだったっけ。
違うと思うがぬ。
( ^ω^)

337 :名無し三等兵:2006/12/11(月) 20:11:06 ID:???
跳弾が艦橋に命中します

338 :名無し三等兵:2006/12/11(月) 21:00:04 ID:sB3Fe/uB
40cm以上の大口径弾が直撃したらどんなに重防御でもただでは済まないだろう。
主砲塔に当たれば中にいる人間に少なからずダメージ有るだろうし、ヘたすりゃ
旋回不能になったりするかも。船体に当たれば装甲貫かれなくても火災が発生し
たりするので、もしそれが缶室の真上だったりしたらその缶の火を落すなどしな
きゃならないので速力低下するだろう。
ボクシングで言えばヘビー級同士のベタ足での打ち合い、先にクリーンヒットし
たほうがまず勝つ。

339 :名無し三等兵:2006/12/11(月) 21:17:19 ID:???
>>304
>簡単には構造強化できないしろものらしい。

それは改修工事を行なうのが難しいのであって
改設計で新造するんなら、支持構造の欠陥を改正するのが先決。
それに大和の場合は被雷深度が浅くて上部舷側装甲横で(戦艦武蔵建造記録P229の図参照)
日米戦艦比較論の言う通りにはいかないと思われ。
舷側下部装甲横とちがって、上部は油槽を設けるには不適な位置だと思う。

340 :名無し三等兵:2006/12/11(月) 21:46:20 ID:skfb/clx
>>339

日米戦艦比較論で牧野技師が説明している、「十字部材は工作能力の問題で製造
できず片側が平面のT字部材のみで取り付け金具を製造した。取り付け金具の端を
背後で船体水平甲板に繋がる棚板の端面で支えるべきだった。T字型同士を強固に一体化して接合する
ため合わせ面を不連にするかキーを入れる方法があったが、重量が増すのでむずかしかった、、」

つう風に書いているけど、詳細がよくわからん。説明して。

341 :名無し三等兵:2006/12/11(月) 22:31:36 ID:XC8DU6im
平面で合わせるより「がたがた」立体的に合わせた方が強度が増す。
と文系っぽく感覚的に意訳してみる。

ところで前にあったが17゜全通だと20゜に比べてどのくらい防御力が落ちんのかな?

342 :名無し三等兵:2006/12/11(月) 23:00:27 ID:???
やっぱり機関室天井から持ってくるしかない。
改装に時間がかかりそうだな。

343 :名無し三等兵:2006/12/12(火) 00:06:11 ID:???
鳥獣保護区、禁猟区はあるの鳥類生息禁止区がない事に不満を感じたので鳥類生息禁止区の条件を考えてみた。

1、スズメからの爆撃に耐えるよう1m以上の穴を掘る。
2、スズメが住み着く木や草むらは徹底して排除する
3、スズメが上空から進入してきた緊急時に備え鳥類生息禁止区、最外周部に全自動防空機関銃を設置。
4、鳥類生息禁止区、最外周部の阻止線には携帯式の対空誘導ミサイルを配備すること。
5、鳥類生息禁止区は軌道上からの索敵により常にスズメの進入を防御する事。
6、場合によってはスズメの大群が住み着く地域は街ごと核兵器で殲滅せよ。
7、鳥類生息禁止区一つにつき、10000000基の高射機関砲を設置せよ。VADSなら尚良い。
8、現地司令官の命があれば機甲部隊が援護しても良い。
9、スズメの戦略的移動によって使用しなくなる場合は防空装備を全て自動式の物に換装し何処かに消えたスズメの残党を追撃殲滅せよ。
10、スズメ防空隊は鳥類生息禁止区の全ての責任を負い、各部隊との連携を円滑にする義務を負う。
11、スズメの攻撃が予想される場合、対空誘導ミサイル陣地への弾薬供給を最優先せよ。
12、スズメ防空隊の戦死者は丁重に扱い、靖国神社にて手厚く供養する事。
13、撤退の際はスズメの住み着きやすい土地や建物の破壊を優先させ、中途半端な形にしないこと。
14、スズメ防空隊の人権を尊重する事。
15、スズメ防空隊は定期的にスズメ殲滅の重要性を説き、徹底させる事。
16、鳥類生息禁止区の正確な位置が探知されないよう陸海空緊密な連携を行う事。
17、スズメに餌を与えるカスや保護だの抜かす鳥馬鹿は情け容赦なく抹殺せよ。

344 :名無し三等兵:2006/12/12(火) 00:25:29 ID:???
>>343
またお前か?
日本の艦船の欠点の話しになると必ず荒らす。
戦艦、空母のスレで必ず荒らす。
フーン氏か?

