2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

軍事な怪談 その2

1 :名無し三等兵:2005/07/21(木) 16:49:54 ID:???
いよいよ夏本番。
涼しい話でもして暑さを忘れてみませんか?



前スレ
軍事な怪談
ttp://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/army/1060181183/l50


156 :名無し三等兵:2006/01/24(火) 22:59:27 ID:???
不思議な体験エニグマからコピペ

808 1/3 sage New! 2006/01/22(日) 01:18:36 ID:0xPCHD5z0
こわい思いをしていないからこのスレに。少し長いです。

子どもの頃、いつも知らない人が私を見ていた。
その人はヘルメットをかぶっていてえりあしに布がひらひらしてて、
緑色の作業服のような格好で、足にはほうたいが巻かれていた。
小学生になってわかったが、まさに兵隊の格好だった。

その兵隊さんは私が1人で遊んでいる時だけでなく、校庭で遊んでいる時や
母と買い物でスーパーに行った時、いつでも現れた。
少し離れたところで立って、私を見つめている。
自分以外には見えていないし、いつもいつの間にか消えている。
私も少しはこわがってもよさそうなものだったが、何せ物心ついた時から
そばにいるし、何よりその人から恐怖心を感じるようなことは全くなかった。
きりっとしてて優しげで、古き良き日本人の顔って感じだった。


157 :名無し三等兵:2006/01/24(火) 23:00:43 ID:???
725 名前:コピペ2 投稿日:2006/01/22(日) 17:28:07 ID:ykldhVd50

809 2/3 sage New! 2006/01/22(日) 01:19:32 ID:0xPCHD5z0
やがて中学生になった。ある日いつもと違うことが起きた。
テストを控えた寒い日、夜遅くに私は台所でミロを作っていた。
ふと人の気配がしたので横を見ると、兵隊さんがいた。
けれどその日は手を伸ばせば触れるくらいそばにいた。
ぼけた私が思ったことは「意外と背低いんだな」くらいだった。
―それは何でしょうか?
体の中に声が響いたような感じだった。兵隊さんを見るとまじまじとミロの入った鍋を見ている。
ミロって言ってもわかんないよね・・・と思った私は「半分こしよう」と言って
ミロを半分にわけて、カップを兵隊さんに渡した。
―失礼します。
そう声が響いて、両手にカップを持ってふうふうしながら兵隊さんはゆっくり飲んでいた。
その時の兵隊さんの顔は、柔らかくてすごくうれしそうだった。
飲み終わって、また声が響いた。
―こんなにうまいものがあるんですね。
少なくて悪いかな、と思った私は「おかわりする?」と聞いたが、
兵隊さんはカップを私に手渡して、敬礼してふっと消えてしまった。



158 :名無し三等兵:2006/01/24(火) 23:01:55 ID:t675SazI


726 名前:コピペ3 投稿日:2006/01/22(日) 17:28:48 ID:ykldhVd50
10 3/3 sage New! 2006/01/22(日) 01:20:56 ID:0xPCHD5z0
別の日に1人で家にいる時、クッキーを作っていた。
焼きあがり、冷まそうとお皿に並べていたら、人の気配がしたので窓を見ると、
庭先に兵隊さんがいた。
私はおいでよ、と手招きをしたが、兵隊さんはにこっとして首を横に振った。
あれ?と思っていたら兵隊さんは敬礼して、ふわっと消えた。
ヘルメットから出てる布がふわりとしたことを覚えてる。
それきり、兵隊さんは私の前には現れなくなった。

今でも兵隊さんのことを思い出す。
美味しいものを食べた時や料理が美味しく出来た時、
兵隊さん、どこかで美味しいもの味わえているかなあと。


159 :名無し三等兵:2006/01/24(火) 23:11:45 ID:???
お腹空いてたんだね

160 :名無し三等兵:2006/01/24(火) 23:46:18 ID:GSEeUMJn
護国の鬼にまもられて私達は平穏無事に生活していられます。
(`・ω・´)ゞ

161 :名無し三等兵:2006/01/25(水) 03:45:38 ID:???
>>158
感動しますた (`・ω・´)

162 :名無し三等兵:2006/01/25(水) 11:59:42 ID:???
軍坂ですから突っ込みどころ満載の電波は勘弁してくれまいか・・・

オカ板なら空気を読んで生暖かく見守るけど・・・

163 :名無し三等兵:2006/01/25(水) 13:10:36 ID:???
↑そういう無粋な発言こそ勘弁してほしいけどな。
 嫌なら黙っていればよろし。

164 :名無し三等兵:2006/01/25(水) 21:21:46 ID:???
昔、教授に聞いた話
教授が小さい頃にB29の空襲を受けた。
教授は家族と小高い丘から焼夷弾が
落ちるのを呆然と眺めてそうだ
よく見るとB29の編隊のやや後方に
なにかが飛んでいたそうだ、それは行灯ような
ぼんやりとして光を発して
編隊を追尾するように飛んでいた。
教授曰わく「UFOかヒトダマかは知らんが不思議と怖くなかった」

