2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【太平洋戦争の】ミッドウェイ海戦【関が原の戦い】

1 :名無し三等兵:2006/11/10(金) 18:16:47 ID:???
史上空前絶後のあの海戦について語ろう。
日本海軍はおそらくこの時がピークだったろうな。
それ以降は衰退していったわけだが。

2 :名無し三等兵:2006/11/10(金) 18:26:08 ID:???
全然関係なさそうでありそうなマリアナ沖海戦って、
第1航空艦隊1600機による局所優勢という時点で勝つ気だったようだね。

ミッドウェーがポジならマリアナがネガ。
マレンゴとワーテルローみたいに、戦史は繰り返す

3 :名無し三等兵:2006/11/10(金) 18:28:34 ID:???
1600機ってのは基地航空部隊を含めるんだよなあ。
しかし基地の航空部隊で艦隊攻撃は期待できない。
台湾沖がいい例だがな。
ミッドウェイの大敗で戦争やめる必要はないが、マリアナで
やめるべきだったな。

4 :名無し三等兵:2006/11/10(金) 18:39:54 ID:???
,   -────-  、 やってくれましたね、みなさん…
    /      ,イ蠹ヽ.    \ よくわたしの早期講和への夢を見事に打ち砕いてくれました…
   /  ,  -‐'' N 《胤》 N`丶、 }空母4隻の反応がありませんね…あなたたちが沈めたんですか?
    ヽ  l    ≧歹戒≦   | /どうやったのかは知りませんが、これはちょっと意外でしたよ…
     ー|, - ニニニニニニニ -レ′それにしても、あと一息のところでミッドウェイ作戦が頓挫しまうとは…
     ヒ{∠_______`ヽ南雲さんには残念でしたが、わたしはもっとでしょうか…
     ._i;:;:/:::::--- 、::::: , -- 、 了′
     !: V:::::::::,ィッz、l::. l rッュ、 i7はじめてですよ…
     l::〈}::::::::. -. ':l:::. l ー-   lこのわたしをここまでコケにしたおバカさん達は……
     ヽ:j:::::::::::... /::::: ヽ   lまさかこんな結果になろうとは思いませんでした…
        l:::::::::::::::`::_‐._´    i
       ∧:::::::::{::-_─‐_-.} /ゆ…
      / \:::::::::::::::    /ゆるさん…
 _,. -‐'"´\  ヽ、::_ ,. イL _
         \/ー-、  7 F/  ` ー-ぜったいゆるさんぞアメ公ども!!!!!
         `ー-'‐‐〈- '酸素魚雷の餌食にしてくれる!!!!!
1隻たりとも逃がさんぞ覚悟しろ!!!


5 :名無し三等兵:2006/11/10(金) 19:32:19 ID:???
      ,   -────-  、 やってくれましたね、みなさん…
    /      ,イ蠹ヽ.    \ よくわたしの早期講和への夢を見事に打ち砕いてくれました…
   /  ,  -‐'' N 《胤》 N`丶、 }空母4隻の反応がありませんね…あなたたちが沈めたんですか?
    ヽ  l    ≧歹戒≦   | /どうやったのかは知りませんが、これはちょっと意外でしたよ…
     ー|, - ニニニニニニニ -レ′それにしても、あと一息のところでミッドウェイ作戦が頓挫しまうとは…
     ヒ{∠_______`ヽ南雲さんには残念でしたが、わたしはもっとでしょうか…
     ._i;:;:/:::::--- 、::::: , -- 、 了′
     !: V:::::::::,ィ●z、l::. lr●ュ、i7はじめてですよ…
     l::〈}::::::::. -. ':l:::. l ー-   lこのわたしをここまでコケにしたおバカさん達は……
     ヽ:j:::::::::::... /::::: ヽ   lまさかこんな結果になろうとは思いませんでした…
        l:::::::::::::::`::_‐._´    i
       ∧:::::::::{::-_─‐_-.} /ゆ…
      / \:::::::::::::::    /ゆるさん…
 _,. -‐'"´\  ヽ、::_ ,. イL _
         \/ー-、  7 F/  ` ー-ぜったいゆるさんぞアメ公ども!!!!!
         `ー-'‐‐〈- '酸素魚雷の餌食にしてくれる!!!!!
1隻たりとも逃がさんぞ覚悟しろ!!!