345 :名無し三等兵:2006/12/13(水) 06:29:04 ID:ensFwh1t
保守

346 :名無し三等兵:2006/12/13(水) 16:15:05 ID:???
酒保

347 :名無し三等兵:2006/12/13(水) 22:06:39 ID:???
大和が被雷したバルジ上端って下部の水中防御と装甲の傾斜のギャップをつないだ
って感じで、水中防御に期待するより装甲と艦体強度で直接防がなきゃ、
英独垂直装甲倶楽部に、ぷっ、って笑われちまうなあ。

348 :ドイツ厨 ◆Kmf5mxsjcM :2006/12/13(水) 23:03:27 ID:???
大和とショーボートの外装・傾斜は一見奇をてらってるようで実はオーソドックス、機関区スペースへの負担も少なくてイイと思うじょ。
方式それ自体と強度は関係ない。
( ^ω^)

349 :名無し三等兵:2006/12/13(水) 23:36:04 ID:???
別に傾斜にしたから強度が落ちた、なんて言ってないだろ、眼科逝け。

350 :ドイツ厨 ◆Kmf5mxsjcM :2006/12/14(木) 00:17:59 ID:???
>>349
いや、継ぎ目厨が粘着しながら頑張ってるだるぅ。
( ^ω^)

351 :名無し三等兵:2006/12/14(木) 00:19:34 ID:???
日本艦を腐すのに異様に熱心なやつがいるからなあ
巣に帰りゃあいいのに

352 :名無し三等兵:2006/12/14(木) 00:29:24 ID:pEyBkZGm
日本太郎は本当認めないね。

353 :名無し三等兵:2006/12/14(木) 00:30:09 ID:pEyBkZGm
継ぎ目と聞くとたいしたことない。ってか。

354 :名無し三等兵:2006/12/14(木) 00:36:29 ID:???
>>350
馬鹿ですか?
垂直装甲に魚雷が当たったけど防いだって例があるんだろ、
だから大和も傾斜とか関係なく支持構造で防げなきゃって言ってるんだが。

355 :ドイツ厨 ◆Kmf5mxsjcM :2006/12/14(木) 00:54:09 ID:???
舷側甲帯の最大厚部から下へはむしろ連続させずに、水中隔壁を増厚しながら3層ホドにとどめた方が造るにも直すにもラクだとは思うがぬ。
どのみち水中防御によっての水中弾や魚雷のシャットアウトはそもそも無理だるぅ。
なるべく拡散させるには、空間を稼ぎつつ部品点数減らすのもテだ。
( ^ω^)

356 :ドイツ厨 ◆Kmf5mxsjcM :2006/12/14(木) 01:14:32 ID:???
>>354
云われなくてもバカなんだが、魚雷が小さいとは云え例えばビスマルクあたりは右舷装甲帯に喰らった際の下部バルジへの二次的な
被害は確か皆無に近かったハズだぬ。要するに甲帯の端部以外への命中だった可能性が高いという事。
仮に大和やショーボートであっても、ここなら同じ状況にならんかえ。継ぎ目(つまり最大厚部下端)直撃ならバルジ内への漏水は
あり得るが、その場合は垂直装甲外装式&バルジ面イチの独英艦も同じメに遭う可能性はあるだるぅ。
もっとも、傾斜装甲を内装する米艦やロドヌあたりはバルジ内に浸水する可能性はより高いだろうがぬ。
( ^ω^)

357 :名無し三等兵:2006/12/14(木) 12:39:14 ID:???
大和の場合、装甲板表面付近で爆発して藤壺形の凹みが出来とるわボケェ。

358 :ドイツ厨 ◆Kmf5mxsjcM :2006/12/14(木) 13:13:25 ID:???
>>357
継ぎ目にかぬ?
その付近ならビスマルクもバルジ上縁がそうなるな。
もっとも、舷側の「手前で」炸裂した魚雷による衝撃でリベットが緩み、防水区画に漏水したPOWという艦もあるがぬ。
( ^ω^)

359 :名無し三等兵:2006/12/14(木) 16:22:09 ID:???
フジツボのマフラーにハヤシストリートでキメたB310サニーについて語るスレはここですか

360 :名無し三等兵:2006/12/14(木) 20:35:25 ID:???
舷側主要装甲の前に油層、背後に支えるフレーム、
油層外板は硬度の強い50ミリ装甲、があればOK?