165 :名無し三等兵:2006/01/25(水) 22:46:13 ID:KPV87+5K
続きお願いします

166 :名無し三等兵:2006/01/30(月) 22:25:44 ID:???
>>164
いわゆるフーファイターってやつか
日米双方から謎の発光体もしくは兵器として報告されたけど戦争が終わっても
何だったのか全くわからないってやつ

167 :名無し三等兵:2006/01/31(火) 07:40:14 ID:???
幽霊話じゃないけど。

駐屯地の中には旧軍から引き継いだ敷地のものも多い。
さりげなく防空壕があったり、旧軍時代からの建物も残っていたり。

ある先輩に聞いた話。
ボロ倉庫に用事があって行ったらしい。
そこも旧軍時代の遺物ね。
入った瞬間寒気がするくらい気味が悪かったらしい。そこは出る事で有名だった。
でも、彼はその時何も見なかった。
ただ、そこには旧軍時代らしきぺスト注意の表記があったらしい。
一体何の倉庫だったんだろう

168 :名無し三等兵:2006/01/31(火) 08:22:37 ID:???
>>167
ただ、そこには旧軍時代らしき ぺ ス ト 注 意 の表記があったらしい。
一体何の倉庫だったんだろう


創作するににしても、オカ板から出てこなけりゃ恥を晒さずに済むものを・・・
もし先輩が本当に存在したらただの厨房で
其れを信じる>>167の脳みそは・・・潜水艦



169 :名無し三等兵:2006/01/31(火) 13:02:35 ID:???
sが全角じゃなければよかったのにね。

170 :名無し三等兵:2006/01/31(火) 21:00:53 ID:???
首無し飛燕の幽霊伝説でも書くか

171 :名無し三等兵:2006/02/01(水) 00:07:38 ID:???
>>170
是非聞きたいな。
寧ろ、聞かせてください。

172 :名無し三等兵:2006/02/01(水) 00:10:26 ID:???
>>170
五式戦という名の幽霊か?

173 :名無し三等兵:2006/02/03(金) 22:55:48 ID:???
>>171
戦前川崎飛行機の工場にいた人の話、ある晩機体だけで納入できなかったキ61の格納庫に
忘れ物を取りに行ったとき、何か物音がする。なんだろうと近づいてみると
格納庫の中の飛燕が「エンジンをくれえ、エンジンをくれえ」とオイルの涙を流しながら呻いている。
慌ててその事を報告すると、次の日責任者が早速首なし飛燕にハ−40を搭載してやった。
するとうめき声が消えるどころか、責任者が粉々になって死んでしまった。その死体はまるでMG151/20で
撃ち抜かれたかのようであったという。
ならばこれでどうだとハ−140を搭載してみたら、技術者達は毎晩のように悪夢にうなされるようになった。
夢の中で「ふざけるなあ、おまえもしにたいかあ、まえといっしょだろお、まわるえんじんをよこせえ」
という悪魔のような声が聞こえたという。
一計を案じて空冷のハ−112−Uを搭載してやるとうめき声も無くなり、誰かが死ぬ事もなくなった。
でも戦争にも勝てなかった


174 :名無し三等兵:2006/02/04(土) 00:44:26 ID:???
地獄猫に勝ってから

175 :名無し三等兵:2006/02/12(日) 21:45:38 ID:???
保守

176 :名無し三等兵:2006/02/15(水) 23:04:12 ID:???
 このスレ的にはウェストールの本もOKか?
海外の児童文学作家なのだが、戦争とそれにまつわる不思議な話を
小説にしてる人なんだよな。個人的には名作ばかりなのでオススメ
例・機関銃要塞の子供たち
  ブラッカムの爆撃機 

177 :名無し三等兵:2006/02/16(木) 16:34:36 ID:???
kwsk

178 :名無し三等兵:2006/02/19(日) 00:53:38 ID:???
 >>176だが
 ロバート・ウェストール 1929年〜1993年没 イギリス生まれ
 第二次世界大戦を舞台にした少年の成長物語を多く書いてる小説家なんだが
戦争というモノを暗く陰鬱とし時代ではあった……が、厳しい現実をものともせず
クスリとしてしまう笑いを盛り込みながら兵士やその家族、戦火に逃げ惑う人々、
そして子供と動物たちが生きて行く姿を書いた小説を多く残した人。
現代イギリス児童文学を代表する人なんだけど…折れが読んだ本の中は
「ブラッカムの爆撃機」「かかし」「海辺の王国」「猫の帰還(手元にあるが未読」
しかないけど、この内「ブラッカム〜」「かかし」が戦争にまつわる怪談の本だな。