6 :名無し三等兵:2006/11/10(金) 20:21:52 ID:???
このタイトルからすれば関ヶ原の吉川に相当するのは栗田かの

7 :名無し三等兵:2006/11/10(金) 21:23:03 ID:???

AA略>>1マイナースレ建てるな、蛆虫、氏ね。

8 :名無し三等兵:2006/11/10(金) 22:56:07 ID:???
既に語り尽くされた感があるな。
過去ログ十スレは軽く使ってるんじゃないか。

9 :名無し三等兵:2006/11/11(土) 03:02:33 ID:???
>>8
10スレじゃきかないだろ
季刊でループしまくりのスレが2〜3スレ続くからな

10 :名無し三等兵:2006/11/11(土) 15:35:29 ID:???
1.ミッドウェーを占領して、日本防衛用監視網を完成させようという目的は
達成の見込みなし。
2.ハワイからの空爆に対抗できない守備陣は、単なる捨石
3.艦隊決戦を望むのに、ダッチハーバー空襲はマイナス要因
4.不意遭遇戦は有りうるのに、兵力を分散配置したのは遺憾
5.年に一度の上陸適機というのは、奇襲上陸部隊の犠牲を前提にしたもので
かなり間違った選択。ありあまる艦隊砲撃力を前提に、上陸はいつでも可能とするべき。
6.情報の漏洩は上記の天然ボケの前には、ほぼ無問題となる。
でも、爾後には情報漏れ(暗号解読)に気付けよ。

まあ、当時の連合艦隊はバブル期に国債償還怠った政府と官僚以上の売国的キチガイですな。


11 :名無し三等兵:2006/11/11(土) 15:59:29 ID:???
次に
7.米新鋭戦艦は28ktであることがわかっているのだから、27kt戦艦大和の機動部隊参入は
必要条件。
8.同じく巡洋艦多数の部隊と遭遇することもあるので、機動部隊指揮下に
さらに重巡2〜4隻は必要。
9.護衛兵力が割かれるのを避けるため、第2戦隊は不要。この大戦での同部隊の
使用法をさらに研究するべき。
(個人的には艦上に対空火器を邪魔しない範囲で予備機、上陸舟艇を搭載するべきと思う)
10.対艦攻用直援、対潜哨戒、偵察には96式艦戦、艦爆で十分。
11.参加艦船が多すぎ。人的、物的資源の浪費である。
12.AL作戦の物資を以って、占守、幌筵の強化。MI作戦の物資を以ってギルバートの強化をするべき。


12 :名無し三等兵:2006/11/11(土) 16:17:20 ID:???
後知恵だが
13.もし、なしくづしにハワイを攻略したいのなら、陸軍とももっとよく協議するべき。
山本の投機的性格がより際立つはず。山本はばくち打ちの狂人。
14.オーストラリア大陸侵攻と米豪遮断の為のFS作戦とを天秤にかけて、FS作戦を
選択するというのもありえない。補給を考えればどちらも無理。
太平洋には自由水面が多く存在し、点をとっても遮断は不可能。
また水上艦隊での通商妨害を考慮しないのは残念。
潜水艦の一般的な使用をしないのはまったく不可解。
15.軍需生産の立ち上がりが遅く。東条曰く「17年には何もしなかった」
はい!ミ島でストック減少、敗北は決定した。
責任を東条に擦り付けて、連合艦隊は全面降伏するべき。