361 :名無し三等兵:2006/12/14(木) 20:57:28 ID:???
>>354
魚雷は貫通性能ゼロだから装甲に命中すれば防げる。
ただし爆圧は周辺部に相応のダメージを与えるけどね。
ていうか周辺部は大ダメージ。爆圧は装甲の継ぎ目、裏側、その他構造的に脆弱な部分に回りこむ性質があるため。
つまりこの場合、無事なのは装甲だけ、と言い換えることもできる。
そもそも装甲に命中するってのは調定深度ミスったか、艦が大ダメージ受けて沈下したかの2つに1つ。
いずれにしてもまともな命中じゃない。

>>358
つーかそれ当たり前なんだけど・・・
魚雷の破壊効果はほとんどが爆圧に起因するわけでね。
炸薬量が多い分、直接激突せずに炸裂した場合でも至近弾よりは大きなダメージを与える。

362 :名無し三等兵:2006/12/14(木) 22:20:23 ID:???
そもそも耐125kg防御だろKGVは
そんなもん引き合いに出すな

363 :名無し三等兵:2006/12/15(金) 00:16:48 ID:???
>>361
馬鹿ですか?
魚雷が命中すれば大破口を空けるのは当たり前。
言ってるのは装甲が動いて背後の隔壁に穴を開けるぐらいは
無いようにしなきゃって事。

>>358
大和の継ぎ目は喫水下2m50cm、被雷位置は2m弱、断面図で分かるだろ。

まったく、オッサン達は。

364 :名無し三等兵:2006/12/15(金) 01:18:46 ID:S/KPgtFK
大和型の背後構造は欠陥。

365 :名無し三等兵:2006/12/15(金) 01:21:35 ID:S/KPgtFK
下手したらビスマルクより浸水量が多くなる。
ノースカロナイナ、サウスダコタよりもな。
条約明け戦艦の中では、魚雷防御は最悪。

366 :ドイツ厨 ◆Kmf5mxsjcM :2006/12/15(金) 01:58:10 ID:???
>>363
つまり接合部のごく付近だぬ。
舷側の数フィート手前の炸裂で4箇所の区画への浸水をみたPOWの例もあるが、大和のその接合箇所への負荷はより大きかっただるぅ。
水線下への直撃で浸水3000t、火器使用と航行に支障なしなら上デキだぬ。

>>364-365
必死なのは判るが、そういう程度の低い風説が喜んで支持されるのは、隣の「程度の低い途上国」くらいだと思うじょ。
もちろん同情はしないが。
( ^ω^)

367 :名無し三等兵:2006/12/15(金) 02:05:32 ID:???
>条約明け戦艦の中では、魚雷防御は最悪

心配しなくても最悪・最弱はKGVなんだが
アメリカ人が太鼓判押してるし
イギリス人は非を認めてるし(艦の酷さも含めて
反日アニオタサイトはみっともなく悪あがきしてるけど

368 :名無し三等兵:2006/12/15(金) 02:12:08 ID:???
>365
最もヒサンな水中防御という点ではKG5といい勝負のベネトは無視ですか、そうですか

369 :名無し三等兵:2006/12/15(金) 02:23:54 ID:S/KPgtFK
より小型のサウスダコタは出来過ぎ。

370 :名無し三等兵:2006/12/15(金) 02:28:45 ID:S/KPgtFK
大和型は舷側装甲の裏に、
装甲を支える柱構造があればいいだけでしょ。
面倒だから垂直構造にしちゃえ。

371 :ドイツ厨 ◆Kmf5mxsjcM :2006/12/15(金) 02:29:06 ID:???
V.ヴェネトは計画じゃ甲帯が水線下に75cmしかこない事が指摘され、逆に実際の就役時には往々にして水面上の甲帯の
高さが不足した。甲帯の上下幅が元々小さいうえ、計画よりも重量が超過した事の弊害だぬ。
( ^ω^)

372 :名無し三等兵:2006/12/15(金) 02:35:02 ID:???
>>369
限られた鋼材を傾けてまで耐16インチ防御とするためにバイタルを圧縮した結果、5インチ弾庫が
03甲板レベルにまで追いやられるのも問題

373 :名無し三等兵:2006/12/15(金) 02:47:45 ID:???
つまりネルソンが失敗してるのを横目でみながら、同じような構造してるのがベネトか
なんとなくキャラは似てるな