「ブラッカム〜」は爆撃機と無線とそれに紛れ込む「死んだはずの兵士たち」の声の話。
「かかし」は戦争での英雄とされてる父(死亡)を親愛する少年と、母親の再婚、
母親の再婚相手への反発とその増悪に引き寄せられるように日増しに家に
迫り来る「怪」の話。少年は家族を守るために父の形見の銃を持ってそれを
撃退しようと試みるが…   こんな感じか。あまりこの人の本は翻訳されて無い
のだけど(たぶん戦争小説が多いからかもなぁ…)あさのあつこさん(小説家)など
ファンの方はいるようだ。 個人的には「海辺の王国」がイギリスの戦時中の日常風景を
子供の視点で書いてるんだが、名作だと思うよ… 

179 :名無し三等兵:2006/02/19(日) 01:04:07 ID:???
 ちなみに「ブラッカム〜」の舞台はイギリスの
ウェリントン爆撃機(ウィンピーと呼ぶ)の機上通信士が体験した怪異って話。
参考までにここにこの人の本のリストがのってるんだけど…絶版が多いかもなぁ。
興味があったらどうぞ
ttp://tmitsuno.umu.cc/p12westallbooks.html

180 :名無し三等兵:2006/02/19(日) 23:29:35 ID:???
そ・・・そんなにじらさないで、ネタバレOKでお願いできませんか・・・・

181 :名無し三等兵:2006/02/21(火) 12:40:41 ID:???
普通に母親の再婚相手だろ。

182 :名無し三等兵:2006/02/22(水) 08:56:07 ID:???
海辺の王国は昔NHKのラジオで聞いた覚えがあるぞ。内容あんまり覚えてないけど。

183 :名無し三等兵:2006/02/27(月) 13:32:19 ID:x2rKYp65



184 :171:2006/02/27(月) 13:37:21 ID:???
>>173
非常に遅くなったが、ありがたふ。

185 :名無し三等兵:2006/02/28(火) 01:28:16 ID:qzbjO2ft
このスレ携帯から読んでたら
いきなり電源落ちた。
今電源入れ直したら今度はいきなり台所で
コップが落ちて割れる音が。
なんなんだ。

186 :名無し三等兵:2006/02/28(火) 01:31:46 ID:???
ああ、すみません、それ俺の念力です。

187 :名無し三等兵:2006/03/13(月) 15:05:36 ID:???
保守

188 :名無し三等兵:2006/03/13(月) 15:20:43 ID:???
ブラッカムの爆撃機の日本語版は普通に売ってるぞ家にあるし。

幽霊になるドイツ夜戦パイロットの「ジャズを一曲お見舞いしよう」と言う台詞があるくらいお勧めw

189 :名無し三等兵:2006/03/26(日) 19:29:15 ID:???
以前どこかで聞いたのですが。

ある男の人が、奇妙な体験が多発している山に調査に行ったのですが、
山の途中でおばあさんと出会い、おばあさんから「この先は行くな」
と警告されました。でもかまわず進んでいったところ、小さなほら穴が
あり、中に入ると入り口からは想像できないくらい大きなスペースがあり、
その中に旧日本軍の未完成のまま終戦を迎えた戦闘機が、新品の状態で
置いてあり、いろいろ見て回っていると煙が流れてきて意識を失った。
意識を取り戻したのは、夕方、山の道の途中だった。途中で見たおばあさんも
いなく、日が暮れてきたので気味が悪くなって男の人は逃げ帰ったそうな。

誰かこの話の出展を教えてください!!!!

190 :名無し三等兵:2006/03/26(日) 21:56:45 ID:???
>>189です。
すみませんでした、多分オカルト板のほうがよさそうですね。
失礼しました〜

191 :名無し三等兵:2006/03/27(月) 00:39:39 ID:???
どっかのサイトで読んだが
南太平洋のどっかの戦場となった島でおばさんが小石を持って帰ろうとしたら
石の下で小さい日本兵たちが「わーい日本に帰れるぞー」って、
いっぱい出てきたんだって

192 :名無し三等兵:2006/03/27(月) 01:00:25 ID:???
俺のじい様は元海軍で、生前その時の体験談をいろいろ聞かせてもらった
法事の時にばあ様に「そういや飲むとよく海軍の話をしてたよね」と言ったら・・・

ばあ様曰く「なに言ってんの、あの人は陸軍だよ」
おばに聞くと「うん、陸軍でしょ」 親父に聞くと「え、海軍じゃないの?」おふくろ「よくわからない」
詳しく聞いたらみんながそれぞれじい様に聞いたという任務・赴任地がバラバラだった
ボケてたようには思えないので、おちょくってたのか年寄りが酔った勢いで与太話をしてたのか
それとも何か墓まで持っていくような事をしてたのか・・・・
不思議なのは「〜で〜をしていた」というのは皆覚えてるので
会う人によって使い分けていたとしか思えない
何のために? もしかしたら俺がこんな事を考えて不思議がってる状態こそがじい様の思う壺なのかもしれない

193 :名無し三等兵:2006/03/27(月) 15:50:55 ID:???
>>192
陸軍船舶兵じゃないのかな

194 :名無し三等兵:2006/03/28(火) 11:19:45 ID:???
>>191
>石の下で小さい日本兵たちが…

その日本兵たち「トシちゃんカンゲキー!」って言ってなかった?