13 :名無し三等兵:2006/11/26(日) 14:41:09 ID:???
綺麗な所ダナー

14 :名無し三等兵:2006/12/09(土) 05:23:55 ID:h+pA3h14
飛行機322重巡洋艦1空母4戦死3500なら大敗ではないとおもうんだが。その後の撃沈艦隊にくらべりゃ軽い軽い。

15 :名無し三等兵:2006/12/09(土) 08:18:10 ID:???
一瞬にして332は大敗だろ
搭乗員が予想外に助かって
8月にはそれなりに再建できたのがむしろラッキー

16 :名無し三等兵:2006/12/09(土) 09:16:16 ID:KdiOmbUG
ミッドウェイやハワイなんか仮に奪えたとしても維持できないんだからすぐに手放してただろうね。
ハワイ取った時点で講和に持ち込むのもたぶん無理。戦勝ムードで盛り上がってる国民が停戦なんか納得するとは思えない。

17 :名無し三等兵:2006/12/09(土) 11:35:09 ID:tAK8gh/Y
ミ島はガ島より過酷な餓島となったか?

18 :名無し三等兵:2006/12/09(土) 11:59:53 ID:???
ミッドウェイはジャングルみたいに逃げ込む場所がないから
餓死する前に戦死してるんじゃないかな。

19 :名無し三等兵:2006/12/09(土) 14:19:42 ID:h+pA3h14
いっそうの事、ミッドウエイ島に細菌ばらまいて使用不可能にした方が有効的ジャマイか!

20 :名無し三等兵:2006/12/10(日) 09:54:59 ID:2LdAjLm8
>>15
生き残った精鋭も南太平洋海戦などでどんどん消耗していった(体当たりスンナよ)。
日本機は元来装甲が薄いうえ、米のVT信管・新鋭機・物量がたたる。
マリアナ沖海戦時にはほとんど生き残っておらず、搭乗員の低錬度がまざまと表れた。

21 :名無し三等兵:2006/12/11(月) 12:02:33 ID:???
>南太平洋
ミッドウェー作戦での最上、三隈の奮闘をきちんと評価すれば艦対空戦闘も
もっと組織化でき、敵航空優勢下での艦隊行動を許せるように出来たであろうに。
基地航空隊(艦隊航空隊の陸揚げ含む)に頼りすぎたことが一つ目の問題。

次に敵基地上空での不利な消耗的攻撃を繰り返しすぎ。
敵基地エスピリツサント、ツツイラ、ヌーメアへの攻撃をせねばいかん。
やっておけばガダルの強化は大きく遅れる。
これには敵の強力な対空砲火をどう避けるかを研究する。
不利と判定して二度としなかったのが海軍の実態。

22 :名無し三等兵:2006/12/15(金) 21:53:28 ID:???
ミッドウエイ海戦
それはヨークタウン、エンタープライズ、ホーネットの三姉妹が肩を並べて戦った最初で最後の海戦
…萌える!!

23 :名無し三等兵:2006/12/15(金) 22:11:02 ID:Al5CcOa5
>>17
海上封鎖すれば勝手に全滅するな
>>21
それには甲板上で幅を利かせてた酸素魚雷を取っ払って対空砲を装備させる必要あるな
もっとも海軍が酸素魚雷外してまで対空砲を増やすとは思えんがね

24 :名無し三等兵:2006/12/15(金) 22:14:45 ID:???
http://www.jonhs.net/freemovies/battle_of_midway.htm
著作権の切れた映画を配信してるサイトだがミッドウェー戦の
映画を配信してる。
今と違って意外と地勢が激しい希ガス

25 :初心者:2006/12/15(金) 22:48:19 ID:???
詳しい事解らんのだが、飛龍からの第2次攻撃隊で艦戦6じゃ少な過ぎない?
良く相手方のCAP(防空にあたる戦闘機編隊の事で良いの?)突破出来たな。
艦攻半分くらい撃墜とされそうな気がするが、何か要因はあったんですか?