374 :名無し三等兵:2006/12/15(金) 02:50:34 ID:???
>369
普通に居住区狭そう

375 :名無し三等兵:2006/12/15(金) 03:07:55 ID:S/KPgtFK
より小型のワシントンは出来過ぎ。

376 :名無し三等兵:2006/12/15(金) 03:12:29 ID:S/KPgtFK
大和型は傾斜20度ではなくて、
緩めて艦底まで一定で逝けばいいじゃん。
その背後に丈夫な支持構造があればいいだけ。
もしくは280メートルの巨体で機関3列。これなら20度でOK!
砲弾防御だけにこだわることはない。

377 :名無し三等兵:2006/12/15(金) 03:15:31 ID:rpXWX1c8
>>375
アラバマのほうがすごいよ。アイオワ級を小っさくした感じ。
アイオワ級は、むだにデカイ。

378 :名無し三等兵:2006/12/15(金) 03:27:50 ID:S/KPgtFK
スリガオの最上はなかなかだった。
最上の舷側傾斜装甲は艦底まで一定だったよね。

379 :名無し三等兵:2006/12/15(金) 03:53:40 ID:S/KPgtFK
>>374
そこまでケチ付けるなよ。
3万7千トンで、あそこまでまとめるのはアメリカだけ。

380 :名無し三等兵:2006/12/15(金) 06:29:01 ID:rpXWX1c8
ポケッツ戦艦

381 :名無し三等兵:2006/12/15(金) 06:30:03 ID:rpXWX1c8
射程、30cm

382 :名無し三等兵:2006/12/15(金) 06:30:27 ID:/2X/dABW
>>366
水柱の防御欠陥では
フィリブス・ウニーティス、ヴィットリオ・ヴェネト、キング・ジョージ五世のトリオが並びますな(w

383 :名無し三等兵:2006/12/15(金) 06:31:41 ID:rpXWX1c8
ほうとう、1cm

384 :名無し三等兵:2006/12/15(金) 06:33:09 ID:rpXWX1c8
ぽんぽん砲ってほんとにあるんだな。イギリス語では、なんて言うの?

385 :名無し三等兵:2006/12/15(金) 06:33:47 ID:rpXWX1c8
ロケット戦艦

386 :名無し三等兵:2006/12/15(金) 06:54:44 ID:???
>>384
pom-pom
あと「イギリス語」じゃなくて「英語」ね

387 :名無し三等兵:2006/12/15(金) 09:10:09 ID:???
>>383
戦艦「甲斐」の名物

388 :ドイツ厨 ◆Kmf5mxsjcM :2006/12/15(金) 10:52:54 ID:???
>>382
KGVとヴェネトは、艦幅さえ拡げればその設計上の要求により近付く気がするんだがぬ。
逆に、そうしなかった事の代償がアレであると。
( ^ω^)

389 :名無し三等兵:2006/12/15(金) 10:59:09 ID:???
きょほう、18、5cm

390 :名無し三等兵:2006/12/15(金) 11:01:21 ID:???
装甲艦って硬そう。

391 :名無し三等兵:2006/12/15(金) 11:03:43 ID:???
後に重巡洋艦に変更

392 :名無し三等兵:2006/12/15(金) 11:05:38 ID:???
ヴァンガード・ソニック

393 :名無し三等兵:2006/12/15(金) 11:06:42 ID:???
トマホークを積んだだけで、ミサイル戦艦

394 :名無し三等兵:2006/12/15(金) 12:41:03 ID:???
>>382
旧式で分殺の文鎮ビスマルクや非難轟々の欠陥ノースカロライナもナカーマ

395 :名無し三等兵:2006/12/15(金) 12:43:17 ID:???
>>377
高速を発揮するために必要な長さです

396 :名無し三等兵:2006/12/15(金) 12:56:10 ID:???
>>366
オッサン、継ぎ目付近とか関係ない、それなら下部装甲も同様のはず。
装甲上部を支点に振り子のように動いた訳。

397 :ドイツ厨 ◆Kmf5mxsjcM :2006/12/15(金) 14:27:12 ID:???
>>394
H41に於ける造船局案とB&V案は、いづれも艦底端部からタートルバック傾斜部を直線に結ぶ隔壁をそのまま活かすか利用しておりますな。
つまり、簡素化と堅牢化の両立に於いてまだまだ突き詰める発展の余地がある分野なのだよケチャップフィールド君。
(B&Vより部品点数の少ない造船局案の方がドイツ的な気がするが)

>>396
では問題点と対策は明確な訳だぬ。
それを「失敗作」とは云わんよチミ。
( ^ω^)


398 :名無し三等兵:2006/12/15(金) 15:39:29 ID:???
大和は継ぎ目とか深度に関係なく壊れる
下部ならもっと破壊されたとも言われる

399 :名無し三等兵:2006/12/15(金) 15:41:54 ID:???
そもそも250m以上の軍艦構造の船体は、
重力との関係で常に破壊される危険性が、
物理学によって提示されている。