195 :名無し三等兵:2006/03/28(火) 23:22:25 ID:???
>>191
それはマガジンで掲載されていた「学校の怪談」に出てきた
ホトホト言う緑色の小人ではないだろうか

ホトホト

鳴かぬなら 鳴かせてみせよう ホトトトト

196 :名無し三等兵:2006/04/05(水) 22:50:22 ID:yn7Las7o
死んだ爺ちゃんから聞いた話だが、
昔招集を受けて兵隊となり、小銃射撃訓練をやったんだと。
訓練が終わって小銃の整備をやってる時に、突然ゴリッて音がして
小銃が真ん中近くで真っ二つに折れちまった。
その当時銃というものは天皇陛下から下賜された命より貴重なものと
教わっており、また、備品一つでも紛失損壊させようものなら古参兵の
往復ビンタや尻バットが飛んでくるような状況だったものだから、もうすっかり
青ざめたそうだ。
同期の兵も連帯責任で制裁をくらうもんで、もう皆でワァワァと泣いていたら
先任下士が騒ぎを聞きつけてやってきた。
爺ちゃんはもうオシマイだ!思いながら、観念して折れた小銃を差し出して
謝ったら、先任下士は意外なことに怒りもせず、「これはラッカさんの小銃だからなぁ」
と悲しそうに笑って別の小銃を渡してくれたそうだ。
爺ちゃん曰く、ラッカさんという人は南方で飛行機から飛び降りて死んだらしく、
死後ずっと銃を「錦寺」というところに預けていたそうだが、物資不足でまた寺から
調達したのをたまたま爺ちゃんが受領したとのこと。
部隊ではそれ故その銃を「にしきてら銃」と呼んでいたそうだ。
爺ちゃんは「ラッカさんはもう二度と銃で人を撃ちたくなかったんだよ・・・」
と寂しそうに俺にそんな話をしてくれた。

197 :名無し三等兵:2006/04/06(木) 06:31:36 ID:???
イタイ話だな。
テラ銃ってのも嘘臭い。
よって零点。
作り直してこいや。

198 :名無し三等兵:2006/04/06(木) 08:16:12 ID:???
ネタにマジレスだなw
まさか本気にする香具師はおらんやろ>錦寺銃

199 :駆逐艦ワード:2006/04/06(木) 12:00:12 ID:???
昭和十九年十二月八日、米海軍の駆逐艦ワードは、
陸軍勤皇特攻隊の二式複戦に体当たりされ大破したため、
駆逐艦オブライエンの砲撃によって海没処分されたが、
ワードこそは丁度三年前の真珠湾攻撃に向かう特殊潜航艇に
最初の攻撃を掛けた米艦であり、オブライエン艦長はその時の艦長であった。


200 :名無し三等兵:2006/04/06(木) 14:11:45 ID:???
このスレで以前、某駐屯地の赤レンガ倉庫の話題が出てたが、俺の家から電車で30分ほど行った所に昔乃木大将が部隊を置いていた善通寺の駐屯地(第14旅団)がある。
一度、見学にいったんだが、駐屯地の目の前に赤レンガ倉庫があった。そこなのかな?

追記:このレス書き始めた時に頭全体がぼんやりしてフラフラっとした感覚になりました。

201 :名無し三等兵:2006/04/06(木) 14:25:50 ID:???
因みにこれがその赤レンガ
http://redbrick.up.seesaa.net/image/zentuuji3.jpg

検索してる時に電話が鳴ったからビビッタ。

202 :名無し三等兵:2006/04/06(木) 17:12:16 ID:trFeVb/1
>>197
イタイのはおまい

よくできてる話じゃないか
錦寺でワロタ

203 :名無し三等兵:2006/04/06(木) 18:44:13 ID:???
俺も笑ったぞ。オチは見え見えだけどな。

204 :名無し三等兵:2006/04/06(木) 18:48:10 ID:???
オチのわからないオレはいる。ウツダシノウ。

205 :名無し三等兵:2006/04/07(金) 18:23:42 ID:???
二式テラ銃でぐぐってみなさい。

55 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)