後何で一次は艦爆だけ二次は艦攻だけになってしまったの?
日本軍は雷爆同時攻撃がメインじゃ無いのですか?
ただ単純に中型空母一隻だけしか残っていなかったためそういう
運用になってしまったのかな。

散々既出であろう事を偉そうな口調で聞いてしまって申し訳無い。


26 :名無し三等兵:2006/12/15(金) 23:01:03 ID:Al5CcOa5
>>25
ポイントは護衛戦闘機の存在
攻撃部隊に護衛戦闘機が居なければ邀撃戦闘機は反撃の危険を殆ど考えず好きな体勢から攻撃出来るが
護衛戦闘機が付いてると邀撃戦闘機は自機が撃墜される危険を考慮して行動しなくては行けないから

ミッドウェイ海戦で護衛戦闘機無しの米雷撃部隊がゼロ戦に壊滅させられたのが最もたる例

27 :名無し三等兵:2006/12/15(金) 23:08:56 ID:???
アメのヨークタウンのサイト覗いてきた。
完全な強襲で艦爆がF4Fに撃墜され残り7機が突破、爆撃だと

28 :名無し三等兵:2006/12/15(金) 23:09:10 ID:???
>>25
もともと零戦隊の数自体が多くなかった(定数以下)上、ミッドウェー空襲で
被弾機(修理中)があったのが理由。capにも残さないといけないし

29 :名無し三等兵:2006/12/15(金) 23:14:07 ID:z3WFcr78
飛龍が爆撃受けた時 日本側は直援機は上がってたんですか!

30 :大塚○古:2006/12/15(金) 23:17:13 ID:???
>>25、29
学研から出ている
私監修のミッドウェー本を立ち読みしてください!

31 :名無し三等兵:2006/12/15(金) 23:29:49 ID:???
>>29
十二、三機上がってた筈。
もっとも攻撃側は数十機だが。

32 :名無し三等兵:2006/12/16(土) 00:31:21 ID:sEpVDVY6
↑(^^ゞ

33 :名無し三等兵:2006/12/16(土) 00:37:50 ID:sEpVDVY6
赤城 加賀 蒼龍が被弾炎上した 後に 日本側の護衛機は全部飛龍に降りたんですか〜?

34 :名無し三等兵:2006/12/16(土) 09:05:27 ID:???
学研の大塚好古本は
近刊を無断引用した本

検察は、学研も家宅捜索して
著作権侵害常習企業に
なんらかの歯止めをかけるべき

さもないと
日本が中国に対して
知的所有権・知的財産権権利主張なんか出来る訳が無い。

ShatteredSword

h ttp://www.shatteredswordbook.com/

35 :名無し三等兵:2006/12/16(土) 21:17:44 ID:UY00EQDv
南雲の中の人がハルゼーになっても負けだな

36 :名無し三等兵:2006/12/16(土) 21:19:37 ID:???
ベンゼンまたスイッチが入っちゃったのかw

37 :名無し三等兵:2006/12/17(日) 01:45:40 ID:B577FzPf
>>29-33

その無断引用された本の資料だと、飛龍が被爆した時点では12機が
CAPに上がっていた。3空母被爆の時点では43機が上がっていたが、
防空戦で13機を失ったので、30機が飛龍に降りたはず。使用不能に
なった機体数が判らない。小林隊と友永隊それぞれ6機を付けるのが、
限度だったろう。

38 :名無し三等兵:2006/12/17(日) 02:08:34 ID:???
>>34
>>37
すまんが、その何度も繰り返している「無断引用」ってのは、具体的にどういう行為の事を言ってるわけ?
手の込んだ本の宣伝じゃないのなら、説明してほしいんだが。