400 :ドイツ厨 ◆Kmf5mxsjcM :2006/12/15(金) 16:00:01 ID:???
>>399
自重に耐えながら圧も掛ってるからぬ。
( ^ω^)

401 :名無し三等兵:2006/12/15(金) 16:05:40 ID:???
では230m未満でもダメなKG5をつくる英海軍は物理の法則にもっとも正直だな
バンガードの大きさでさえすでに持て余している

402 :ドイツ厨 ◆Kmf5mxsjcM :2006/12/15(金) 16:09:23 ID:???
まあバクハツさえしなければビスマルクや大和の船体は5000mの海底に鎮座出来るが、ヴァンガードくんだりでは途中でバラバラんなるのが関の山だるぅ。
( ^ω^)

403 :名無し三等兵:2006/12/15(金) 16:25:45 ID:???
水深70メーテレに沈むPOWとレパルスって、水深が膝までの子供用プールで大人が溺れるようなものか?器用なもんだが美談にもならんな

404 :名無し三等兵:2006/12/15(金) 16:30:49 ID:???
つロイヤル・オーク

修理を放棄すればどこで沈んでも沈没だ罠

405 :名無し三等兵:2006/12/15(金) 23:18:18 ID:???
戦艦にはあんまり詳しくないし、いまさらなんだけど
檜山って人の火葬戦記で大和級戦艦の
全長は263mってあるけどその横に()して実測279mって書いてあるけどこれは一体何?
あとインターネットのサイトで大和の全長が261mとか262mとか266mとかイロイロあるんだけど実際分かってないの?

406 :名無し三等兵:2006/12/15(金) 23:27:04 ID:???
ググれ。

……艦船の全長の測り方には数種類ある。喫水線部分を測るのか、舳先から艦尾までを測るのか、それによって数字が変わってくる。

それと、火葬戦記の記述アテにしないほうが良い。有名な人でも、時々トンデモない間違いしてること往々にしてあるから。
まぁ、それ言ったらネット上の情報なんてもっと信用できない代物だけど。

407 :名無し三等兵:2006/12/16(土) 00:24:10 ID:???
>>405-406
スレ違いだが、檜山を火葬戦記作家に含めるのは止めてくれ。

408 :名無し三等兵:2006/12/16(土) 00:34:54 ID:???
船体の骨格で全体を防御すれば?
その面に装甲を貼り付ける。


409 :名無し三等兵:2006/12/16(土) 02:00:29 ID:???
戦車脳おつ

410 :名無し三等兵:2006/12/16(土) 21:45:18 ID:7pRk+xsw
>>408
骨なしの船なんかできるか。

411 :名無し三等兵:2006/12/17(日) 01:01:03 ID:???
こういう感じで陸軍と海軍のすれちがいっておきたんだろうなぁ。

「てめぇのとこの船なんざ、骨格で全体防御すりゃ良いだろ! 装甲なんて貼っ付けときゃいいだろ!」
みたいな。

412 :名無し三等兵:2006/12/17(日) 13:00:53 ID:???

  /     へ   へ  \ ふっふ。
  |     (__人__)  | さて、次だ。



413 :名無し三等兵:2006/12/17(日) 19:07:31 ID:+iUC5XJC
大和型は衝突安全基準に満たしていません。

414 :名無し三等兵:2006/12/17(日) 19:22:24 ID:???
大和型4番艦の名前って結局何だったんでしょうね?
私は伊藤正徳の本から「甲斐」だってずっと思ってましたけど。

415 :名無し三等兵:2006/12/17(日) 21:03:51 ID:???
進水した後、2個から1個を選ぶらしかったから
決まっていない。が実際のところでは?
信濃が空母用に変更したとすれば
スケール的には、扶桑・山城
天皇家として抵抗がありそうだけど吉備・相模 もしくは出雲
なんか面白そう。

416 :名無し三等兵:2006/12/17(日) 23:00:14 ID:???
紀伊若しくは尾張が有力候補との説を聞いたことがありますが

417 :名無し三等兵:2006/12/17(日) 23:05:38 ID:???
黒猫の丹後、丹後、丹後♪

418 :名無し三等兵:2006/12/18(月) 00:34:38 ID:???
>>413
そんな
日本人に買われもしないヒュンダイじゃあるまいし

419 :名無し三等兵:2006/12/18(月) 16:28:55 ID:Ao7HAxvC
>>418
直接防御のために、
船体フレームを犠牲にしたからしょうがない。
設計時期から考えると、やむおうえない?
1945年に新設計すれば、日本もモンタナみたいな設計になるだろう。

420 :名無し三等兵:2006/12/18(月) 17:13:31 ID:???
>>389
それも戦艦「甲斐」の名物
玉が大きくなった分搭載数が少ない。

421 :名無し三等兵:2006/12/18(月) 17:25:29 ID:???
>>419
犠牲にしたんじゃなくて、改良点が判ったまで。
そもそもヒュンダイなんてのは、朝鮮人が外車を引き合いに出してまで馬鹿にする国産車をその朝鮮人がデッドコピーして
なおかつ品質性能アフターサービスが劣化した粗悪品に他ならない。
戦艦はおろかまともな造船技術すらなかった民族の粗悪品と大和を同列に語っては、いくら何でも大和に失礼。

ま、ありもせんモンタナまで引き合いに出してまで必死ですな。

422 :名無し三等兵:2006/12/18(月) 17:47:12 ID:Ao7HAxvC
>>421
日本太郎はいつも必死だね。
モンタナの断面図があるだけに、日本は不利。
私は日本の戦艦は嫌いじゃないが、
アメリカが1歩前に行ってたのは認めるがな。

423 :名無し三等兵:2006/12/18(月) 19:49:36 ID:???
>>422
断面太郎おつ
おたくがどこの国の戦艦を好きになろうがスレにまったく関係ないし

424 :名無し三等兵:2006/12/18(月) 20:31:47 ID:???
どうせ名無しのド厨だしw

425 :名無し三等兵:2006/12/18(月) 22:11:32 ID:Ao7HAxvC
ID隠すなよ。日本太郎!

426 :名無し三等兵:2006/12/18(月) 23:05:32 ID:???
やむおうえない
とか
一歩前に行ってたとか

ネタ?
にしてもみっともないからやめたほうがいいよ。

レスの中身をきちんと吟味しようという気さえうせる。

427 :名無し三等兵:2006/12/18(月) 23:11:15 ID:???
トーションボックス構造って船舶には導入できないん?

基本構造が二重底、左右外板、強度甲板
で、バルジやら上構造やら装甲が付く

左右外板を肋材裏表で2重 強度甲板をガーター裏もつけて2重(桁の高さを確保すば1層になる)
溶接が難しすぎるのか?

428 :427:2006/12/18(月) 23:49:25 ID:???
勢いで書きすぎた

船体構造って2重底は基本として側面な外板は肋骨+外板、強度甲板は桁簗
側面や強度甲板も2重にして、それぞれトーションボックスを構成できないものかと
あまり硬過ぎると接合部が壊れるので加減は必要でしょうけど

装甲、バルジ、上部構造っつうのは、すべて基本構造の上にくっつけるものですし
基本構造と装甲の一体化・・・っていっても溶接が効かないし、リベットじゃ飛ぶし



429 :名無し三等兵:2006/12/19(火) 00:02:08 ID:???
>>428
あのさ・・・数百メートルの船ってさ。
船首と中央部がメートル単位でズレるほどたわむんだよね。
それ、わかってる? クニャクニャなの。全体としてみた場合。

430 :名無し三等兵:2006/12/19(火) 00:17:33 ID:???
底は2重で問題ないし、強度甲板、外板は1枚ものだよねU(溶接、リベット接合はしてるにせよ)
1枚もので厚み増すより、ボックス構造の方が同じ強度なら軽いし駄長性があって良いかなと

431 :ドイツ厨 ◆Kmf5mxsjcM :2006/12/19(火) 02:02:44 ID:???
>>422
必死ではなく、むしろ余裕ですな。
実際に就役して運用された戦艦と、建造間もなく頓挫した戦艦の「図面」や「断面」とでは、少なくとも今揚がったばかり
のカツ丼と、開封後3ヵ月経過の蒲焼きさん太郎以上の決定的差がある。

>>428
その「マクロ的にはフニャフニャ強度」を、防御甲板や舷側装甲やタートルバックも負担してるじょ。
なにしろ骨材や肋材に直接あるいは間接的に「固定」だから。

とは云っても、船はその全体から見れば「あまりにも薄い板」と「超細い骨」からなり、マクロ的には柔構造。50mmの
断片防御甲板は、1/700のプラモでは0.07mmでなければいけない。381mm厚の装甲でも0.55mm弱。
中がカラなのもあるが、プラモの戦艦はよっぽど頑丈なんだぬ。
( ^ω^)

432 :名無し三等兵:2006/12/19(火) 05:19:11 ID:???
>>431
すごい理論だ。ノーベル賞もんだ。

433 :名無し三等兵:2006/12/19(火) 05:40:48 ID:???
ノーベル無職賞か

434 :名無し三等兵:2006/12/19(火) 14:15:45 ID:???
マンハッタン無職

435 :名無し三等兵:2006/12/19(火) 16:25:37 ID:???
>>415
出雲は重巡洋艦として残ってるから無理だろ。

>>416
紀伊・尾張は51cm砲の超大和級じゃなかったっけ?