特に著作権法に違反するというなら、第何条に違反するのかをさ。
著作権法上で認められている引用という行為自体は、著作権者に無断で行えるんだからさ。

39 :名無し三等兵:2006/12/17(日) 02:17:15 ID:???
というか法律用語で引用というものが著作権者に無断で使用して問題のない
範囲を指すわけで無断-引用とは矛盾してるわけだがw

40 :名無し三等兵:2006/12/17(日) 08:26:01 ID:???
一定の要件を満たさないと「引用」には該当しません(著作権法32条、43条、48条等)。
学研と大塚がやっているのは、他人の著作権を侵害する行為。
「無断転載は堅く禁ず」とか
自分の著作権上の権利は主張しているから
こいつら悪質なんだよな。

41 :名無し三等兵:2006/12/17(日) 11:07:53 ID:???
>>40
だから具体的にどの本のどの部分が何の罪に当るわけ?

出典元が明記されていないのか、
引用部分とそれ以外との区別が付いていないのか、
引用部分が本文より多いのか。

どれに該当するとしても、「著作権法違反」というならともかく、
「無断引用」といって批判するのは、的外れなんだが。

「著作権法違反」があるのなら、具体的に根拠も示せるでしょ。
それをせずに実名を挙げて叩くのは、逆に誹謗中傷にあたり、
名誉毀損で訴えられても仕方ない行為になるぞ?

他人の違法行為を批判しておきながら、自分も違法行為をしている、
なんて本末転倒な事はなしにしてくれよ。

42 :名無し三等兵:2006/12/17(日) 12:05:09 ID:???
何の罪に当たるかは既に複数の人間が複数の場所で
指摘している訳なんだが、同じ事を何回も書かせるなよ。

43 :名無し三等兵:2006/12/17(日) 12:26:17 ID:???
>>42
その場所を示すなり、「無断引用」なるおかしなことを言わず、
違法行為の具体的な内容を書けば言いだけの話。

>何の罪に当たるかは既に複数の人間が複数の場所で
>指摘している訳なんだが
なら、その具体的な場所示せるよね?

44 :名無し三等兵:2006/12/17(日) 12:29:58 ID:???
なんだかね。
法上で認められている引用とは何なのか
お分かりになってない人と論戦してもしょうがないんだが。
弁護士に相談したら?大塚君


45 :名無し三等兵:2006/12/17(日) 12:48:52 ID:B577FzPf

 モリソンとかプランゲとか、原著者の名前を挙げての引用はともかく、
「最近の米側の研究によれば」などとソースをぼやかした書き方は、新聞
報道のような情報源者の保護が必要な場合には許されるが、歴史的なもの
では認められないのが普通だけどね。どの程度なんだ大塚君の場合は?

46 :名無し三等兵:2006/12/17(日) 12:54:13 ID:???
>>44
つまり具体的な事は何もいえないと。

47 :名無し三等兵:2006/12/17(日) 13:16:48 ID:???
俺両方共持ってるけど、学研本は少なくともShatterd Swordの
丸写しはしてないし、Shatteredより米軍側の行動記載が細かい等、
かなり中身も相違があるけどね。

あと大塚氏は文中でShatteredの引用部分に「海外の研究者は〜」
と記載するとか、著者名自体を挙げた上で、「こういう話がある〜」と
書いているのが見受けられるから、学研本に参考文献名が
一切載ってないのは、編集側が入れなかっただけ、のような気もするが。
実際大塚氏は自分のHPで正誤表作ると、学研本で記載されなかった
自分が使用した参考文献を晒しているしねぇ。

48 :名無し三等兵:2006/12/17(日) 13:44:41 ID:NmOLmJWm
赤城 加賀 蒼龍 被弾!