436 :名無し三等兵:2006/12/20(水) 00:15:54 ID:???
>435
 軍戦備記録の中に、丸四計画の戦艦の艦名として「信濃」と「紀伊」という記述がある……ということで。
 公式には命名されていないのだから分かりませんが。


437 :名無し三等兵:2006/12/20(水) 20:16:48 ID:???
>>427-428
現代艦だが
つ「MEKO360mod.3以降」

電気ケーブル等の配線保護とEMP対策の為、桁簗材を部分的にトーションボックス
構造とし強度甲板を二層化、その中に配管配線を集中。
各区画ごとに電力や酸素供給を独立化しちょる。


438 :名無し三等兵:2006/12/20(水) 21:08:03 ID:???
現代の未成艦と言えばアーセナル・シップか。
一応現代の戦艦とか言われてたらしいし。

439 :名無し三等兵:2006/12/20(水) 21:49:09 ID:???
>>435
出雲は装甲巡洋艦な(w

440 :名無し三等兵:2006/12/20(水) 22:03:02 ID:AYxSzyAb
出雲は大戦末期は艦種類別上は重巡扱いになってるよ。

441 :ゆうか ◆9a1boPv5wk :2006/12/20(水) 22:23:01 ID:qqLbsAdZ
>>439-440
どちらも不正解。
類別上はあくまでも「一等巡洋艦」です。

442 :名無し三等兵:2006/12/20(水) 22:39:37 ID:???
>>441
>159の答えマダー?

443 :名無し三等兵:2006/12/21(木) 03:02:42 ID:???
↑バルス!!

444 :名無し三等兵:2006/12/21(木) 06:32:13 ID:???
↑マホカンタ!

445 :名無し三等兵:2006/12/21(木) 10:11:56 ID:???
ベホイミ!

446 :名無し三等兵:2006/12/21(木) 10:51:13 ID:zP9nXFcQ
真性砲茎

447 :名無し三等兵:2006/12/21(木) 11:34:26 ID:???
かいしんの一撃!!

448 :名無し三等兵:2006/12/21(木) 17:40:37 ID:???
ツバクカンサルマ!

449 :名無し三等兵:2006/12/22(金) 12:52:24 ID:???
馬鹿の自作自演かw
寂しいねww

450 :名無し三等兵:2006/12/23(土) 16:59:19 ID:???
ルマクカンサツバ!

451 :名無し三等兵:2006/12/23(土) 19:52:41 ID:???
マツケンサンバ!

452 :名無し三等兵:2006/12/24(日) 11:19:37 ID:???
前弩級とか準弩級とか両舷に主砲を搭載したやつとかもっとみたかったな。

453 :名無し三等兵:2006/12/24(日) 11:43:44 ID:???
>>452
射撃管制装置が発達し、艦の運動性も上がった時点で無意味になったから仕方ない
四方に射撃出来たところで同時に命中なんざ期待できないし

454 :名無し三等兵:2006/12/24(日) 18:32:56 ID:L/CEOI/2
巨大戦艦より、2500トンくらいの防空・対潜駆逐艦を量産したほうがよくないか?

455 :名無し三等兵:2006/12/24(日) 18:37:20 ID:???
それNG

456 :名無し三等兵:2006/12/24(日) 18:50:15 ID:L/CEOI/2
どうしても砲にこだわるなら、
1万5千トン程度の航空重巡洋艦。
後ろ半分は水偵格納庫付き。砲塔は新設計の60口径連装20センチ砲2基。
格納庫上に単装25ミリ機銃を配置すれば、防空にも役立つ。

457 :名無し三等兵:2006/12/24(日) 20:02:53 ID:???
土佐タソは強い!強すぎる!

458 :名無し三等兵:2006/12/24(日) 20:54:32 ID:L/CEOI/2
最上の15.5センチ砲と10.5高角砲だけは褒められる。

459 :名無し三等兵:2006/12/24(日) 21:00:25 ID:???
単一巨砲になるまえにサイズの違う砲を積んだ可笑しな艦をもっと見たかったな。

460 :名無し三等兵:2006/12/24(日) 21:17:58 ID:L/CEOI/2
50センチ単装砲一基を積んだ航空戦艦。
なんか、そそられる。

461 :名無し三等兵:2006/12/24(日) 21:29:46 ID:???
>>460
18in砲一門装備の航空戦艦もどきなら、英国がすでに建造しているな。

462 :名無し三等兵:2006/12/24(日) 21:46:08 ID:???
56cm3連装6基の戦艦を
何万トンかな?

463 :名無し三等兵:2006/12/24(日) 22:18:46 ID:???
10万Fトンくらい

464 :名無し三等兵:2006/12/24(日) 22:40:06 ID:???
80p砲×9門の戦艦だったら何万トン?


建造不能ですかそうですか。


465 :名無し三等兵:2006/12/24(日) 22:54:01 ID:???
>>464
作るのだけなら大丈夫じゃね?メガフロートみたくなるかもしれんがw

466 :名無し三等兵:2006/12/25(月) 00:41:06 ID:???
30〜50万tくらいかな?

467 :名無し三等兵:2006/12/25(月) 00:43:42 ID:???
ディーゼル機関だとコンパクトだから防御区画小さく出来るな
マトモに動く大出力ディーゼルが出来たころには、戦艦という艦種は時代遅れだったけど

468 :ドイツ厨 ◆Kmf5mxsjcM :2006/12/26(火) 07:08:11 ID:???
>>467
とも限らない。
配列の仕方にもよるが機関区の最前後に中央軸の機関を分散して冗長性を図ったH39では、その機関区はビスマルクより
むしろ長い。
また、1番艦よりも高出力なティルピッツとH39の最大出力はともに162,743shpと変わらないが、発電機込みの機関
重量はH39の5,858tに対しビスマルクが4,723t。

もっとも、ティルピッツが8,870nm/19kt(重油搭載量8,170t)に対しH39は16,000nm/19kt(ディーゼル油搭載量9,548t)
と、航続距離に関しては延伸するがぬ。
( ^ω^)

469 :名無し三等兵:2006/12/26(火) 07:29:03 ID:???
君クリスマスは何してたの?

470 :ドイツ厨 ◆Kmf5mxsjcM :2006/12/26(火) 07:49:59 ID:???
ソロで書店&レンタル屋行脚→ブリットを観たのちに模型屋行脚だぬ。極めて有意義な週末である。
クリスマス云々などハナからどうでもよろしい。

出来れば67〜68年式ムスタングが欲しかったがぬ。
( ^ω^)

471 :名無し三等兵:2006/12/26(火) 12:01:59 ID:???
428Ciか。。
427乗ったリプロコブラで良い。

472 :名無し三等兵:2006/12/26(火) 21:21:24 ID:???
とも限らない。
配列の仕方にもよるが機関区の最前後に中央軸の機関を分散して冗長性を図ったH39では、
その機関区はビスマルクより むしろ長い。

473 :名無し三等兵:2006/12/26(火) 21:22:40 ID:???
また1番艦よりも高出力なティルピッツとH39の最大出力はともに162,743shpと変わらないが、
発電機込みの機関重量はH39の5,858tに対しビスマルクが4,723t。



474 :名無し三等兵:2006/12/26(火) 21:24:38 ID:???
もっともテルピッツが8,870nm/19kt(重油搭載量8,170t)に対し
H39は16,000nm/19kt(ディーゼル油搭載量9,548t)
と航続距離に関しては延伸するがぬ。
( ^ω^)


475 :名無し三等兵:2006/12/26(火) 21:51:49 ID:???
さてフルハルワシントンと長門を造ろうかぬ。
プレミアムビスマルクはまだ見なかったがぬ。
( ^ω^)


476 :ドイツ厨 ◆Kmf5mxsjcM :2006/12/27(水) 00:05:04 ID:???
日米屈指の16インチ戦艦を2隻同時に建造とは豪勢ですなぁ。
BB56は店頭に並んだ日にはやくも残り1個になったのを、運良くゲット。早速ショーボートの下に積んでありますよ。
今月は我ながら買い杉ですがぬ。
( ^ω^)

477 :名無し三等兵:2006/12/27(水) 22:11:17 ID:???
日米屈指の16インチ戦艦を2隻同時に建造とは豪勢ですなぁ。
BB56は店頭に並んだ日にはやくも残り1個になったのを、運良くゲット。
早速ショーボートの下に積んでありますよ。
今月は我ながら買い杉ですがぬ。
( ^ω^

124 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)