49 :名無し三等兵:2006/12/17(日) 14:16:09 ID:???
距離をとっとけばよかったんだな

50 :名無し三等兵:2006/12/17(日) 14:26:42 ID:???
なんだ
叩けばまだまだ埃が出てくるじゃないかw

51 :47:2006/12/17(日) 15:18:08 ID:???
 著作権関係のHPを見た上で、ちょっと追記するよ。

 「あの本の中で大塚氏はShattered Swordからの引用〜」の旨を
上で書いたが、どうもこれは語弊があったようだ。
大塚氏は同著で「海外の研究者が〜」等でShatttered等の内容を
元にした説を紹介する時、翻訳した物をそのまま引用したわけではなく、
同著から記載された内容を元にして、自分の文章で内容を
構成している。

下のページに引用と参考、という内容があるが、

ttp://www.geocities.jp/shun_disney7/hos2.html


これによれば

「元の文献から事実のみを抜き出し、自分の文章で構成し直せば
 "参考”ということになり、問題ありません」。

なので、Shatteredの翻訳文を翻訳・引用したわけではない
学研本は概ねセーフの様に思えるな。

ただ何れにせよ、学研は参考文献を載せるべきとは思うけどね。
参考文献と思われる本を調べ出すのも手間が掛かるし。

52 :名無し三等兵:2006/12/17(日) 15:31:07 ID:???
>>51

巻末とかに参考文献一覧はのせてないの?

53 :47:2006/12/17(日) 15:52:56 ID:???
>>52

まるっきり載っけてないから叩かれてるのよ。

まあ日本は昔からの悪しき慣習で、学術書でもない限り
ページ数削減のため参考文献載せない本は多いから、
一概に学研だけを非難は出来ないんだけど。
(世傑とかも大概載ってない支那<参考文献)

ただ個人的には、学研のあのシリーズについては
雑誌扱いだから仕方がない面はあるにせよ、
新説が多いだけに参考文献・資料の記載を
ちゃんと明示して欲しいとは思う。

上でも書いたけど、大塚氏がHPで正誤表を出す際には、
「学研の本で記載されなかった」参考文献をきっちり書いているので、
当人は参考文献載せるつもりだったんじゃないのかねぇ。

54 :名無し三等兵:2006/12/17(日) 16:51:44 ID:???
著作権法上でいう引用の要件を満たしているかいないかが
侵害の成否を決めるわけだから
巷でいわれる引用と混同して抗弁してもね。

昔から著作権法はあったし、
侵害を構成する著作物が看過される時代もあったが
WTOのTRIPS協定遵守を他国(中国)に迫る以上
日本国内で大掛かりに侵害を認めるのはいかんということで
法改正を含めた法整備が進んでいる訳なんだ。
学研が、かくもおおぴらにやりつづけるのは
放置できんだろ。





55 :名無し三等兵:2006/12/17(日) 17:53:36 ID:???
だったら大塚か学研に直接に問い合わせりゃいいじゃん。
2chに来てるって言う憶測に基づいてネチネチやらんと。

56 :名無し三等兵:2006/12/21(木) 12:18:43 ID:???
大塚か学研に直接に問い合わせても何にもならんよ。
伊吹文部科学大臣とか各県教育委員会に
学研の違法性について、切々とお手紙でも書かないと

57 :名無し三等兵:2006/12/21(木) 23:02:19 ID:???
>>54
>>56
いつまでたっても具体的な「学研の違法性」とやらを提示されないのはなんでなのかなあ?

58 :名無し三等兵:2006/12/21(木) 23:23:51 ID:???
権原なき第三者による、法上の「引用」に該当しない著作物の利用は、
当該著作権(著作権法17条)の侵害にあたるのですが、何度書いても
お分かりにならないようですね。

59 :名無し三等兵:2006/12/22(金) 00:16:30 ID:???
だから、具体的に学研から出された大塚氏の記述のどこが、その仰る
>権原なき第三者による、法上の「引用」に該当しない著作物の利用は、
>当該著作権(著作権法17条)の侵害にあたるのですが、
になるわけ?

60 :名無し三等兵:2006/12/22(金) 08:18:24 ID:???
大塚自身が、当該著作物の当該個所の引用(法32条)を主張しているんだから
形式的侵害については争う必要がない。侵害の否認に主張を変更したら教えてくれ。

61 :名無し三等兵:2006/12/22(金) 08:30:28 ID:???
ミッドウェイを関ヶ原と見立てるのなら、
南雲率いる機動部隊は石田方、山口多聞は大谷吉継
山本率いる連合艦隊は毛利方
栗田の部隊は小早川方
こんな感じか。(島津方に該当する部隊は無いな)
米機動部隊は省略

62 :名無し三等兵:2006/12/23(土) 11:55:40 ID:???
>>60

「引用・転載の実務と著作権法」というこの問題を扱った本があるけど、
この本のP77にあるQ79「出所の明示」から引用すれば、

「(第48条1項に記載された)出所明示を怠ることは著作権侵害になるものではなく、
また著作者人格権である氏名表示権や同一性保護件などとも
区別すべき物と解されます。従って出所明示を怠ったからと言って
著作権侵害になるわけではありませんが、他人の著作物を
利用するに際しての著作者に対する法的義務に違反したことになります」

 ということだから、該当の学研本を含めて雑誌類では
引用元・参考資料の明記が為されていない本が多いけど、
これは著作権侵害にはならないわけだね。

またこのQ79によれば、出所明示とは「著作物の題号・著作者名などを、
引用した著作物を特定出来る程度に示す」こととしているので、
文中で著者名を示してShatterdから内容を引いたことを示していると言える
学研本は、出所明示を怠っているとは言えない可能性もあるよ。

 因みにこの本の著者は弁護士10名が担当しており、編者2名も
弁護士なので、著作権法の解釈に問題は無いと思われ。

63 :62:2006/12/23(土) 12:15:53 ID:???
http://www.amazon.co.jp/gp/product/product-description/4502926809/ref=dp_proddesc_0/503-4653066-0539955?ie=UTF8&n=465392&s=books

 引用元はこの本だよ、と。2005年初版発行の本だから、法解釈の内容が古いという事も無いと思われ。

64 :名無し三等兵:2006/12/23(土) 15:15:25 ID:???
だからさ、法上の引用(32条)に当たると主張するなら要件を具備してなければならない訳でしょ。
そもそも、テーマが同一の著作物を入手して、創作の動機と知得のルートが同一の創作物が引用の要件を
満たしているとするなら、著作権法の保護する権利範囲は著しく狭く、法の趣旨を逸脱していると言わざるを得ないよ。

65 :名無し三等兵:2006/12/24(日) 10:06:11 ID:???
で、ミッドウェーにも毛利や小早川みたいな軍勢がいたの?

66 :名無し三等兵:2006/12/24(日) 11:51:57 ID:???
米の共和党やルーズベルト批判勢力は、ミッドウェー防衛を失敗すれば勢いづいたといえる。

また大統領側近のマーシャルなどの欧州超重視派も資源を欧州戦線により傾ける。

作戦の失敗により利を得たり、より立場を確保できる勢力は米側には存在した。

67 :名無し三等兵:2006/12/25(月) 19:29:47 ID:???
>>66
>また大統領側近のマーシャルなどの欧州超重視派も資源を欧州戦線により傾ける。

こりゃどうみても逆だろ。
アメリカは、やられたら倍にして返す国だよ。

日本が史実以上に暴れたら、
アメリカの戦争資源が日本に向いて、ドイツが得をするだけだよ。

68 :名無し三等兵:2006/12/25(月) 21:55:46 ID:???
主要海戦

1941年12月 ハワイ沖海戦→日本軍大勝
1941年12月 マレー沖海戦→日本軍大勝
1942年 2月 スラバヤ沖海戦・バタビヤ沖海戦→日本軍大勝
1942年 4月 セイロン沖海戦→日本軍大勝
1942年 5月 珊瑚海海戦→引き分け
1942年 6月 ミッドウェイ海戦→日本軍大敗
1942年 8月 第一次ソロモン海戦→日本軍大勝
1942年 8月 第二次ソロモン海戦→日本軍惜敗
1942年10月 サボ島沖海戦→日本軍惜敗
1942年10月 南太平洋海戦→日本軍辛勝
1942年11月 第三次ソロモン海戦→日本軍惜敗
1942年11月 ルンガ沖夜戦→日本軍大勝
1943年 1月 レンネル島沖海戦→日本軍勝利
1943年 3月 ビスマルク海海戦(ダンピールの悲劇)→日本軍大敗
1943年 3月 アッツ沖海戦→引き分け
1943年 7月 クラ湾夜戦→引き分け
1943年 7月 コロンバンガラ島沖夜戦→日本軍勝利
1943年 8月 ベラ湾沖夜戦→日本軍大敗
1943年10月 ベララベラ海戦→日本軍勝利
1943年11月 ブーゲンビル島沖海戦→日本軍敗北
1943年11月 セントジョージ岬沖海戦→日本軍敗北
1944年 6月 マリアナ沖海戦→日本軍大敗
1944年10月 レイテ沖海戦→日本軍大敗
1945年 4月 戦艦大和沖縄特攻→日本軍大敗


69 :名無し三等兵:2006/12/26(火) 07:26:34 ID:???
大塚クンが和訳して手間省いてくれましたでいいでしょ。
どうせ名前売りたくてたまらない若手によくいるタイプ。
鼻っ柱の強い奴なんだし経緯の説明も追記も謝罪もするわけがない。
そういう奴ならそういう奴らしく自動翻訳機程度に扱えば良いだけの話。
こんなもんで小額とはいえ金儲けしてる奴以外は欲しいのは情報、それだけ。


他所のスレでは当事者本人がばら撒いた説である事を忘れて
火葬作家でもネタに使わない運命の5分間叩きに執着し、
「その時歴史が動いた」レベルの番組ですら
かなり最初期の回で否定を取り上げてるのに21世紀になって得々とお説教。
殊にこの板でそれをやるのは歴史学科の学生相手に「イイクニツクロウ」とやるのと
同じ苦痛を与えていると思う訳だが。
(まあこの辺は大塚も「やっぱり何ちゃら」で一緒に儲けてるから根は同じかw)

で、肝心のミッドウェイスレでは同業同士の妬みなのか知らんが
海戦とは何の関係も無い法律談義。

久々に覗いたが相変わらず駄目だな軍板

70 :名無し三等兵:2006/12/26(火) 07:43:34 ID:???
中盤からは軍板全体の話になってしまった。

これだけ文庫古本などの流通が発達してて
気の効いた解説どころか叢書の部分引用すらちょっと検索するだけで
山のように出てくる御時世なのに
「運命の5分間はない」だの
「海上護衛戦を読め」だの(初版を実家に忘れて20年前にソノラマ買いなおした)
さも自分だけが知ってるかのように得意げに
書き込んできた軍板住人なる人物がサイトに襲来したので愚痴を兼ね久しぶりに来た次第。汚し須磨祖。

正直、この10年ほどは軍事に多少知識がある程度の人でも「5分間あれば〜」みたいなのは見たことないんだが。

71 :名無し三等兵:2006/12/27(水) 16:20:55 ID:???
皆、気付いてるし感じてるでしょ。
軍板(に限らないけど)の流れが変なのは。
まあネット上で真面目に語り合うってのが困難になってきてるのだろうけど。
>10年ほどは軍事に多少知識がある程度の人でも「5分間あれば〜」みたいなのは見たことないんだが。
が幅を利かせているのが現状でしょ。

72 :名無し三等兵:2006/12/27(水) 21:35:18 ID:???
負のオーラが煮えたぎる流れだなw
どうせ言うほど達観してないはずだし、いい加減頭冷やせ

26 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)